山田 哲男

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 05:27
 
アバター
研究者氏名
山田 哲男
 
ヤマダ テツオ
URL
http://tyamada-lab.inf.uec.ac.jp/
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名
准教授
学位
修士(工学)(電気通信大学), 博士(工学)(電気通信大学)
科研費研究者番号
90334581

プロフィール

 最終学校卒業後、2001年電気通信大学 システム工学科経営システム工学講座 助手、2007年東京都市大学(旧称 武蔵工業大学)環境情報学部環境情報学科 講師、2010年同准教授を経て、2011年より電気通信大学大学院 情報理工学研究科総合情報学専攻経営情報学コースの准教授として研究教育に従事している。
 所属機関のほか、環境調和型ライフサイクル研究ステーション(2003年~)、(社)日本経営工学会の循環型サプライ・チェーン研究部会(2004年~)や産学連携研究部会(2006~2008年、2008年(社)日本経営工学会特別賞)、NPO法人横幹連合(2010年~)のメンバーとして、2005年にはベルリン工科大学・生産技術研究所(Prof. Seliger)において学術交流に伴う海外短期滞在(電気通信大学)として研究を行ってきた。
 主たる研究分野は、経営情報、経営工学、循環型サプライ・チェーン、ERPシステムであり、概要は以下である。
(1) 循環型サプライ・チェーンの研究(電気通信大学在学時~現在)
① 組立生産
 シミュレーション最適化による効率的な組立生産システムの構成と設計法の提案
② 分解生産
・リユース・リサイクルのために、使用済みの回収製品を部品や素材に分解する分解生産システムのモデル化と解析
・製品の再生価値やスループットによる循環型生産システム全体のモデル化
③ 物流
・物流プロセスにおけるワーク・フローの定義とCO2排出量の算定
・トラック燃料計ICタグ連携システムの開発によるトラックCO2排出量の可視化
・環境物流の共同輸配送やモーダルシフトの研究とソフトウェア開発
・レストランとの共同研究によるフード・サプライチェーンにおける商圏分析と食材在庫管理

(2) ERPシステムの研究(2000年~現在)
④ ERPプロセスのモデル化とeラーニング開発
・ERPパッケージベンダーとの共同研究による調達・生産・販売を中心とする業務プロセスのモデル化と管理方法の研究。および、大学院のERP教材のeラーニング開発
・組立製品メーカとの共同研究による製品部品構成表(BOM; Bill of Materials)情報や測定する工場データの活用の製品ライフサイクルマネジメント(PLM; Product Lifecycle Management)における混合品種組立ラインの設計
・製品データ管理(PDM; Product Data Management)ベンダーとの共同研究による、BOMデータベースを活用した事業ライフサイクルのマネジメント研究
⑤情報共有のERP協働研究
・ 分散型の製造・経営環境において、調達・販売・生産の部門間のERPシステムによる情報共有と協働方法に関する研究。

研究分野

 
 

経歴

 
2000年12月
 - 
2015年3月
青山学院大学 客員研究員
 
2001年4月
 - 
2007年3月
電気通信大学電気通信学部 助手
 
2007年4月
 - 
2010年3月
武蔵工業大学(現 東京都市大学)環境情報学部環境情報学科経営コース 講師
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東京都市大学環境情報学部環境情報学科経営コース 准教授
 
2011年4月
   
 
電気通信大学大学院情報理工学研究科総合情報学専攻経営情報学コース 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
東京都立国立高等学校 普通科 
 
1992年4月
 - 
1996年3月
電気通信大学 電気通信学部 電子情報学科
 
1996年4月
 - 
1998年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 電子情報学専攻
 
1998年4月
 - 
2001年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 電子情報学専攻
 

委員歴

 
2007年5月
   
 
(社)日本経営工学会  代議員
 
2005年5月
 - 
2007年5月
(社)日本経営工学会  評議員
 
2002年
 - 
2016年3月
(社)日本経営工学会  西関東支部運営委員
 
2014年9月
 - 
2015年5月
公益社団法人 日本経営工学会  選挙管理委員長
 
2016年10月
 - 
2017年5月
公益社団法人 日本経営工学会  選挙管理委員
 

受賞

 
2018年9月
7th International Conference on Design and Concurrent Engineering (iDECON 2018) Best Paper Award at the 7th International Conference on Design and Concurrent Engineering (iDECON 2018) Kuching, Malaysia
受賞者: Shogo Miyajima, Shuho Yamada, Tetsuo Yamada, Masato Inoue
 
