OHTA Hiroyuki

J-GLOBAL         Last updated: Jun 28, 2019 at 02:51
 
Avatar
Name
OHTA Hiroyuki
Affiliation
Ibaraki University
Section
Ibaraki University
Job title
Vice President
Degree
Doctor of Agricultural Science(Tohoku University), Master of Agricultural Science(Tohoku University)
Other affiliation
Ibaraki University
Research funding number
80168947

Profile

(研究経歴)
1982-1984 Engaged in research on the Soil Oligotrophic Bacteria 1984-1998 Engaged in research on Oral Bacteria 1998- Engaged in research on Nonylphenol Degrading Bacteria

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1982
 - 
Mar 1984
Postdoctoral fellow, Japan Promotion of Science, Institute for Agricultural Research, Tohoku University
 
Apr 1984
 - 
May 1992
Assistant Professor, Dental School, Okayama University
 
Jun 1992
 - 
Jul 1997
Associtae Professor, Dental School, Okayama University
 
Aug 1997
 - 
May 2002
Associtae Professor, College of Agriculture, Ibaraki University
 
Jun 2002
   
 
Professor, College of Agriculture, Ibaraki University
 

Committee Memberships

 
2009
 - 
2013
International Society for Environmental Biogeochemistry  International Committee
 

Awards & Honors

 
Sep 2016
Udayana Award, Udayana University, Indonesia
Winner: Hiroyuki Ohta
 
Regarding to Ohta's effort and great contribution in promoting and strengthening the cooperation between the University of Udayana and Ibaraki University, Ohta has been chosen to receive the University of Udayana Award of 2016.
Sep 2014
土壌細菌の分類および群集解析に関する研究, 第59回日本土壌肥料学会賞, 日本土壌肥料学会
 
Jul 2013
特別研究員等審査会専門委員(書面担当) 表彰, 日本学術振興会
 
Nov 2010
JSME Prize 2010 for the best publication, 日本微生物生態学会
Winner: Yoshinori Sato, Ken Hosokawa, Reiko Fujimura, Tomoyasu Nishizawa, Takashi Kamijo, Hiroyuki Ohta
 
The authors were awarded in recognition of excellence in form, and content of the authors' paper published in Microbes and Environments, volume 24, 2009.
1993
両備(]J3727[)園記念財団研究助成
 

Published Papers

 
122. Ootsuka, M., T. Nishizawa, M. Hasegawa, Y. Kurusu, H. Ohta
Microbes and Environments   33 450-454   2018   [Refereed]
Branched nonylphenol (BNP), a degradation product of nonylphenol polyethoxylates, exerts estrogenic effects on various organisms. The genes underlying BNP degradation by Sphingobium amiense DSM 16289T were analyzed by complete genome sequencing an...
Phylogenetic characterization of viable but-not-yet cultured Legionella groups grown in amoebic cocultures: a case study using various cooling tower water samples
Hiroaki Inoue , Kunio Agata, Hiroyuki Ohta
Biocontrol Science   23(, in press)    2018   [Refereed]
Legionella spp. exist naturally in association with amoeba in water environments and are known to be the etiological agent of a severe form of pneumonia. To detect diverse Legionella populations in cooling tower water systems, the amoebic cocultur...
Complete genome sequence of Agrobacterium pusense VsBac-Y9, a bacterial symbiont of the dark septate endophytic fungus Veronaeopsis simplex Y34 with potential for improving fungal colonization in roots
Yong Guo, Yuuto Matsuoka, Takamasa Miura, Tomoyasu Nishizawa, Hiroyuki Ohta, Kazuhiko Narisa
Journal of Biotechnology   284 31-36   Aug 2018   [Refereed]
A Rhizobium-related bacterium (Rhizobium sp. VsBac-Y9) is a
symbiont living with the dark septate endophytic (DSE) fungus
Veronaeopsis simplex Y34. Co-inoculation of Rhizobium sp. VsBac-Y9 with
V. simplex Y34 improves the fungal colonization of to...
Yusuke Takashima, Yousuke Degawa, Hiroyuki Ohta, Kazuhiko Narisawa
Mycoscience   59(3) 200-205   May 2018   [Refereed]
A new species, Mortierella sugadairana, is described for a fungus forming homothallic zygospores with a club-shaped macrosuspensor and a microsuspensor originating from the macrosuspensor. The species was isolated from cool regions in Japan and mo...
Dilruba Sharmin, Yong Guo, Tomoyasu Nishizawa, Shoko Ohshima, Yoshinori Sato, Yusuke Takashima, Kazuhiko Narisawa, Hiroyuki Ohta
Microbes and Environments   33(1) 66-76   Mar 2018   [Refereed]
Endohyphal bacteria (EHB), dwelling within fungal hyphae, markedly affect the growth and metabolic potential of their hosts. To date, two EHB belonging to the family Burkholderiaceae have been isolated and characterized as new taxa, Burkholderia r...

