柿崎 育子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/27 16:10
 
アバター
研究者氏名
柿崎 育子
 
カキザキ イクコ
URL
http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~bioche1/
所属
弘前大学
部署
弘前大学大学院医学研究科 附属高度先進医学研究センター 糖鎖工学講座
職名
准教授
学位
博士(医学)(弘前大学), 薬学修士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
2007年3月
弘前大学医学部 助手
 
2003年7月
 - 
2004年2月
Pennsylvania State University College of Medicine, U.S.A. 文部科学省在外研究員
 
2007年4月
 - 
2007年12月
弘前大学大学院医学研究科 助教
 
2008年1月
 - 
現在
弘前大学大学院医学研究科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
北海道大学 薬学部 製薬化学科
 
 
 - 
1994年
北海道大学 薬学系研究科 
 
 
 - 
1998年
弘前大学 医学研究科 生理系
 

委員歴

 
2006年
 - 
現在
プロテオグライカンフォーラム  世話人
 
2007年
 - 
現在
青森糖質研究会  副会長
 
2007年
 - 
現在
東北糖鎖研究会  世話人
 
2009年
 - 
現在
日本応用糖質科学会 東北支部  理事
 
2015年
 - 
現在
日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)  幹事
 
2015年
 - 
現在
日本糖質学会  評議員
 
2017年
 - 
2019年
日本応用糖質科学会  評議員
 
2017年12月
 - 
現在
日本糖質学会  男女共同参画委員
 

受賞

 
2006年5月
第5回インテリジェント・コスモス奨励賞(平成18年度) 「ヒアルロン酸合成阻害剤4-メチルウンベリフェロンによる中皮腫の新治療法の開発」
 
2006年5月
日本生化学会東北支部 平成18年度 第6回日本生化学会東北支部奨励賞 「4-メチルウンベリフェロンによるヒアルロン酸合成阻害の新しい作用機構」
 
2009年1月
弘前大学医学部 平成20年度 第13回弘前大学医学部学術賞特別賞 「生体内糖鎖の構造と機能に関する研究(医学応用を目指して)」
 
2010年6月
第3回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント 「マラリアの母子感染防御を目指した糖鎖工学的アプローチ」
 
2016年9月
日本応用糖質科学会 技術開発賞 「サケ鼻軟骨由来熱水抽出プロテオグリカンの素材化および日焼け抑制効果を有した 美容食品の開発」
受賞者: 後藤 昌史 、末川 裕、花田 友香子、山本 和司(サンスター株式会社),柿崎 育子(弘前大学)
 

