加藤 敦

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/16 10:37
 
アバター
研究者氏名
加藤 敦
 
カトウ アツシ
URL
http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/pharmacy/index.html
所属
富山大学
部署
附属病院 薬剤部
職名
准教授
学位
博士(薬学)

プロフィール

【研究テーマ】

1) イミノ糖グリコシダーゼ阻害剤の糖鎖生物学的応用

【研究内容】1-Deoxynojirimycin, castanospermine, swainsonineを始めとする種々のイミノ糖(アザ糖)を用いることによりN-結合型糖鎖の生合成を阻害し、糖鎖の細胞内における役割や糖タンパク質の品質管理機構・細胞内輸送を解析するとともに、糖鎖生物学的な知見に基づいた医薬品開発の可能性を探っている。

2)低分子化合物を用いたファーマコロジカル・シャペロン療法の確立とフォールディング病への応用

【研究内容】リソソーム病の次世代型治療法として期待されるファーマコロジカル・シャペロン療法 (pharmacological chaperone therapy) の有用性を検証するとともに、小胞体タンパク質フォールディングを促進する低分子化合物の探索し、小胞体品質管理機構の破綻によってもたらされるフォールディング病への理解と治療薬の開発を目指している。

3)薬学部6年制に対応したより実践的な和漢薬教育・実習を行うためのプログラムの策定

【研究内容】平成14年9月に日本薬学会から「薬学教育モデル・コアカリキュラムおよび薬学教育実務実習・卒業実習カリキュラム」が提示され、実務実習の重要性が明記された。このように、医療の担い手としての薬剤師の質の向上が求められる中、薬学教育において不足しているとされる実務実習での病院・薬局薬剤師の役割は大きい。一方で、実習内容および質は個々の受け入れ機関に委ねられており、その標準化とともに受け入れ施設の独自性を活かした個性的なカリキュラムの策定が重要な課題である。富山大学附属病院薬剤部では、モデル・コアカリキュラムをもとに、大学の特色である和漢診療を基盤としたより実践的な和漢薬実習を行うための独自のプログラムを策定中である。

4)大学病院における医薬品の使用実態と適正使用に関する調査研究

【社会活動】認定実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 指導薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師、研修認定薬剤師

研究分野

 
 

受賞

 
2014年
日本東洋医学会北陸支部奨励賞
 
2012年
Tetrahedron: Asymmetry: Top-25 Most Cited Articles 2010-2011 Award (Elsevier)
 
2009年
The Journal of Agricultural and Food Chemistry: Most active reviewers 2008-2009 Award (American Chemical Society)
 
2009年
Bioorganic & Medicinal Chemistry: Most Cited Paper 2006-2009 Award (Elsevier)
 
2007年
和漢医薬学会奨励賞
 
2007年
Tetrahedron: Asymmetry Most Cited Paper 2004-2007 Award (Elsevier)
 

論文

 
Chin. Chem. Lett.   28(8) 1701-1704   2017年   [査読有り]
Chem. Eur. J.   23(38) 9022-9025   2017年   [査読有り]
Tetrahedron Asymm.   27(22-23) 1177-1185   2016年   [査読有り]
ACS Synth. Biol.   5(10) 1136-1145   2016年   [査読有り]
Org. Biomol. Chem.   14(22) 5157-5174   2016年   [査読有り]
Org. Biomol. Chem.   14(21) 4885-4896   2016年   [査読有り]
Org. Biomol. Chem.   14(19) 4488-4498   2016年   [査読有り]
Bioorg. Med. Chem. Lett.   26(11) 2577-2579   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Calystegine alkaloids in the potatoes and other food plants : Symposium Series No. 745/Natural and Synthetic Toxins: Biological Implications
ACS, Washington   1999年   

