渡邉 和男

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/05 02:51
 
アバター
研究者氏名
渡邉 和男
 
ワタナベ カズオ
eメール
watanabe.kazuo.fau.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授
学位
農学修士
科研費研究者番号
90291806

研究分野

 
 

経歴

 
1988年7月
 - 
1990年9月
国際ポテトセンター 研究員
 
1989年
 - 
1990年
国際ポテトセンター 主任研究員/所長補佐
 
1989年
 - 
1996年
ペルー国、ラモリナ国立農業大学 植物分子 遺伝学 客員教授
 
1990年
 - 
1996年9月
国際ポテトセンター 研究室長(バイオテクノロジーおよび遺伝資源利用)および所長補佐
 
1991年
 - 
1996年
米国コーネル大学 招待研究員/客員助教授
 

学歴

 
1983年
 - 
1985年
神戸大学 大学院農学研究科修士課程 
 
1979年
 - 
1983年
神戸大学 農学部 園芸農学
 
1985年
 - 
1988年
米国ウイスコンシン大学大学院マディソン校 生命科学/農学 遺伝/育種
 

委員歴

 
1994年4月
   
 
国際アグバイオ技術事業団  理事
 
1999年
 - 
2010年
日本育種学会  幹事
 
2001年
 - 
2010年
日本植物分子細胞生物学会  評議員
 

受賞

 
2011年1月
筑波大学 学長表彰
 
科学技術への顕著な貢献2010(ナイスステップな研究者)」選定についての表彰
2010年12月
科学技術政策研究所 「科学技術への顕著な貢献2010(ナイスステップな研究者)」
 
「アフリカ等での生物多様性保全に配慮した技術移転の実践的取組」
2009年4月
文部科学省 平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞
 
遺伝子組換え植物のリスク管理(と研究開発(の理解の普及啓発
1999年
日本育種学会奨励賞
 
1997年
Honorany Fellow,International Plant Genetic Resources Institite
 
1992年
Fornet Frosty Hill International Agriculture Research Award.
 

