太田 貴士

J-GLOBALへ         更新日: 15/03/12 02:54
 
アバター
研究者氏名
太田 貴士
 
オオタ タカシ
URL
http://cfd.mech.u-fukui.ac.jp/
所属
福井大学
部署
工学研究科 熱流体システム
職名
准教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本流体力学会  一般会員
 
1995年
   
 
日本機械学会  一般会員
 

Misc

 
DNS and LES with an extended Smagorinsky model for wall turbulence in non-Newtonian viscous fluids
T.Ohta, M.Miyashita
Journal of Non-Newtonian Fluid Mechanics   206 29-39   2014年
Structures of Density Fluctuations at a Low-Mach-Number Turbulent Boundary Layer by DNS
T.Ohta, H.Kajima
Flow, Turbulence and Combustion   92(1) 347-360   2014年
A LES Modification for Turbulent Flows of Surfactant Solutions
T.Ohta, Y.Usui
Journal of Fluid Science and Technology   8(1) 54-64   2013年
Predicting Drag-Reducing Wall Turbulence of Surfactant Solution by Direct Numerical Simulation
T.Ohta, Y.Usui, H.Yasoshima
Journal of Fluid Science and Technology   7(3) 259-274   2012年
Influence of density fluctuation on DNS of turbulent channel flow in the presence of temperature stratification
T.Ohta, T.Kajishima, K.Mizobata, K.Nakamura
Flow, Turbulence and Combustion   89(3) 435-448   2012年

講演・口頭発表等

 
細い円柱周り軸方向流れの乱流構造と摩擦抵抗
日本機械学会 2014年度年次大会   2014年   
壁乱流における密度変動の大規模構造と微細構造の関係
日本機械学会 2014年度年次大会   2014年   
圧縮性液体乱流境界層の再現と渦キャビテーション崩壊圧力波の観察
第27回数値流体力学シンポジウム   2013年   
低マッハ数乱流境界層における密度変動大規模構造のダイナミクス
第27回数値流体力学シンポジウム   2013年   
Investigation of Turbulent Flow along a Wall Oscillating in the Normal Direction by DNS
The 2013 International Symposium on Advanced Mechanical and Power Engineering   2013年   

Works

 
シミュレーション技術を用いた溶融液体内に生じる乱流機構の解明と予測法の開発, 基盤研究(C)(一般)
2014年
非ニュートン流体乱流のラージエディシミュレーション解析法の研究, 若手研究(B)
2011年

競争的資金等の研究課題

 
数値シミュレーションによる流体工学