論文

 
Development of new therapeutic agents of preterm birth by glycosaminoglycan
Seigo Tanaka, Ikuko Kakizaki, Kanji Tanaka, Tomoe Kodama, Asami Ito-Fukuyama, Shinichiro Suto, Ryoki Takahashi, Yoshihito Yokoyama
Journal of Hypertension Research in Pregnancy   in press    2019年   [査読有り]
Kobayashi T, Kakizaki I, Nakamura T
Analytical biochemistry   568 51-52   2019年1月   [査読有り]
Yoshida E, Kudo D, Nagase H, Suto A, Shimoda H, Suto S, Kakizaki I, Endo M, Hakamada K
Anticancer research   38(10) 5799-5804   2018年10月   [査読有り]
Sutoh Yoneyama M, Tobisawa Y, Hatakeyama S, Sato M, Tone K, Tatara Y, Kakizaki I, Funyu T, Fukuda M, Hoshi S, Ohyama C, Tsuboi S
Journal of biochemistry   161(6) 479-492   2017年6月   [査読有り]
Kobayashi T, Kakizaki I, Nozaka H, Nakamura T
Biochemistry and biophysics reports   9 72-78   2017年3月   [査読有り]
Nagase H, Kudo D, Suto A, Yoshida E, Suto S, Negishi M, Kakizaki I, Hakamada K
Pancreas   46(2) 190-197   2017年2月   [査読有り]
Kakizaki Ikuko, Miura Ayako, Mineta Takashi, Hong Jinseo, Kato Yoji
Journal of Applied Glycoscience   64(4) 83-90   2017年   [査読有り]
Chanmee T, Ontong P, Izumikawa T, Higashide M, Mochizuki N, Chokchaitaweesuk C, Khansai M, Nakajima K, Kakizaki I, Kongtawelert P, Taniguchi N, Itano N
The Journal of biological chemistry   291(46) 24105-24120   2016年11月   [査読有り]
Yoshida E, Kudo D, Nagase H, Shimoda H, Suto S, Negishi M, Kakizaki I, Endo M, Hakamada K
Oncology letters   12(4) 2337-2344   2016年10月   [査読有り]
Uenoyama A, Kakizaki I, Shiomi A, Saito N, Hara Y, Saito T, Ohnuki H, Kato H, Takagi R, Maeda T, Izumi K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   80(7) 1344-1355   2016年7月   [査読有り]
後藤昌史, 末川裕, 花田友香子, 柿崎育子, 山本和司, 加藤陽治
応用糖質科学   6(2) 138-146   2016年5月   [査読有り]
SAWADA Naoya, MIKAMI Kenichiro, IGARASHI Go, ENDO Tetsu, SATO Ken, KAKIZAKI Ikuko, FUKUDA Shinsaku
Hirosaki Medical Journal   66(2/4) 143-151   2016年3月   [査読有り]
Kakizaki I, Takahashi R, Yanagisawa M, Yoshida F, Takagaki K
Carbohydrate research   413 129-134   2015年9月   [査読有り]
Tatara Y, Kakizaki I, Suto S, Ishioka H, Negishi M, Endo M
Glycobiology   25(5) 557-569   2015年5月   [査読有り]
Kakizaki I, Koizumi H, Chen F, Endo M
Carbohydrate polymers   121 362-371   2015年5月   [査読有り]
KAKIZAKI Ikuko, MIURA Ayako, ITO Seiko, MINETA Takashi, JIN SEO Hong, KATO Yoji
J Appl Glycosci   62(3) 115-120 (J-STAGE)   2015年   [査読有り]
Suto S, Kakizaki I, Nakamura T, Endo M
Biopolymers   101(3) 189-196   2014年3月   [査読有り]
Kakizaki I, Mineta T, Sasaki M, Tatara Y, Makino E, Kato Y
Carbohydrate polymers   103 538-549   2014年3月   [査読有り]
Ontong P, Hatada Y, Taniguchi S, Kakizaki I, Itano N
Biochemical and biophysical research communications   443(2) 666-671   2014年1月   [査読有り]
Tatara Y, Kakizaki I, Kuroda Y, Suto S, Ishioka H, Endo M
