TOHYAMA Harukazu

J-GLOBAL         Last updated: Jun 22, 2019 at 16:16
 
Avatar
Name
TOHYAMA Harukazu
Affiliation
Hokkaido University
Section
Faculty of Health Sciences
Job title
Professor
Degree
Ph.D. (Medicine)(Hokkaido University)
Other affiliation
Sports Training Center, Hokkaido University
Research funding number
60301884

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1985
 - 
Apr 1991
Resident, Department of Orthopaedic Surgery, Hokkaido University Hospital
 
May 1991
 - 
Feb 1993
Research fellow, Orthopaedics & Rehabilitation, University of Vermont, Burlington, VT, U.S.A.
 
Mar 1993
 - 
Mar 1994
Research fellow, Orthopaedic Research Laboratory, Columbia University, New York, NY, U.S.A.
 
Apr 1998
 - 
Jan 1999
Assistant Professor, Hokkaido University School of Medicine, Hokkaido University School of Medicine
 
Feb 1999
 - 
Mar 2001
Lecturer, Hokkaido University School of Medicine, Hokkaido University School of Medicine
 
Apr 2001
 - 
Jul 2007
Associate Professor, Hokkaido University School of Medicine, Hokkaido University School of Medicine
 
Aug 2007
 - 
Mar 2013
Associate Professor, Devision of Rehabilitation, Hokkaido University Hospital
 
Apr 2013
 - 
Today
Professor, Faculty of Health Sciences
 
Apr 2016
 - 
Today
Vice Dean, Faculty of Health Sciences, Hokkaido University
 
Apr 2019
 - 
Today
Director, Sports Training Center, Institute for the Advancement of Higher Education, Hokkaido University
 

Education

 
 
