大場 利三郎

J-GLOBALへ         更新日: 09/03/09 00:00
 
アバター
研究者氏名
大場 利三郎
 
オオバ リサブロウ
所属
旧所属 埼玉工業大学 大学院工学研究科 システム工学専攻
職名
教授,名誉教授(北京農業工程大学),その他,先端科学研究所所長
学位
工学博士(東北大学), 修士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1959年
 - 
1959年
東北大学 講師
 
1959年
 - 
1971年
東北大学 助教授
 
1971年
 - 
1995年
東北大学 教授
 
1995年
 - 
1996年
東京科学技術大学 客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1959年
東北大学 工学研究科 機械工学
 
 
 - 
1954年
東北大学 工学部 機械工学
 

委員歴

 
1988年
 - 
1996年
国際水理学会IAHR Cavitation and Hydranlic Machinery部門  日本代表委員
 
1988年
   
 
日本機械学会  東北支部長
 
1993年
 - 
1995年
ターボ機械協会  副会長
 
1975年
 - 
1994年
アメリカ機械学会ASME  流体部門委員
 
1993年
 - 
1997年
日本ウオータージェット学会  理事
 

受賞

 
1991年
ターボ機械協会論文賞
 
1994年
日本機械学会流体部門賞
 

書籍等出版物

 
大学講義 流体機械(共著)
丸善   1980年   
ポンプ送風機の理論と実際(白倉昌明編)のうちのキャビテーションの章(共著)
日本科学技術振興財団   1962年   
スーパーキャビテーション(斉藤清一編)のうちのスーパーキャビテーション翼形のpp.26-44および支柱等のpp.50-58
菜根出版   1972年   
機械工学便覧A5流体工学の19章キャビテーション
日本機械学会   1987年   
流体力学ハンドブックの22章キャビテーション
丸善   1989年   

Works

 
ウオータジエット・ピーニングによるギヤ強度の向上
2000年

競争的資金等の研究課題

 
超高速液流の工学的研究
研究期間: 1990年 - 2004年
超高速液流の工学的研究
研究期間: 1990年 - 2004年
ウオータジェットピーニングの研究
研究期間: 1990年 - 2004年
ウオータジェットピーニングの研究
研究期間: 1990年 - 2004年
ウオータジェットピーニングの研究
研究期間: 1990年 - 2004年

特許

 
キャビテーションによる耐食処理法
公開平7-328829
水中高速噴流を利用する加工方法
公開平6-47667
流体機械の翼
特2954308