林 照剛

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
林 照剛
 
ハヤシ テルタケ
所属
大阪大学
部署
大学院工学研究科 機械工学専攻 機械工学専攻 マイクロ機械科学部門
職名
助教,助教
学位
博士(工学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
   
 
- 大阪大学大学院工学研究科 助教
 
2004年
   
 
- 大阪大学大学院工学研究科 助手
 
2001年
   
 
- 茨城大学工学部超塑性工学研究センター 助手
 
2001年
   
 
- 大阪大学大学院 工学研究科 博士後期過程 修了
 

学歴

 
 
 - 
2001年
大阪大学 工学研究科 機械システム工学専攻
 
 
 - 
1998年
大阪大学 工学部 産業機械工学科
 

受賞

 
2001年
型技術協会奨励賞
 
2000年
精密工学会 春期全国大会ベストプレゼンテーション賞
 
2002年
型技術協会 型技術協会奨励賞
 
2004年
工作機械技術振興賞
 
2004年
精密工学会賞
 

Misc

 
Design and Rapid Prototyping of Affective Shapes with 1/f Fluctuation Characteristics
Journal of the Asian Design International Conference 6th Asian Design International Conference in Tsukuba, Japan   1 37(Abstract) Full paper was included in CD-ROM   2003年
西野 秀昭, 三好 隆志, 高谷 裕浩, 高橋 哲, 林 照剛, 木村 景一
精密工学会誌 , 2003   69(10) 1417-1422   2003年
JSME International Journal, Series A   46(3) 460-466   2003年
Laser Fabrication of Affective 3D Objects with 1/f Fluctuation,
JSME/ASME International Conference on Materials and Processing 2002 -The 10th JSME Materials and Processing Conference (M &P2002), Honolulu, USA   131-136   2002年
林照剛, 三好隆志, 高谷裕浩, 高橋哲
精密工学会誌   67(4) 628-632   2001年

所属学協会

 
 

Works

 
高集積プロテインチップ高速解析のための液晶マルチスポット蛍光偏光法の開発
2005年
液晶マルチプローブ型マイクロアレイスキャナーによるDNAチップの高速解析
2002年
高集積プロテインチップ高速解析のための液晶マルチスポット蛍光偏光法の開発
2006年
変調光放射圧トラッピングプローブによる微細加工形状のナノ複合計測に関する研究
2005年
液晶マルチプローブ型マイクロアレイスキャナーによるDNAチップの高速解析
2003年

競争的資金等の研究課題

 
マルチプローブ型マイクロアレイスキャナによるハイスループットDNA解析
研究期間: 2001年   
レーザ積層造形技術によるスーパーセル構造体の開発
科学研究費補助金
研究期間: 2002年   
液晶マスクを用いた非積層マイクロ光造形法に関する研究

特許

 
既存物品の形状に含まれる1/fゆらぎ成分の解析方法及び新規物品への適用方法
特願2002-280790号
感性形状を付与した造形物の創製システム及び創成方法
特願2002-330294号
液晶を用いた共焦点顕微鏡及び液晶を用いた共焦点顕微鏡によるマイクロアレイ基板からの蛍光測定法号,(2002) (アメリカ)
特願2002-287422
液晶式フォトマスク,それを用いたパターン露光装置及びDNAチップの製造方法
特願2002-247803号
光造形装置及び光造形方法
特開2001-252986