発表論文の内容は、企業が長期間に渡って高性能な製品を低価格、低環境負荷で消費者に提供し、消費者に継続的に使用してもらう製品ビジネスモデルを展開するために、サプライチェーンマネジメントの概念をモジュール設計に適用することで、環境性、経済性、品質、リードタイムを同時に考慮したモジュール設計手法を提案した研究であり、持続可能な社会を実現するための新たな設計方法として、その活用が期待されます。
2018年7月
7th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2018) Outstanding Paper Award at the 3rd International Conference on Business Management of Technology (BMOT 2018), 7th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2018) Yonago, Japan
受賞者: Tomoaki Yatsuka, Aya Ishigaki, Hiromasa, Ijuin, Yuki Kinoshita, Tetsuo Yamada, Masato Inoue
 
今回の受賞対象論文は、iDECON2018において口頭発表した「Proposal of a Modular Design Method Considering Supply Chain (Comprehensive Evaluation by Environment Load, Cost, Quality, and Lead Time)」です。発表論文の内容は、企業が長期間に渡って高性能な製品を低価格、低環境負荷で消費者に提供し、消費者に継続的に使用してもらう製品ビジネスモデルを展開するた...
2017年3月
Northeast Decision Sciences Institute 2017 Conference Northeast Decision Sciences Institute (NEDSI) 2017 Conference感謝状 In appreciation of your service NEDSI 2017 Conference
 
山田哲男准教授(情報学専攻 経営・社会情報学プログラム)が、2017年3月22日から25日まで米国マサチューセッツ州スプリングフィールドで開催された NEDSI (Northeast Decision Sciences Institute) 2017 Conferenceにおいて、プログラム長Prof. Minoo Tehraniより感謝状を授与されました。

これは、山田准教授が共同研究者や本学学生らと過去7回にわたり16件の研究発表を行うなど、日本からの研究発表と参加者の増加に同会議へ...
2015年8月
International Foundation for Production Research Outstanding Paper Award at the 23rd International Conference on Production Research (ICPR-23) Manila, Philippine
受賞者: Tomoyuki Urata, Tetsuo Yamada, Norihiro Itsubo, Masato Inoue
 
International Foundation for Production Researchが隔年で開催する国際会議である。277名の参加者の中から、10件の優秀論文賞が選ばれた。日本からの受賞はただ一つであった。
2012年12月
The 13th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference (APIEMS 2012) The Best Student Paper Award at the 13th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference (APIEMS 2012) Phuket, Thailand
受賞者: Kento Igarashi, Tetsuo Yamada, Masato Inoue
 
国際会議APIEMS2012(タイ)における発表論文が、Best Student Paper Award(本学博士前期課程大学院生・五十嵐健人氏)を受賞した。

論文

 
Disassembly System Design and Analysis with Environmental and Economic Parts Selection Using Life Cycle Inventory Database by Input-Output Tables
Tetsuo Yamada, Yusuke Suzuki, Yuki Kinoshita, Norihiro Itsubo, Tadayuki Masui, Masato Inoue
International Journal of Sustainable Manufacturing   (in press)(-)    2019年   [査読有り]
A Conceptural Framework for Resposible Innovation, Journal of Japanese Management
Kim Hua Tan, Tetsuo Yamada
Journal of Japanese Management   (in press)(-) 3-1   2018年   [査読有り]
Customer Satisfaction and Timely Delivery: The Order Picking Scheduling Problem
Shoya Yamada, Aya Ishigaki, Tetsuo Yamada
Innovation and Supply Chain Management   12((in perss)) 1-12   2018年   [査読有り]
Disassembly Reuse Part Selection for Recovery Rate and Cost with Lifetime Analysis
Shota Hasegawa, Yuki Kinoshita, Tetsuo Yamada, Masato Inoue, Stefan Bracke
International Journal of Automation Technology   -(-) 563-571   2018年11月   [査読有り]
Multi-Criteria Disassembly-To-Order System for Components and Materials with Limited Supply, Stochastic Yields and Quantity Discount
Yuki Kinoshita, Tetsuo Yamada, Surendra M. Gupta
16th International Logistics and Supply Chain Congress (LMSCM2018), Denizli, Turkey   ー(ー)    2018年10月

