永井 純也

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 19:05
 
アバター
研究者氏名
永井 純也
 
ナガイ ジュンヤ
所属
大阪薬科大学
部署
薬学部
職名
教授
学位
博士(薬学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
大阪薬科大学 教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
広島大学大学院医歯薬保健学研究院 准教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
広島大学大学院医歯薬学総合研究科 准教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
広島大学大学院医歯薬学総合研究科 助教授
 
2002年4月
 - 
2005年3月
広島大学大学院医歯薬学総合研究科 助手
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1997年9月
京都大学 大学院薬学研究科博士後期課程 薬品作用制御システム専攻
 
1993年4月
 - 
1995年3月
京都大学 大学院薬学研究科修士課程 薬品作用制御システム専攻
 
1989年4月
 - 
1993年3月
京都大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本薬剤学会代議員
 
2017年2月
 - 
現在
日本薬学会代議員
 
2016年1月
 - 
現在
日本薬物動態学会代議員
 
2014年4月
 - 
現在
日本薬学会近畿支部委員
 
2016年5月
 - 
2018年3月
日本薬剤学会評議員
 

受賞

 
2012年3月
広島大学 大学院医歯薬学総合研究科教員表彰
 
2008年10月
日本薬物動態学会 2008年度DMPK三賞
 
2005年11月
日本薬学会中国四国支部 奨励賞
 

論文

 
Pioglitazone induces hypoxia-inducible factor 1 activation in human renal proximal tubular epithelial cell line HK-2.
Urakami-Takebayashi Y, Kuroda Y, Murata T, Miyazaki M, Nagai J.
503(3) 1682-1688   2018年9月   [査読有り]
Effects of cyanidin and its glycosides on the transport of rhodamine 123 in human renal proximal tubular epithelial cell line HK-2.
Yamasaki S, Urakami-Takebayashi Y, Masukawa M, Miyazaki M, Nagai J.
Current Topics in Pharmacology   22 11-18   2018年
Nishihashi K, Kawashima K, Nomura T, Urakami-Takebayashi Y, Miyazaki M, Takano M, Nagai J.
Biol Pharm Bull.   40(1) 82-87   2017年1月   [査読有り]
Horibe S, Matsuda A, Tanahashi T, Inoue J, Kawauchi S, Mizuno S, Ueno M, Takahashi K, Maeda Y, Maegouchi T, Murakami Y, Yumoto R, Nagai J, Takano M.
Life Sci.   124 31-40   2015年3月   [査読有り]
Takano M, Kakizoe S, Kawami M, Nagai J, Patanasethanont D, Sripanidkulchai B, Yumoto R.
Pharmazie   69(11) 823-828   2014年11月   [査読有り]
Nagai J, Takano M.
Biochem Pharmacol   90(4) 331-337   2014年8月   [査読有り]
Nagai J, Yamamoto A, Katagiri Y, Yumoto R, Takano M.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   450(1) 476-481   2014年7月   [査読有り]
Nagai J, Komeda T, Katagiri Y, Yumoto R, Takano M.
Biol Pharm Bull   36(12) 1942-1949   2013年12月   [査読有り]
Takano M, Horiuchi T, Sasaki Y, Kato Y, Nagai J, Yumoto R.
Life Sci   93(17) 630-636   2013年10月   [査読有り]
Nagai, J., Yamamoto, A., Yumoto, R., and Takano, M.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   434(3) 670-675   2013年5月   [査読有り]

Misc

 
添付文書に記載されている薬物トランスポーターの基礎知識
永井 純也
大阪薬科大学紀要   10 87-95   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
薬学テキストシリーズ 生物薬剤学
永井純也 (担当:分担執筆, 範囲:6章 排泄)
朝倉書店   2018年4月   
医工薬連環科学が果たす役割と可能性 高槻家の成長に寄り添う医療
永井純也 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 10 薬が効くしくみ②:薬物動態学)
ライフサイエンス出版   2018年3月   
Human serum albumin—new insights on its structural dynamics, functional impacts and pharmaceutical applications
Nagai J and Takano M (担当:分担執筆, 範囲:(Chapter 8) Gp60-mediated transport of albumin in endothelial and non-endothelial cells.)
Sojo University Publishing Center   2013年   
創薬研究のストラテジー(上巻)
永井純也 (担当:分担執筆, 範囲:トランスポーターを介した薬物相互作用)
金芳堂   2011年3月   

講演・口頭発表等

 
植物色素アントシアニンによるドキソルビシン誘発細胞障害への影響解析
竹林裕美子、數原由理恵、山崎智加、永井純也
第28回日本医療薬学会年会   2018年11月   
Effect of desynchronization on hypoglycemic response of an antidiabetic drug in rats
宮崎 誠、櫻田佳野、足立 壮、橋田牧子、竹林裕美子、永井純也
第25回日本時間生物学会学術大会   2018年10月   
ヒト脂肪幹細胞におけるPLGAナノ粒子封入抗がん剤の細胞内移行・排出特性
竹林裕美子、須藤ほおみ、大利昌弘、久米麻世、大利昌広、宮崎 誠、伊井正明、永井純也
第68回日本薬学会近畿支部大会   2018年10月   
Effects of cyanidin and its glycosides on transport and cytotoxicity of anticancer drug doxorubicin in human renal proximal tubular epithelial cell line HK-2
Junya Nagai, Yurie Suhara, Satoka Yamasaki, Makoto Miyazaki, Yumiko Urakami-Takebayashi
日本薬物動態学会 第33回年会/MDO国際合同学会   2018年10月   
糸球体から漏出したアルブミンによって誘発される腎尿細管上皮細胞障害の要因解析:HIF-1活性化とアラキドン酸の役割
永井純也、杉村光咲、竹原一揮、宮崎 誠、竹林裕美子
第24回創剤フォーラム若手研究会   2018年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
薬物輸送分子の発現・機能変動に関する研究
薬剤性腎毒性発現メカニズムとその防御法に関する研究

特許

 
特開2003-261459 : 腎毒性抑制剤及びこれを用いた抗菌製剤