鶴見 昌代

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/20 16:15
 
アバター
研究者氏名
鶴見 昌代
 
ツルミ マサヨ
学位
博士(工学)(大阪大学), 修士(工学)(大阪大学), 学士(人間科学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
   
 
統計数理研究所 共同研究員
 
2017年4月
   
 
筑波技術大学 保健科学部 情報システム学科 助教
 
2015年4月
 - 
2017年3月
筑波大学 システム情報系URA
 
2007年4月
 - 
2015年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科 システム創成専攻 助教
 
2007年4月
 - 
2011年3月
大阪大学 コミュニケーション・デザインセンター 助教
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
大阪大学 大学院工学研究科 電子情報エネルギー工学専攻 博士後期課程
 
1995年4月
 - 
1997年3月
大阪大学 大学院工学研究科 応用物理学専攻 博士前期課程
 
1991年4月
 - 
1995年3月
大阪大学 人間科学部 人間科学科
 

委員歴

 
2004年
   
 
システム制御情報学会  電子情報委員
 

受賞

 
2002年
システム制御情報学会学会賞奨励賞
 

論文

 
A Generalized Deegan-Packel Index and its Application
鶴見 昌代
2018 IEEE, Systems, Man, Cybernetics Conference   3107-3112   2018年10月   [査読有り]
ある市議会における投票力分析
鶴見 昌代
「不確実性の下での意思決定理論とその応用:計画数学の展開」 研究集会報告集   236-242   2018年7月   [査読有り]
鶴見 昌代, 久保田 萌美, 乾口 雅弘
数理解析研究所講究録   1912 172-180   2014年8月
An axiomatic characterization of the Banzhaf function for cooperative fuzzy games
Masayo Tsurumi, Takuma Sato, Masahiro Inuiguchi
Proceedings of Czech-Japan Seminar on Data Analysis & Decision Making under Uncertainty   6-13   2012年   [査読有り]
Masahiro Inuiguchi,Masayo Tsurumi
2011 IEEE International Conference on Granular Computing, GrC-2011, Kaohsiung, Taiwan, November 8-10, 2011   300-305   2011年12月   [査読有り]
In this paper, estimation methods for decision attribute values are investigated based on the variable-precision dominance-based rough set model. The conceivable approaches are shown and the idea of k-nearest neighbor algorithm is introduced to re...
乾口 雅弘, 山本 俊介, 鶴見 昌代
ファジィシステムシンポジウム講演論文集   27 417-422   2011年9月
Inuiguchi Masahiro, Tsuji Masahiko, Kusunoki Yoshifumi, Tsurumi Masayo
ROUGH SETS AND KNOWLEDGE TECHNOLOGY   6954 201-+   2011年   [査読有り]
Inuiguchi Masahiro, Higuchi Tatsuya, Tsurumi Masayo
ROUGH SETS AND KNOWLEDGE TECHNOLOGY   6954 280-289   2011年   [査読有り]
Combination Rules of Dependent Information Sources in Dempster-Shafer Theory of Evidence
Proceedings of the 13th Czech-Japan Seminar on Data Analysis and Decision Making in Service Science   67-72    2010年
鶴見 昌代, 村井 繁, 乾口 雅弘
数理解析研究所講究録   1544 168-177   2007年4月
鶴見 昌代, 西村 明子, 乾口 雅弘
数理解析研究所講究録   1544 178-187   2007年4月
鶴見 昌代, 乾口 雅弘
数理解析研究所講究録   1548 17-22   2007年4月
鶴見 昌代, 乾口 雅弘, 谷野 哲三
数理解析研究所講究録   1548 9-16   2007年4月
Normalized Pseudo-Banzhaf Values for Bicooperative Games
Proceedings of the Fourth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis      2007年
鶴見 昌代, 乾口 雅弘, 谷野 哲三
数理解析研究所講究録   1526 214-222   2006年12月
Case-based reasoning using rough membership values
Proceedings of Czech-Japan Seminar on Data Analysis & Decision Making under Uncertainty   11-15   2006年   [査読有り]
The Diagonal Value for Fuzzy Generalized Multialternative Games
Masayo Tsurumi, Masahiro Inuiguchi, Tetsuzo Tanino
Proceedings of Czech-Japan Seminar on Data Analysis & Decision Making under Uncertainty   11-15   2006年   [査読有り]
Rule induction via clustering decision classes
