KATO Toshikazu

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2019 at 04:22
 
Avatar
Name
KATO Toshikazu
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Science and Engineering
Job title
Professor
Research funding number
50297107

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1997
   
 
中央大学理工学部 教授
 
Oct 2001
 - 
Mar 2008
東京工科大学 兼任講師
 
Apr 2004
 - 
Mar 2009
お茶の水女子大学 講師
 
Apr 2005
 - 
Mar 2009
筑波大学図書館情報専門学群 非常勤講師
 
Jan 2010
 - 
May 2018
中央大学副学長
 

Awards & Honors

 
Oct 2003
Human Communication Support by the Taxonomy of Subjective Evaluations, Excellent Paper Award, アジアデザイン国際会議
Winner: Emi SUEYOSHI,Emi YANO,Isao SHINOHARA,Toshikazu KATO
 
Oct 1997
「感性的情報処理とアイコンによるイメージの抽象化」, 優秀論文賞, アジアデザイン国際学術会議
Winner: 李昇姫、加藤俊一、原田昭
 
Jun 1995
「マルチメディア情報システムのヒューマンインタフェースに関する研究」, 研究業務優秀者表彰大臣表彰(通商産業大臣賞), 通商産業省
 
May 1994
「印象語による絵画データベースの検索」, 論文賞, 情報処理学会
Winner: 栗田多喜夫、加藤俊一、坂倉あゆみ、福田郁美
 
May 1993
「画像の内容検索-電子美術館への応用-」, Best Author賞, 情報処理学会
Winner: 加藤俊一、栗田多喜夫
 

Published Papers

 
STUDY OF THE EFFECT OF BACKGROUND MUSIC TEMPO ON A REST|rn|PHYSIOLOSICAL EVALUATION USING A MENTAL STRESS TASK
Masashi MURKAMI, Takashi SAKAMOTO and Toshikazu KATO
7th International Conference |rn|on Kansei Engineering and Emotion Research (KEER2018)      Mar 2018   [Refereed]
An information presentation system for wobbling elderly people and those around them in walking spaces
KOSHI OGAWA, TOSHIKAZU KATO and TAKASHI SAKAMOTO
7th International Conference |rn|on Kansei Engineering and Emotion Research (KEER2018)      Mar 2018   [Refereed]
A PROPOSED QUANTITATIVE UX ANALYSIS METHOD BASED ON A PSYCHOMETRIC QUESTIONNAIRE SURVEY
Yuka SUGIYAMA, Toshikazu KATO and Takashi SAKAMOTO
7th International Conference |rn|on Kansei Engineering and Emotion Research (KEER2018)      Mar 2018   [Refereed]
Development of survey items for promoting participation in sport and physical activity for girls and women
Mera Y., Ogasawara E., Itoh M., Kato T., Sakaori F., & Urata H
The 13th Asian Association for Sport Management Conference. Yongpyong, Republic of Korea, September 21. 2017   107-108   Sep 2017   [Refereed]
Analysis of relationship between impression of video and memory using fNIRS
Suguru Azehara, Toru Nakata and Toshikazu Kato
Proceedings of the AHFE 2017 International Conference on Affective and Pleasurable Design, July 17–21, 2017, The Westin Bonaventure Hotel, Los Angeles, California, USA   157-165   Jul 2017   [Refereed]

Misc

 
「気まぐれな感性、一途な感性」
知能と情報 (日本知能情報ファジィ学会誌   Vol.29(No.6) 191   Dec 2017
Collaboration between Kansei Affective Engineering and Artificial Intelligence Technsology – Interdisciplinary Issues on Social Implementation of New Technologies –
加藤俊一、梅田 和昇、丸山 剛司、工藤 裕子、秋澤 光、神島 裕子、中村 太郎、緑川 晶
日本感性工学会 感性工学 特集号「人工知能と感性」Vol.15,No.1   15(1) pp32-35   Jun 2017
視覚感性の多様性のモデル化とイメージ情報処理への応用(日本色彩学会 視覚情報基礎研究会)
   Dec 2014
6-12 画像データベース
多田昌裕・加藤俊一
画像電子学会誌   39(6) 924-927   2010
画像データベース
多田昌裕, 加藤俊一
画像電子学会誌:画像電子技術年報   37(6) 134-146   Nov 2008