Misc

 
土壌微生物が創る共生の世界-その先端的研究事例と農業への応用的研究展開,4.糸状菌に共生する細菌その機能と生態-
太田寛行・西澤智康・松岡勇人・高島勇介・成澤才彦
日本土壌肥料学雑誌   87(4) 254-259   2016   [Refereed][Invited]
本稿では,まず,文献的に糸状菌に内生する細菌の系統を概観し,次に,内生細菌のゲノム解析から得られた機能に関する情報を紹介する.また,最近になって,糸状菌エンドファイトも細菌と共生する例が知られてきたので,その情報についても紹介する.
Ecological role of microorganisms in the early soil formation
太田寛行、西澤智康、藤村玲子
土と微生物   69(2) 18-21   Oct 2015   [Invited]
本稿では、三宅島2000年噴火堆積物の微生物メタゲノミクスのデータをもとに、噴火堆積してから約10年の間に起こった「炭素と窒素の循環と微生物の関係」について考察する。
土壌のN2O生成と糸状菌の関わり
太田寛行・佐藤嘉則
生物の科学 遺伝   67(5) 573-578   Sep 2013   [Invited]
土壌中で起こる硝化と脱窒は細菌のエネルギー代謝であり、グローバルな窒素循環の駆動につながっている。土壌の構造と水分含量は、硝化と脱窒の活性に影響を及ぼし、N2Oが副産物として発生する。糸状菌においてもN2Oを産物とする脱窒活性がわかってきた。実際の土壌でのN2O生成の主役が細菌なのか糸状菌なのか?その探究が始まっている。
初成土壌環境における微生物-三宅島土壌生態系再生のメカニズムを探る-
藤村玲子・佐藤嘉則・難波謙二・太田寛行
日本生態学会誌   61 211-218   Aug 2011   [Refereed]
森林をはじめとする植物-土壌生態系では、光合成による一次生産と微生物による有機物分解のバランスが成り立ち、豊かな生物相が維持されている。しかし、火山噴火というイベントはこの生態系を壊してリセットしてしまう。新たに生じた火山灰などの火山砕屑物や溶岩に住み始める生物は、肉眼では見えない微生物である。本稿では、三宅島2000年噴火火山灰堆積物に住みつく微生物について、2003年から6年間にわたって調査してきた結果を紹介する。まず、調査初年時に採取した火山灰堆積物の細菌密度の測定結果では、すでに1...
糸状菌細胞に内生する細菌の存在とその検出法
佐藤嘉則・成澤才彦・西澤智康・小松﨑将一・太田寛行
土と微生物   65(1) 49-55   Apr 2011   [Refereed]
近年,糸状菌の細胞内部に内生する細菌の検出例が報告されている。例えば,Rhizopus属菌の菌糸内部に分布する内生細菌は,これまでRhizopus属菌が生成すると考えられていたリゾキシンを生成することが明らかとなった。このような背景から今後、糸状菌を扱う研究全般において内生細菌の検出が重要な項目のひとつになると考えられる。本稿では,糸状菌細胞内生細菌の検出方法として,グラム陰性細菌の細胞壁成分のひとつであるエンドトキシンの定量による内生細菌の検出法,細菌16S rRNA遺伝子を標的としたP...

Books etc

 
農学が世界を救う! 食料・生命・環境をめぐる科学の挑戦
生源寺眞一 、太田寛行、安田弘法 (Part:Joint Editor)
岩波ジュニア新書   Oct 2017   ISBN:9784005008612
難培養微生物研究の最前線III
太田寛行、佐藤嘉則、西澤智康 (Part:Joint Work)
シーエムシー出版   Aug 2015   
本章の前半では,筆者らが行ってきた「内生細菌の検出方法」を紹介し,次に,これまでに報告されてきた「内生細菌の系統」を概観する。後半では,2つの糸状菌-内生細菌の関係に焦点をあて,それらの研究の進展を概説し今後の展望について述べる。
微生物の地球化学
太田寛行、難波謙二、諏訪裕一、片山葉子 (Part:Joint Work)
東海大学出版部   Jun 2015   ISBN:978-4-486-02070-7
農学入門-食料・生命・環境科学の魅力-
太田寛行・成澤才彦 (Part:Joint Work)
養賢堂   Sep 2013   ISBN:978-4-8425-0519-0
Establishing a Resource-Circulating Society in Asia: Challenges and Opportunities
Niita, Y., H. Ohta, and T. Kato (Part:Joint Work)
United Nations University Press   2011   ISBN:978-92-808-1184-1