講演・口頭発表等

 
Protective effects of dietary 1,5-Anhydro-D-glucitol in diabetes and metabolic syndrome.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015)   2015年   
Catalytic asymmetric syntheses and biological evaluations of α-1-C-substituted L-iminofuranose derivatives as α-glucosidase inhibitor.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015)   2015年   
In silico study on the interaction of high affinity ligand calystegine B2 with β-glucocerebrosidase.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015)   2015年   
Rare sugars as potential inducers of the rhamnose operon: Biotechnology and chemistry in the production of 6-deoxy-hexoses and related monosaccharides.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015)   2015年   
Synthesis and interactions of rhamnose iminosugar mimics with the rhamnose operon, rhamnosidases, and rhamnose isomerase.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015)   2015年   
A nitro sugar based route to branched-chain polyhydroxylated octahydro-1H-indole-4,5,6-triols, as new potential glycosidase inhibitors
XI Jornadas de Carbohidratos (XI Carbohydrate Symposium)   2014年   
Fluoro azetidines and difluoro prolines from D-glucose; Inhibition of pancreatic cancer cell growth by a fluoro azetidine
248th ACS National Meeting & Exposition   2014年   
In vitro Iinvestigation of a novel iminosugar, TOP-DNJ.
The Third International Conference on Dengue and Dengue Haemorrhagic Fever (Global Dengue: Challenges and promises)   2013年   
Synthesis and biological evaluation of azetidines derivatives from carbohydrates.
26th International Carbohydrate Symposium (ICS2012)   2012年   
Synthesis of glycosidase inhibitors based on bicyclic azetidines for the treatment of cancer.
26th International Carbohydrate Symposium (ICS2012)   2012年   

委員歴

 
2008年
 - 
2010年
日本病院薬剤師会  地域編集委員
 
2007年
   
 
和漢医薬学会  評議員
 

競争的資金等の研究課題

 
変異酵素の構造安定化剤として機能するイミノ糖型シャペロンの設計と合成
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 加藤 敦
フコシダーゼ、ラムノシダーゼを標的とした新規阻害剤の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 豊岡尚樹
低栄養環境下でも作用する新しい膵臓がん治療薬の開発研究<担癌マウスでのin vivo評価>
科学技術振興機構 (JST): 研究成果最適展開プログラムA-STEP
研究期間: 2012年 - 2013年10月    代表者: 加藤 敦
ゴーシェ病治療薬開発を指向したイミノ糖型シャペロンのデザイン合成研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2014年3月    代表者: 加藤 敦
イミノ糖によるタンパク質プロセッシングの制御と作用メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2013年3月    代表者: 足立伊佐雄
選択的ALR2阻害に基づく副作用発現の少ない抗がん剤の開発とその評価
科学技術振興機構 (JST): シーズ発掘試験A (発掘型)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 加藤 敦
新規経口糖尿病治療薬開発を指向した海洋産アルカロイド,バツェラサイド類の合成研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 豊岡尚樹
変異酵素の構造安定化に基づいたリソソーム病治療薬の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 加藤 敦
変異タンパク質の分子生物学的特性に基づいたリソソーム病治療薬の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 加藤 敦
糖鎖生合成阻害活性のある水溶性アルカロイドのリソソーム蓄積症に対する作用の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 足立伊佐雄

特許

 
特許6169877 : 1,5-アンヒドロ-D-グルシトールの製造方法
特許6090666 : インドール誘導体および血糖降下剤
特許6045688 : 1,5-D-アンヒドログルシトール含有コラーゲン産生促進剤
特許5645137 : 食後過血糖改善剤、およびピロリジン型イミノ糖またはその塩
特許5640256 : PPARγアゴニスト
特許5637865 : 1,5-AG含有組成物
特許5551393 : 口腔用組成物
特許5531363 : 1,5-D-アンヒドログルシトールの分離方法
特許5366211 : アルドース還元酵素阻害活性を有する縮合三環化合物
特開2017-124984 : セラミド調整剤
特開WO2012/157744 : 新規な1-チオキソ-1,2,3,4-テトラヒドロ-β-カルボリン 誘導体およびそれを含有する抗癌剤
特開2012-1515 : グリコーゲン分解酵素阻害剤
特開2011-102263 : グルコシルセラミド合成酵素阻害剤
特開WO2010/106871 : 浸透圧調整剤

社会貢献活動

 
薬剤師のお仕事体験学習
【運営参加・支援, 実演】  (富山県主催)県内高校1・2年次対象  2011年 - 現在
専門技術者等特別講師招聘事業
【講師】  出張授業(富山県教育委員会主催)県内高校1・2年次対象  2014年 - 現在
和漢医薬学総合研究所 夏期セミナー
【講師, 実演】  和漢医薬学総合研究所  2012年 - 現在