山口 政幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/14 03:06
 
アバター
研究者氏名
山口 政幸
 
ヤマグチ マサユキ
所属
専修大学
部署
文学部
職名
教授
学位
文学修士(上智大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1983年3月
上智大学 文学研究科 国文学
 
 
 - 
1987年3月
上智大学 文学研究科 国文学
 
 
 - 
1980年
上智大学 文学部 国文学
 

論文

 
一人の「妻」と三人の「女」の物語-『三人妻』と『由縁の女』をつなぐもの-
山口 政幸
専修大学人文論集第62号   >   1998年3月
〈羊〉の謎
山口 政幸
国文学臨時増刊号第43巻3号   >   1998年2月
橘弘一郎収集谷崎潤一郎文庫
山口 政幸
國文學第43巻6号   >   1998年5月
『刺青』論
山口 政幸
上智大学日本近代文学会 上智近代文学研究第一集   >   1982年8月
演技する官能-『捨てられる迄』及び『饒太郎』について-
山口 政幸
上智大学日本近代文学会 上智近代文学研究第三集   >   1984年12月

Misc

 
三島佑一著『谷崎潤一郎「春琴抄」の謎』
山口 政幸
日本近代文学 第52集   >   1995年5月
『三人妻』と『由縁の女』
山口 政幸
第27回 泉鏡花研究会大会   >   1996年12月
高桑法子著『幻想のオイフォリー -泉鏡花を起点として-』
山口 政幸
昭和文学研究 第37集   >   1998年9月
松本清張初期短編への考察
山口 政幸
第3回松本清張研究会   >   2000年12月
前田久徳著『谷崎潤一郎 物語の生成』
山口 政幸
日本文学 VOL.49   >   2000年11月

書籍等出版物

 
『日本文芸鑑賞事典』 (『瘋癲老人日記』)
村松定孝他 (担当:共著)
ぎょうせい   1988年4月   
『受容と創造-比較文学の試み』(昭和二年の谷崎潤一郎とスタンダール-”イタリアもの”の受容-)
江頭彦造 (担当:共著)
宝文館出版   1994年12月   
『スタイルの文学史』(吉行淳之介『原色の街』)
大屋幸世、神田由美子、松村友視 (担当:共著)
東京堂   1995年3月   
『島尾敏雄』
島尾三木 (担当:共著)
島尾敏雄の会編   2000年12月   
別冊国文学谷崎潤一郎必携(担当項目:磯田多佳女、疎開日記、都わすれの記、越冬記、月と狂言師、少将滋幹の母、A夫人の手紙、乳野物語、小野篁妹に恋する事、幼少時代、過酸化マンガン水の夢、鍵、鴨東奇譚、老後の春、親不孝の思ひ出、残虐記、高血圧症の思ひ出、夢の浮
国文学 解釈と鑑賞   2001年11月   

講演・口頭発表等

 
『鮫人』論-バルザック『セラフィタ』との関連について-
上智大学国文学大会昭和六十一年度冬季大会   1986年1月1日   上智大学国文学大会昭和六十一年度冬季大会
『義血侠血』について
泉鏡花研究会例会   1989年8月1日   泉鏡花研究会例会
昭和初期の谷崎潤一郎とスタンダール-”イタリアもの”の受容について-
第55回 日本比較文学会全国大会   1993年6月19日   第55回 日本比較文学会全国大会
昭和二,三年の谷崎潤一郎
上智大学国文学大会平成五年度夏季大会   1993年7月1日   上智大学国文学大会平成五年度夏季大会
『潮騒』の島-神島の現地調査を踏まえて-
第32回 日本比較文学会 東京大会   1994年10月15日   第32回 日本比較文学会 東京大会

競争的資金等の研究課題

 
三島由紀夫
松本清張
谷崎潤一郎
泉鏡花

社会貢献活動

 
「松本清張の『天保図録』を読む」 印旛沼公開講座「温故知新」
【】  印旛沼公開講座「温故知新」