Conference Activities & Talks

 
Molecular Analysis of Microbial Community in Water Stable Aggregation of Upland Field Soils Managed by No-tillage Practices for Seven Years
Shizukuda, M., M. Nakane, T. Nishizawa, M. Komatsuzaki, K. Narisawa, T. Hashimoto, H. Ohta1
XVII International Colloquium on Soil Zoology   24 Aug 2016   
Agricultural soil management practices by no-tillage and cover-cropping improve the formation of soil aggregate structures and provide storage space of nutrients that can be utilized by soil microbes. The objective of the present study was to asse...
Microbial community structure analysis of water-stable soil aggregates in no-till cropping systems
Nakane, M., M. Shizukuda, T. Nishizawa, M. Komatsuzaki, T. Hashimoto, H. Ohta
XVII International Colloquium on Soil Zoology   24 Aug 2016   
There are increasing concerns for no-till cropping systems because they can lead to soil carbon sequestration to mitigate climate change. The potential for carbon sequestration in no-tilled soils is related to the content of water-stable aggregate...
不耕起栽培畑地土壌における耐水性団粒内の微生物群集構造解析
中根麻冴美・雫田麻衣・西澤智康・小松崎将一・橋本知義・太田寛行
日本土壌微生物学会2016年度大会   12 Jun 2016   日本土壌微生物学会
耕起による土壌の攪乱や大型機械の導入は,不耕起の場合と比べると土壌の物理性等に大きな違いが生じていると考えられる.特に,土壌団粒の発達への影響は大きいと推察される.先行研究では,耕起/不耕起や冬期カバークロップ栽培の有無等の農地土壌管理の違いが土壌微生物群集構造に与える影響を評価してきた.本研究では,耕起および不耕起栽培畑地土壌において,耐水性団粒のサイズ組成及び団粒スケールでの微生物群集構造の違いを明らかにすることを目的とした.
Genome analysis of a DSE-commensal bacterium Rhizobium sp. Y9 associated with Veronaeopsis simplex Y34
Yong Guo ・Yuuto Matsuoka・Tomoyasu Nishizawa・Hiroyuki Ohta・Kazuhiko Narisawa
日本土壌微生物学会2016年度大会   11 Jun 2016   日本土壌微生物学会
A dark septate endophytic fungus, Veronaeopsis simplex Y34, was evaluated for many benefits to its host plant, such as suppression of soil born diseases, promotion of growth, and enhancement of resistance to environmental stresses. Interestingly, ...
Mortierella属糸状菌に内生する細菌の多様性解析
生田目光・高島勇介・佐藤嘉則・西澤智康・成澤才彦・太田寛行
日本土壌微生物学会2016年度大会   11 Jun 2016   日本土壌微生物学会
微生物間で細胞内共生の関係があることが提起され、糸状菌ー内生細菌の関係では、アーバスキュラー菌根菌Gigaspora margaritaとその内生細菌Candidatus Glomeribacter gigasporum、イネ苗立枯病菌Rhizopus microsporusとリゾキシン産生内生細菌Burkholderia rhizoxinicaで詳しく研究されてきた。本研究では、我々が先に報告した新たな糸状菌ー内生細菌ペアーであるMoriterella elongataーMycoavid...

Research Grants & Projects

 
Microbial ecological analysis of soil genesis in the Miyake-jima volcanic environment
日本学術振興会: 
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 太田寛行
土壌は物質変換の場であり、元素の貯蔵庫でもある。地球温暖化の問題を機に、土壌のそのような機能の変化が注目されている。土壌生成過程の解析は、形態学的及び理化学的な面から研究されてきた。一方、土壌生成と微生物群集やその機能との関係は、土壌微生物の難培養性等のために十分な知識を得るに至っていない。しかし最近になって、メタゲノム解析の導入により、培養に依存しない方法での微生物群集の網羅的な解析が可能となった。これまでに申請者らは、三宅島において2000年噴火堆積物の土壌化が始まった地点を見いだして...
不耕起栽培畑地土壌の物質循環系メタゲノム解析
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 太田寛行
農業は、食料生産の機能だけでなく物質循環の機能も兼ね備えている。地球規模での気候変動が激しくなり、物質循環の観点から「土壌は気候変動を拡大するか?」が問われている。すなわち、土壌から大気への炭素フラックスの増大である。この問題を解く研究のなかで、土壌有機物を保持する土壌団粒構造の違いによって、土壌有機物分解の温度感受性が異なることが分かってきた。その結果と呼応するように、土壌構造の改変につながる「不耕起栽培法」が注目され、土壌炭素の隔離能や土壌有機物保持能が研究されている。本研究は、応募者...