Matsumura Itaru

J-GLOBAL         Last updated: Aug 20, 2019 at 10:40
 
Avatar
Name
Matsumura Itaru
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Medicine

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1984
Faculty of Medicine, Osaka University
 

Published Papers

 
岩田吉生, 森田泰慶, 辻潔, 頼晋也, 田崎貴之, 井上宏昭, 谷口康博, 藤本昂, 田中宏和, 芦田隆司, 加藤天美, 松村到
PNH Frontier   (6) 46‐49,4   Jul 2019
Yoshida I, Tamura K, Miyamoto T, Shimokawa M, Takamatsu Y, Nanya Y, Matsumura I, Gotoh M, Igarashi T, Takahashi T, Aiba K, Kumagai K, Ishizawa K, Kurita N, Usui N, Hatake K
In vivo (Athens, Greece)   33(4) 1355-1362   Jul 2019   [Refereed]
Kono M, Sakurai T, Okamoto K, Nagai T, Komeda Y, Kashida H, Minaga K, Kamata K, Takenaka M, Hagiwara S, Watanabe T, Nishida N, Enoki E, Inoue H, Matsumura I, Kudo M
Internal medicine (Tokyo, Japan)   58(14) 2029-2033   Jul 2019   [Refereed]
Kawai S, Okuda T, Fukui A, Sanada Y, Yoshikawa K, Morikawa M, Kuwahara M, Maenishi O, Morita Y, Izumoto S, Kato A, Matsumura I, Kusunoki S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   58(14) 2085-2089   Jul 2019   [Refereed]
松村到
日本病院薬剤師会雑誌   55(6) 707‐711   Jun 2019
田中 宏和, 松村 到
血液内科   78(5) 579-586   May 2019
Tanaka H, Espinoza JL, Fujiwara R, Rai S, Morita Y, Ashida T, Kanakura Y, Matsumura I
Cells   8(3)    Mar 2019   [Refereed]
Kizaki M, Takahashi N, Iriyama N, Okamoto S, Ono T, Usui N, Inokuchi K, Nakaseko C, Kurokawa M, Sumi M, Nakamura F, Kawaguchi T, Suzuki R, Yamamoto K, Ohnishi K, Matsumura I, Naoe T, New TARGET investigators.
International journal of hematology   109(4) 426-439   Feb 2019   [Refereed]
宮崎泰司, 松村到, 清井仁,
月刊腫瘍内科   23(2) 88‐93   Feb 2019
Kawashima N, Akashi A, Nagata Y, Kihara R, Ishikawa Y, Asou N, Ohtake S, Miyawaki S, Sakura T, Ozawa Y, Usui N, Kanamori H, Ito Y, Imai K, Suehiro Y, Kitamura K, Sakaida E, Takeshita A, Suzushima H, Naoe T, Matsumura I, Miyazaki Y, Ogawa S, Kiyoi H, Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG).
Annals of hematology   98(1) 83-91   Jan 2019   [Refereed]
Taniguchi T, Nakayama S, Morita Y, Rai S, Espinoza JL, Matsumura I
British journal of haematology   184(2) 121   Jan 2019   [Refereed]
Nakayama S, Taniguchi T, Tanaka H, Espinoza JL, Rai S, Matsumura I
British journal of haematology   184(2) 122   Jan 2019   [Refereed]
Nozaki Y, Inoue A, Kinoshita K, Funauchi M, Matsumura I
Modern rheumatology   1-23   Jan 2019   [Refereed]
Sakai K, Nozaki Y, Murao Y, Yano T, Ri J, Niki K, Kinoshita K, Funauchi M, Matsumura I
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   99(5) 671-683   Jan 2019   [Refereed]
松村到
月刊腫瘍内科   22(6) 692‐699   Dec 2018
谷口康博, 松村到
月刊腫瘍内科   22(6) 658‐666   Dec 2018
Li JF, Dai YT, Lilljebjörn H, Shen SH, Cui BW, Bai L, Liu YF, Qian MX, Kubota Y, Kiyoi H, Matsumura I, Miyazaki Y, Olsson L, Tan AM, Ariffin H, Chen J, Takita J, Yasuda T, Mano H, Johansson B, Yang JJ, Yeoh AE, Hayakawa F, Chen Z, Pui CH, Fioretos T, Chen SJ, Huang JY
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(50) E11711-E11720   Dec 2018   [Refereed]
【tPAの適応拡大の取り組みと新しい線溶制御薬】チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)治療と血栓塞栓症
平瀬 主税, 松村 到
日本血栓止血学会誌   29(5) 473-486   Oct 2018
現在、抗悪性腫瘍剤として臨床応用されているチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)の多くは、阻害すべき標的分子に加えて、種々のoff-target分子を阻害することが知られている。慢性骨髄性白血病(CML)に対するTKI治療では、標的であるBCR-ABL以外に血管新生等に関与する血管内皮細胞、血小板、マクロファージ、肥満細胞等に発現しているoff-targetが阻害されることにより、様々な心血管イベント(CVE)としての血栓塞栓症が発症する。その劇的かつ持続的な臨床的有用性のため、CMLに対するT...
Rai S, Tanaka H, Fujimoto K, Kumode T, Inoue H, Taniguchi Y, Morita Y, Espinoza JL, Tatsumi Y, Ashida T, Matsuoka R, Kikuti YY, Nakamura N, Matsumura I
Cancers   10(9)    Sep 2018   [Refereed]
Espinoza JL, Ai S, Matsumura I
Pathogens (Basel, Switzerland)   7(3)    Sep 2018   [Refereed]
Nozaki Y, Ri J, Sakai K, Shiga T, Inoue A, Nagare Y, Funauchi M, Matsumura I
Immunological medicine   41(3) 129-135   Sep 2018   [Refereed]
Takeshita A, Asou N, Atsuta Y, Sakura T, Ueda Y, Sawa M, Dobashi N, Taniguchi Y, Suzuki R, Nakagawa M, Tamaki S, Hagihara M, Fujimaki K, Furumaki H, Obata Y, Fujita H, Yanada M, Maeda Y, Usui N, Kobayashi Y, Kiyoi H, Ohtake S, Matsumura I, Naoe T, Miyazaki Y, and the Japanese Adult Leukemia Study Group.
Leukemia   33(2) 358-370   Aug 2018   [Refereed]
頼晋也, 松村到
日本内科学会雑誌   107(7) 1316‐1323   Jul 2018
Nakayama S, Matsuda M, Adachi T, Sueda S, Ohashi Y, Awaji S, Hashimoto S, Matsumura I
Platelets   30(5) 1-9   Jul 2018   [Refereed]
Sueda S, Nakayama S, Adachi T, Ohashi Y, Awaji S, Hashimoto S, Matsumura I, Matsuda M
Annals of hematology      Jul 2018   [Refereed]
Morita Y, Maeda Y, Yamaguchi T, Urase F, Kawata S, Hanamoto H, Tsubaki K, Ishikawa J, Shibayama H, Matsumura I, Matsuda M
Cancer science   109(10) 3209-3215   Jul 2018   [Refereed]
Kato R, Hayashi H, Sano K, Handa K, Kumode T, Ueda H, Okuno T, Kawakami H, Matsumura I, Kudo M, Nakagawa K
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   13(12) e239-e241   Jul 2018   [Refereed]
【分子標的薬の新しいバイオマーカー】 バイオマーカーの最近のtopics
中川 和彦, 各務 博, 松村 到, 岩田 広治
がん分子標的治療   16(2) 146-153   Jul 2018
分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬ががん治療に浸透していくなかで、より適切で効果的な治療開発に向け、バイオマーカーの研究も進んでいる。たとえば、免疫チェックポイント阻害薬においては、腫瘍細胞におけるPD-L1発現が進行非小細胞肺がんに対するペムブロリズマブのコンパニオン診断として使われている。しかしながら、がん種によってPD-L1発現のバイオマーカーとしての臨床的意義が異なっていたり、腫瘍細胞に発現するPD-L1が重要なのか、それとも腫瘍組織に浸潤した細胞傷害性Tリンパ球(CTL)に発...
Serizawa K, Tanaka H, Morita Y, Taniguchi T, Ashida T, Matsumura I
Frontiers in oncology   8 204   Jun 2018   [Refereed]
Kato H, Fujita H, Akiyama N, Kimura SI, Hiramoto N, Hosono N, Takahashi T, Shigeno K, Minamiguchi H, Miyatake J, Handa H, Kanda Y, Yoshida M, Miyawaki S, Ohtake S, Naoe T, Kiyoi H, Matsumura I, Miyazaki Y, Japan Adult Leukemia Study Group.
