長澤 純一

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 03:18
 
アバター
研究者氏名
長澤 純一
 
ナガサワ ジュンイチ
所属
日本大学
部署
文理学部体育学科
職名
教授
学位
学術博士(中京大学), 体育学修士(順天堂大学)
科研費研究者番号
40228002

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
   
 
日本大学文理学部 体育学科 教授
 
2010年4月
 - 
2017年3月
電気通信大学 大学院情報理工学研究科、情報理工学域共通教育部 准教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
電気通信大学電気通信学部 准教授
 
2002年4月
 - 
2007年3月
電気通信大学電気通信学部 助教授
 
2010年4月
   
 
電気通信大学大学院情報理工学研究科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年3月
中京大学大学院 体育学研究科 体育学
 
 
 - 
1987年3月
順天堂大学大学院 体育学研究科 体力学専攻
 
 
 - 
1985年3月
早稲田大学 教育学部 教育学科体育学専修
 
 
   
 
都立狛江高等学校  
 

委員歴

 
2005年
   
 
日本運動生理学会  評議員
 
2005年
   
 
日本体力医学会  評議員
 
1992年
 - 
1996年
日本体育学会  幹事
 

論文

 
登山に対する電気伝導率を利用した疲労評価
内藤祐二郎、長澤純一、杉山康司、笹尾真美、野口いづみ、佐藤章悟、石橋義永、木崎節子、大野秀樹
登山医学   32 148-154   2012年   [査読有り]
高度が味覚感度へおよぼす影響 ー富士山における味覚定性定量検査ー
笹尾真美、野口いづみ、新美敬太、曽我部健、井出正道、高野宏二、杉山康司、長澤純一、大野秀樹
登山医学   31(1) 127-131   2011年   [査読有り]
富士登山時の自律神経応答と身体の電気伝導率
長澤純一、内藤祐二郎、杉山康司、笹尾真美、曽我部健、新美敬太、野口いづみ、芳賀脩光、石橋義永、木崎節子、大野秀樹
登山医学   31(1) 145-152   2011年   [査読有り]
低圧・低酸素環境が引き起こす酸化ストレスとオリゴノールの抗酸化効果
長澤純一,杉山康司,内丸 仁,笹尾真美,高野宏二,野口いづみ,鈴木康弘,北舘健太郎,芳賀脩光,前川剛輝,櫻井拓也,小笠原準悦,木崎節子,大野秀樹
登山医学   30    2010年   [査読有り]
低酸素誘導因子(HIF)-1αはマクロファージスカベンジャー受容体1の発現を抑制する
大野秀樹、白土健、前川剛輝、櫻井拓也、小笠原準悦、石橋義永、木崎節子、野口いづみ、長澤純一、荻原理江、貫田宗男、鈴木健二、大石修司、今泉和彦、芳賀脩光
登山医学   29(1) 203-212   2009年   [査読有り]

Misc

 
Sakurai T, Ogasawara J, Kizaki T, Sato S, Ishibashi Y, Takahashi M, Kobayashi O, Oh-Ishi S, Nagasawa J, Takahashi K, Ishida H, Izawa T, Ohno H.
Int J Endocrinol      2013年   [査読有り]
Exercise and oxidative stress in hypoxia.
Nagasawa, J., Kizaki,T., Ohno,H.
J. Phys. Fit. Sports Med.   2(4) 481-486   2013年   [査読有り]
Is angiotensin I-convertong enzyme I/D polumorphism associated with endurance performance and /or high altitude adaptation?
H.Ohno., T.Kizaki, K.Suzuki, Y.Hitomi, N.Nakano, T.Sakurai, R.Ogiwara, T.Sakurai, T.Izawa, I.Noguchi, J.Nagasawa, Y.Ohnuki, T.Takemasa, M.Nukita, S.Haga
Adv.Exerc.Sports Physiol   11 41   2005年   [査読有り]
運動の影響は? 運動していると糖尿病になりにくいですか?
長澤純一
肥満と糖尿病   96   2003年   [依頼有り]
Vancouver市を中心とした高齢者の居住環境の現状
長澤純一
高齢者世帯の居住環境整備と地域保健福祉推進との関連に関する国際比較研究 日本社会事業大学社会事業研究所編,平成6年度老人保健健康増進等事業による研究報告書      1996年

書籍等出版物

 
大学生のための「健康」論
長澤純一,鶴ヶ野しのぶ,田中健滋,岡田英孝,狩野豊,安藤創一,深澤浩洋,大河原一憲,黒谷佳代 (担当:共著, 範囲:第1章 健康を考える)
道和書院   2016年3月   ISBN:978-4-8105-2132-0
フライングディスク競技指導者テキスト
日本フライングディスク協会
日本フライングディスク協会   2016年2月   
運動生理学の基礎と応用 健康科学へのアプローチ
長澤純一,杉浦雄策,古川覚,松井健,柳原大,大西萌,高橋淳一郎,佐藤和 (担当:共編者, 範囲:第4章 内分泌系)
NAP   2016年1月   ISBN:978-4-905168-39-3
新・スポーツ生理学
長澤純一 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 スポーツと体力)
市村出版   2015年6月   ISBN:978-4-902109-38-2
サプリメントのほんととウソ
長澤純一、大野秀樹 (担当:分担執筆, 範囲:活性酸素に対抗するサプリメント)
(有)NAP   2013年5月   

講演・口頭発表等

 
準高所における一過性の高強度運動が翌日の無酸素性パフォーマンスに及ぼす影響
長津 恒輝、辻川 比呂斗、長澤 純一、祝原 豊、村田 真一、内丸仁、杉山康司
第73回日本体力医学会大会   2018年9月   
準高所におけるハイキング時の生体負担に関する実践的研究
祝原豊 長澤純一 辻川比呂斗 吉田隆彦 村田真一 長津恒輝 杉山康司
第73回日本体力医学会大会   2018年9月   
低酸素環境における生体負荷に対する心拍変動のDFA解析
小磯直人 、長澤純一、吉富悠騎、浅井玲子、祝原豊、内丸仁、鈴江毅、佐野光、杉山康司、辻川比呂斗、長津恒輝、村田真一、櫻井拓也、白土健、大野秀樹、木崎節子
第38回日本登山医学会学術集会   2018年6月   日本登山医学会
海抜0mから準高地における標高の違いが持久性運動時の生理的応答に及ぼす影響
辻川 比呂斗,長津 恒輝,長澤 純一,祝原 豊,村田 真一,杉山 康司
第95回日本生理学会大会   2018年3月   
富士登山における下山道の違いが下肢の主観的疲労および筋硬度に与える影響
祝原豊 長澤純一 辻川比呂斗 吉田隆彦 村田真一 長津恒輝 杉山康司
第72回日本体力医学会大会   2017年9月18日   

担当経験のある科目

 

Works

 
フライングディスクをやってみよう アルティメットの基礎と応用 (翻訳)
2005年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
心拍ゆらぎを指標とした登山に対する強さの解析
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
「トレイルステーションの活用およびスポーツ合宿所誘致としての準高地トレーニングの可能性に関する研究」 (スカイトレイルランの研究等)
富士山ツーリズム御殿場実行委員会: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
トレイルステーションの活用およびスポーツ合宿所誘致としての準高地トレーニングの可能性に関する研究」 (パイロットスタディ)
富士山ツーリズム御殿場実行委員会: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
高所登山時のWox摂取の効果について
メディサイエンス・エスポア(株): 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
高所・低酸素環境での身体運動が引き起こす酸化ストレスの定量的解明
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月