田村 建一

J-GLOBALへ         更新日: 09/03/03 00:00
 
アバター
研究者氏名
田村 建一
 
タムラ ケンイチ
所属
愛知教育大学
部署
教育学部 日本語教育講座
職名
教授
学位
文学修士(上智大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1985年
上智大学 非常勤講師
 
1985年
 - 
1995年
藤田保健衛生大学 講師
 
1995年
 - 
1997年
藤田保健衛生大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
上智大学 文学研究科 ドイツ文学
 
 
 - 
1978年
上智大学 文学部 ドイツ文学
 

Misc

 
ドイツ語と言語接触-ツングース諸語との対比において-
ドイツ文学   (99) 38-47   1997年
Die Genitivstruktur der tungusischen Sprachen
ドイツ文学研究(日本独文学会東海支部)   (23) 141-160   1991年
The Case Suffix ci in Sibe-Manchu Texts
名城商学(人文科学)   44(冊別) 35-51   1995年
Die elativische Funktion des tungusischen Instrumentals -Unter besonderer Ber(]E88DB[)cksichtigung des Nanai-
名城商学(人文科学)   45(別冊) 137-151   1996年
ルクセンブルクの『言語法』をめぐる問題
ドイツ文学研究(日本独文学会東海支部)   (26) 109-126   1994年

書籍等出版物

 
国民語の成形と新たな試練―ルクセンブルクの事例―
名古屋・ことばのつどい言語科学論集(名古屋大学大学院文学研究科)   2003年   
ルクセンブルク語におけるドイツ語系借用用語の問題
ドイツ語学の諸相(郁文堂)   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
ツングース諸語間の言語接触
研究期間: 1990年   
ルクセンブルク語の標準化
研究期間: 1994年   
ルクセンブルクの言語教育政策
研究期間: 2008年   
多言語教育を実施しているルクセンブルクにおいて問題となっている外国人児童生徒の教育について探る。