Glycobiology   23(8) 993-1003   2013年8月   [査読有り]
Wasonga G, Tatara Y, Kakizaki I, Huang X
Journal of carbohydrate chemistry   32(5-6) 392-409   2013年   [査読有り]
Time-dependent gene expression and immunohistochemical analysis of the injured anterior cruciate ligament.
Naraoka, T., Ishibashi, Y., Tsuda, E., Yamamoto, Y., Kusumi, T.
Bone Joint Res.   1(10) 238-244   2012年10月   [査読有り]
Asano K, Kakizaki I, Nakane A
Biochimie   94(6) 1291-1299   2012年6月   [査読有り]
Kakizaki I, Suto S, Tatara Y, Nakamura T, Endo M
Biochemical and biophysical research communications   423(2) 344-349   2012年6月   [査読有り]
Fukuyama A, Tanaka K, Kakizaki I, Kasai K, Chiba M, Nakamura T, Mizunuma H
Life sciences   90(13-14) 484-488   2012年4月   [査読有り]
Endo M, Kakizaki I
Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences   88(7) 327-344   2012年   [査読有り]
Kakizaki I, Nukatsuka I, Takagaki K, Majima M, Iwafune M, Suto S, Endo M
Biochemical and biophysical research communications   406(2) 239-244   2011年3月   [査読有り]
Kakizaki I, Tatara Y, Majima M, Kato Y, Endo M
Archives of biochemistry and biophysics   506(1) 58-65   2011年2月   [査読有り]
Analysis of functional sugar chains of proteoglycan in the urine from woman with osteoporosis.
Abe, K., Higuchi, T., Mizunuma, H., Kakizaki, I., Endo, M., and Suto, S.
Hirosaki Med. J   61(2–4) 97-103   2011年   [査読有り]
Kakizaki, I., Ibori, N., Kojima, K., Yamaguchi, M., and Endo M.
FEBS J.   277(7) 1776-1786   2010年4月   [査読有り]
Yamaguchi, M., Takagaki, K., Kojima, K., Hayashi, N., Chen, F., Kakizaki, I., Kon, A., and Endo, M.
Glycoconj .J.   27(1) 189–198-198   2010年1月   [査読有り]
Novel glycosaminoglycan glycotechnology: Method for hybrid synthesis of glycosaminoglycan chains Utilizing Chemo-enzymatic Procedures.
Yamaguchi, M., Kakizaki, I., and Endo, M.
J. Carbohyd. Chem.   29 315-331   2010年   [査読有り]
Chen, F., Kakizaki, I., Yamaguchi, M., Kojima, K., Takagaki, K., and Endo, M.
Glycoconj. J.   26(5) 559-566   2009年7月   [査読有り]
Funahashi, M., Nakamura, T., Kakizaki, I., Mizunuma, H., and Endo, M.
Connect Tissue Res.   50(3) 194-202   2009年   [査読有り]
Achur, R. N., Kakizaki, I., Goel, S., Kojima, K., Madhunapantula, S. V., Ohta, M., Kumar, S., Takagaki, K., and Gowda, D. C.
Biochemistry   471(1) 12635-12643   2008年11月   [査読有り]
Kakizaki, I., Itano, N., Kimata, K., Hanada, K., Kon, A., Yamaguchi, M., Takahashi, T., and Takagaki, K.
Arch. Biochem. Biophys.   471(1) 85-93   2008年3月   [査読有り]
Morohashi, H., Kon, A., Nakai, M., Yamaguchi, M., Kakizaki, I., Yoshihara S., Sasaki, M., and
International journal of cancer   120(12) 2704-2709   2007年6月   [査読有り]
Kakizaki, I., Takahashi, R., Ibori, N., Kojima, K., Takahashi, T., Yamaguchi, M., Kon, A., and Takagaki, K.
Biochim. Biophys. Acta.   1770(2) 171– 177-177   2007年2月   [査読有り]