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer      Jun 2018   [Refereed]
Kono M, Komeda Y, Sakurai T, Okamoto A, Minaga K, Kamata K, Hagiwara S, Inoue H, Enoki E, Matsumura I, Watanabe T, Kudo M
Journal of Crohn's & colitis   12(4) 499-502   Mar 2018   [Refereed]
Nakamae H, Fukuda T, Nakaseko C, Kanda Y, Ohmine K, Ono T, Matsumura I, Matsuda A, Aoki M, Ito K, Shibayama H
International journal of hematology   107(3) 327-336   Mar 2018   [Refereed]
Harada Y, Nagata Y, Kihara R, Ishikawa Y, Asou N, Ohtake S, Miyawaki S, Sakura T, Ozawa Y, Usui N, Kanamori H, Ito Y, Imai K, Suehiro Y, Kobayashi S, Kitamura K, Sakaida E, Onizuka M, Takeshita A, Ishida F, Suzushima H, Ishizawa K, Naoe T, Matsumura I, Miyazaki Y, Ogawa S, Kiyoi H, Japan Adult Leukemia Study Group JALSG.
Leukemia research   66 20-27   Mar 2018   [Refereed]
Espinoza JL, Matsumoto A, Tanaka H, Matsumura I
Cancer letters   414 147-152   Feb 2018   [Refereed]
Nakayama S, Matsuda M, Adachi T, Sueda S, Ohashi Y, Awaji S, Hashimoto S, Matsumura I
Annals of hematology   97(6) 1095-1096   Feb 2018   [Refereed]
Takahashi N, Tauchi T, Kitamura K, Miyamura K, Saburi Y, Hatta Y, Miyata Y, Kobayashi S, Usuki K, Matsumura I, Minami Y, Usui N, Fukuda T, Takada S, Ishikawa M, Fujimaki K, Gomyo H, Sasaki O, Ohishi K, Miyake T, Imai K, Suzushima H, Mitsui H, Togitani K, Kiguchi T, Atsuta Y, Ohtake S, Ohnishi K, Kobayashi Y, Kiyoi H, Miyazaki Y, Naoe T, Japan Adult Leukemia Study Group.
International journal of hematology   107(2) 185-193   Feb 2018   [Refereed]
Matsumura-Kimoto Y, Kuroda J, Kaneko H, Kamitsuji Y, Fuchida SI, Nakaya A, Shibayama H, Uoshima N, Yokota I, Uchiyama H, Yagi H, Kosugi S, Matsui T, Ishikawa J, Matsuda M, Ohta K, Iida M, Tanaka H, Kobayashi M, Wada K, Shimazaki C, Nomura S, Imada K, Hino M, Matsumura I, Kanakura Y, Takaori-Kondo A, Kansai Myeloma Forum Investigators.
International journal of hematology   107(5) 541-550   Jan 2018   [Refereed]
Yamauchi K, Oiso N, Iwanaga T, Tatsumi Y, Matsumura I, Tohda Y, Kawada A
The Journal of dermatology   45(6) E150-E151   Jan 2018   [Refereed]
Miyatake J, Inoue H, Serizawa K, Morita Y, Espinoza JL, Tanaka H, Shimada T, Tatsumi Y, Ashida T, Matsumura I
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(10) 1445-1453   Jan 2018   [Refereed]
Ishikawa J, Matsumura I, Kawaguchi T, Kuroda J, Nakamae H, Miyamoto T, Matsuoka KI, Shibayama H, Hino M, Hirase C, Kamimura T, Shimose T, Akashi K, Kanakura Y
International journal of hematology   107(5) 535-540   Jan 2018   [Refereed]
慢性骨髄性白血病のTKI治療による心血管系合併症への対応
松村 到
臨床血液   59(1) 13-26   Jan 2018
慢性骨髄性白血病の予後はチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)の登場により画期的に改善した。しかし、TKIはBCR-ABL以外のoff-targetを阻害することにより、様々な副作用をもたらす。この中でも心血管系の閉塞症、肺高血圧症は重篤である。従って、CML患者にTKIを投与する際には、糖尿病、高血圧などの心血管系のリスク評価を行い、TKI投与中は心電図、心エコーなどの適切なモニタリングが必要である。(著者抄録)
Nakayama S, Matsuda M, Adachi T, Sueda S, Ueda K, Kawahara K, Ohashi Y, Awaji S, Hashimoto S, Matsumura I
Leukemia research reports   10 1-3   2018   [Refereed]
Nakaya A, Yagi H, Kaneko H, Kosugi S, Kida T, Adachi Y, Shibayama H, Kohara T, Kamitsuji Y, Fuchida SI, Uoshima N, Kawata E, Uchiyama H, Shimura Y, Takahashi T, Urase F, Ohta K, Hamada T, Miyamoto K, Kobayashi M, Shindo M, Tanaka H, Shimazaki C, Hino M, Kuroda J, Kanakura Y, Takaoari-Kondo A, Nomura S, Matsumura I, Kansai Myeloma Forum Investigators.
Leukemia research reports   10 7-10   2018   [Refereed]
Matsumura I
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   59(1) 13-26   2018   [Refereed]
平瀬主税, 松村到
日本血栓止血学会誌   29(5) 473‐486(J‐STAGE)   2018
Nozaki Y, Nagare Y, Ashida C, Tomita D, Okada A, Inoue A, Kinoshita K, Funauchi M, Matsumura I
Biologics : targets & therapy   12 171-182   2018   [Refereed]
Rai S, Espinoza JL, Morita Y, Tanaka H, Matsumura I
Frontiers in immunology   9 3031   2018   [Refereed]
松村到
日本臨床内科医会会誌   32(4) 580‐585   Dec 2017
Nozaki Y, Hino S, Ri J, Sakai K, Nagare Y, Kawanishi M, Niki K, Funauchi M, Matsumura I
International journal of molecular sciences   18(12)    Dec 2017   [Refereed]
同種造血幹細胞移植後の二次性生着不全に対してドナーリンパ球輸注が著効した急性骨髄性白血病
芹澤 憲太郎, 芦田 隆司, 谷口 貴英, 谷口 康博, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 松村 到
臨床血液   58(12) 2386-2391   Dec 2017
急性骨髄性白血病に対する同種骨髄移植後に一旦造血機能の回復を認めたものの汎血球減少を来し、二次性生着不全と判断してドナーリンパ球輸注(donor lymphocyte infusion,DLI)を施行したところ著効を示した症例を経験したので報告する。症例は64歳女性。急性骨髄性白血病の部分寛解に対して非血縁者間同種骨髄移植を施行した。速やかに生着し、complete remission with incomplete blood count recovery(CRi)に到達したが、day ...
日本人の未治療多発性骨髄腫患者に対するlenalidomide+低用量dexamethasone療法 MM-025試験の最新成績
安藤 潔, 張 高明, 鈴木 憲史, 品川 篤司, 内田 俊樹, 谷脇 雅史, 平田 大二, 石澤 賢一, 末永 孝生, 岡本 真一郎, 大塚 眞紀, 松本 守生, 飯田 真介, 松村 到, 池田 宇次, 竹迫 直樹, 大柿 友美, 緑川 修一, Houck Vanessa, Ervin-Haynes Annette, 照井 康仁
臨床血液   58(11) 2219-2226   Nov 2017
造血幹細胞移植非適応の未治療多発性骨髄腫患者に対するlenalidomideとdexamethasoneの併用(Rd)療法の本邦第II相臨床試験(MM-025)では、追跡期間中央値14.2ヵ月の時点で同療法の有効性および安全性が確認された。今回、本試験の追跡データを含めて解析を行った。追跡期間中央値31.3ヵ月の時点で全26例が治療を終了しており、治療期間中央値は約25ヵ月であった。全奏効率は87.5%、complete response率は20.8%であった。奏効期間および無増悪生存期間...
