INOUE Makoto

J-GLOBAL         Last updated: Nov 13, 2019 at 12:24
 
Avatar
Name
INOUE Makoto
Affiliation
Niigata University
Job title
Lecturer
Degree
(PhD

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1998
Graduate School, Division of Dental Research, Niigata University
 

Awards & Honors

 
Jul 2010
Neuroscience Wiley-Blackwell Publishing Young Investigator Research Award, IADR, IADR
Winner: Takanori Tsujimura
 
Jul 2002
第3回日本顎口腔機能学会奨励賞, 日本顎口腔機能学会
Winner: Makoto Inoue
 
Sep 2000
第13回歯科基礎医学会賞, 歯科基礎医学会
Winner: Makoto Inoue
 

Published Papers

 
Murakami K, Minagi Y, Hori K, Uehara F, Salazar SE, Inoue M, Maeda Y, Ikebe K, Ono T
Journal of oral rehabilitation      Nov 2019   [Refereed]
Koshi N, Magara J, Sakai S, Tsujimura T, Ono K, Inoue M
Journal of oral rehabilitation      Sep 2019   [Refereed]
Ito K, Edahiro A, Watanabe Y, Ohara Y, Motohashi Y, Morishita S, Motokawa K, Watanabe Y, Hirano H, Inoue M
Journal of oral rehabilitation   46(8) 723-729   Aug 2019   [Refereed]
Tsujimura T, Ueha R, Yoshihara M, Takei E, Nagoya K, Shiraishi N, Magara J, Inoue M
The Journal of physiology   597(11) 2949-2963   Jun 2019   [Refereed]
Sasegbon A, Watanabe M, Simons A, Michou E, Vasant DH, Magara J, Bath PM, Rothwell J, Inoue M, Hamdy S
The Journal of physiology   597(9) 2533-2546   May 2019   [Refereed]
Ashiga H, Takei E, Magara J, Takeishi R, Tsujimura T, Nagoya K, Inoue M
Scientific reports   9(1) 6013   Apr 2019   [Refereed]
J. Magara, M. Watanabe, T. Tsujimura, S. Hamdy, M. Inoue
Neurogastroenterology & Motility   e13384   Oct 2018   [Refereed]
Suzuki T, Yoshihara M, Sakai S, Tsuji K, Nagoya K, Magara J, Tsujimura T, Inoue M
Brain research   1694 19-28   Sep 2018   [Refereed]
Tsujimura T, Suzuki T, Yoshihara M, Sakai S, Koshi N, Ashiga H, Shiraishi N, Tsuji K, Magara J, Inoue M
Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)   124(5) 1148-1154   May 2018   [Refereed]
Hasegawa M, Kurose M, Okamoto K, Yamada Y, Tsujimura T, Inoue M, Sato T, Narumi T, Fujii N, Yamamura K
Dysphagia   33(1) 83-90   Feb 2018   [Refereed]