論文

 
Field Survey and Collection of “chinbao”, Hibiscus spp. in Chin State of Myanmar (20th of December 2017-1th of January 2018)
Watanabe, Kazuo;NAGASHIMA, Mami;Irie, Kenji;YOSHIDA, Saki;KIKUNO, Hidehiko;Saw, Ohm Mar;Soe, Than Than
AREIPGR   35    2019年   [査読有り]
Evaluation of diversity of plant genetic resources grown in Myanmar homegarden ~Distribution and utilization of Hibiscus genus plant “CHINBAO”
Watanabe, Kazuo;NAGASHIMA, Mami;IRIE, Kenji;WAKUI, Kenji;YOSHIDA, Saki;KIKUNO, Hidehiko;Saw, Ohm Mar;Soe, Than Than
ISAAAS      2019年   [査読有り]
Watanabe, Kazuo;Tran, Ngoc‐Ha Thi;Oguchi, Taichi;Akatsuka, Nobuhumi;Matsunaga, Etsuko;Kawaoka, Akiyoshi;Yamada, Akiyo;Ozeki, Yoshihiro;Kikuchi, Akira
Plant Biotechnology journal   17(4) 801-811   2018年   [査読有り]
Watanabe, Kazuo;Tran, Ngoc‐Ha Thi;Oguchi, Taichi;Matsunaga, Etsuko;Kawaoka, Akiyoshi;Kikuchi, Akira
Plant Biotechnology   35(3) 215-224   2018年   [査読有り]
Watanabe, Kazuo;Vongmany, Outhevy;Mizunoya, Takeshi;Kawase, Makoto;Kikuchi, Akira;Yabar, Helmut;Higano, Yoshiro;Sombounsack, Nouansisavad;Phounpakon, Oukham
Journal of Sustainable Development   11(3) 108-122   2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Guia de Descriptors: Varietales de Sechium edule (Jacq.) Sw. Para Protección Legal de su Variacion
Watanabe, Kazuo;Iniguez, Jorge Cadena;Arrazate, Carlos H. Avendano;Salgado, Vixctor M. Cisneros;Galarza, Ma de Loudres C. Arevalo;Posadas, Lucero Del Mar Ruiz;Medina, Juan Francsico Aguirre
Colegio de Postograduado   2018年   ISBN:9786077153610
Crop Production under Stressful Conditions : Application of Cutting-edge Science and Technology in Developing Countries
Watanabe,Kazuo (担当:分担執筆, 範囲:Bringing stability to world food supplies with Japanese technology and Mexican genetic resources)
Springer   2018年   
Bringing stability to world food supplies with Japanese technology and Mexican genetic resources
Watanabe,Kazuo
Springer. Berlin   2018年   
Guia de Descriptors: Varietales de Sechium edule (Jacq.) Sw. Para Protección Legal de su Variacion
J. C. Iniguez, C. H. A. Arrazate, V. M. C. Salgado, Ma de L. C. A. Galarza, L. D. M. R. Posadas, J. F. A. Medina, K. N. Watanabe
Colegio de Postograduado, Tescoco   2018年   
Potato Molecular Genetics
Watanabe, K. N.
In J. E. Bradshow and G. Mackey (eds.), Chapter 10, Potato Genetics, CAB International, Wallingford, UK   1994年1月   
Use of Biotechnology Tools in Plant Protection, Genetic Resources Management and Crop Genetic Improvement in Potatoes with a Special Reference to the Technology Transfer to Developing Countries
Watanabe;K.;J., P. T. Valkonen;P., Gregory;+渡邉, 和男
1995年1月   
(eds.) Plant Biotechnology Transfer to Developing Countries
Altman;D., W.;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
R. G. Landes Co., Georgetown, Texas, USA   1995年1月   
Chapter 11. Potential of Plant Biotechnology Applications in Genetic Resources Management and Utilization of Andean Landrace Crop Genetic Resources
Watanabe;K.;C., Arbizu;+渡邉, 和男
In: Watanabe, K. and E. Pehu 1997. (eds.) Plant Biotechnology and Plant Genetic resources for Sustainability and Productivity. R. G. Landes Co., Georgetown, Texas, USA   1997年1月   
Chapter 10.Use of Biotechnology Tools in Potato Genetic Resources Management and Breeding
Watanabe;K.;A., M. Golmirzaie;P., Gregory;+渡邉, 和男
In: Watanabe, K. and E. Pehu 1997. (eds.) Plant Biotechnology and Plant Genetic Resources for Sustainability and Productivity. R. G. Landes Co., Georgetown, Texas, USA   1997年1月   
