望月 正道

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 16:12
 
アバター
研究者氏名
望月 正道
 
モチヅキ マサミチ
URL
http://mochvocab.sakura.ne.jp/custom1.html
所属
麗澤大学
部署
外国語学部
職名
教授
学位
その他(スウォンジー大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
2003年10月
 - 
2011年2月
スワンジー大学 大学院 応用言語博士課程
 
 
 - 
1991年
エセックス大学 外国語学研究科 応用言語学
 
 
 - 
1982年
東京外国語大学 外国語学部 フランス語
 

委員歴

 
2016年
   
 
語学教育研究所  理事
 

受賞

 
2014年9月
麗澤大学 教育奨励賞
 

論文

 
英語授業研究のためのフレームワーク
望月 正道
中部地区英語教育学会紀要   46 141-148   2017年1月   [査読有り]
ベテラン英語教師は、若手英語教師の授業にどう助言するか―授業研究協議の発話分析から
望月正道・小菅敦子・小菅和也・淡路佳昌・富島奈央
麗澤レビュー   22 13-38   2016年6月   [査読有り]
語彙知識測定による英語能力の推定:語彙サイズ、構成、アクセス速度の観点から
望月 正道
平成22-25年度科学研究費補助金基盤研究(B)報告書      2014年3月   [査読有り]

Misc

 
JACET 8000 Compared with other Vocabulary lists
ASIALEX '03 Tokyo Proceedings: Dictionaries and Language hearring   378-383    2003年
Validating two measures of productive vocabulary
Reitaku Review   9 139-152   2003年
行列モデル-長期的語彙習得予測の可能性
「21世紀の英語教育の提言と指針」 開拓社   131-139    2002年
Exploration of two aspects of vocabulary knowledge: paradigmatic and collocational
ARELE   13 121-129   2002年
日本人英語学習者のための語彙サイズテスト
語学教育研究所紀要   (12)    1998年

書籍等出版物

 
World Trek English Communication III
望月 正道 (担当:共編者)
桐原書店   2018年3月   
World Trek English Communication II
望月 正道 (担当:共編者)
桐原書店   2017年3月   
英語で教える英語の授業: その進め方・考え方
望月正道・相澤一美・笠原究・林幸伸 (担当:共著)
大修館書店   2016年10月   
World Trek English Communication I
望月 正道 (担当:共編者)
桐原書店   2016年5月   
大学英語教育学会基本語 新JACET8000
大学英語教育学会基本語改訂委員会 (担当:共著)
桐原書店   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
若手英語教師が作成するワークシートの分析
望月 正道
第44回全国英語教育学会京都研究大会   2018年8月25日   
新学習指導要領の方向性を踏まえた英語で行う英語の授業 [招待有り]
望月 正道
平成30年度流山市中学校英語教員・ALT研修会   2018年7月31日   
若手教師の3年間の成長―計量テキスト分析から見えてくるもの―
望月 正道
関東甲信越英語教育学会新潟研究大会   2017年8月27日   
若手教師の3年間の成長:授業研究協議を通して(1)―付箋が語るもの―
望月 正道
第43回全国英語教育学会島根研究大会   2017年8月20日   
英語授業研究のためのフレームワーク改訂
望月 正道 小菅 敦子
第47回中部地区英語教育学会長野大会   2017年6月25日   

競争的資金等の研究課題

 
初任英語教員の教科指導の向上と学校での問題克服を支援するシステムの提案
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 望月 正道
語彙知識測定による英語能力の推定:語彙サイズ、構成、アクセス速度の観点から
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 望月 正道
技能別及び総合的英語能力を推定する語彙テストの開発:サイズ、構成、認知速度の融合
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 望月 正道