渡邉 和男

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/14 02:57
 
アバター
研究者氏名
渡邉 和男
eメール
nabechangene.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授
学位
遺伝学博士(米国ウィスコンシン大学), 農学修士

研究分野

 
 

経歴

 
1988年7月
 - 
1990年9月
国際ポテトセンター 研究員
 
1989年
 - 
1990年
国際ポテトセンター 主任研究員/所長補佐
 
1989年
 - 
1996年
ペルー国、ラモリナ国立農業大学 植物分子 遺伝学 客員教授
 
1990年
 - 
1996年9月
国際ポテトセンター 研究室長(バイオテクノロジーおよび遺伝資源利用)および所長補佐
 
1991年
   
 
米国コーネル大学 招待研究員/客員助教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
神戸大学 農学部 園芸農学
 
 
 - 
1988年
米国ウイスコンシン大学大学院マディソン校 生命科学/農学 遺伝/育種
 

委員歴

 
1994年4月
   
 
国際アグバイオ技術事業団  理事
 
1999年
 - 
2010年
日本育種学会  幹事
 
2001年
 - 
2010年
日本植物分子細胞生物学会  評議員
 

受賞

 
2011年1月
筑波大学 学長表彰
 
科学技術への顕著な貢献2010(ナイスステップな研究者)」選定についての表彰
2010年12月
科学技術政策研究所 「科学技術への顕著な貢献2010(ナイスステップな研究者)」
 
「アフリカ等での生物多様性保全に配慮した技術移転の実践的取組」
2009年4月
文部科学省 平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞
 
遺伝子組換え植物のリスク管理(と研究開発(の理解の普及啓発
1999年
日本育種学会奨励賞
 
1997年
Honorany Fellow,International Plant Genetic Resources Institite
 

論文

 
Shimazaki, Takayoshi; Endo, Tsukasa; Kasuga, Mie; Yamaguchi-Shinozaki, Kazuko; Watanabe, Kazuo N.; Kikuchi, Akira
Breeding Science   66(5) 703-710   2016年
<p>Cultivated potato is a drought-, salinity-, and frost-sensitive species. The transgenic approach is one of the methods used to mitigate abiotic stress. The utility of transgenic potatoes that have abiotic stress tolerance should be judged from ...
Yamamoto, Shin-ichi; Wunna; Rafique, Tariq; Valle Arizaga, Miriam; Fukui, Kuniaki; Cruz Gutierrez, Esmeralda J.; Castillo Martinez, Carlos R.; Watanabe, Kazuo; Niino, Takao
AMERICAN JOURNAL OF POTATO RESEARCH   92(2) 250-257   2015年4月   [査読有り]
遺伝資源アクセスと利用の次なる展開:-CBD COP10での議論をふまえて-
渡邉,和男
Research for Tropical Agriculture   5(1) 45-47   2012年   [査読有り]
Xiang, Yu;Akira, Kikuchi;Takayoshi, Shimazaki;Akiyo, Yamada;Yoshihiro, Ozeki;Etsuko, Matsunaga;Hiroyasu, Ebinuma;Watanabe, Kazuo
JOURNAL OF PLANT RESEARCH   126(1) 141-150   2013年1月   [査読有り]
Increasing soil salinization of arable land has a major impact on the global ecosystem. One approach to increase the usable global forest area is to develop transgenic trees with higher tolerance to conditions of salt stress. An allene oxide cycla...
DIVERSITY ANALYSIS AND RELATIONSHIPS AMONG GINGER LANDRACES
Jatoi, Shakeel A.; Watanabe, Kazuo N.
PAKISTAN JOURNAL OF BOTANY   45(4) 1203-1214   2013年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Potato Molecular Genetics
Watanabe, K. N.
In J. E. Bradshow and G. Mackey (eds.), Chapter 10, Potato Genetics, CAB International, Wallingford, UK   1994年1月   
Use of Biotechnology Tools in Plant Protection, Genetic Resources Management and Crop Genetic Improvement in Potatoes with a Special Reference to the Technology Transfer to Developing Countries
Watanabe;K.;J., P. T. Valkonen;P., Gregory;+渡邉, 和男
1995年1月   
(eds.) Plant Biotechnology Transfer to Developing Countries
Altman;D., W.;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
R. G. Landes Co., Georgetown, Texas, USA   1995年1月   
Chapter 11. Potential of Plant Biotechnology Applications in Genetic Resources Management and Utilization of Andean Landrace Crop Genetic Resources
Watanabe;K.;C., Arbizu;+渡邉, 和男
In: Watanabe, K. and E. Pehu 1997. (eds.) Plant Biotechnology and Plant Genetic resources for Sustainability and Productivity. R. G. Landes Co., Georgetown, Texas, USA   1997年1月   
Chapter 10.Use of Biotechnology Tools in Potato Genetic Resources Management and Breeding
Watanabe;K.;A., M. Golmirzaie;P., Gregory;+渡邉, 和男
In: Watanabe, K. and E. Pehu 1997. (eds.) Plant Biotechnology and Plant Genetic Resources for Sustainability and Productivity. R. G. Landes Co., Georgetown, Texas, USA   1997年1月   

