坂爪 一幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/04 03:14
 
アバター
研究者氏名
坂爪 一幸
 
サカツメ カズユキ
eメール
sakatsumewaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
教育・総合科学学術院 教育学部
職名
教授
学位
博士(医学)(浜松医科大学), 文学修士(早稲田大学)
科研費研究者番号
10202087

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1990年
日本学術振興会 奨励特別研究員
 
1990年
 - 
2002年
早稲田大学 非常勤講師
 
1990年
 - 
1992年
リハビリテーションセンター鹿教湯病院 臨床心理科主任
 
1992年
 - 
1997年
浜松市発達医療総合福祉センター 療育課療育指導係長
 
1997年
 - 
1999年
浦和短期大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
早稲田大学 教育学部 教育心理学
 
 
 - 
1990年
早稲田大学 文学研究科 心理学
 

委員歴

 
2008年9月
 - 
2010年9月
早稲田大学教育・総合科学学術院  学術院長補佐 兼 早稲田大学大学院教育学研究科教務主任
 
2006年9月
 - 
2008年9月
早稲田大学教育・総合科学学術院  副学術院長 兼 教育総合研究所長
 
2016年6月
   
 
公益社団法人発達協会  理事長
 
2014年3月
   
 
特定非営利活動法人evidence based support  理事長
 

論文

 
過疎地高齢者における余命とQOLの変化に関連する諸要因の分析-リハビリテーション医療における社会的診断手法の開発に向けて-
本田玖美子
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学)   54(12) 994-1006   2017年12月   [査読有り]
障害を持つ子どもの神経心理学的評価-その意義と実践-
坂爪一幸
小児の精神と神経   57(3) 167-177   2017年10月   [招待有り]
特別支援学校教員の質の向上
坂爪一幸
JL NEWS   (114) 1-3   2017年10月
前頭葉損傷に起因する社会的行動障害への対応
坂爪一幸
Journal of Clinical Rehabilitation   26(3) 274-280   2017年3月
高次脳機能障害に関する医学・神経心理学的な知識と支援について
坂爪一幸
特別支援教育研究   (715) 29-31   2017年3月

書籍等出版物

 
発達障害白書2018年版/発達障害・知的障害の評価と課題
日本発達障害連盟
明石書店   2017年9月   ISBN:978-4-7503-4568-0
発達障害白書2018年版/特別支援教育の新たな動きとよりよい展開に向けて
日本発達障害連盟
明石書店   2017年9月   ISBN:978-4-7503-4568-0
発達障害白書2018年版/意思決定の基盤を育む
日本発達障害連盟
明石書店   2017年9月   ISBN:978-4-7503-4568-0
知的障害・発達障害のある子どもへのコミュニケーション支援/評価の難しさ
湯汲英史(編集)/坂爪一幸
診断と治療社   2016年10月   ISBN:978-4-7878-2284-0
知的障害・発達障害のある子どもへのコミュニケーション支援/神経心理学的な見方(1)高次脳機能をみる
湯汲英史(編集)/坂爪一幸
明石書店   2016年10月   ISBN:978-4-7878-2284-0

講演・口頭発表等

 
高次脳機能障害,発達障害,認知症にみる障害の神経心理学的な理解と支援 [招待有り]
坂爪一幸
2018年3月15日   (社)山梨県言語聴覚士会
1.障害に必要な理解は何?
2.発達障害にみる障害の理解
3.認知症にみる障害の理解
4.発達障害や認知症に必要な理解は何?
5.あらためて発達障害と認知症
6.高次脳機能障害にみる障害の理解
7.神経心理学とは
8.高次脳機能の役割
9.高次脳機能の障害・遅滞の影響
10.障害への神経心理学的支援
11.実践例
高次脳機能障害,発達障害,認知症にみる障害の神経心理学的な理解と支援 [招待有り]
坂爪一幸
2018年2月25日   (社)岐阜県言語聴覚士会
1.障害に必要な理解は何?
2.発達障害にみる障害の理解
3.認知症にみる障害の理解
4.発達障害や認知症に必要な理解は何?
5.あらためて発達障害と認知症
6.高次脳機能障害にみる障害の理解
7.神経心理学とは
8.高次脳機能の役割
9.高次脳機能の障害・遅滞の影響
10.障害への神経心理学的支援
高次脳機能障害の理解と支援 [招待有り]
坂爪一幸
2018年2月11日   NPO法人足立さくら会
1.高次脳機能障害とは
2.高次脳機能障害の種類と症状
3.高次脳機能の加齢と認知症
4.高次脳機能障害者の心理
5.高次脳機能障害者への支援
知的障害教育における主体的・対話的で深い学びとは [招待有り]
坂爪一幸
2018年1月26日   都立八王子特別支援学校
高次脳機能への理解の必要性と言語機能アセスメントの実践 [招待有り]
坂爪一幸
2018年1月11日   戸塚第二小学校まなびの教室
1.就学・復学支援の現状:対象者の増加と対応の不足
2.子どもの理解の現状:高次脳機能への理解が不足
3.就学・復学支援の充実に向けて:外部専門家導入の現状・問題・課題
4.言語の障害・遅滞
5.ことばとは何か:ことばの重要性と役割,そして遅れ
6.ことばの評価:言語の神経心理学的な臨床評価

競争的資金等の研究課題

 
高齢者生活実態調査ー地域包括ケア実現に向けての「社会診断」手法の開発ー
妊娠母体の栄養環境からみた小児高次脳機能発達障害の研究
発達障害児(者)の認知機能および行動評定尺度の開発−神経心理学的観点から
発達障害児(者)および高次脳機能障害児(者)の家族を対象としたコールセンター設立に関する調査研究
発達障害をもつ子供のトータルな医療・福祉・教育サービスの構築