くも膜下出血を合併した好酸球性多発血管炎性肉芽腫の1例
渡辺 圭子, 森田 玲子, 柳原 茂人, 大磯 直毅, 川田 暁, 長束 一紘, 大槻 俊輔, 加藤 天美, 井上 明日香, 永禮 靖章, 船内 正憲, 松村 到, 岩永 賢司, 東田 有智
皮膚の科学   16(5) 379-380   Oct 2017
廣川誠, 藤島直仁, 澤田賢一, 張替秀郎, 松田晃, 小松則夫, 通山薫, 米村雄士, 中尾眞二, 齋藤明子, 松村到, 荒井俊也, 黒川峰夫
臨床血液   58(9) 1567   Sep 2017
田中宏和, 松村到
月刊血液内科   75(2) 163‐168   Aug 2017
Taniguchi Y, Tanaka H, Luis EJ, Sakai K, Kumode T, Sano K, Serizawa K, Rai S, Morita Y, Hanamoto H, Tsubaki K, Nishio K, Matsumura I
International journal of hematology   106(5) 691-703   Aug 2017   [Refereed]
Tojo A, Kyo T, Yamamoto K, Nakamae H, Takahashi N, Kobayashi Y, Tauchi T, Okamoto S, Miyamura K, Hatake K, Iwasaki H, Matsumura I, Usui N, Naoe T, Tugnait M, Narasimhan NI, Lustgarten S, Farin H, Haluska F, Ohyashiki K
International journal of hematology   106(3) 385-397   Apr 2017   [Refereed]
岡田 晃典, 伊丹 哲, 志賀 俊彦, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
臨床リウマチ   29(1) 52-58   Mar 2017
84歳、男性。1週間前から高熱と咳嗽、喀痰に続き多関節痛が出現し、気管支炎の診断で抗生剤が投与された。しかし、気管支炎の改善後も発熱と頸部痛を含む多関節痛と高度の炎症反応が持続した。頸部のCT検査からCrowned dens syndrome(CDS)、環軸椎に生じた偽痛風と診断し、非ステロイド性消炎剤にて改善した。以上、偽痛風と炎症性疾患の関連性を鑑別することは有用であると考えられた。(著者抄録)
井上 宏昭, 森田 泰慶, 頼 晋也, 角谷 宏明, 大山 泰世, 谷口 康博, 田中 宏和, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   58(2) 138-142   Feb 2017
固形臓器移植後の免疫抑制療法は,骨髄異形成症候群(MDS)の発症リスクとなることが知られている。我々は,固形臓器移植後に発症した低リスクMDSに対して移植臓器の拒絶などの悪影響がなく,安全にアザシチジン(AZA)を投与することが可能で,血液学的改善が得られた2症例を経験したので報告する。1例目は肝移植後の74歳の男性である。免疫抑制療法として,シクロスポリンとプレドニゾロンを投与されていた。肝移植9年後,MDS(RCMD)と診断された。2例目は死体腎移植後の47歳の女性である。免疫抑制療法...
Ando K, Chou T, Suzuki K, Shinagawa A, Uchida T, Taniwaki M, Hirata H, Ishizawa K, Matsue K, Okamoto S, Otsuka M, Matsumoto M, Iida S, Matsumura I, Ikeda T, Takezako N, Ogaki Y, Midorikawa S, Houck V, Ervin-Haynes A, Terui Y
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58(11) 2219-2226   2017   [Refereed]
照井康仁, 照井康仁, 張高明, 鈴木憲史, 品川篤司, 内田俊樹, 谷脇雅史, 平田大二, 石澤賢一, 末永孝生, 岡本真一郎, 大塚眞紀, 松本守生, 飯田真介, 松村到, 池田宇次, 竹迫直樹, 大柿友美, 緑川修一, HOUCK Vanessa, ERVIN‐HAYNES Annette, 安藤潔
International Journal of Myeloma (Web)   7(1) ROMBUNNO.O2‐3 (WEB ONLY)   2017
Serizawa K, Ashida T, Taniguchi T, Taniguchi Y, Morita Y, Tanaka H, Shimada T, Tatsumi Y, Matsumura I
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58(12) 2386-2391   2017   [Refereed]
Takahashi N, Nakaseko C, Kobayashi Y, Miyamura K, Ono C, Koide Y, Fujii Y, Ohnishi K.
International Journal of Hematology   106(3) 398-410   2017   [Refereed]
Miyamura K, Miyamoto T, Tanimoto M, Yamamoto K, Kimura S, Kawaguchi T, Matsumura I, Hata T, Tsurumi H, Saito S, Hino M, Tadokoro S, Meguro K, Hyodo H, Yamamoto M, Kubo K, Tsukada J, Kondo M, Aoki M, Okada H, Yanada M, Ohyashiki K, Taniwaki M
Leukemia research   51 11-18   Dec 2016   [Refereed]
Ph+ALLのTKI抵抗性獲得における間葉系幹細胞の役割
嶋田 高広, 松村 到
血液内科   73(6) 779-783   Dec 2016
【白血病学(下)-最新の基礎、臨床研究-】 白血病の基礎研究と臨床研究の動向 白血病における遺伝子ゲノム研究の動向 慢性骨髄性白血病における遺伝子異常
松村 到
日本臨床   74(増刊10 白血病学(下)) 462-467   Dec 2016
【白血病学(下)-最新の基礎、臨床研究-】 白血病の基礎研究と臨床研究の動向 臨床研究の動向 ピオグリタゾンによるCML治療
田中 宏和, 松村 到
日本臨床   74(増刊10 白血病学(下)) 526-530   Dec 2016
Nakamine H, Yamakawa M, Yoshino T, Fukumoto T, Enomoto Y, Matsumura I
Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   56(2) 118-118   Dec 2016   [Refereed]
Ninomiya H, Obara N, Chiba S, Usuki K, Nishiwaki K, Matsumura I, Shichishima T, Okamoto S, Nishimura JI, Ohyashiki K, Nakao S, Ando K, Kanda Y, Kawaguchi T, Nakakuma H, Harada D, Akiyama H, Kinoshita T, Ozawa K, Omine M, Kanakura Y
International journal of hematology   104(5) 558-558   Nov 2016   [Refereed]
【新しいチロシンキナーゼ阻害薬】 各臓器がんに対する新しいチロシンキナーゼ阻害薬 造血器腫瘍(CML、CLL、その他)
谷口 康博, 松村 到
がん分子標的治療   14(3) 284-289   Oct 2016
さまざまながん種でdriver oncogeneが発見され、その変異であるdriver mutationが治療標的として重要視されている。Driver mutationに伴うチロシンキナーゼの恒常的活性化に対する阻害薬(TKI)は各臓器がんで臨床応用され、造血器腫瘍においても開発が進んでいる。慢性骨髄性白血病(CML)に対し用いられるイマチニブ(IM)は最も早く臨床応用されたTKIである。そのほか、B細胞性リンパ腫におけるブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)、骨髄増殖性腫瘍(MPN)におけ...
【白血病学(上)-最新の基礎、臨床研究-】 白血病・骨髄異形成症候群・骨髄増殖性腫瘍のWHO分類 骨髄異形成症候群
森田 泰慶, 松村 到
日本臨床   74(増刊8 白血病学(上)) 396-401   Oct 2016
【骨髄増殖性腫瘍のマネジメントと最近の展開】 ELN基準に基づいた慢性骨髄性白血病の治療効果判定とモニタリング
谷口 康博, 松村 到
血液内科   73(3) 316-320   Sep 2016
【慢性骨髄性白血病の治療戦略2016】 (序)CML治療の歴史,現状と今後
松村 到
血液フロンティア   26(8) 1071-1075   Jul 2016
慢性骨髄性白血病(CML)は,BCR-ABLが病因遺伝子として同定され,BCR-ABL蛋白を標的としたチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)が開発された。第一世代TKIのイマチニブによりCMLの予後は劇的に改善し,多くの患者が余命を全うできるようになった。さらに,第二世代TKIも臨床応用されている。今後のCML治療は,すべての症例で病期進行による死亡を回避するのみでなく,長期にわたるQOLの低下や経済的な問題を解決するために,STOP試験や新規薬剤を用いた治癒に向けた新たな戦略の確立に期待したい...
小杉 智, 柴山 浩彦, 中谷 英仁, 木田 亨, 太田 健介, 金子 仁臣, 八木 秀男, 田中 宏和, 淵田 真一, 中谷 綾, 小林 正行, 黒田 純也, 上辻 由里, 魚嶋 伸彦, 足立 陽子, 通堂 満, 島崎 千尋, 野村 昌作, 日野 雅之, 松村 到, 谷脇 雅史, 金倉 譲, 高折 晃史
臨床血液   57(7) 839-847   Jul 2016
新規薬剤により骨髄腫患者の生存が延長すると共に,二次がん発生が問題になっている。今回,関西骨髄腫フォーラム(KMF)データベースを用い,2012年11月〜2015年3月に登録された骨髄腫および関連疾患1571例について二次がん発生を解析した。観察期間(中央値31ヵ月)内に血液腫瘍が10例,固形がんが36例に発生していた(5年累積発生率:血液腫瘍1.0%,固形がん3.7%)。未治療の無症候性骨髄腫およびMGUS症例では,固形がん発生を認める一方で血液腫瘍発生は認めなかったが,累積発生率におい...