講演・口頭発表等

 
ELSI and Biotechnology with special reference to biosafety and ABS. [招待有り]
Watanabe,Kazuo
Biotechnology Workshop   2016年8月10日   Department of Agriculture, Ministry of Agriculture, Livestock and Irrigation (MOALI)
Background of international collaboration of Mexican chayote
Watanabe,Kazuo
International Chayote Workshop   2016年10月6日   SATREPS-JST Faculty of Life and Environmental Sciences. University of Tsukuba
Current topics on new breeding techniques [招待有り]
Watanabe,Kazuo
Workshop:Current Topics in Plant Biotechnology. Joint workshop, Gene Research Center,UT and ITB   2017-03-21
Biodiplomacy is the key to utilize the modern plant biotechnology with the sustainable use of biodiversity [招待有り]
Watanabe,Kazuo
International Conference on Sustainable Agriculture and Bioeconomy 2017   2017年2月27日   
Diversity Assessment and Development of Sustainable Use of Mexican Genetic Resources: A SATREPS Project (Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development) by INIFAP-CNRG [招待有り]
Watanabe,Kazuo
CEPA, COP-13, Convention on Biological Diversity   2016年12月4日   

Works

 
ジャガイモのポティウイルスY抵抗性に関するRyadg遺伝子の有無を識別するためのプライマーセット、Ryadg遺伝子の有無を識別する方法、Ryadg遺伝子のSCARマーカーとして使用可能なポリメラーゼ連鎖反応生成物。連鎖したSCARマーカー 共同発明者。所有権は文部省-学術振興会に譲渡。
渡邉, 和男   その他   2000年
新規ネコブセンチュウ抵抗性遺伝子とその利用.
渡邉, 和男   その他   2002年11月

競争的資金等の研究課題

 
サツマイモ遺伝資源利用とバイオテクバジー
企業からの受託研究
研究期間: 1998年 - 2001年
遺伝子組換え体樹木の環境影響評価
企業からの受託研究
研究期間: 2003年   
ライフサイエンスにおける資源、IPRと諸規制のアセスメント
企業からの受託研究
研究期間: 1999年   
植物遺伝資源の保全と利用
国際共同研究
研究期間: 1997年   
植物バイオテクノロジーの発展途上国への技術移転
国際共同研究
研究期間: 1991年   

特許

 
Swedish Patent Application no. 9802590-1, US Provisional patent : CAPS marker for a resistance gene and kinase 3a-like motif DNA sequence.
Valkonen;J., P. T;V., A. Sorri;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
特願2001-223606 : 形質転換植物の再分化方法
渡邉和男;渡邉純子
特願2002-89622 : 新規ネコブセンチュウ抵抗性遺伝子とその利用
渡邉和男;渡邉純子
特願2004-254857 : 核酸の抽出方法及び核酸抽出キット
池田成志;伊藤稀;江面浩;渡邉和男