Inuiguchi Masahiro, Fukuda Daisuke, Tsurumi Masayo, Yamanaka Kazuki
ROUGH SETS AND CURRENT TRENDS IN COMPUTING, PROCEEDINGS   4259 928-+   2006年   [査読有り]
Measures Based on Upper Approximations of Rough Sets for Analysis of Attribute Importance and Interaction
International Journal of Innovative Computing, Information and Control   vol. 2 no.1    2006年
A Solution for Fuzzy Generalized Multialternative Games
The 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2006) Conference Proceedings   pp. 95--98    2006年
Attribute Importance in the Setting of Variable Precision Rough Sets
Proceedings of 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications   pp.87-90    2006年
Masahiro Inuiguchi,Masayo Tsurumi,Daisuke Fukuda,Kazuki Yamanaka
Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Waikoloa, Hawaii, USA, October 10-12, 2005   3 2781-2786   2005年12月   [査読有り]
In this paper, it is proposed to cluster decision classes before applying a rule induction method. The similarity between decision classes is defined and an agglomerative hierarchical clustering method is applied. At each branch of the obtained de...
鶴見 昌代, 西村 明子, 乾口 雅弘
数理解析研究所講究録   1461 188-201   2005年12月
Masayo Tsurumi,Masahiro Inuiguchi,Akiko Nishimura
Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Waikoloa, Hawaii, USA, October 10-12, 2005   2 1138-1143   2005年11月   [査読有り]
In conventional cooperative games, it is assumed that each player will choose whether he/she joins a coalition or not. In bicooperative games defined by Bilbao, each player is allowed to choose one among three alternatives such as to be a defender...
宮島 卓也, 乾口 雅弘, 鶴見 昌代, 谷野 哲三
数理解析研究所講究録   1409 234-247   2005年1月
鶴見 昌代, 仲谷 篤, 乾口 雅弘
数理解析研究所講究録   1409 125-138   2005年1月
Axiomatic Characterizations of the Shapley Function in Cooperative Fuzzy Games
Central European Journal of Operations Research   Vol. 12, No.1, pp. 47-57/,    2004年
鶴見 昌代, 谷野 哲三
システム/制御/情報   48(9) 361-368   2004年
LEM2-based Rule Extraction from Non-monotonic Decision Tables with Ordinal Attributes Based on Rough Sets
Joint 2nd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 5th International Symposium on Advanced Intelligent Systems   pp. 1--6 (THP-8-2)    2004年
On Utilization of Upper Approximations in Rough Set Analysis
International Workshop of Fuzzy Systems \& Innovational Computing (FIC2004)   pp.326--331    2004年
Nonsymmetric Values in Cooperative Games and Their Application
Proceedings of The Second International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis   pp. 507--516    2003年
Solution Concepts for Coalitional Games in Constructing Networks
Multi-Objective Programming and Goal Programming: Theory and Applications (Advances in Soft Computing)   pp.257--262    2003年
A Specified Replenishment Epochs Contract in a Two-Stage Supply Chain
Proceedings of the Asia Pacific Management Conference   pp.1025-1034    2003年
Solutions based on Marginal Contributions of Players for Games with Tex Alternatives and Extended Games