Yoshida C, Nakamae H, Fletcher L, Koga D, Sogabe T, Matsumura I, Kanakura Y, Branford S, Naoe T
SpringerPlus   5(1)    May 2016   [Refereed]
Suzuki K, Shinagawa A, Uchida T, Taniwaki M, Hirata H, Ishizawa K, Matsue K, Ogawa Y, Shimizu T, Otsuka M, Matsumoto M, Iida S, Terui Y, Matsumura I, Ikeda T, Takezako N, Ogaki Y, Midorikawa S, Houck V, Ervin-Haynes A, Chou T
Cancer science   107(5) 658-658   May 2016   [Refereed]
Sato M, Oiso N, Shiga T, Morita R, Kimura M, Funauchi M, Matsumura I, Kawada A
Acta dermato-venereologica   96(4) 568-569   May 2016   [Refereed]
【遺伝子解析に基づく新しい分子標的治療】 遺伝子解析に基づく新しい分子標的治療
南 博信, 中島 貴子, 間野 博行, 松村 到
がん分子標的治療   14(1) 68-75   Apr 2016
遺伝子解析に基づいた分子標的治療により、個別化治療が実臨床でも行われるようになっている。乳がんではヒト上皮成長因子受容体(HER)2に対するトラスツズマブやラパチニブが使われ、また予後因子かつ効果予測因子であるOncotype DXなどが開発されている。大腸がんでもOncotype DXやColoPrintが開発されているが、まだ実臨床レベルには至っていない。大腸がんではRAS遺伝子変異が抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体の効果予測因子であり、最近では予後不良因子であることも示唆されてい...
Sasano T, Tomimatsu T, Nishimura J, Matsumura I, Kanakura Y, Kimura T
Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis   27(1) 109-112   Jan 2016   [Refereed]
疾患と検査値の推移 慢性骨髄性白血病
松村 到
検査と技術   44(1) 48-56   Jan 2016
<Point>慢性期の慢性骨髄性白血病(CML-CP)を無治療で放置する,あるいは治療効果が不十分であると,移行期(AP),急性転化期(BP)へと病期が進行し,極めて予後不良となる.CML-CPにおいて病期進行を回避するためには,より早期にCML細胞を減少させることが必要である.治療効果は,血液学的検査,細胞遺伝学的(染色体)検査,分子遺伝学的(BCR-ABL mRNAの定量)検査によって評価される.CML-CPをチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)で治療開始した際には,治療開始後各時期での治...
Nozaki Y, Kinoshita K, Ri J, Sakai K, Shiga T, Hino S, Hirooka Y, Sugiyama M, Funauchi M, Matsumura I
Modern rheumatology   26(2) 265-270   2016   [Refereed]
慢性骨髄性白血病細胞の核細胞質輸送複合体によるチロシンキナーゼ阻害薬に対する耐性機構とその克服
松村 到
血液内科   71(6) 759-764   Dec 2015
Analysis of gemcitabine therapy for relapsed or refractory malignant lymphoma in one institute
Serizawa Kentaro, Morita Yasuyoshi, Watatani Yosaku, Oyama Yasuyo, Hirase Chikara, Tanaka Hirokazu, Miyatake Junichi, Tatsumi Yoichi, Ashida Takashi, Matsumura Itaru
ANNALS OF ONCOLOGY   26 108   Nov 2015   [Refereed]
【造血器腫瘍の分子標的治療の進歩】 序 分子標的治療の歴史と今後
松村 到
血液フロンティア   25(12) 1715-1719   Nov 2015
分子標的療法は従来の抗がん剤とは異なり、腫瘍化に関わる分子あるいは腫瘍細胞に強く発現する分子を標的とする。2001年に初めて登場したImatinib、Rituximabは、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫に対して、従来の抗がん剤では期待できないほどの画期的な治療効果を示し、現在ではほぼすべての造血器腫瘍に対して分子標的療法が臨床応用されている。今後は、分子標的療法の併用、近年脚光を浴びている抗腫瘍免疫療法との併用も期待される。(著者抄録)
CD19を標的とするCAR修飾T細胞
田中 宏和, 松村 到
腫瘍内科   16(5) 467-473   Nov 2015
Sumiyoshi M, Masuda N, Tanuma N, Ogoh H, Imai E, Otsuka M, Hayakawa N, Ohno K, Matsui Y, Hara K, Gotoh R, Suzuki M, Rai S, Tanaka H, Matsumura I, Shima H, Watanabe T
FEBS letters   589(19) 2754-2762   Sep 2015   [Refereed]
Nakamae H, Yoshida C, Miyata Y, Hidaka M, Uike N, Koga D, Sogabe T, Matsumura I, Kanakura Y, Naoe T
International journal of hematology   102(3) 304-311   Sep 2015   [Refereed]
Rai Shinya, Tanaka Hirokazu, Watanabe Toshio, Kanakura Yuzuru, Matsumura Itaru
EXPERIMENTAL HEMATOLOGY   43(9) S90   Sep 2015   [Refereed]
Tanaka Hirokazu, Rai Shinya, Watazzabe Toshio, Kanakura Yuzuru, Matsumura Itaru
EXPERIMENTAL HEMATOLOGY   43(9) S98   Sep 2015   [Refereed]
慢性骨髄性白血病の治癒を目指して
松村 到
最新医学   70(9) 1877-1883   Sep 2015
慢性期の慢性骨髄性白血病(CML)の現在の治療目標は治癒させることである.このためにCML幹細胞において機能する細胞内シグナル伝達,自己複製,細胞周期,代謝,立体構造,オートファジーの制御分子などを標的とした新規分子標的薬剤の臨床試験が進んでいる.また,インターフェロン,ワクチン,PD-1/PD-L1などの免疫チェック機構を標的とした抗腫瘍免疫機構を活性化する治療法の開発も進んでいる.(著者抄録)
酒井 健史, 野崎 祐史, 伊丹 哲, 李 進海, 井上 明日圭, 田崎 知江美, 志賀 俊彦, 朝戸 佳世, 樋野 尚一, 矢野 智洋, 岸本 和也, 船内 正憲, 松村 到
臨床リウマチ   27(3) 205-211   Sep 2015
43歳、女性。発熱、顔面と体幹部の紅斑、関節痛を示す成人発症スティル病に対して、プレドニゾロンの投与が行われたが、治療抵抗性であり、播種性血管内凝固を併発した。血漿交換を施行、シクロフォスファミド、シクロスポリンを追加し、病状は改善した。その後、寛解維持目的としてトシリズマブを導入し、疾患活動性の低下を認めた。プレドニゾロン、シクロスポリンを漸減、中止したが寛解状態は維持できた。トシリズマブの寛解維持における意義について検討した。(著者抄録)
Yanagihara M, Oiso N, Tanaka H, Narita T, Enoki E, Kimura M, Nakamine H, Matsumura I, Kawada A
The Journal of dermatology   42(8) 844-845   Aug 2015   [Refereed]
Hirata O, Okada S, Tsumura M, Karakawa S, Matsumura I, Kimura Y, Maihara T, Yasunaga S, Takihara Y, Ohara O, Kobayashi M
Journal of clinical immunology   35(5) 512-516   Jul 2015   [Refereed]
【Ph陰性骨髄増殖性腫瘍〜分子病態と治療の最前線〜】 好酸球増加症(増加症候群)の病態と治療
田中 宏和, 松村 到
血液フロンティア   25(7) 977-986   Jun 2015
好酸球増加をきたす疾患は多岐にわたるが、大きく腫瘍性、反応性、特発性に分類される。その原因によらず、好酸球増加が持続すると、浸潤した組織に炎症、線維化が生じ、結果として臓器障害が引き起こされる。特に、心合併症が重篤である。診断は、反応性好酸球増加の鑑別、造血器腫瘍の有無、クロナリティ、および異常T細胞の検索により行う。PDGFRA/B遺伝子異常を有する好酸球増加に対しては、イマチニブ投与により劇的な予後の改善が得られるため、より的確な診断が求められる。(著者抄録)
5q-症候群の新たな責任遺伝子
森田 泰慶, 田中 宏和, 松村 到
血液内科   70(5) 612-616   May 2015
Nozaki Y, Kinoshita K, Hino S, Yano T, Niki K, Hirooka Y, Kishimoto K, Funauchi M, Matsumura I
American journal of physiology. Renal physiology   308(8) F899-F909   Apr 2015   [Refereed]
【がん分子標的治療の副作用と対策】 薬剤別副作用対策 造血器腫瘍に対する分子標的薬
田中 宏和, 松村 到
がん分子標的治療   13(1) 37-45   Apr 2015
造血器腫瘍領域では、白血病、リンパ腫、骨髄腫などに対して、低分子化合物や抗体製剤などの分子標的薬が他に先駆けて臨床応用され、画期的な成果を挙げている。一方で、分子標的薬投与により従来の抗がん薬とは異なる特異的な副作用が出現し、多くの場合に投与量の規定因子となることも明らかになってきている。今後も数多くの新規分子標的薬の登場が期待されるが、投与時の副作用は治療薬を選択するうえでも重要な因子であり、その使用にあたっては十分な理解と経験が求められる。また多くの薬剤は、十分な治療効果を達成し、維持...