Morohashi, H., Kon, A., Nakai, M., Yamaguchi, M., Kakizaki, I., Yoshihara S., and Sasaki, M., and Takagaki, K.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   345(4) 1454-1459   2006年7月   [査読有り]
The effects of glycosaminoglycans on thrombopoietin-induced megakaryocytopoiesis.
Kashiwakura, I., Teramachi, T., Kakizaki, I., Takagi, Y., Takahashi, T. A., and Takagaki, K.
Haematologica.   91(4) 445–451-451   2006年4月   [査読有り]
4-methylumbelliferone, a hyaluronan synthase suppressor, enhances the anticancer activity of gemcitabine in human pancreatic cancer cells. 共著
Nakazawa, H., Yoshihara, S., Kudo, D., Morohashi, H., Kakizaki, I., Kon, A., Takagaki, K., and
Cancer Chemother. Pharmacol.   57(2) 165-170   2006年   [査読有り]
Yamaguchi, M., Kojima, K., Hayashi, N., Kakizaki, I., Kon A., and Takagaki, K.
Tetrahedron Lett.   47(42) 7455-7458   2006年   [査読有り]
Mayer, D.C., Jiang, L., Achur, R.N., Kakizaki, I., Gowda, D.C., and Miller, L.H.
Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A.   103(7) 2358-2362   2006年   [査読有り]
Yoshihara S., Kon A., Kudo D., Nakazawa H., Kakizaki I., Sasaki M., Endo M., and Takagaki K.
FEBS Lett.   579(12) 2722-2726   2005年   [査読有り]
Kudo, D., Kon, A., Yoshihara, S., Kakizaki, I., Sasaki, M., Endo, M., and Takagaki, K.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   321(4) 783-787   2004年   [査読有り]
Kakizaki, I., Kojima, K., Takagaki, K., Endo, M., Kannagi, R., Ito, M., Maruo, Y., Sato, H., Yasuda, T., Mita, S., Kimata, K., and Itano, N.
J. Biol. Chem.   279(32) 33281-33289   2004年   [査読有り]
Muthusamy, A., Achur, R. N., Valiyaveettil, M., Madhunapantula, S. V., Kakizaki, I., Bhavanandan, V. P., and Gowda, C. D.
Glycobiology   14(7) 635-645   2004年   [査読有り]
Takahata, T., Kumano, T., Ookawa, K., Hayakari, M., Kakizaki, I., and Tsuchida, S.
Biochem Pharmacol.   67(9) 1167-1675   2004年   [査読有り]
Iwafune, M., Kakizaki, I., Nakazawa, H., Nukatsuka, I., Endo, M.
Anal. Biochem.   325(1) 35-40   2004年   [査読有り]
Sasaki, H., Kon, A., Takeda, H., Sawamura, D., Kakizaki, I., Takagaki, K., Hashimoto, I., and Hanada, K.
J Dermatol Sci.   32(3) 239-242   2003年   [査読有り]
KAKIZAKI I, TAKAGAKI K, ENDO Y, KUDO D, IKEYA H, MIYOSHI T, BAGGENSTOSS B A, NAKANE A, ENDO M
Eur. J. Biochem.   269(20) 5066-5075   2002年   [査読有り]
Iwafune, M., Kakizaki, I., Yukawa, M., Kudo, D., Ota, S., Endo, M., and Takagaki, K.
Biochem. Biophys. Res., Commun.   297(5) 1167-1170   2002年   [査読有り]
Ikeda, H., Serria, M. S., Kakizaki, .I, Hatayama, I., Satoh, K., Tsuchida, S., Muramatsu, M., Nishi, S., and Sakai, M.
Biochem. J.   364(2) 563-570   2002年   [査読有り]
Takagaki, K., Iwafune, M., Kakizaki, I., Ishido, K., Kato, Y.
J. Biol. Chem.   277(21) 18397-18403   2002年   [査読有り]
Takagaki, K., Munakata, H., Kakizaki, I., Iwafne, M., Itabashi, T.