Proceedings: First International Symposium on Systems & Human Science -- For Safety, Security, and Dependability --,   pp.135--140    2003年
鶴見 昌代, 谷野 哲三
数理解析研究所講究録   1297 80-88   2002年12月
Nonsymmetric Values of Coalitional Games
ICM2002GTA Proceedings   pp. 771--783    2002年
鶴見 昌代, 谷野 哲三, 乾口 雅弘
数理解析研究所講究録   1241 30-38   2001年12月
Masayo Tsurumi,Tetsuzo Tanino,Masahiro Inuiguchi
European Journal of Operational Research   129(3) 596-618   2001年3月   [査読有り]
In this paper, we make a study of the Shapley values for cooperative fuzzy games, games with fuzzy coalitions, which admit the representation of rates of players' participation to each coalition. A Shapley function has been introduced by another a...
鶴見 昌代, 谷野 哲三, 乾口 雅弘
数理解析研究所講究録   1194 156-164   2001年3月
Axiomatizations of the Shapley Function in Cooperative Fuzzy Games
Proceedings of the 3rd Czech-Japan Seminar on Data Analysis and Decision Making under Uncertainty   pp.114--119    2001年
Solution Concepts in Minimum Spanning Tree Games and Their Generalized Games
Proceedings of the 5th International Conference on Optimization: Techniques and Applications   vol.4, pp.1671--1676/,    2001年
鶴見 昌代
日本ファジィ学会誌   12(3)    2000年
<p>本論文では, 提携への参加度を表現できるという意味で通常の協力ゲームよりも現実の問題に柔軟に対応できる協力ファジィゲームと, 最小スパニングツリー問題という現実的な最適化問題から導かれる最小スパニングツリーゲームを扱った.これらのゲームにおける解概念を提案し, 性質を議論することにより, 合理的な意思決定方法を与えることを目的としている.第3章では, 協力ファジィゲームにおけるShap1ey値, コア, 優越コアを提案し, 一般に成り立つ性質を明らかにした.第4章では, Choque...
Core and the Related Solution Concepts in Cooperative Fuzzy Games
Masayo Tsurumi, Tetsuzo Tanino and Masahiro Inuiguchi
Methods for Decision Support in Environment with Uncertainty --- Applications in Economics, Business and Engineering: Proceedings of the Czech-Japan Seminar   21-29   2000年   [査読有り]
鶴見 昌代, 谷野 哲三, 乾口 雅弘
日本ファジィ学会誌   12(1) 193-202   2000年   [査読有り]
本論文では, 協力ファジィゲームにおけるいくつかの解概念を扱う.協力ファジィゲームとは, ファジィ提携をもつゲームであり, ファジィ提携とは, 各提携におけるプレイヤーの参加度の表現を可能にするものである.著者らのこれまでの研究では, ファジィゲームの自然なクラスとShapley関数の定義を導入し, さらに, そのクラス上のShapley関数の陽な表現を与えた.本論文では, ファジィゲームとファジィ提携の組が与えられたときにコアや優越コアを導く関数として, コア関数および優越コア関数を導入...
Demand Operations in Minimum Spanning Tree Games
Game Theory and Applications   Vol.5, pp.142--155/,    2000年
M. Tsurumi, T. Tanino, M. Inuiguchi
1999 IEEE, Systems, Man, Cybernetics Conference   Vol.3, pp.22--27/,    1999年12月
In this paper we deal with some solution concepts in cooperative fuzzy games, games with fuzzy coalition, which admit the representation of players' participation degree in each coalition. In our previous research, we have introduced a natural cla...
Solution Concepts in Bargaining
Proceedings of the International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis   pp.360--367    1999年
A Solution Concept in Cooperative Fuzzy Games
Proceedings of the Third Asian Fuzzy Systems Symposium   pp.669--673    1998年
鶴見 昌代, 塩出 省吾, 石井 博昭
数理解析研究所講究録   978 97-101   1997年2月
A Bargaining Set with Partial Information in a Political Situation
Ⅷ International Symposium on Applied Stochastic Models and Data Analysis -- The Ins and Outs of Solving Real Problems -- Contributed Papers   pp.425--430    1997年

