屋敷 信晴

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/02 16:38
 
アバター
研究者氏名
屋敷 信晴
 
ヤシキ ノブハル
URL
http://www.let.kumamoto-u.ac.jp/staff/yashiki/
所属
熊本大学
部署
大学院 人文社会科学研究部
職名
准教授
学位
博士(文学)(広島大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
熊本大学 大学院 人文社会科学研究部 准教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
熊本大学 文学部文学科 准教授
 
2003年4月
 - 
現在
広島大学 中国古典文学研究センター 客員研究員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
熊本大学 文学部文学科 助教授
 
2004年8月
 - 
2005年1月
北京東方財経日語大学 外国人教師
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2003年3月
広島大学大学院 文学研究科 (博士課程後期)中国語学中国文学専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
広島大学大学院 文学研究科 (博士課程前期)中国語学中国文学専攻
 
1992年4月
 - 
1996年3月
広島大学 文学部 文学科中国語学中国文学専攻
 

委員歴

 
2006年
 - 
現在
東方学会  地区委員
 

論文

 
康僧淵張翼贈答詩訳注稿(二)
長谷川滋成,畑村学,武井満幹,佐藤大志,阿部正和,屋敷信晴
東洋古典学研究   (46) 103-127   2018年10月
康僧淵張翼贈答詩訳注稿(一)
長谷川滋成,畑村学,武井満幹,佐藤大志,阿部正和,屋敷信晴
東洋古典学研究   (45) 99-118   2018年5月
張翼「贈沙門竺法頵三首」訳注稿
長谷川滋成,畑村学,武井満幹,佐藤大志,阿部正和,屋敷信晴
東洋古典学研究   (41) 65-96   2016年5月
『太平広記』訳注 ―巻四百二十一「龍」四(下)―
屋敷 信晴(代表編集)
国語国文学研究   (50) 75-87   2015年3月

Misc

 
熊本地震の記憶
屋敷 信晴
日本中国学会便り   (30) 6-7   2016年12月   [依頼有り]
熊本大学におけるアジア研究の現況(研究室便り)
屋敷 信晴
東方学会報   (102) 32-34   2012年7月   [依頼有り]
古典小説研究和数拠庫之関係 ―就編写“電子類書”而言―
屋敷 信晴
研討会論文集   80-82   2007年3月
杜光庭『神仙感遇伝』について
屋敷 信晴
中唐文学会報   71-75   2000年10月

書籍等出版物

 
夏目漱石の見た中国 『満韓ところどころ』を読む
屋敷 信晴 (担当:共著, 範囲:漱石詩にみる水平線の系譜 日中の「海」観をめぐって)
集広社   2019年3月   
富永一登先生退休記念論集 中国古典テクストとの対話
屋敷 信晴 (担当:共著, 範囲:六朝・唐代竜類小説と仏教 ―「倶名国」と「柳毅伝」をめぐって―)
研文出版   2015年9月   
漱石と世界文学
屋敷 信晴 (担当:共著, 範囲:「白雲」と「孤雲」 ―「眼耳双忘身亦亡、空中独唱白雲吟」句をめぐって―)
思文閣出版   2009年3月   
国際交流中的日本学研究 ―中日比較研究的新視点
屋敷 信晴 (担当:共著, 範囲:大江匡房『本朝神仙伝』と中国神仙小説)
北京大学出版社   2006年6月   
山本昭教授退休記念中国学論集
屋敷 信晴 (担当:共著, 範囲:杜光庭『神仙感遇伝』について / 六朝文人伝 ―王績(『梁書』・『南史』)―)
白帝社   2000年3月   

講演・口頭発表等

 
六朝・唐代医術小説研究序説
屋敷 信晴
中国中世文学会 平成29年度研究大会   2017年10月28日   
熊本大学之漢語教育現況 [招待有り]
屋敷 信晴
「華語文教材多国語化之検討」座談会   2013年11月8日   
「柳毅伝」小考 ―唐代竜説話に見られる「信義」をめぐって―
屋敷 信晴
中国中世文学会 平成25年度研究大会   2013年10月26日   
「枕中記」と道教
中国中世文学会 平成19年度研究大会   2007年10月27日   
古典小説研究和数拠庫之関係 ―就編写“電子類書"而言―
第三届文学与信息技術国際研討会   2007年3月19日