Chapter 1. Plant Biotechnology and Plant Genetic Resources: A Global Perspective
Watanabe;K., And K. V. Raman;+渡邉, 和男
In: Watanabe, K. and E. Pehu 1997. (eds.) Plant Biotechnology and Plant Genetic Resources for Sustainability and Productivity. R. G. Landes Co., Georgetown, Texas, USA   1997年1月   
Plant Biotechnology and Plant Genetic Resources for Sustainability and Productivity
Watanabe;K.;E., Pehu;+渡邉, 和男
(eds.) Plant Biotechnology and Plant Genetic Resources for Sustainability and Productivity. R. G. Landes Co., Georgetown, Texas, USA   1997年1月   
Potato Mini-White Paper
Watanabe, K. N.
Potatoes in Japan (Ed). Japan International Cooperation Agency (JICA) and Japan Society for Root and Tuber Crops. Version 1.4.   1998年3月   
Issues Associated with Intellectual Property Right on Agro-Biotechnology in Japan
Watanabe, K. N.;A., Komamine;Y., Nishizawa
In: Erbisch, F.H. and K. M. Maredia (Eds.) Intellectual Property Rights in Agricultural Biotechnology. Michigan State Unversity, East Lansing and C. A. B. International, Wallingford UK   1998年5月   
英語で学ぶ生物学
渡邉純子・渡邉和男;+渡邉, 和男
コロナ社   1999年2月   
有用植物の遺伝資源
渡邉和男・岩永, 勝;+渡邉, 和男
山田康之・佐野浩編 組換え体作物の光と影. 学会出版センタ−   1999年9月   
植物遺伝資源と植物バイオテクノロジーによる環境保全.
渡邉和男
南澤 究・藤田耕之輔・岡崎正視(編著)植物と土壌微生物による環境修復 博友社   2000年1月   
Contribution of Plant Genetic Resources for Plant Breeding
Raman;K., V. And K. N. Watanabe;+渡邉, 和男
In: Watanabe, K. N. and A. Komamine (Ed./author) 2000. Plant Sciences, Food, Environment and the 21st Century . Challenge of Plant and Agricultural Sciences to the Crisis of Biosphere on the Earth in the 21st Century. Landes Bioscience, Austin TX, USA   2000年1月   
Challenge of Plant and Agricultural Sciences to the Crisis of Biosphere on the Earth in the 21st Century
Watanabe;K., N.;A., Komamine (Ed.;author);+渡邉, 和男
Landes Bioscience, Austin TX, USA   2000年1月   
第1節 食糧及び産業に関する植物遺伝資源
渡邉和男
新名惇彦・吉田和哉 (編)植物代謝工学ハンドブック. NTS株式会社   2002年6月   
遺伝子組換え作物の科学
渡邉和男・渡邉純子;+渡邉, 和男
村上明・森光康次郎(編著)“食と健康—情報のウラを読む“ 丸善   2002年11月   
ジャガイモ総論
渡邉和男
日向康吉・西尾剛(編)植物育種学各論. 文永堂出版株式会社   2003年1月   
Issues on Intellectual Property Rights Associated with Agro-Biotechnology in Japan. In: Erbisch, F.H. and K.M. Maredia (Eds.)
Watanabe;K., N.;A., Komamine;+渡邉, 和男
Intellectual Property Rights in Agricultural Biotechnology. 2nd edition. Michigan State Unversity, East Lansing and C.A. B. International, Wallingford UK   2004年1月   
育種学辞典
渡邉和男
2005年1月   
Chapter 6: Molecular Markers in Identification of Genotypic Variation. In: Genetic Improvement of Solanaceous Crops, Vol. 2: “Potato” (Eds. M. K. Razdan and A. K. Mattoo)
Celebi-Toprak;F.;J., A. Watanabe;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Science Publishers Inc., USA   2005年1月   
Chapter 4: Breeding Potential and Transmission of Traits in 4x-2x Crosses. In: Genetic Improvement of Solanaceous Crops, Vol. 2: “Potato” (Eds. M. K. Razdan and A. K. Mattoo)
Watanabe;K., N.;R., Ortiz;J., A. Watanabe;+渡邉, 和男
Science Publishers Inc., USA   2005年1月   
Monograph on Rhazya stricta. Plant Genetic Resources Monograph Series 1
Gilani;S., A.;Z., K. Shinwari;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatu Corporation   2007年1月   
Chap 17. 6 Current issues on IP management for health and agriculture in Japan
Chapman;J.;K.N., Watanabe