Hanaoka K, Hosono M, Tatsumi Y, Ishii K, Im SW, Tsuchiya N, Sakaguchi K, Matsumura I
EJNMMI research   5(1)    Mar 2015   [Refereed]

Books etc

 
A targeted therapy for acute leukemia
Aug 2010   

Conference Activities & Talks

 
芦田 千聖, 志賀 俊彦, 野崎 祐史, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本腎臓学会誌   15 May 2019   
Interleukin-17産生のEvans症候群合併のangioimmunoblastic T-cell lymphomaの一例
谷口 貴英, 中山 聖子, 森田 泰慶, 頼 晋也, 平瀬 主税, 谷口 康博, 井上 宏昭, 大山 泰世, 三宅 義昭, Espinoza J Luis, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
日本リンパ網内系学会会誌   May 2019   
治療抵抗性TAFRO症候群に合併したAILTの1例
三宅 義昭, 頼 晋也, 井上 宏昭, 口分田 貴裕, 谷口 康博, 中山 聖子, 森田 泰慶, Espinoza J.L., 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
日本リンパ網内系学会会誌   May 2019   
ヘモグロビン値と血小板数に基づくびまん性大細胞型B細胞リンパ腫、非特異型の新たな予後指標の提唱
中山 聖子, 松田 光弘, 森田 泰慶, 頼 晋也, 谷口 康博, 井上 宏昭, 大山 泰世, 谷口 貴英, 三宅 義昭, 足立 達哉, 末田 早苗, Espinoza J. Luis, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
日本リンパ網内系学会会誌   May 2019   
十二指腸原発濾胞性リンパ腫における抗腫瘍免疫の寄与
井上 宏昭, 頼 晋也, 口分田 貴裕, 芹澤 憲太郎, 谷口 康博, 中山 聖子, 森田 泰慶, Luis Espinoza J., 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
日本リンパ網内系学会会誌   May 2019   
芦田隆司, 芦田隆司, 小森舞子, 源周治, 大山泰世, 井上宏昭, 口分田貴裕, 谷口康博, 頼晋也, 森田泰慶, 地守慶亮, 前田朋子, 中野勝彦, 福島靖幸, 川野亜美, 井手大輔, 前田岳宏, 椿本祐子, 藤田往子, 金光靖, 松村到
日本輸血細胞治療学会誌   23 Apr 2019   
顕微鏡的多発血管炎(MPA)の寛解導入療法におけるアザチオプリンの有効性と安全性
芦田 千聖, 志賀 俊彦, 野崎 祐史, 伊丹 哲, 石村 香織, 赤澤 宗輝, 池田 房代, 山本 敦弘, 酒井 健史, 井上 明日圭, 李 進海, 岸本 和也, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
無症候性右内頸動脈閉塞を伴う大型血管炎を合併したCrohn病の一例
石村 香織, 野崎 祐史, 赤澤 宗輝, 芦田 千聖, 池田 房代, 山本 敦弘, 伊丹 哲, 酒井 健史, 井上 明日圭, 李 進海, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
膠原病に伴う肺高血圧症における強皮症群と非強皮症群の比較検討
酒井 健史, 石村 香織, 赤澤 宗輝, 芦田 千聖, 池田 房代, 山本 敦弘, 伊丹 哲, 井上 明日圭, 李 進海, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 野崎 祐史, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
関節リウマチ治療における第一選択抗リウマチ薬としてのイグラチモド治療効果について
野崎 祐史, 井上 明日圭, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
生物学的製剤を使用している関節リウマチ患者に対するデノスマブの骨破壊抑制効果の検討
伊丹 哲, 岸本 和也, 野崎 祐史, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患14例の臨床像の検討
池田 房代, 伊丹 哲, 石村 香織, 赤澤 宗輝, 芦田 千聖, 山本 敦弘, 酒井 健史, 李 進海, 井上 明日圭, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 野崎 祐史, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
NP-SLEの経過中にPrimacy Central Nervous System Lymphoma(PCNSL)を併発した全身性エリテマトーデスの一例
杉山 昌史, 岡田 晃典, 湯本 妙子, 井上 明日圭, 廣岡 靖章, 野崎 祐史, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
インフリキシマブ治療におけるRemicheckQ測定意義と治療応用についての検討
野崎 祐史, 廣岡 靖章, 芦田 千聖, 冨田 大介, 岡田 晃典, 井上 明日圭, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
関節リウマチの治療(csDMARDs・bDMARDs) 生物学的製剤に効果不十分な関節リウマチ患者に対するイグラチモド併用効果の検討
冨田 大介, 伊丹 哲, 堤 聡, 奥田 康介, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到, 松原 司
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
リウマチ性疾患の合併症-2 リウマチ膠原病疾患におけるGerdQ問診票を用いたGERD症状評価の有用性について
岸本 和也, 野崎 祐史, 伊丹 哲, 酒井 健史, 李 進海, 井上 明日圭, 志賀 俊彦, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
多彩な膠原病-3 成人Still病の診断における血清IL-18測定の有用性の検討
志賀 俊彦, 岸本 和也, 野崎 祐史, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
中山聖子, 松田光弘, 足立達哉, 末田早苗, 岩永隆行, 小川巌, 橋本重夫, 松村到
日本内科学会雑誌   28 Feb 2019   
波江野高大, 口分田貴裕, 森田泰慶, 芦田隆司, 松村到, 高島康利, 木村雅友
臨床血液   30 Jan 2019   
谷口貴英, 中山聖子, 森田泰慶, 頼晋也, 大山泰世, 三宅義昭, 田中宏和, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到
臨床血液   12 Oct 2019   
25-(OH)D3-1α-hydroxylases産生のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例(25-Hydroxyvitamin D3-1α-hydroxylase- and multiple cytokine-producing diffuse large B-cell lymphoma)
中山 聖子, 松田 光弘, 足立 達哉, 末田 早苗, 大橋 由香, 淡路 有恵, 橋本 重夫, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
脳静脈洞血栓症を合併し、開頭減圧術・術後エクリズマブ投与が有効であったPNHの一例(Post-operative treatment with eculizumab for PNH presenting as cerebral venous sinus thrombosis)
岩田 吉生, 森田 泰慶, 辻 潔, 頼 晋也, 田崎 貴之, 井上 宏昭, 谷口 康博, 藤本 昂, 田中 宏和, 芦田 隆司, 加藤 天美, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
KMFに登録されたボルテゾミブとIMiDs両剤に抵抗性の再発骨髄腫の予後解析(Clinical outcomes of relapsed myeloma, dual refractory to bortezomib and IMiDs in KMF registry)
藤原 亮介, 田中 宏和, 芹澤 憲太郎, 金子 仁臣, 志村 勇司, 太田 健介, 淵田 真一, 中谷 綾, 諫田 淳也, 八木 秀男, 和田 勝也, 小杉 智, 魚嶋 伸彦, 柴山 浩彦, 小原 尚恵, 中谷 英仁, 内山 人二, 足立 陽子, 飯田 正人, 濱田 常義, 松田 光弘, 高折 晃史, 野村 昌作, 島崎 千尋, 日野 雅之, 黒田 純也, 谷脇 雅史, 今田 和典, 金倉 譲, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
Cytotoxic T-lymphocyte-associated antigen 4陽性の成人T細胞性白血病・リンパ腫の一例(Cytotoxic T-lymphocyte-associated antigen 4-positive aggressive adult T cell leukemia/lymphoma)
末田 早苗, 中山 聖子, 足立 達哉, 大橋 由香, 淡路 有恵, 橋本 重夫, 松村 到, 松田 光弘
臨床血液   12 Oct 2018   
骨髄異形成症候群に合併したSweet病に対するアザシチジンの免疫学的効果(Immunological effects of azacitidin on Sweet's disease associated with myelodysplastic syndromes)
谷口 貴英, 芹澤 憲太郎, 田中 宏和, 森田 泰慶, 谷口 康博, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
形質細胞腫の後方視的多施設共同研究(関西骨髄腫フォーラム)(Retrospective multi-centers study of plasmacytoma)