Books etc

 
感性工学ハンドブック ―感性をきわめる七つ道具―
椎塚久雄 編 分担執筆者:加藤俊一 (Part:Joint Work)
朝倉書店   Nov 2013   
岩波講座 マルチメディア情報学8 情報の構造化と検索 (第4章) 感性によるアプローチ
加藤俊一(共著)
岩波書店   Mar 2000   
エンサイクロペティア情報処理2000/2001 (第4章) 感性情報処理
加藤俊一(分担執筆)
情報処理学会   Mar 2000   
Towards Shoppers' Assistants: Agents to Combine Information in Advanced Databese Systems for Integration of Media and User Environments
Y.Kambayashi, A. Makinouchi, S.Umemura, K.Tanaka, Y.Masunaga(Ed.) Robert Inder,Toshikazu Kato
Mar 1998   
Towards a Comprehensive Integration of Subjective Paramenters in Database Browsing in Advanced Database Systems for Integration of Media and User Environments
Y.Kambayashi, A.Makinouchi, S.Umemura, K.Tanaka, Y.Masunaga(Ed.) Nadia Bianchi, Luc Berthouze, Toshikazu Kato
World Scientific   Mar 1998   

Conference Activities & Talks

 
身体活動量増加を目的とした動機付けの分析について
浦田仁志、坂本隆、加藤俊一
第13回日本感性工学会春季大会   Mar 2018   
運動への態度の類型化とTPOを考慮した動機付けの検討
鳥羽政成、坂本隆、酒折文武、小笠原悦子
第13回日本感性工学会春季大会   Mar 2018   
Preferences of a song and musical genres are influenced by changes in heart rate: A trial study using step aerobics
大石 琢馬、坂本 隆、加藤 俊一
第13回日本感性工学会春季大会   Mar 2018   
学習時のモチベーションとその変化の計測による可視化
島崎友祐,加藤俊一
第13回日本感性工学会春季大会   Mar 2018   
ウェアラブル機器を用いた料理推薦システムによる満足度の評価
加藤皓也、加藤俊一
生命ソフトウェア&感性工房 合同シンポジウム2017   Oct 2017   

Research Grants & Projects

 
実空間・情報空間におけるグループ内での感性的共生機構の研究開発
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(A)
Project Year: Apr 2013 - Mar 2018    Investigator(s): 加藤俊一
ロボティクス技術の社会実装へのインターディシプリナリーアプローチ
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): 加藤俊一
感性ロボティクス環境による共生的生活空間の構築と感性サービスへの応用
Project Year: Apr 2010   
多感覚感性のモデル化と情報環境への応用に関する研究
中央大学: 中央大学特定課題研究費
Project Year: Apr 2005 - Mar 2007
感性ロボティクス環境による共生的生活空間の創造
中央大学: 中央大学共同研究費他
Project Year: Apr 2005 - Mar 2007    Investigator(s): 木下源一郎

Patents

 
特開2011-248601 : キーボード、キーボードドライバ、方法および記録媒体
特開2011-182001 : 画像処理装置、画像処理方法およびプログラム
特開2011-59802 : 意思分析サーバ、意思分析方法、プログラムおよび意思分析システム
特開2011-22905 : 利用者情報提供システム及び利用者情報提供方法
特願2005-006572 : 判別分析を行う方法、類似画像検索方法、プログラム、及び、装置

Social Contribution

 
(財)新世代計算機技術研究開発機構ICOT次世代データベースWG
[]  Apr 1991 - Mar 1993
(財)新世代計算機技術研究開発機構ICOT DOOD(演繹+オブジェクト指向データベース)WG委員
[]  Apr 1989 - Mar 1991