Misc

 
ボストン座談会 Part 2: 米国のサプライチェーンとサービスの実際 - ノースイースタン大学機械・経営工学科での滞在研究と米国生活(4)-
山田哲男, 加藤美慈, 山際美佳, 石垣綾
経営システム   27(3) 178-184   2017年10月   [依頼有り]
ボストン座談会 米国のワークライフバランスとヘルスケアの実際 - ノースイースタン大学機械・経営工学科での滞在研究と米国生活(3)-
山田哲男, 加藤美慈, 山際美佳, 石垣綾
経営システム   26(2) 109-117   2016年7月   [依頼有り]
ボストンでの米国家族生活と多様性を持つ社会システム - ノースイースタン大学機械・経営工学科での滞在研究と米国生活(2)-
山田哲男
経営システム   25(2) 114-122   2015年7月
大学街ボストンでただ一つの経営工学科がある米国ノースイースタン大学 - ノースイースタン大学機械・経営工学科での滞在研究と米国生活
山田哲男
経営システム   24(4) 229-235   2015年1月
持続可能なモノづくりのための循環型・低炭素型サプライチェーン
山田哲男
メカトップ関東   116(1130) 5   2013年1月

書籍等出版物

 
Health Care Systems Engineering for Scientists and Practitioners
M. Takanokura, M. Miyake, M. Kawakami, T. Yamada, S. Taki, M. Kakehi (担当:分担執筆, 範囲:Systems Approach for Preventing Falls in Hospitals and Nursing Homes Using Sensing Devices Surrounding the Patient’s Bed)
Springer   2016年   
低炭素型サプライチェーン経営
國部克彦, 伊坪徳宏, 中嶌道靖, 山田哲男(編著) (担当:編者, 範囲:第1章 低炭素型サプライチェーン経営のフレームワーク 第9章 低炭素型サプライチェーン経営と設計)
中央経済社   2015年9月   
Applied Mechanics and Materials, Vol. 761
Shuho Yamada, Tetsuo Yamada, Stefan Bracke and Masato Inoue (担当:共著, 範囲:Upgradable Design for Reduction of Production Cost and CO2 Emission - Case Study of a Laptop Computer)
Trans Tech Publications Inc.   2015年5月   
Product Lifecycle Management for Global Market
Masato Inoue, Shuho Yamada, Tetsuo Yamada and Stefan Bracke (担当:共著, 範囲:A Design Method for Product Upgradability with Different Customer Demands)
Springer   2014年12月   
Advances in Physical Ergonomics and Human Factors Part II, 5th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, 20 Volume Set: Proceedings of the 5th AHFE Conference 19-23 July 2014
Masato Takanokura, Kenji Ariizumi, Nozomu Imai, Seiko Taki, Tetsuo Yamada (担当:共著, 範囲:Section 11: Physical Activities and Ergonomic Analysis, “Identification of High-Intensity Physical Activities during Child Rearing Using a Triaxial Accelerometer”)
AHFE Conference   2014年7月   

講演・口頭発表等

 
Problem of Life Cycle Option Selection for Disassembly Part considering Recovery Rate, Cost and Reliability
Shota Hasegawa, Tetsuo Yamada, Stefan Bracke
公益社団法人日本経営工学会生産・物流部門 第6回国際ワークショップ   2018年10月14日   公益社団法人日本経営工学会生産・物流部門
Problem of Carbon Tax and Leakage by Optimal Order Quantity and Best Supplier Selection among Asian Countries
Rena Kondo, Tetsuo Yamada
公益社団法人日本経営工学会生産・物流部門 第6回国際ワークショップ   2018年10月14日   公益社団法人日本経営工学会生産・物流部門
マトリクスモデリングによる再生販売プロセスの評価
穴見仁哉, 鈴木惠大, 山田哲男
第9回横幹連合コンファレンス, 調布   2018年10月6日   
ビッグデータを用いたサステイナブル製品開発のイノベーション加速フレームワークに関する一考察
北野祐太, 石井美帆, 山田哲男, Kim Hua Tan
第9回横幹連合コンファレンス, 調布   2018年10月6日   
高齢者デイケア施設におけるスタッフの身体的負荷の調査とスケジューリング
松本諒平, 軽部幸起, 山田哲男, 高野倉雅人
日本設備管理学会平成30年度春季研究発表大会論文集, 新宿   2018年6月7日   

担当経験のある科目