中谷 綾, 田中 宏和, 八木 秀男, 太田 健介, 柴山 浩彦, 諫田 淳也, 新堂 真紀, 志村 勇司, 小杉 智, 木田 亨, 金子 仁臣, 今田 和典, 烏野 隆博, 松田 光弘, 飯田 正人, 足立 陽子, 淵田 真一, 魚嶋 伸彦, 内山 人二, 高橋 良一, 松井 利充, 和田 勝也, 清田 実希, 島崎 千尋, 日野 雅之, 黒田 純也, 金倉 譲, 高折 晃史, 野村 昌作, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
後天性赤芽球癆における予後不良因子とPRCA2016前向きコホート研究第2回中間解析の報告(Adverse risk factors for survival in acquired PRCA: the second interim analysis of PRCA2016 study)
廣川 誠, 澤田 賢一, 藤島 直仁, 寺村 正尚, 別所 正美, 檀 和夫, 鶴見 寿, 中尾 眞二, 浦部 晶夫, 藤澤 信, 米村 雄士, 河野 文夫, 押味 和夫, 杉本 耕一, 松田 晃, 唐沢 正光, 新井 文子, 小松 則夫, 張替 秀郎, 通山 薫, 齋藤 明子, 松村 到, 小峰 光博, 小澤 敬也, 黒川 峰夫, 荒井 俊也, 三谷 絹子
臨床血液   12 Oct 2018   
KEYNOTE185 未治療多発性骨髄腫を対象としたLen/dex±pembrolizumab第3相試験(日本人解析含む)(KEYNOTE185: Randomized phase 3 study of Len/dex±pembrolizumab in untreated MM: including JPN subset)
小杉 浩史, 竹迫 直樹, 松本 守生, 飯田 真介, 石川 隆之, 近藤 恭夫, 安藤 潔, 張 高明, 三木 浩和, 松村 到, 角南 一貴, 豊嶋 崇徳, 岩崎 浩己, 大西 康, 木崎 昌弘, 伊豆津 宏二, 丸山 大, 飛内 賢正, 鈴木 憲史
臨床血液   12 Oct 2018   
CD34陽性ヒト骨髄腫幹細胞の同定と特性解析(Identification and characterization of CD34+ myeloma cell population as myeloma-initiating cells)
芹澤 憲太郎, 田中 宏和, 福井 彩乃, 藤原 亮介, 佐野 圭吾, 口分田 貴裕, 谷口 康博, 森田 泰慶, ルイス・エスピノザ, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
十二指腸型濾胞性リンパ腫は、抗腫瘍免疫により良好な予後を示す(Duodenal-type follicular lymphoma exhibits good prognosis through the increased anti-tumor immunity)
井上 宏昭, 頼 晋也, 口分田 貴裕, 芹澤 憲太郎, 谷口 康博, 中山 聖子, 森田 泰慶, ルイス・エスピノザ, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
CLEC-2の発現は巨核球にバイアスした長期骨髄再建能を有する造血幹細胞集団を規定する(CLEC-2 identifies a functionally distinct subpopulation of megakaryocyte-biased HSCs)
口分田 貴裕, 田中 宏和, Espinoza J. Luis, 岩田 吉生, 佐野 圭吾, 芹澤 憲太郎, 谷口 康博, 頼 晋也, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Sep 2018   
発熱性好中球減少症遷延に対する従来型経験的治療とD-indexによる早期治療の無作為割付比較試験(Classical empiric therapy vs. D-index-guided early therapy for persistent FN: First analysis of RCT)
飯野 昌樹, 神田 善伸, 木村 俊一, 福田 隆浩, 堺田 惠美子, 小宅 達郎, 山口 博樹, 藤原 慎一郎, 城 有美, 岡本 晃直, 藤田 浩之, 高松 泰, 佐分利 能生, 松村 到, 山之内 純, 白鳥 聡一, 後藤 守孝, 中村 信元, 田村 和夫
臨床血液   12 Oct 2018   
成人B細胞性急性リンパ性白血病のゲノム学的・臨床的な特徴(Genomic and clinical characterization of adult B-cell acute lymphoblastic leukemia)
安田 貴彦, 西島 大, 小島 進也, 河津 正人, 上野 敏秀, 都築 忍, 清井 仁, 松村 到, 宮崎 泰司, 堀部 敬三, 間野 博行, 直江 知樹, 眞田 昌, 早川 文彦
臨床血液   12 Oct 2018   
BCR-ABL陰性骨髄増殖性腫瘍においてTET2変異は生存に対する予後不良因子である(TET2 mutation is a poor prognostic factor for survival in BCR-ABL-negative MPN patients)
谷口 康博, 田中 宏和, 藤原 亮介, 森田 泰慶, 花本 仁, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
RRMM患者に対するKRD療法およびKD療法の後方視的解析(関西骨髄腫フォーラム)(KRD and KD treatment for relapsed/refractory multiple myeloma in Kansai Myeloma Forum study)
恩田 佳幸, 諫田 淳也, 金子 仁臣, 柴山 浩彦, 志村 勇司, 太田 健介, 田中 宏和, 淵田 真一, 中谷 綾, 魚嶋 伸彦, 小杉 智, 松田 光弘, 足立 陽子, 八木 秀男, 内山 人二, 新堂 真紀, 今田 和典, 日野 雅之, 野村 昌作, 島崎 千尋, 黒田 純也, 金倉 譲, 高折 晃史, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
症候性骨髄腫1414例の後方視的解析 関西骨髄腫フォーラムからの最新報告(Retrospective analyses of 1,414 symptomatic multiple myeloma cases: update from Kansai Myeloma Forum)
田中 宏和, 芹澤 憲太郎, 中谷 綾, 金子 仁臣, 太田 健介, 小杉 智, 八木 秀男, 花本 仁, 淵田 真一, 志村 勇司, 柴山 浩彦, 小原 尚恵, 中谷 英仁, 諫田 淳也, 魚嶋 伸彦, 和田 勝也, 烏野 隆博, 松井 利充, 内山 人二, 松田 光弘, 足立 陽子, 高折 晃史, 黒田 純也, 谷脇 雅史, 島崎 千尋, 日野 雅之, 今田 和典, 野村 昌作, 金倉 譲, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
サリドマイド単剤治療を施行した症候性骨髄腫230例の後方視的解析 関西骨髄腫フォーラム(Analysis of 230 cases of thalidomide monotherapy for symptomatic myeloma registered in KMF)
金子 仁臣, 柴山 浩彦, 八木 秀男, 諫田 淳也, 中谷 綾, 小杉 智, 木田 亨, 田中 宏和, 志村 勇司, 淵田 真一, 足立 陽子, 和田 勝也, 清田 実希, 魚嶋 伸彦, 太田 健介, 小原 尚恵, 濱田 常義, 小林 正行, 内山 人二, 烏野 隆博, 黒田 純也, 今田 和典, 高折 晃史, 島崎 千尋, 金倉 譲, 日野 雅之, 野村 昌作, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
異常なRTKの細胞内輸送阻害は急性骨髄性白血病における有望な治療標的である(Intracellular trafficking of mutated RTKs shows promising therapeutic target against AML)
頼 晋也, 田中 宏和, 鈴木 麻衣, Espinoza Luis, 谷村 朗, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 横田 貴史, 織谷 健司, 渡邊 俊雄, 金倉 譲, 松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
造血器腫瘍における治療標的としてのチロシンキナーゼ(Tyrosine kinase as a therapeutic target in hematologic malignancies)
松村 到
臨床血液   12 Oct 2018   
酒井健史, 野崎祐史, 李進海, 岸本和也, 永禮靖章, 船内正憲, 松村到
日本腎臓学会誌   30 Apr 2018   
酒井健史, 赤澤宗輝, 芦田千聖, 池田房代, 山本敦弘, 岡田晃典, 冨田大介, 井上明日圭, 田崎知江美, 李進海, 志賀俊彦, 岸本和也, 永禮靖章, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
山本敦弘, 井上明日圭, 岡田晃典, 芦田千聖, 冨田大介, 酒井健史, 李進海, 志賀俊彦, 岸本和也, 永禮靖章, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
野崎祐史, 志賀俊彦, 岸本和也, 永禮靖章, 木下浩二, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
永禮靖章, 赤澤宗輝, 芦田千聖, 池田房代, 山本敦弘, 岡田晃典, 冨田大介, 酒井健史, 井上明日圭, 李進海, 志賀俊彦, 岸本和也, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
井上明日圭, 野崎祐史, 赤澤宗輝, 芦田千聖, 池田房代, 山本敦弘, 岡田晃典, 冨田大介, 酒井健史, 李進海, 志賀俊彦, 岸本和也, 永禮靖章, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
芦田千聖, 野崎祐史, 樋野尚一, 赤澤宗輝, 池田房代, 山本敦弘, 岡田晃典, 冨田大介, 酒井健史, 李進海, 井上明日圭, 志賀俊彦, 岸本和也, 永禮靖章, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
李進海, 野崎祐史, 赤澤宗輝, 芦田千聖, 池田房代, 山本敦弘, 岡田晃典, 冨田大介, 酒井健史, 井上明日圭, 志賀俊彦, 岸本和也, 永禮靖章, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
岡田晃典, 志賀俊彦, 田崎知江美, 冨田大介, 伊丹哲, 酒井健史, 井上明日圭, 李進海, 岸本和也, 永禮靖章, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
