KONYA Chizuko

J-GLOBAL         Last updated: Sep 27, 2019 at 04:06
 
Avatar
Name
KONYA Chizuko
URL
http://square.umin.ac.jp/~sanada/
Affiliation
Kanazawa Medical University
Section
School of Nursing
Job title
Associate Professor

Research Interests

 
 

Education

 
Apr 2002
 - 
Mar 2005
Division of Medicine, Graduate School, Kanazawa University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2002
Division of Medicine, Graduate School, Kanazawa University
 

Awards & Honors

 
Jan 2013
第1回看護理工学会学術集会優秀講演賞
 
Oct 2016
Effectiveness of a non-invasive pressure ulcer undermining measuring device
 
Jan 2013
サーモグラフィーを使用した点滴静脈内注射の血管外漏出のアセスメントの検討
 

Published Papers

 
Evaluation of the predictive validity of thermography in identifying extravasation with intravenous chemotherapy infusions
Yuko.Matsui, Ryoko.Murayama, Hidenori.Tanabe, Makoto.Oe, Yoshiharu.Motoo, Takanori.Wagatsuma, Michiko.Michibuchi, Sachiko.Kinosita, Keiko.Sakai, Chizuko.Konya, Junko.Sugama, Hiromi.Sanada
Journal of Infusion Nursing   40(6) 367-374   Nov 2017   [Refereed]
ET/WOCNの所属施設におけるスキン-テアの実態調査
19(3) 351-363   Oct 2015
A.Kumagai, M.Heinai, Y.Matsui, C.Konya, K.Shimada, S.Kawakami, J.Sugama
Japanese journal of pressure ulcer   17(1) 1-9   Feb 2015   [Refereed]
褥瘡で知りたい!発赤の見わけ方、DESIGN-Rのつけ方 :記録・評価・予測が重要!DESIGN-Rのつけ方
30:84-94    Nov 2014

Misc

 
寝たきり高齢者における褥瘡の治癒過程のアセスメントと今後の課題
5(2) 5-11   2002
下痢便により褥瘡の再発を繰り返す患者への湿潤対策
1(3) 82-86   2001
褥瘡患者のケアのポイント 局所環境を整える看護技術
27(9) 1408-1413   2001
EBN思考の褥瘡ケア
   2002
高齢者における褥瘡治癒過程からみた形態的分類と看護ケアとの関係 ポケット形成のある褥瘡に焦点をあてて
4(1) 60-69   2002

Books etc

 
ベストプラクティス スキン-テア(皮膚裂傷)の予防と管理
Oct 2015   
ABCD-Stomaに基づくベーシック・スキンケア ABCD-Stomaケア
Mar 2014   
第5章 ストーマ合併症とその対策 ストーマ周囲皮膚障害の重症度評価
Jul 2013   
スキンケアの実際
Sep 2012   
スキンケア
Sep 2012   

Conference Activities & Talks

 
ストーマ周囲皮膚障害スケール DETスコア
Apr 2010   
デジタル画像解析による高齢者ドライスキン回復指標の開発
Apr 2010   
パッド内環境における尾骨部ならびに排尿口部皮膚の細菌汚染状態
Nov 2010   
ベッドメーキングの違いによる体圧分散寝具の圧再分配機能の評価
Apr 2010   
全層欠損褥瘡における滲出液量推定の予備的検討 DESIGN-Rの応用可能性
Apr 2010   

Works

 
排便検知に関する研究
2003
排便検知に関する研究
2004

Research Grants & Projects

 
療養病床病院におけるスキンケアの質保証:近未来型皮膚障害予防・管理支援の整備
Project Year: 2017 - 2020
高齢者の静脈穿刺後皮下出血における皮膚バリア機能の評価
Project Year: 2015 - 2016
スキンケアの深化:スキンテア(皮膚裂傷)予防システムの構築
Project Year: 2014 - 2016
2型糖尿病患者の運動療法のとらえ方からみた運動療法看護教育プログラムの完成
Project Year: 2014 - 2016
寝たきり高齢者の褥瘡予防のための圧分散と寝床内環境調整を加味したシーツの開発
Project Year: 2013 - 2016