 - 
1985
Faculty of Medicine, Hokkaido University
 

Published Papers

 
Okunuki T, Koshino Y, Yamanaka M, Tsutsumi K, Igarashi M, Samukawa M, Saitoh H, Tohyama H
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society      Jan 2019   [Refereed]
Osuka S, Koshino Y, Yamanaka M, Miura T, Saito Y, Ueno R, Ishida T, Samukawa M, Tohyama H
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association      Jan 2019   [Refereed]
Lyman S, Omori G, Nakamura N, Takahashi T, Tohyama H, Fukui N, Ikeda H, Sasho T, Saito T, Hayashi Y, Deie M
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association      Dec 2018   [Refereed]
Miura K, Tsuda E, Tohyama H, Iwahori Y, Mae T, Mochizuki Y, Nakagawa K, Nakamae A, Nakamura T, Takao M, Uchida S, Muneta T, Ochi M
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   23(6) 935-941   Nov 2018   [Refereed]
Ishida T, Koshino Y, Yamanaka M, Ueno R, Taniguchi S, Samukawa M, Saito H, Matsumoto H, Aoki Y, Tohyama H
BMC musculoskeletal disorders   19(1) 379   Oct 2018   [Refereed]
Oba K, Samukawa M, Nakamura K, Mikami K, Suzumori Y, Ishida Y, Keeler N, Saitoh H, Yamanaka M, Tohyama H
Journal of strength and conditioning research      Jul 2018   [Refereed]
Koshino Y, Yamanaka M, Ezawa Y, Okunuki T, Ishida T, Samukawa M, Tohyama H
Journal of electromyography and kinesiology : official journal of the International Society of Electrophysiological Kinesiology   37 75-83   Dec 2017   [Refereed]
Ueno R, Ishida T, Yamanaka M, Taniguchi S, Ikuta R, Samukawa M, Saito H, Tohyama H
BMC musculoskeletal disorders   18(1) 467   Nov 2017   [Refereed]
Koshino Y, Ishida T, Yamanaka M, Samukawa M, Kobayashi T, Tohyama H
Journal of sport rehabilitation   26(6) 530-535   Nov 2017   [Refereed]
Chiba T, Yamanaka M, Samukawa M, Saito H, Sabashi K, Tohyama H
Journal of physical therapy science   28(8) 2199-2203   Aug 2016   [Refereed]
Koshino Y, Ishida T, Yamanaka M, Ezawa Y, Okunuki T, Kobayashi T, Samukawa M, Saito H, Tohyama H
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   24(4) 1071-1080   Apr 2016   [Refereed]
Tadano S, Takeda R, Sasaki K, Fujisawa T, Tohyama H
Journal of biomechanics   49(5) 684-690   Mar 2016   [Refereed]
Ino T, Ohkoshi Y, Maeda T, Kawakami K, Suzuki S, Tohyama H
Journal of physical therapy science   27(6) 1803-1807   Jun 2015   [Refereed]
Ishigaki T, Ishida T, Samukawa M, Saito H, Hirokawa M, Ezawa Y, Sugawara M, Tohyama H, Yamanaka M
Journal of physical therapy science   27(5) 1495-1497   May 2015   [Refereed]
Ishigaki T, Ishida T, Samukawa M, Saito H, Ezawa Y, Hirokawa M, Kato T, Sugawara M, Tohyama H, Yamanaka M
Journal of physical therapy science   27(5) 1299-1302   May 2015   [Refereed]
Ishigaki T, Yamanaka M, Hirokawa M, Tai K, Ezawa Y, Samukawa M, Tohyama H, Sugawara M
Journal of physical therapy science   26(12) 1871-1874   Dec 2014   [Refereed]
Takeda R, Lisco G, Fujisawa T, Gastaldi L, Tohyama H, Tadano S
Sensors (Basel, Switzerland)   14(12) 23230-23247   Dec 2014   [Refereed]
Miura T, Yamanaka M, Ukishiro K, Tohyama H, Saito H, Samukawa M, Kobayashi T, Ino T, Takeda N
Manual therapy   19(6) 534-540   Dec 2014   [Refereed]
Inagaki Y, Kitamura N, Kurokawa T, Tanaka Y, Gong JP, Yasuda K, Tohyama H
BMC musculoskeletal disorders   15 320   Sep 2014   [Refereed]
Kitamura N, Ogawa M, Kondo E, Kitayama S, Tohyama H, Yasuda K
The American journal of sports medicine   41(6) 1274-1281   Jun 2013   [Refereed]
Maeda E, Noguchi H, Tohyama H, Yasuda K, Hayashi K
Bio-medical materials and engineering   23(3) 173-181   2013   [Refereed]
Takazawa K, Adachi N, Deie M, Kamei G, Uchio Y, Iwasa J, Kumahashi N, Tadenuma T, Kuwata S, Yasuda K, Tohyama H, Minami A, Muneta T, Takahashi S, Ochi M
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   17(4) 413-424   Jul 2012   [Refereed]
Kondo E, Yasuda K, Miyatake S, Kitamura N, Tohyama H, Yagi T
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   20(7) 1261-1267   Jul 2012   [Refereed]
Kondo E, Yasuda K, Katsura T, Hayashi R, Kotani Y, Tohyama H