野崎祐史, 富田大介, 岡田晃典, 井上明日圭, 木下浩二, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
赤澤宗輝, 志賀俊彦, 芦田千聖, 池田房代, 山本敦弘, 岡田晃典, 冨田大介, 酒井健史, 井上明日圭, 田崎知江美, 李進海, 岸本和也, 永禮靖章, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
池田房代, 岡田晃典, 岸本和也, 赤澤宗輝, 芦田千聖, 山本敦弘, 冨田大介, 酒井健史, 李進海, 井上明日香, 志賀俊彦, 永禮靖章, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
骨粗鬆症と骨代謝/変形性関節症・軟骨2 治療抵抗性ステロイド性骨粗鬆症におけるデノスマブとテリパラチドの治療効果について
永禮 靖章, 赤澤 宗輝, 芦田 千聖, 池田 房代, 山本 敦弘, 岡田 晃典, 冨田 大介, 酒井 健史, 井上 明日圭, 李 進海, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2018   
関節リウマチの治療8:用法・用量・スイッチ1 インフリキシマブ増量・減量プロトコルによる臨床効果及び骨破壊進行抑制効果について
野崎 祐史, 富田 大介, 岡田 晃典, 井上 明日圭, 木下 浩二, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2018   
強皮症・MCTD・重複症候群1 全身性強皮症におけるcapillary microscopeでの爪床部毛細血管所見の検討
酒井 健史, 赤澤 宗輝, 芦田 千聖, 池田 房代, 山本 敦弘, 岡田 晃典, 冨田 大介, 井上 明日圭, 田崎 知江美, 李 進海, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 永禮 靖章, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2018   
多発性筋炎・皮膚筋炎3 当院における抗MDA5(melanoma differentiation-accociated gene5)陽性患者18例の予後不良因子解析
芦田 千聖, 野崎 祐史, 樋野 尚一, 赤澤 宗輝, 池田 房代, 山本 敦弘, 岡田 晃典, 冨田 大介, 酒井 健史, 李 進海, 井上 明日圭, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 永禮 靖章, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2018   
複数の免疫異常を合併した脾辺縁帯リンパ腫の1例
三宅 義昭, 口分田 貴裕, 波江野 高大, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Feb 2018   
難治性血栓症を伴うI型クリオグロブリン血症を合併したリンパ形質細胞性リンパ腫の1例
國田 裕貴, 口分田 貴裕, 波江野 高大, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Feb 2018   
山田枝里佳, 斉藤花往里, 藤本昂, 角谷宏明, 岩田吉生, 谷口貴英, 源周治, 大山泰世, 口分田貴裕, 井上宏昭, 芹澤憲太郎, 谷口康博, 頼晋也, 平瀬主税, 森田泰慶, 田中宏和, 岡野意浩, 坂田尚己, 芦田隆司, 松村到
日本アフェレシス学会雑誌   2018   
山本敦弘, 石村香織, 赤澤宗輝, 芦田千聖, 池田房代, 伊丹哲, 酒井建史, 李進海, 井上明日圭, 田崎知恵実, 志賀俊彦, 岸本和也, 永禮靖章, 野崎祐史, 木下浩二, 船内正憲, 松村到
日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集   2018   
口分田貴裕, 波江野高大, 齋藤花往里, 佐野圭吾, 谷口康博, 森田泰慶, 田中宏和, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到
日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)   2018   
上村智彦, 長藤宏司, 角南一貴, 滝澤淳, 松本守生, 村田了一, 宮本敏浩, 小川亮介, 大本英次郎, 半田寛, 松村到, 高松博幸, 富永亮, 湯尻俊昭, 日高道弘, 原田実根, 赤司浩一
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   11 Dec 2017   
芦田隆司, 芦田隆司, 小森舞子, 波江野高大, 斎藤花往里, 藤本昴, 角谷宏明, 谷口貴英, 佐野圭吾, 大山泰世, 井上宏昭, 口分田貴裕, 森田泰慶, 地守慶亮, 前田朋子, 中野勝彦, 福島靖幸, 川野亜美, 井手大輔, 前田岳宏, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   11 Dec 2017   
小森舞子, 井上宏昭, 角谷宏明, 大山泰世, 口分田貴裕, 森田泰慶, 田中宏和, 芦田隆司, 田崎貴之, 奥田武司, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   11 Dec 2017   
Identification of Adverse Risk Factors for Survival in Acquired Pure Red Cell Aplasia Receiving Immunosuppressive Therapy By the Japan PRCA2004/2006 Study and Introduction to the New Cohort Study PRCA2016
Hirokawa Makoto, Fujishima Naohito, Teramura Masanao, Sawada Kenichi, Bessho Masami, Dan Kazuo, Tsurumi Hisashi, Nakao Shinji, Urabe Akio, Fujisawa Shin, Yonemura Yuji, Kawano Fumio, Sugimoto Koichi, Matsuda Akira, Karasawa Masamitsu, Arai Ayako, Komatsu Norio, Harigae Hideo, Tohyama Kaoru, Akiko Saito-Moriya, Matsumura Itaru, Omine Mitsuhiro, Ozawa Keiya, Kurokawa Mineo, Arai Shunya, Mitani Kinuko
BLOOD   7 Dec 2017   
Identification of a Patients-Derived CD34+Myeloma Cell Population with Tumor-Propagating Capacity and Resistance to Anticancer Drugs
Serizawa Kentaro, Tanaka Hirokazu, Fukui Ayano, Fujiwara Ryosuke, Sano Keigo, Inoue Hiroaki, Kumode Takahiro, Taniguchi Yasuhiro, Morita Yasuyoshi, Espinoza Luis, Matsumura Itaru
BLOOD   7 Dec 2017   
Tamibarotene As Maintenance Therapy for Acute Promyelocytic Leukemia Improved Long Term Relapse-Free Survival: 7-Year Results from a Randomized Controlled Trial, JALSG-APL204
Takeshita Akihiro, Asou Norio, Yanada Masamitsu, Sakura Toru, Ueda Yasunori, Sawa Masashi, Dobashi Nobuaki, Onizuka Makoto, Taniguchi Yasuhiro, Nakagawa Masaru, Tamaki Shigehisa, Hagihara Maki, Fujimaki Katsumichi, Furumaki Hiroaki, Fujita Hiroyuki, Usui Noriko, Kobayashi Yukio, Kiyoi Hitoshi, Ohtake Shigeki, Atsuta Yoshiko, Matsumura Itaru, Naoe Tomoki, Miyazaki Yasushi
BLOOD   7 Dec 2017   
A 5-day regimen of azacitidine for untreated patients with low-risk MDS: A prospective phase 2 trial
20 Oct 2017   
Successful treatment of Hodgkin lymphoma variant of Richter syndrome with Bendamustine -Rituximab
20 Oct 2017   
Efficary and safety of obinutuzumab in Japanese patients with DLBCL-A subgroup analysis of GOYA
20 Oct 2017   
FLU/MEL is not proper as reduced-intensity conditioning regimen in allogeneic stem cell transplantation according to analysis using D-index
20 Oct 2017   
松村到
日本臨床内科医会会誌   10 Sep 2017   
後天性慢性赤芽球癆の長期予後を明らかにするための多施設共同前向き観察研究(PRCA2016)中間報告
廣川 誠, 藤島 直仁, 澤田 賢一, 張替 秀郎, 松田 晃, 小松 則夫, 通山 薫, 米村 雄士, 中尾 眞二, 齋藤 明子, 松村 到, 荒井 俊也, 黒川 峰夫
臨床血液   Sep 2017   
C-TYPE LECTIN-LIKE PECEPTOR 2 SPECIFIES A FINCTIONALLY DISTINCT SUBPOPULATION OF MEGAKARYOCYTE-BIASED LONG-TERM HEMATOPOIETIC STEM CELLS.
