瀬川 真由美

J-GLOBALへ         更新日: 13/05/31 14:11
 
アバター
研究者氏名
瀬川 真由美
 
セガワ マユミ
所属
麗澤大学
部署
外国語学部
職名
准教授
学位
文学修士(東京外国語大学)

プロフィール

1986年 東京外国語大学外国語学部 卒業
1988年 東京外国語大学大学院外国語学研究科(修士課程)ゲルマン系言語専攻 修了
1990年 大阪府立大学総合科学部 助手
1996年 麗澤大学外国語学部 専任講師
2001年 麗澤大学外国語学部 准教授
2001年 麗澤大学大学院言語教育研究科 准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2002年
 麗澤大学外国語学部 外国語学部/大学院 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京外国語大学 外国語学研究科 ゲルマン系言語
 
 
 - 
1986年
東京外国語大学 外国語学部 ドイツ語
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
2010年3月
大学入試センター  問題作成委員
 

論文

 
現代ドイツ語の文法現象へのアプローチ
瀬川 真由美
麗澤大学紀要   95 141-157   2012年12月   [査読有り]
再帰代名詞とその構成要素の語彙的連関
瀬川 真由美
麗澤大学紀要   87 131-143   2008年12月   [査読有り]
現代ドイツ語におけるモダリティを担う表現形式の可能性
瀬川 真由美
ドイツ語を考える-ことばについての小論集   169-178   2008年3月   [査読有り]
文法化と操作テスト
瀬川 真由美
麗澤大学紀要   82 27-42   2006年7月   [査読有り]
現代ドイツ語におけるモダリティ表現の可能性
瀬川 真由美
麗澤大学紀要   81 101-122   2005年12月   [査読有り]
現代ドイツ語における「表現内容」と「表現形式」について-意味論的・統語論的立場から-
麗澤大学紀要   64 53-66   1997年
動詞の語彙と「統語的環境」および「文の意味的構造」-「機能詞」として「統語的環境」を形成する再帰代名詞を中心に-
麗澤大学紀要   63 75-90   1996年
「語彙的他動性」と「統語構造」
大阪府立大学紀要(人文・社会科学)   41 131-144   1993年
「語彙的他動性」と「統語構造」
ドイツ文学論巧   (24) 130-131   1992年
統語構造と動詞の語義-再帰的表現を中心に
独仏文学   (25) 45-62   1991年
ドイツ語の他自動詞についての報告
独仏文学   (24) 123-148   1990年
ドイツ語の他自動詞について
千葉県立衛生短期大学紀要   8(1) 59-62   1989年
ドイツ語の再帰代名詞をめぐって(1)
千葉県立衛生短期大学紀要   7(1) 61-64   1988年
現代ドイツ語における再帰代名詞の機能的分類
DER KEIM   (11) 65-77   1987年
再帰代名詞の生成パターン
ドイツ語の意味論的分析資料   92-103   1987年
「物・事」を主語とする再帰表現についての意味論的一考察
DER KEIM   (10) 1-12   1986年

Misc

 
初修外国語学習者における学習チェックシートの試行
瀬川 真由美
日本独文学会研究発表要旨   35-36   2007年6月
ドイツ語のevidentialityについて
言語研究センター第6回セミナー      2004年
seinとhabenの現代人称変化
基礎ドイツ語   51(1) 25-27   2000年
als ob…まるで〜のように
基礎ドイツ語   50(11) 20   2000年
比較表現のいろいろ
基礎ドイツ語   50(8) 22   2000年
関係代名詞
基礎ドイツ語   50(9) 4-7   2000年
状態受動
基礎ドイツ語   50(10) 10-11   2000年
定形の位置(1)
基礎ドイツ語   51(1) 36-38   2000年
序数
基礎ドイツ語   50(7) 16   1999年
「他動性」についての若干の考察
阪神ドイツ語学研究会会誌   (5) 7-15   1993年
「他動性」について-「動作主性」は「動詞の語彙」に含意されるか
ドイツ語学研究会発表会      1993年
動詞の語義分析-再帰的表現を中心に
ゲルマニスティンネンの会関西支部例会      1992年
ドイツ語の他動・自動の両用動詞について
阪神ドイツ語学研究会会誌   (4) 98   1992年
他動性と統語構造
阪神ドイツ文学会第142回研究発表会シンポジウム      1992年
ドイツ語の他動・自動の両用動詞について
阪神ドイツ語学研究会第79回研究発表会      1991年
動詞語義と生成性
日本独文学会第43回春季研究発表会シンポジウム      1989年
再帰表現の類型論
ドイツ文学   (82) 183   1989年
新・イラストDE学ぶ英語・ドイツ語・フランス語(共著)
月刊PCG      1988年
1988-
再帰的表現に関する考察
ドイツ語学研究会第5回研究発表会      1988年

書籍等出版物

 
アクセス独和辞典 第3版
瀬川 真由美 (担当:分担執筆)
三修社   2010年4月   
New edition-access German-Japanese Dictionary
Sanshusha Publishing Co., Ltd.   2003年   
新アクセス独和辞典
三修社   2003年   
改訂 基礎マスタードイツ語問題集(共著)
白水社   2002年   
アクセス独和辞典
三修社   1999年   
1995年身辺雑感
麗澤教育   1998年   
お菓子を学ぶ人のためのフランス語・ドイツ語・英語会話集
協同組合全日本洋菓子工業会   1998年   
猫の嘆きと白ネズミ
白水社   1996年   
新・アルファ独和辞典(共著)
三修社   1995年   
ことばコンセプト事典(共著)
第一法規出版株式会社   1992年   
基礎マスタードイツ語問題集(共著)
白水社   1989年   
アルファ独和辞典(共著)
三修社   1989年   
ドイツ語チェックブック(執筆協力)
日本翻訳家センター   1984年   

競争的資金等の研究課題

 
現代ドイツ語の統語論的・意味論的研究
研究期間: 1986年   
現代ドイツ語と日本語および英語の対照分析
研究期間: 1988年   
現代ドイツ語と現代英語の対照分析
研究期間: 1992年   
現代ドイツ語における「モダリティ」
研究期間: 2004年