The American journal of sports medicine   40(2) 315-324   Feb 2012   [Refereed]
Tohyama H, Kondo E, Hayashi R, Kitamura N, Yasuda K
The American journal of sports medicine   39(9) 1849-1857   Sep 2011   [Refereed]
Kitayama S, Onodera S, Kondo E, Kobayashi T, Miyatake S, Kitamura N, Tohyama H, Yasuda K.
J Biomech. 2011 Feb 3;44(3):494-500. doi: 10.1016/j.jbiomech.2010.09.018. Epub 2010 Oct 14.   44(3) 494-500   2011   [Refereed]
Maeda E, Asanuma H, Noguchi H, Tohyama H, Yasuda K, Hayashi K.
J Biomech. 2009 Aug 7;42(11):1592-7. doi: 10.1016/j.jbiomech.2009.04.039. Epub 2009 May 31.   42(11) 1592-1597   2009   [Refereed]
Tohyama H, Yasuda K, Minami A, Majima T, Iwasaki N, Muneta T, Sekiya I, Yagishita K, Takahashi S, Kurokouchi K, Uchio Y, Iwasa J, Deie M, Adachi N, Sugawara K, Ochi M.
J Orthop Sci. 2009 Sep;14(5):579-88. doi: 10.1007/s00776-009-1384-1. Epub 2009 Oct 3.   14(5) 579-588   2009   [Refereed]
Okamoto S, Tohyama H, Kondo E, Anaguchi Y, Onodera S, Hayashi K, Yasuda K
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   16(3) 333-339   Mar 2008   [Refereed]
Miyatake S, Tohyama H, Kondo E, Katsura T, Onodera S, Yasuda K.
J Biomech. 2008;41(4):884-9. Epub 2007 Dec 11.   41(4) 884-889   2008   [Refereed]
Azuma C, Tohyama H, Nakamura H, Kanaya F, Yasuda K.
J Biomech. 2007;40(10):2184-90. Epub 2007 Apr 25.   40(10) 2184-2190   2007   [Refereed]
Tohyama H, Yasuda K, Beynnon BD, Renstrom PA
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   14(4) 373-378   Apr 2006   [Refereed]
Yasuda K, Kondo E, Ichiyama H, Kitamura N, Tanabe Y, Tohyama H, Minami A
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   20(10) 1015-1025   Dec 2004   [Refereed]
Stress deprivation enhances manganese superoxide dismutase expression in the rat patellar tendon.
Kitamura N, Tohyama H, Nishihira J, Hatano M, Suzuki M, Yasuda K
International journal of molecular medicine   14(4) 537-543   Oct 2004   [Refereed]
Yasuda K, Tomita F, Yamazaki S, Minami A, Tohyama H
The American journal of sports medicine   32(4) 870-880   Jun 2004   [Refereed]
Ichiyama H, Onodera S, Nishihira J, Ishibashi T, Nakayama T, Minami A, Yasuda K, Tohyama H
Cytokine   26(5) 187-194   Jun 2004   [Refereed]
Magnetic resonance imaging in stress fractures and shin splints.
Aoki Y, Yasuda K, Tohyama H, Ito H, Minami A
Clinical orthopaedics and related research   (421) 260-267   Apr 2004   [Refereed]
Reduction of initial tension in the in situ frozen anterior cruciate ligament.
Mikami S, Yasuda K, Katsuragi R, Aoki Y, Minami A, Tohyama H
Clinical orthopaedics and related research   (419) 207-213   Feb 2004   [Refereed]
Okuizumi T, Tohyama H, Kondo E, Yasuda K
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   9(5) 488-494   2004   [Refereed]
Kondo E, Yasuda K, Yamanaka M, Minami A, Tohyama H
Clinical biomechanics (Bristol, Avon)   18(10) 942-949   Dec 2003   [Refereed]
Kitamura N, Yasuda K, Yamanaka M, Tohyama H
The American journal of sports medicine   31(6) 907-914   Nov 2003   [Refereed]
Tohyama H, Yasuda K, Kitamura Y, Yamamoto E, Hayashi K
Clinical biomechanics (Bristol, Avon)   18(8) 765-772   Oct 2003   [Refereed]
Tohyama H, Yasuda K, Ohkoshi Y, Beynnon BD, Renstrom PA
The American journal of sports medicine   31(2) 226-232   Mar 2003   [Refereed]
Azuma H, Yasuda K, Tohyama H, Sakai T, Majima T, Aoki Y, Minami A
Journal of biomechanics   36(3) 373-381   Mar 2003   [Refereed]
Hara N, Yasuda K, Kimura S, Majima T, Minami A, Tohyama H
Clinical biomechanics (Bristol, Avon)   18(1) 60-68   Jan 2003   [Refereed]
Kimura S, Yasuda K, Hara N, Sakai T, Mikami S, Minami A, Tohyama H
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   19(1) 68-74   Jan 2003   [Refereed]
Sakai T, Yasuda K, Tohyama H, Azuma H, Nagumo A, Majima T, Frank CB
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society   20(6) 1345-1351   Nov 2002   [Refereed]
Numazaki H, Tohyama H, Nakano H, Kikuchi S, Yasuda K
The American journal of sports medicine   30(6) 800-805   Nov 2002   [Refereed]
Yamazaki S, Yasuda K, Tomita F, Minami A, Tohyama H