MIHR-PIPRA HANDBOOK OF BEST PRACTICES FOR MANAGEMENT OF INTELLECTUAL PROPERTY IN HEALTH AND AGRICULTURE. Univ. California, Davis, USA   2007年1月   
Mango (Mangifera indica L.) in Myanmar: A Preview. Plant Genetic Resources Monograph Series 5
Hirano;R.;Khaing, Pann Witt Hmon;M., Kawase;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatu Corporation   2008年1月   
Zingiberaceae in Myanmar. Plant Genetic Resources Monograph Series 4
atoi;S., A.;D., Ahmad;Khaing, Pann Witt Hmon;F., Kiuchi;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatu Corporation   2008年1月   
Monpgraph on Inula britannica L. Plant Genetic Resources Monograph Series 3
Khan;A., L.;S., A. Gilani;Y., Fujii;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatu Corporation   2008年1月   
Monograph on Endemic Medicinal Plant, Seriphidium kurramense Y.R. Lig, of Kurram Agency, NWFP, Pakistan. Plant Genetic Resources Monograph Series 2
Gilani;S., A.;Y., Fujii;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatu Corporation   2008年1月   
英語で学ぶ環境科学
渡邉和男・渡邉純子;+渡邉, 和男
コロナ社   2008年1月   
第8章 遺伝資源の多様性と持続. 木村武史編 サステイナブルな社会を目指して
渡邉和男
春風社   2008年1月   
英語で学ぶ医科学 入門
渡邉和男, 編著
コロナ社   2008年1月   
Monograph on Withania coagulans (Stocks) Dunal. with special Reference to Myanmar. Plant Genetic Resources Monograph (PGRM) series 6
Gilani, S. A.;Y., Fujii;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatsu Corporation   2009年6月   
Monograph on Toddy Palm (Borassus flabellifer L.) with Special Reference to Myanmar. Plant Genetic Resources Monograph (PGRM) Series 7
Gilani, S. A.;Hirano, R.;Ahmad, D.;K.H.W.Hmon;K.N.Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatsu Corporation   2009年10月   
Allelopathic Studies of 81 Medicinal Plants of Pakistan. In Cheem and Farooq eds. "Allelopathy: currents trends and future applications"
Syed, Abdullah Gilani;Yoshiharu, Fujii;Sahibzada, Muhammad Adnan;Akira, Kikuchi;Zabta, Khan Shinwari;Kazuo, N. Watanabe;+渡邉, 和男
IWS Book   2009年1月   
Banana in Myanmar:A Preview. Plant Genetic Resources Monograph (PGRM) Series 8
Hirano, R. M. Okubo;Gilani, S. A.;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatsu Corporation, Tokyo, Japan   2010年3月   
Ethnobotanical Uses of Bosenbergia rotunda L. Mansf. From Myanmar. Plant Genetic Resources Monograph (PGRM) Series 9
Saw, Heh Hsoe;S., A. Gilani;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatsu Corporation, Tokyo, Japan   2011年3月   
Monograph on Justica adhatoda. Plant Genetic Resources Monograph (PGRM) Series 10
Gilani;S., A.;Y., Fujii;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatsu Corporation, Tokyo, Japan   2011年3月   
ジャガイモ事典 ジャガイモの遺伝
渡邉, 和男
財団法人いも類振興会 全国農村教育協会   2012年3月   
ジャガイモ事典 国際研究機関
渡邉, 和男
財団法人いも類振興会 全国農村教育協会   2012年3月   
生物多様性を育む食と農 第9章 食料農業植物遺伝資源の保全と国際利用の俯瞰
西川芳昭, 編著;+渡邉, 和男
コモンズ   2012年1月   
生物多様性を育む食と農 食料農業植物遺伝資源の条約について
西川芳昭, 編著;+渡邉, 和男
コモンズ   2012年1月   
Mongraph on Artemisia absinthum. Plant Genetic Resources Monograph (PGRM) Series 11
Gilani;S., A.;Y., Fujii;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatsu Corporation, Tokyo, Japan   2012年1月   
Mongraph on Rhycanthus. Plant Genetic Resources Monograph (PGRM) Series 12
Gilani;S., A.;Y., Fujii;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
Mimatsu Corporation, Tokyo, Japan   2012年1月   
Mongraph on Date Palm in Pakistan. Plant Genetic Resources Monograph (PGRM) Series 13
Zafar;I.;SA, Gilani;S-U, Rehman;GS, Markhand;KN, Watanabe
Mimatsu Corporation, Tokyo, Japan   2012年1月   