Misc

 
視覚障害者によるスマートスピーカー活用の可能性(サイトワールド2018出展報告)
鶴見昌代,宮城愛美
テクノレポート   26(2)    2019年3月
視覚障害者を対象としたビジネスゲームの環境構築, 筑波技術大学テクノレポート
鶴見 昌代
テクノレポート   26(1) 151-152   2018年   [依頼有り]
横田直彦, 乾口雅弘, 鶴見昌代
ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM)   28th ROMBUNNO.WD3-2   2012年
二つの決定表からのルール抽出に関する基礎的考察
鈴木淳介,乾口雅弘,宮島卓也,鶴見昌代
ラフ集合研究部会第2回ワークショップ講演論文集-- ラフ集合と感性工学:理論と実践の互根互済 --   47-50   2003年12月
ゲーム理論的アプローチによるサプライチェーンマネジメント
後藤達哉,鶴見昌代,山田善靖
経営情報学会2002年度秋季全国研究発表大会予稿集   336-339   2002年11月
鶴見 昌代
オペレ-ションズ・リサ-チ   47(9) 607-609   2002年9月
鶴見 昌代, 谷野 哲三, 乾口 雅弘
ファジィシステムシンポジウム講演論文集   17 201-204   2001年9月
n人協力ファジィゲームにおけるシャープレイ値
南浦武史,鶴見昌代,乾口雅弘,谷野哲三
第14回ファジィシステムシンポジウム講演論文集   423-424   1998年6月