Matsumura Itaru
22 Jun 2017   
永禮 靖章, 岡田 晃典, 冨田 大介, 酒井 健史, 李 進海, 井上 明日圭, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本腎臓学会誌   25 Apr 2017   
岸本 和也, 酒井 健二, 李 進海, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本腎臓学会誌   25 Apr 2017   
腎虚血再灌流モデルの病態におけるIL-10の意義についての研究
酒井 健史, 李 進海, 岸本 和也, 永禮 靖章, 野崎 祐史, 杉山 昌史, 船内 正憲, 松村 到
日本腎臓学会誌   Apr 2017   
全身性エリテマトーデス(SLE)モデルマウスの腎炎発症におけるIL-18Rαの役割
李 進海, 野崎 祐史, 酒井 健史, 岸本 和也, 永禮 靖章, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2017   
多彩な自己抗体陽性を認め、HAART治療により改善したHIV脳症の一例
岡田 晃典, 船内 正憲, 野崎 祐史, 永禮 靖章, 岸本 和也, 志賀 俊彦, 李 進海, 酒井 健史, 井上 明日圭, 冨田 大介, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2017   
SLE・抗リン脂質抗体症候群 精神神経症状を呈した全身性エリテマトーデス症例での髄液IL-6高値群と低値群の比較検討
酒井 健史, 岡田 晃典, 冨田 大介, 井上 明日圭, 李 進海, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 永禮 靖章, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2017   
リウマチ性疾患の合併症 自己免疫疾患を合併する骨髄異形成症候群の臨床的特徴の検討
志賀 俊彦, 岡田 晃典, 富田 大介, 酒井 健史, 李 進海, 井上 明日圭, 岸本 和也, 永禮 靖章, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2017   
関節リウマチの治療 有効性・寛解 関節リウマチ患者におけるTNF阻害薬での寛解導入予測因子としての関節エコーの有用性について
野崎 祐史, 酒井 健史, 李 進海, 井上 明日圭, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 永禮 靖章, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2017   
骨粗鬆症と骨代謝/変形性関節症・軟骨 治療抵抗性のステロイド性骨粗鬆症患者におけるデノスマブとテリパラチドの治療効果について
永禮 靖章, 岡田 晃典, 冨田 大介, 酒井 健史, 井上 明日圭, 李 進海, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2017   
その他の膠原病 トシリズマブに治療抵抗性であった間質性肺炎を合併した成人発症Still病に対しIVCY療法が奏功した一例
冨田 大介, 志賀 俊彦, 岡田 晃典, 伊丹 哲, 酒井 健史, 李 進海, 田崎 知江美, 井上 明日圭, 樋野 尚一, 岸本 和也, 永禮 靖章, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2017   
血管炎 ANCA関連腎炎に対する抗IL7R抗体の治療効果について
岸本 和也, 酒井 健史, 李 進海, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2017   
井上 明日圭, 野崎 祐史, 岡田 晃典, 冨田 大介, 酒井 健史, 李 進海, 志賀 俊彦, 岸本 和也, 永禮 靖章, 船内 正憲, 松村 到
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2017   
リツキシマブによる間質性肺炎をきたしたDLBCLの1例
小森 舞子, 井上 宏昭, 角谷 宏明, 頼 晋也, 森田 泰慶, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Jan 2017   
副腎不全を契機に診断した両側性副腎原発悪性リンパ腫の1例
波江野 高大, 頼 晋也, 藤本 昂, 森田 泰慶, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Jan 2017   
腹水貯留にて発症したprimary effusion lymphoma-like diffuse large B-cell lymphomaの1例
堀川 亮太, 頼 晋也, 齋藤 花往里, 森田 泰慶, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Jan 2017   
松村到
札幌冬季がんセミナー   2017   
芦田千聖, 志賀俊彦, 赤澤宗輝, 池田房代, 山本敦弘, 岡田晃典, 冨田大介, 酒井健史, 井上明日圭, 田崎知江美, 李進海, 岸本和也, 永禮靖章, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集   2017   
山本敦弘, 井上明日圭, 赤澤宗輝, 芦田千聖, 池田房代, 岡田晃典, 冨田大介, 酒井健史, 李進海, 田崎知江美, 志賀俊彦, 岸本和也, 永禮靖章, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集   2017   
赤澤宗輝, 志賀俊彦, 岡田晃典, 冨田大介, 酒井健史, 井上明日圭, 李進海, 岸本和也, 永禮靖章, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集   2017   
岡田晃典, 伊丹哲, 志賀俊彦, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
臨床リウマチ   2017   
岸本和也, 野崎祐史, 船内正憲, 松村到
日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集   2017   
Discontinuation of Nilotinib in Patients with Chronic Myeloid Leukemia Who Have Maintained Deep Molecular Responses for at Least 2 Years: A Multicenter Phase 2 Stop Nilotinib (Nilst) Trial
Kadowaki Norimitsu, Kawaguchi Tatsuya, Kuroda Junya, Nakamae Hirohisa, Matsumura Itaru, Miyamoto Toshihiro, Ishikawa Jun, Nagafuji Koji, Imamura Yutaka, Yamazaki Hirohito, Shimokawa Mototsugu, Akashi Koichi, Kanakura Yuzuru
BLOOD   2 Dec 2016   
Safety and Efficacy of a Switch to Nilotinib in Patients with CML-CP Showing MMR to Imatinib: Results of a Multicenter Phase II Trial (NILSw Trial)
Shibayama Hirohiko, Kawaguchi Tatsuya, Kuroda Junya, Nakamae Hirohisa, Matsumura Itaru, Miyamoto Toshihiro, Ishikawa Jun, Kamimura Tomohiko, Fukushima Kentaro, Imamura Yutaka, Eto Tetsuya, Sunami Kazutaka, Shimokawa Mototsugu, Akashi Koichi, Kanakura Yuzuru
BLOOD   2 Dec 2016   
Kansai Myeloma Forumに登録されたMGUSと無症候性骨髄腫644例の臨床経過の解析
太田 健介, 山村 亮介, 田中 宏和, 柴山 浩彦, 小原 尚恵, 中谷 綾, 小杉 智, 木田 亨, 淵田 真一, 新堂 真紀, 小林 正行, 黒田 純也, 金子 仁臣, 魚嶋 伸彦, 上辻 由里, 松田 光弘, 高橋 隆幸, 濱田 常義, 中谷 英仁, 今田 和典, 島崎 千尋, 谷脇 雅史, 野村 昌作, 日野 雅之, 松村 到, 金倉 譲, 高折 晃史[近]
臨床血液   Sep 2016   
「慢性骨髄性白血病患者の医療費と暮らしに関する調査」患者アンケートから垣間見える問題
橋本 明子, 松村 到, 秋山 秀樹, 福田 敬, 大橋 靖雄
臨床血液   Sep 2016   
腎虚血再灌流モデルの病態におけるIL-10の意義についての研究
酒井 健史, 岡田 晃典, 冨田 大介, 伊丹 哲, 李 進海, 井上 明日圭, 田崎 知江美, 志賀 俊彦, 朝戸 佳世, 樋野 尚一, 岸本 和也, 永禮 靖章, 野崎 祐史, 船内 正憲, 松村 到
日本臨床免疫学会会誌   Aug 2016   
マクロファージ除去による敗血症性急性腎不全への効果について
李 進海, 野崎 祐史, 酒井 健史, 岸本 和也, 永禮 靖章, 船内 正憲, 松村 到
日本臨床免疫学会会誌   Aug 2016   

Research Grants & Projects

 
Molecular mechanism of hematologic malignancies