The American journal of sports medicine   30(4) 498-505   Jul 2002   [Refereed]
The effect of increased stress on the patellar tendon.
Tohyama H, Yasuda K
The Journal of bone and joint surgery. British volume   84(3) 440-446   Apr 2002   [Refereed]
Tohyama H, Kutsumi K, Yasuda K
The American journal of sports medicine   30(2) 279-282   Mar 2002   [Refereed]
Tomita F, Yasuda K, Mikami S, Sakai T, Yamazaki S, Tohyama H
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   17(5) 461-476   May 2001   [Refereed]
Tohyama H, Yasuda K
Journal of biomechanical engineering   122(6) 594-599   Dec 2000   [Refereed]
Tohyama H, Yasuda K
Journal of biomechanics   33(5) 559-565   May 2000   [Refereed]
Nakano H, Yasuda K, Tohyama H, Yamanaka M, Wada T, Kaneda K
Clinical biomechanics (Bristol, Avon)   15(3) 188-195   Mar 2000   [Refereed]
Yamanaka M, Yasuda K, Tohyama H, Nakano H, Wada T
The American journal of sports medicine   27(6) 772-777   Nov 1999   [Refereed]
Swelling and curling behaviors of articular cartilage.
Setton LA, Tohyama H, Mow VC
Journal of biomechanical engineering   120(3) 355-361   Jun 1998   [Refereed]
Tohyama H, Yasuda K
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   6 Suppl 1 S30-7   1998   [Refereed]
Tohyama H, Beynnon BD, Pope MH, Haugh LD, Renström PA
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society   15(5) 707-711   Sep 1997   [Refereed]
Tohyama H, Beynnon BD, Johnson RJ, Renström PA, Arms SW
The American journal of sports medicine   24(5) 608-614   Sep 1996   [Refereed]
Tohyama H, Beynnon BD, Renström PA, Theis MJ, Fleming BC, Pope MH
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society   13(4) 609-614   Jul 1995   [Refereed]
Fleming BC, Beynnon BD, Tohyama H, Johnson RJ, Nichols CE, Renström P, Pope MH
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society   12(6) 789-795   Nov 1994   [Refereed]
Morphometry of the semitendinosus and gracilis tendons with application to anterior cruciate ligament reconstruction.
Tohyama H, Beynnon BD, Johnson RJ, Nichols CE, Renström PA
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   1(3-4) 143-147   1993   [Refereed]
Tohyama H, Ohno K, Yamamoto N, Hayashi K, Yasuda K, Kaneda K
Clinical biomechanics (Bristol, Avon)   7(4) 226-230   Nov 1992   [Refereed]
Treatment of osteoarthritis of the knee with heel wedges.
Tohyama H, Yasuda K, Kaneda K
International orthopaedics   15(1) 31-33   1991   [Refereed]
Multiple ruptures of flexor tendons due to hypertrophic change at the distal radio-ulnar joint. A case report.
Minami A, Ogino T, Tohyama H
The Journal of bone and joint surgery. American volume   71(2) 300-302   Feb 1989   [Refereed]
Multiple ruptures of flexor tendons due to hypertrophic change at the distal radio-ulnar joint. A case report.
Minami A, Ogino T, Tohyama H.
J Bone Joint Surg Am. 1989 Feb;71(2):300-2. No abstract available.      [Refereed]
The relationship between anterior-posterior knee laxity and the structural properties of the patellar tendon graft. A study in canines.
Beynnon BD, Johnson RJ, Toyama H, Renström PA, Arms SW, Fischer RA.
Am J Sports Med. 1994 Nov-Dec;22(6):812-20.   22(6) 812-820   Nov 1994   [Refereed]
Treatment of osteoarthritis of the knee with heel wedges.
Tohyama H, Yasuda K, Kaneda K.
Int Orthop. 1991;15(1):31-3.      [Refereed]
Stress-strain characteristics of in situ frozen and stress-shielded rabbit patellar tendon.
Tohyama H, Ohno K, Yamamoto N, Hayashi K, Yasuda K, Kaneda K.
Clin Biomech (Bristol, Avon). 1992 Nov;7(4):226-30. doi: 10.1016/S0268-0033(92)90005-O.      [Refereed]
Morphometry of the semitendinosus and gracilis tendons with application to anterior cruciate ligament reconstruction.
Tohyama H, Beynnon BD, Johnson RJ, Nichols CE, Renström PA.
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 1993;1(3-4):143-7.      [Refereed]
Determination of a zero strain reference for the anteromedial band of the anterior cruciate ligament.
Fleming BC, Beynnon BD, Tohyama H, Johnson RJ, Nichols CE, Renström P, Pope MH.
J Orthop Res. 1994 Nov;12(6):789-95.      [Refereed]
