松原 岳行

J-GLOBALへ         更新日: 09/07/16 00:00
 
アバター
研究者氏名
松原 岳行
 
マツバラ タケユキ
所属
九州産業大学
職名
准教授
学位
博士(教育学)(広島大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2001年
広島大学 教育学研究科 教育学
 
 
 - 
1996年
広島大学 学校教育学部 小学校教員養成課程
 

Misc

 
M.G.コンラートによるニーチェ思想の人格化
松原岳行
九州産業大学国際文化学部紀要   (40) 115-125   2008年
ドイツで行われている道徳教育(諸外国の道徳教育:道徳教育の国際基準を求めて)
松原岳行
学校マネジメント   (609) 51   2007年
1890年代アカデミズムが見たニーチェ思想―F・テンニースの場合―
松原岳行
九州産業大学国際文化学部紀要   (34) 135-152   2006年
E・ヴェーバーの教育学構想に関する一考察―その新教育批判、実験教育学批判から見えるもの―
松原岳行
九州産業大学国際文化学部紀要   (32) 63-76   2005年
道徳教育における教師-生徒関係に関する一考察―ニーチェ思想が切り開く<対話>の可能性―
小川哲哉、松原岳行
九州産業大学国際文化学部紀要   (30) 67-80   2005年

書籍等出版物

 
『教育目標・教育手段・教育成果―教育科学のシステム化―』(共訳)
玉川大学出版部   2009年   
『歴史的人間学事典』第3巻(共訳)
勉誠出版   2008年   
『教育学概論』(共著)
福村出版   2008年   
『歴史的人間学事典』第2巻(共訳)
勉誠出版   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
教育学におけるニーチェ受容史研究
基礎科学研究
ニーチェ思想がドイツ教育学にどのように受容されたのかを実態史的に解明する試みである。