J Biol Chem.   277(11) 8882-8889   2002年   [査読有り]
TAKAGAKI K, ISHIDO K, KAKIZAKI I, IWAFUNE M, ENDO M
Biochem. Biophys. Res., Commun. 293(1), 220-4.   293(1) 220-224   2002年   [査読有り]
Kukidome, J., Kakizaki, I., Takagaki, K., Matsuki, A., Munakata, A., and Endo, M.
Tohoku J. Exp. Med.   194(1) 23-34   2001年   [査読有り]
Studies on sugar chain elongation in cultured human colon adenocarcinoma cells using 4-methylumbeliferyl glycoside derivatives and p-nitrophenyl glycoside derivatives as artificial primers.(共著)
Kukidome, J., Kakizaki, I., Takagaki, K., and Endo, M.: Studies on sugar chain elongation in cultured human colon adenocarcinoma cells using 4-methylumbelliferyl glycoside derivatives and p-nitrophenyl glycoside derivatives as artificial primers.
Hirosaki Med. J.   52 59-65   2001年   [査読有り]
Kakizaki, I., Ookawa, K., Ishikawa, T., Hayakari, M., Aoyagi, T., and Tsuchida, S.
Jpn. Cancer Res.   91(11) 1161-1168   2000年   [査読有り]
TAKAGAKI K, MUNAKATA H, KAKIZAKI I, MAJIMA M, ENDO M
Biochem. Biophys. Res. Commun.   270(2) 588-593   2000年   [査読有り]
Chimeric Glycosaminoglycan Oligosaccharides Synthesized by Enzymatic Reconstruction and Their Use in Substrate Specificity Determination of Streptococcus Hyaluronidase 共著
Takagaki K, Munakata H, Majima M, Kakizaki I, Endo M.
J. Biochem. (Tokyo)   127(4) 695-702   2000年   [査読有り]
Identification of Glutathione S-Transferase p-1 as the Class Pi Form Dominantly Expressed in Mouse Hepatic Adenomas 共著
Ookawa K, Nakano H, Kakizaki I, Hatayama I, Kajihara-Kano H, Kimura J, Hayakari M, Takahata T, Satoh K, Tsuchida S.
Jpn. Cancer Res.   89(6) 641-648   1998年   [査読有り]
Epitope mapping of a monoclonal antibody to human glutathione transferase P1-1 the binding of which is inhibited by glutathione 共著
Takahata T, Tsuchida S, Oomura M, Matsumoto T, Azumi J, Hatayama I, Hayakari M, Kimura J, Kakizaki I, Kano H, Satoh K, Sato K.
Biochem. J.   321(2) 531-536   1997年   [査読有り]
Lentinan enhances sensitivity of mouse colon 26 tumor to cis-diamminedichloroplatinum (II) and decreases glutathione transferase expression.
Murata, T., Hatayama, I., Kakizaki, I., Satoh, K., Sato, K., and Tsuchida, S.
Jpn. J. Cancer Res.   87(11) 1171–1178   1996年   [査読有り]
NISHIMURA H, KAKIZAKI I, MUTA T, SASAKI N, PU P X, YAMASHITA T, NAGASAWA S
FEBS Lett.   357(2) 207-211   1995年   [査読有り]
Identification and cDNA cloning of single-stranded DNA binding proteins that interact with the region upstream of the human c-myc gene. 共著
Negishi Y, Nishita Y, Saëgusa Y, Kakizaki I, Galli I, Kihara F, Tamai K, Miyajima N, Iguchi-Ariga SM, Ariga H.
Oncogene   9(4) 1133-1143   1994年   [査読有り]
Cell cycle-dependent activation of c-myc enhancer.共著
Kakizaki I, Imamura Y, Galli I, Kihara F, Ariga H, Iguchiariga S.
J. Oncol.   2(4) 657-661   1993年   [査読有り]