講演・口頭発表等

 
Planning and Cooperation Workshop on Perspectives on Agricultural Biotechnology in Myanmar [招待有り]
Watanabe, Kazuo;Kawase, Makoto
Agricultural Biotech Review Workshop   2018年9月11日   DOA, MOALI
Joint research report workshop on genetic resources expedition, collection and evaluation in Myanmar [招待有り]
Watanabe, Kazuo;Kawase, Makoto
Joint research report workshop   2018年9月10日   DAR, MOALI
21世紀パラダイムでの海外フィールド研究と遺伝資源アクセス [招待有り]
渡邉,和男
日本応用動物昆虫学会ランチョンセミナー応用昆虫学会   2019年3月27日   
Importance of Plant Genetic Resources with Special References to Neglected and Under-utilized Species [招待有り]
Watanabe,Kazuo
The 5th KU-UT Joint Graduate Conference on Agriculture, Food, Engineering and Environment   2018年12月6日   Kasetsart University, University of Tsukuba
Educational Research at Higher Education: What are basic needs to start with? [招待有り]
Watanabe,Kazuo
The Teaching and Research Capacity Development Workshop I: Identification of Challenges and Setting Development Goal   2018年9月3日   RIHED-SEMEO

Works

 
ジャガイモのポティウイルスY抵抗性に関するRyadg遺伝子の有無を識別するためのプライマーセット、Ryadg遺伝子の有無を識別する方法、Ryadg遺伝子のSCARマーカーとして使用可能なポリメラーゼ連鎖反応生成物。連鎖したSCARマーカー 共同発明者。所有権は文部省-学術振興会に譲渡。
渡邉, 和男   その他   2000年
新規ネコブセンチュウ抵抗性遺伝子とその利用.
渡邉, 和男   その他   2002年11月

競争的資金等の研究課題

 
政治的及び地理的に隔離された少数民族独自生存圏での植物遺伝資源及び伝統知の賦存
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 渡邉 和男
国家を超越して生存する少数民族は, 政治的に隔離されているあるいは独立意識を持っている場合が多く, 地理的に隔離された山岳地辺境地にて自給自足の越境生存圏を持っていることも多くある. 反政府活動や政府によるこれら弱者民族無視の傾向もあり, これら地域では, 政権による人道的支援や発展のための経済支援は, 往々にして脆弱である. 一方, 地球環境変動により必須の生存資材である生物多様性の激減や, 近隣の経済変化による無計画な資材の流入により, これら少数民族の生活圏が激変している. 加えて,...
辺境少数民族地帯での植物利用及び伝統知の遺存と地域発展活動や国際経済の影響評価
日本学術振興会/基盤研究(A): 
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 渡邉和男
生物多様性に大きく依存し生存する山間部辺境・少数民族地域での現状は,世界的に把握が十分になされていない. グローバライゼーション要因などにより, 政治的・地理的隔離地域でも生物多様性依存による自給体系に激甚な大変化の可能性がある. 野生及び栽培植物は生活の根幹をなすものであり、1)遺伝資源とその伝統知の保全は、危急の課題であるが、実態把握は進んでいない. 2)一方, 世界的に食糧やエネルギー資源の需要の充足は懸案であり, 低投資で活用できる新規の植物遺伝資源の開拓・利用は危急な課題である....
サツマイモ遺伝資源利用とバイオテクバジー
企業からの受託研究
研究期間: 1998年 - 2001年
遺伝子組換え体樹木の環境影響評価
企業からの受託研究
研究期間: 2003年   
ライフサイエンスにおける資源、IPRと諸規制のアセスメント
企業からの受託研究
研究期間: 1999年   
植物遺伝資源の保全と利用
国際共同研究
研究期間: 1997年   
植物バイオテクノロジーの発展途上国への技術移転
国際共同研究
研究期間: 1991年   
稀少植物遺伝資源のアクセスと利益配分
国内共同研究
研究期間: 2008年10月   
油量植物遺伝資源の開拓
サンケアフーエルス: 国内共同研究
研究期間: 2010年11月 - 2012年12月    代表者: 渡邉和男
油量植物遺伝資源の開拓とバイテクノロジー利用に関わる調査
樹木バイオテクノロジーによるアフリカ緑化推進の検討
アフリカ開発銀行: 国際共同研究
研究期間: 2009年8月       代表者: 渡邉和男
アフリカ開発銀行の依頼による木バイオテクノロジーによるアフリカ緑化推進の検討調査
遺伝資源及びバイオテクノロジーに関する知的所有権について
植物由来のウイルス抵抗性遺伝子の利用
植物遺伝資源の保全と利用
ミャンマーを事例とする農業遺伝資源多様性の把握、農家保存と利用の検討  
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 渡邉和男

特許

 
Swedish Patent Application no. 9802590-1, US Provisional patent : CAPS marker for a resistance gene and kinase 3a-like motif DNA sequence.
Valkonen;J., P. T;V., A. Sorri;K., N. Watanabe;+渡邉, 和男
特願2001-223606 : 形質転換植物の再分化方法
渡邉和男;渡邉純子
特願2002-89622 : 新規ネコブセンチュウ抵抗性遺伝子とその利用
渡邉和男;渡邉純子
特願2004-254857 : 核酸の抽出方法及び核酸抽出キット
池田成志;伊藤稀;江面浩;渡邉和男