森 大志

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 12:41
 
アバター
研究者氏名
森 大志
 
モリ フトシ
所属
県立広島大学
部署
大学院総合学術研究科 保健福祉学部 作業療法学科
職名
教授

研究分野

 
 

論文

 
Time course of changes in corticospinal excitability after short-term forearm/hand immobilization.
28(16) 1092-1096   2017年11月   [査読有り]
Imaoka Y, Kawai M, Mori F, Miyata H
Journal of Physiological Sciences   65(5) 461-469   2015年9月   [査読有り]
松浦晃宏,苅田哲也,瀬尾真裕,仲田奈生,森 大志
理学療法学   42(2) 180-181   2015年   [査読有り]
Goto M, Itamoto K, Tani Y, Miyata H, Kihara I, Mori F, Tajima T, Wada N.
Mammal Study   38(2) 135-140   2013年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
歩行と走行の脳・神経科学-その基礎から臨床まで-
森 大志,中陦克己 (担当:共著, 範囲:第7章 歩行・走行と大脳皮質(pp. 83-99).)
市村出版,東京   2013年4月   
身体適応-歩行運動の神経機構とシステムモデル.
森 大志 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 歩行の神経機構-高次機能-2節 歩行制御に関与する大脳皮質領域 (pp. 112 - 121),同3節 大脳皮質と歩行障害 (pp.121- 130).)
オーム社,東京   2010年3月   
Adaptive Motion of Animals and Machines.
Mori F, Nakajima K, Mori S. (担当:分担執筆, 範囲:Control of bipedal walking in the Japanese Monkey, M. fuscata: reactive and anticipatory control mechanisms (pp. 249-259) .)
Springer, Tokyo.   2005年12月   
Sensorimotor Control
Nakajima K, Mori F, Takasu C, Tachibana A, Okumura T, Mori S. (担当:分担執筆, 範囲:Integration of upright posture and bipedal locomotion in non - human primates (pp. 95-102).)
IOS Press, Amsterdam.   2001年6月   
Gait Disorders, Advances in Neurology, vol. 87.
Mori S, Matsuyama K, Mori F, Nakajima K. (担当:分担執筆, 範囲:Supraspinal sites that induce locomotion in the vertebrate central nervous system (pp. 25-40).)
Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia.   2001年5月   

講演・口頭発表等

 
Hyper muscle tone increases ipsilateral cortical excitability in healthy young subjects.
Mori F, Matsuura A, Karita T, Kondo Y, Nakaso N.
Asian Confederation of Physical Therapy Congress 2016 @ Kuala Lumpur, Malysia   2016年10月8日   
Changes in the intact corticospinal excitability and motor recovery after stroke.
Matsuura A, Karita T, Nakada N, Mori F
Asian Confederation of Physical Therapy Congress 2016 @ Kuala Lumpur, Malysia   2016年10月7日   
Time course of changes in corticospinal excitability after short-term forearm/hand immobilization.
Karita T, Matsuura A, Kondo Y, Tomimura K, Nakada M, Mori F
Asian Confederation of Physical Therapy Congress 2016 @ Kuala Lumpur, Malysia   2016年7月8日   
Cortical and descending signal contribution to bipedal locomotion
Mori F
Barany Society Meeting 2016 @ Seoul, Korea   2016年6月5日   
経頭蓋直流電流刺激で誘発した前庭機能抑制後の立位姿勢制御応答
森 大志,福島 卓,松浦晃宏,富村浩太,廣江遼亮
第13回姿勢と歩行研究会@東京   2015年3月14日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ヒトはなぜ二足で歩けるか?哺乳類モデルから探る二足歩行の戦略とその進化
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
血液酸素動態分析による歩行中の姿勢制御戦略の検討(継続)
京都大学: 霊長類研究所共同研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
血液酸素動態分析による歩行中の姿勢制御戦略の検討
京都大学: 霊長類研究所
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
血液酸素動態分析を用いた霊長類の歩行生理学の試み-脳機能と脳活動を中心に-
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
ニホンザルにおける直立姿勢の獲得とその神経制御戦略
日本学術振興会: 研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月

社会貢献活動

 
認知症:その理解はどこまで進んだか
【講師】  県立広島大学同窓会  県立広島大学同窓会健康講座  2016年10月12日
身体を動かす「筋肉」について知ろう
【講師, 企画, 実演】  県立広島大学  三原シティーカレッジ「夏休み特別企画」  2016年8月5日
脳神経外科で扱う病気いろいろ
【講師】  県立広島大学同窓会  県立広島大学同窓会健康講座  2015年10月14日
大学模擬講義「脳の機能と病気」
【講師】  広島県立呉宮原高等学校  2015年10月21日
山口大学開放授業
【出演, 講師, 企画】  山口大学  2013年10月1日 - 2014年3月31日