Misc

 
後藤昌史, 加藤陽治, 柿崎育子
Bio Ind   32(11) 45-50   2015年11月
Development of an enzymatic synthesis method for chimeric glycosaminoglycans.
Takagaki, K., Kakizaki, I., and Endo, M.
Hirosaki Med J "Challenging to be A Frantier in the Medical Science of the 21st Century"   51(Suppl.) S49-S53   1999年   [査読有り]

書籍等出版物

 
食品ハイドロコロイドの開発と応用II
加藤陽治, 柿崎育子, 後藤昌史 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 サケ軟骨プロテオグリカンの開発と応用)
シーエムシー出版   2015年1月   ISBN:978-4-7813-1051-0
シンプル生化学 改訂第6版
林典夫、廣野治子、野口正人、五十嵐和彦ほか (担当:分担執筆, 範囲:2章、10章)
2014年   ISBN:ISBN978-4-524-26807-8
マリンバイオテクノロジーの新潮流
加藤陽治, 柿崎育子 (担当:分担執筆, 範囲:サケ鼻軟骨由来のプロテオグリカン)
シーエムシー出版   2011年11月   ISBN:4781304532
化学工業Vol. 61, No. 3 (2010) 特集/糖質科学の機能探求
柿崎育子 (担当:分担執筆, 範囲:医学応用を目指したプロテオグリカンの糖鎖工学)
化学工業社   2010年   
Experimental Glycoscience – Glycochemistry
Kakizaki, I., and Takagaki, K. (担当:分担執筆, 範囲:Endoglycosidases (Glycosaminoglycans))
Springer, Berlin, Germany   2008年   
Comprehensive Glycoscience - from Chemistry to Systems Biology
Takagaki, K., and Kakizaki, I. (担当:分担執筆, 範囲:Degradation of glycosaminoglycans)
Elsevier Science B. V., Amsterdam, the Netherlands   2007年   
Hyaluronan 2003 Conference Proceedings "Hyaluronan: Structure, Metabolism, Biological Activities, Therapeutic Applications"
Kakizaki, I., Baggenstoss, B. A., Tlapak-Simmons, V. L., Nakane, A., Weigel, P. H., Endo, M., and Takagaki, K. (担当:分担執筆, 範囲:A possible cardiolipin-dependent inhibition mechanism of hyaluronan synthesis by 4-methylumbelliferone in streptococcus equi FM100 (p159–163))
Matrix Biology Institute   2005年   
New Developments in Glycomedicine
Endo, Y., Funahashi, M., Kakizaki, I., Takagaki, K., Endo, M., and Yokoyama, M. (担当:分担執筆, 範囲:Hyaluronan knockdown extracellular matrix of cultured human skin fibroblasts by use of 4-methylumbelliferone. (p265–268))
Elsevier Science B. V., Amsterdam, the Netherlands   2001年   
Enzymatic reconstruction of glycosaminoglycan oligosaccharides
Takagaki, K., Kakizaki, I., Iwafune, M., Ishido, K. and Endo, M.
Elsevier Science B. V., Amsterdam, the Netherlands   2001年   
季刊化学総説(No.48)「糖鎖分子の設計と生理機能」
遠藤正彦, 高垣啓一, 柿崎育子, 石戸圭之輔 (担当:分担執筆, 範囲:エンド型グリコシダーゼを用いたグリコサミノグリカン糖鎖の再構築)
学会出版センター   2001年   
Formation of hyaluronic acid-knock-down extracellular matrix using 4-methylumbelliferone.
Endo, Y., Takagaki, K., Takahashi, G., Kakizaki, I., Funahashi, M., and Yokoyama, M.
Elsevier Science B. V., Amsterdam, the Netherlands   2000年   
New Targets for Cancer Prevention and Therapy
Kakizaki, I., Itano, N., Kimata, K., Kon, A., Yamaguchi, M., Yoshihara, S., Sasaki, M., and Takagaki, K. (担当:共著, 範囲:An inhibition mechanism of hyaluronan synthesis by 4-methylumbelliferon)
Hirosaki University Press, Hirosaki, Japan   
in press