Misc

 
【これでナットク!摂食嚥下機能評価のコツ】機器を用いた評価 筋電図検査
井上 誠
MEDICAL REHABILITATION   (240) 105-112   Sep 2019
筋電図検査とは、表面電極や針電極を用いて対象とする筋の活動電位(筋電位)を記録することで、筋収縮の定量的評価を行うものである。表面筋電図では電極を皮膚や粘膜上に貼付するため、ターゲットとする筋活動を非侵襲的に広く記録することができる反面、筋を限定して記録するのが難しいという欠点をもつ。針電極では、限定した部位の単一運動単位を記録でき、波形解析や伝導速度の計測により、脳神経内科疾患などの診断に用いることができるが、電極刺入時に痛みを伴うことや、筋の限局部位のみの評価であることから深部の筋活動...
摂食嚥下リハビリテーションを実施したクロウ・深瀬(POEMS)症候群の1例
羽尾 直仁, 辻村 恭憲, 白石 成, 井上 誠
新潟歯学会雑誌   49(1) 19-24   Jun 2019
クロウ・深瀬(POEMS)症候群の治療中に誤嚥性肺炎を発症し、摂食嚥下リハビリテーションを行った一例を報告する。症例は83歳男性。2012年にPOEMS症候群と診断され、サリドマイド治験に参加し、加療されていた。2017年11月に誤嚥性肺炎の診断で入院となり、摂食嚥下機能評価目的に当科初診となった。初診時、随意咳嗽力が低下し、粗そう性および湿性嗄声を認め、最長発声持続時間は9.9秒であった。反復唾液嚥下テスト3回、とろみ付き液体1ml摂取では3%以上のSpO2低下と頸部聴診にて湿性音を認め...
【高齢者の口腔機能-オーラルフレイル-】 口腔乾燥症・味覚障害への対応
伊藤 加代子, 船山 さおり, 井上 誠
Geriatric Medicine   56(8) 755-758   Aug 2018
口腔乾燥症や味覚障害は、「乾いた食べ物を食べづらい」、「飲み込みづらい」、「何を食べてもおいしくない」、「常に嫌な味がする」などの症状を呈し、食思不振から低栄養を招くこともある。しかし高齢者の中には、口腔乾燥症や味覚障害であることに気づかず、水を飲むことで対処していたり、知らない間に塩分過剰摂取になっていることもある。医療従事者や周囲の者がこれらの症状に気づき、医療機関受診を勧奨し、適切な治療を行うことで、QOLの向上を図ることが可能である。(著者抄録)
聴神経腫瘍術後に脳幹・小脳出血を合併し摂食嚥下障害を認めた1症例
笹 杏奈, 辻 光順, 渡邊 賢礼, 那小屋 公太, 伊藤 加代子, 真柄 仁, 辻村 恭憲, 井上 誠
新潟歯学会雑誌   48(1) 37-41   Jun 2018   [Refereed]
聴神経腫瘍術後に嚥下障害を認めた一例を報告する。症例は56歳女性。2017年2月に小脳・脳幹を圧迫する聴神経鞘腫に対する摘出術施行、術後左小脳出血及び延髄から橋にかけて低吸収域を認めたため、脳内血腫除去および減圧開頭術が施行された。術後11日目に嚥下機能評価目的に当科初診となった。小脳前庭症状としての姿勢保持困難と失調性構音障害、球麻痺症状としての顔面神経麻痺、舌運動減弱、開鼻声を伴う右カーテン徴候を認めた。反復唾液嚥下テストは2回、改訂水飲みテストおよびとろみ付液体3ccでのテストでは3...
舌癌術後の摂食嚥下障害に対し間接訓練ならびに直接訓練を実施した1症例
小貫 和佳奈, 笹 杏奈, 辻 光順, 渡邊 賢礼, 白石 成, 伊藤 加代子, 真柄 仁, 辻村 恭憲, 井上 誠
新潟歯学会雑誌   48(1) 43-48   Jun 2018   [Refereed]
頭頸部癌術後は、高頻度に摂食嚥下障害を生じる。今回、舌癌術後に摂食嚥下障害を生じ、リハビリテーションによる食形態や姿勢の調整によって経口摂取が可能となった症例を経験したので報告する。症例は68歳の男性。舌亜全摘術、両側頸部郭清術、腹直筋皮弁再建術、気管切開術、胃瘻造設術後、放射線治療開始と同時にN大学医歯学総合病院摂食嚥下機能回復部に紹介受診となった。初診時、頸部拘縮、舌切除による創部瘢痕化を伴う口腔移送不良・鼻咽腔閉鎖不全・咽頭収縮不全を認めた。嚥下内視鏡検査と嚥下造影検査により、リクラ...

Books etc

 
よくわかる地域包括ケア
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 摂食嚥下の機能が低下した人へのケア)
ミネルヴァ書房   2018   
新よくわかる顎口腔機能
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 嚥下運動)
医歯薬出版株式会社   2017   
高齢者歯科学習ノート
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 摂食嚥下に関連する解剖・生理)
株式会社永末書店   2017   
チームで診る高齢者脆弱性骨折手術と周術期管理
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 摂食嚥下障害とリハビリテーション)
株式会社医薬ジャーナル社   2017   
コメディカル専門基礎科目シリーズ「リハビリテーション概論・リハビリテーション医学」
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 摂食嚥下のリハビリテーション)
理工図書株式会社   2017   
Monthly Book Medical Rehabilitation
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 咀嚼の生理学)
全日本病院出版会   2017   
質疑応答No.4823
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 食事箋作成で嚥下障害の検査方法)
日本医事新報社   2016   
新潟大学歯学部創立50周年記念誌「食べる」文化をみつめて
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 「100歳」までおいしく食べたい)
医歯薬出版株式会社   2016   
摂食嚥下リハビリテーション
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 摂食嚥下と呼吸)
医歯薬出版株式会社   2016   
脳と神経
Makoto Inoue (Part:Joint Work, 【「食べる」を考える】 嚥下の神経機構)
医学書院   2015   

Research Grants & Projects

 
Changes in the Excitability of Masticatory and tougue Motoneurons during Sleep
Cordination of Jaw and Tongue Morements during Mastication
Trigeminal Interneurer Activity in Mastication and Swallowing
Clinical Approach to Dysphagia