講演・口頭発表等

 
スマートスピーカーを用いたチームによるプログラミング学習の実践
宮城愛美,鶴見昌代
第60回弱視教育研究全国大会報告集   2019年   
鶴見昌代
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2018年3月15日   
研究力強化のための研究評価指標-合理性、有効性の視点から-
鶴見 昌代
平成29年度 統計数理研究所共同利用重点型研究「学術・文献データ分析の新たな統計科学的アプローチ」研究成果発表会   2018年2月   
スマートスピーカーの機能開発における視覚障害者に対するアクセシビリティ
宮城 愛美,鶴見 昌代
日本教育工学会研究報告集   2018年   
スマートスピーカーのスキル開発を通した教育プログラム構築の試み
鶴見 昌代
未来の先生展2018(ポスター発表)   2018年   
Voting Power Analysis -Theory and Applications - [招待有り]
鶴見 昌代
International Symposium on Frontier of Science, Technology and Engineering   2017年11月   
研究力強化のための研究評価指標-合理性、有効性の視点から-
鶴見 昌代
平成29年度 統計数理研究所共同利用重点型研究「学術・文献データ分析の新たな統計科学的アプローチ」 キックオフ   2017年7月   
乾口雅弘, 横田直彦, 鶴見昌代
ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集   2014年3月8日   
久保田 萌美, 鶴見 昌代, 乾口 雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2014年3月6日   
久保田萌美, 鶴見昌代, 乾口雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2014年3月6日   
佐藤卓馬, 鶴見昌代, 乾口雅弘
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2012年5月21日   
横田直彦, 乾口雅弘, 鶴見昌代
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2012年5月21日   
協力ゲームの拡張とその解 [招待有り]
鶴見 昌代
日本OR学会中部支部「離散システムの理論と社会システムの設計」シンポジウム   2006年9月   
鶴見昌代, 乾口雅弘, 谷野哲三
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2006年5月10日   
鶴見昌代, 乾口雅弘
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2006年5月10日   
双協力ゲームは,プレイヤーが賛成するか,反対するか,中立的かを選ぶことができるという状況を定式化したものである.本研究では,賛成する度合い,反対する度合いを導入して,双協力ファジィゲームを提案する.さらに双協力ファジィゲームの解について議論する.
鶴見 昌代, 乾口 雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2006年3月14日   
鶴見 昌代, 乾口 雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2006年3月14日   
鶴見昌代, 乾口雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2006年   
鶴見 昌代, 西村 明子, 乾口 雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2005年9月14日   
双協力ゲームにおける擬Banzhaf値とその公理系
西村明子,鶴見昌代,乾口雅弘
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2005年5月   
双協力ゲームにおける正規化擬バンザフ値とその公理系
鶴見昌代,西村明子,乾口雅弘
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2005年5月   
半導体生産ラインの生産効率化のための汎用装置の運用ヒューリスティクスと その有効性
大鷹宏,乾口雅弘,鶴見昌代,黒瀬伸二
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2005年5月   
鶴見 昌代, 西村 明子, 乾口 雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2005年3月16日   
半導体加工におけるネック工程の効率化に関する研究
大鷹宏 ,乾口雅弘,鶴見昌代,黒瀬伸二,田地宏一
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2004年5月   
序数属性に関して非単調な決定表からのラフ集合に基づくルール抽出
福田大造,米田壮志,戸所雄一,乾口雅弘,鶴見昌代
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2004年5月   
複数の決定表のラフ集合解析に関する基礎的考察
宮島 卓也,鈴木 淳介,乾口雅弘,鶴見昌代,谷野哲三
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2004年5月   
ラフ集合理論における上近似に基づく縮約と属性重要度について
乾口雅弘,鶴見昌代,村中 千尋
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2004年5月   
加重和限界貢献度の公理系と投票力分析
鶴見昌代,仲谷篤,乾口雅弘,
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2004年5月   
鶴見 昌代, 谷野 哲三, 山形 英顕, 乾口 雅宏
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2003年9月10日   
後藤 達哉, 鶴見 昌代, 山田 善靖
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2003年3月18日   
加治木 雄一, 鶴見 昌代, 山田 善靖
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2003年3月18日   
鶴見 昌代, 谷野 哲三
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2002年9月11日   
協力ゲームにおける貢献度に基づく解概念とその応用 [招待有り]
鶴見 昌代
日本OR学会中部支部講演会   2001年11月   
鶴見 昌代, 山形 英顕, 谷野 哲三, 乾口 雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2001年5月1日   
非対称投票力指数とその応用
鶴見昌代,山形英顕,谷野哲三,乾口雅弘
第45回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   2001年5月   
鶴見 昌代, 谷野 哲三, 乾口 雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2000年9月27日   
From Multichoice Cooperative Games to Fuzzy Cooperative Games
Abstracts of 13th JISR-IIASA Workshop on Methodologies and Tools for Complex System Modeling and Integrated Policy Assessment   1999年9月   
鶴見 昌代, 谷野 哲三, 乾口 雅弘
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   1999年3月23日   
A Nonsymmetric Bargaining Set and Its Application
The Fourth Conference of the Association of Asian-Pacific Operational Research Societies, within IFORS:`Coexistence Between Human,Natural & Technological Resources,'   1997年12月   
鶴見 昌代, 塩出 省吾, 石井 博昭
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   1997年4月2日   
鶴見 昌代, 塩出 省吾, 石井 博昭
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   1996年11月7日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
協力ゲームの解の拡張とその応用―より合理的な意思決定支援のために―
科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 鶴見 昌代
協力ゲームにおける定式化と解の拡張に関する研究
科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 鶴見 昌代
協力ゲームおよびその解の一般化と応用に関する研究
科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 鶴見 昌代
協力ファジィゲームと最適化問題から生じる協力ゲームにおける解概念
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 鶴見 昌代

社会貢献活動

 
視覚障害者によるスマートスピーカー活用の可能性(筑波技術大学研究教育活動公表)
【企画, 実演】  サイトワールド2018  2018年11月1日 - 2018年11月1日
合理的意思決定支援に関する研究紹介
【実演】  理工系女子応援シンポジウム交流会  2017年10月14日 - 2017年10月14日