講演・口頭発表等

 
サケ軟骨抽出物中のプロテオグリカンの構造分析 [招待有り]
柿崎 育子
第31回日本軟骨代謝学会 シンポジウム【PG・GAG研究最前線】   2018年3月3日   
機能解析モデルとしての糖鎖改変プロテオグリカン [招待有り]
柿崎 育子
日本応用糖質科学会平成23年度大会(第60回) 大会特別シンポジウム【応用糖質科学研究の新時代を拓く】   2011年9月29日   
医学応用を目指したプロテオグリカンの糖鎖工学 [招待有り]
柿崎 育子
日本応用糖質科学会平成21年度大会(第58回) 大会特別シンポジウム【東北から発信する糖質関連新技術】   2009年9月17日   
表皮ヒアルロン酸代謝における紫外線照射の影響 [招待有り]
柿崎 育子
太陽紫外線防御研究委員会 第18回シンポジウム【太陽紫外線を科学する】   2008年3月14日   
表皮ヒアルロン酸代謝における紫外線照射の影響 [招待有り]
柿崎 育子
第32回日本香粧品学会 シンポジウムⅡ【環境と皮膚】   2007年6月8日   
Applied research on inhibitor of hyaluronan synthesis
TAKAGAKI Keiichi, 〇KAKIZAKI Ikuko
International Symposium on Extracellular Glycomatrix in Health and Disease   2006年6月17日   
細胞周囲ヒアルロン酸マトリックスの合成制御と機能解析 [招待有り]
高垣 啓一, 〇柿崎育子, 今淳, 山口真範
日本薬学会第126年会 シンポジウム【生体膜研究における糖鎖生物学の重要性】   2006年3月28日   
Enzymatic Reconstruction of Glycosaminoglycans
TAKAGAKI Keiichi, 〇KAKIZAKI Ikuko, KON Atsushi
Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanese Society of Carbohydrate Research   2004年11月17日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 柿崎育子
プロテオグリカン関連バイオマテリアルをコアとした津軽圏ヘルス&ビューティー産業クラスターの形成・拡大
文部科学省: 地域イノベーション戦略支援プログラム
研究期間: 2013年 - 2018年3月    代表者: (公財)21あおもり産業総合支援センター
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 柿崎育子
プロテオグリカンをコアとした津軽ヘルス&ビューティー産業クラスターの創生
文部科学省: 地域イノベーションクラスタープログラム(重点支援枠)(都市エリア型)
研究期間: 2010年 - 2013年3月    代表者: (地独)青森県産業技術センター
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 柿崎育子
QOLの向上に貢献するプロテオグリカンの応用研究と製品開発
文部科学省: 都市エリア産学官連携促進事業「一般型」
研究期間: 2007年 - 2010年3月    代表者: 弘前大学
マラリアの母子感染防御を目指した糖鎖工学的アプローチ
資生堂(株): 女性研究者サイエンスグラント
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 柿崎育子
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 柿崎育子
JST: 地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 柿崎育子
ヒアルロン酸ハイブリッドプロテオグリカンの機能探索
学術国際新興基金: 若手研究者への助成
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 柿崎育子
創薬を目指した疾患関連糖鎖の探索
学術国際新興基金: 地域企業と大学の共同研究の助成
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 柿崎育子
サケ皮の糖鎖探索
学術国際新興基金: 地域企業と大学の共同研究の助成
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 柿崎育子
文部科学省: 都市エリア産学官連携促進事業「連携基盤整備型」
研究期間: 2004年 - 2007年3月    代表者: 弘前大学
JST: 地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 柿崎育子
マラリアの母子感染を制御するグリコサミノグリカン糖鎖構造の探索
学術国際新興基金: 若手研究者への助成
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 柿崎育子
疾患関連グリコサミノグリカン糖鎖および関連酵素の探索
学術国際新興基金: 地域企業と大学の共同研究の助成
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 柿崎育子
ヒアルロン酸の合成制御によるがんの治療法の開発
学術国際新興基金: 若手研究者への助成
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 柿崎育子
機能性組み換えオリゴ糖を用いたマラリア母子感染の制御
学術国際新興基金: 外国人研究者との共同研究の助成
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 柿崎育子
軟骨変性疾患におけるヒアルロン酸組成の検討
学術国際新興基金: 地域企業と大学の共同研究の助成
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 柿崎育子
ヒアルロン酸合成阻害剤4-メチルウンベリフェロンによる中皮腫の新治療法の開発
(公財)インテリジェント・コスモス学術振興財団: 
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 柿崎育子
文部科学省: 科学研究費 若手研究B
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 柿崎育子
文部科学省: 科学研究費 若手研究B
研究期間: 2003年       代表者: 柿崎育子

特許

 
遠藤 正彦, 柿崎 育子, 小泉 英誉
小林 孝, 柿崎 育子, 野坂 大喜, 中村 敏也
野坂 大喜, 加藤 陽治, 中村 敏也, 柿崎 育子, 山本 和司, 後藤 昌史, 末川 裕, 花田 友香子