Biomechanical analysis of the ankle anterior drawer test for anterior talofibular ligament injuries.
Tohyama H, Beynnon BD, Renström PA, Theis MJ, Fleming BC, Pope MH.
J Orthop Res. 1995 Jul;13(4):609-14.      [Refereed]
The effect of anterior cruciate ligament graft elongation at the time of implantation on the biomechanical behavior of the graft and knee.
Tohyama H, Beynnon BD, Johnson RJ, Renström PA, Arms SW.
Am J Sports Med. 1996 Sep-Oct;24(5):608-14.      [Refereed]
Tohyama H, Beynnon BD, Pope MH, Haugh LD, Renström PA.
J Orthop Res. 1997 Sep;15(5):707-11.      [Refereed]
Significance of graft tension in anterior cruciate ligament reconstruction. Basic background and clinical outcome.
Tohyama H, Yasuda K.
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 1998;6 Suppl 1:S30-7.      [Refereed]
Swelling and curling behaviors of articular cartilage.
Setton LA, Tohyama H, Mow VC.
J Biomech Eng. 1998 Jun;120(3):355-61.      [Refereed]
The effect of cyclic displacement on the biomechanical characteristics of anterior cruciate ligament reconstructions.
Yamanaka M, Yasuda K, Tohyama H, Nakano H, Wada T.
Am J Sports Med. 1999 Nov-Dec;27(6):772-7.      [Refereed]
Nakano H, Yasuda K, Tohyama H, Yamanaka M, Wada T, Kaneda K.
Clin Biomech (Bristol, Avon). 2000 Mar;15(3):188-95.      [Refereed]
Tohyama H, Yasuda K.
J Biomech. 2000 May;33(5):559-65.      [Refereed]
Tomita F, Yasuda K, Mikami S, Sakai T, Yamazaki S, Tohyama H.
Arthroscopy. 2001 May;17(5):461-76.      [Refereed]
Avulsion fracture at the femoral attachment of the anterior cruciate ligament after intercondylar eminence fracture of the tibia.
Tohyama H, Kutsumi K, Yasuda K.
Am J Sports Med. 2002 Mar-Apr;30(2):279-82. No abstract available.      [Refereed]
The effect of increased stress on the patellar tendon.
Tohyama H, Yasuda K.
J Bone Joint Surg Br. 2002 Apr;84(3):440-6.      [Refereed]
The effect of graft-tunnel diameter disparity on intraosseous healing of the flexor tendon graft in anterior cruciate ligament reconstruction.
Yamazaki S, Yasuda K, Tomita F, Minami A, Tohyama H.
Am J Sports Med. 2002 Jul-Aug;30(4):498-505.      [Refereed]
The effect of initial graft tension in anterior cruciate ligament reconstruction on the mechanical behaviors of the femur-graft-tibia complex during cyclic loading.
Numazaki H, Tohyama H, Nakano H, Kikuchi S, Yasuda K.
Am J Sports Med. 2002 Nov-Dec;30(6):800-5.      [Refereed]
Sakai T, Yasuda K, Tohyama H, Azuma H, Nagumo A, Majima T, Frank CB.
J Orthop Res. 2002 Nov;20(6):1345-51.      [Refereed]
Kimura S, Yasuda K, Hara N, Sakai T, Mikami S, Minami A, Tohyama H.
Arthroscopy. 2003 Jan;19(1):68-74.      [Refereed]
Hara N, Yasuda K, Kimura S, Majima T, Minami A, Tohyama H.
Clin Biomech (Bristol, Avon). 2003 Jan;18(1):60-8.      [Refereed]
Anterior drawer test for acute anterior talofibular ligament injuries of the ankle. How much load should be applied during the test?
Tohyama H, Yasuda K, Ohkoshi Y, Beynnon BD, Renstrom PA.
Am J Sports Med. 2003 Mar-Apr;31(2):226-32.      [Refereed]
Tohyama H, Yasuda K, Kitamura Y, Yamamoto E, Hayashi K.
Clin Biomech (Bristol, Avon). 2003 Oct;18(8):765-72.      [Refereed]
Kondo E, Yasuda K, Yamanaka M, Minami A, Tohyama H.
Clin Biomech (Bristol, Avon). 2003 Dec;18(10):942-9.      [Refereed]
Biomechanical comparisons of three posterior cruciate ligament reconstruction procedures with load-controlled and displacement-controlled cyclic tests.
Kitamura N, Yasuda K, Yamanaka M, Tohyama H.
Am J Sports Med. 2003 Nov-Dec;31(6):907-14.      [Refereed]
Reduction of initial tension in the in situ frozen anterior cruciate ligament.
Mikami S, Yasuda K, Katsuragi R, Aoki Y, Minami A, Tohyama H.
Clin Orthop Relat Res. 2004 Feb;(419):207-13.      [Refereed]
Magnetic resonance imaging in stress fractures and shin splints.
Aoki Y, Yasuda K, Tohyama H, Ito H, Minami A.
Clin Orthop Relat Res. 2004 Apr;(421):260-7.      [Refereed]
Yasuda K, Tomita F, Yamazaki S, Minami A, Tohyama H.
Am J Sports Med. 2004 Jun;32(4):870-80.      [Refereed]
Ichiyama H, Onodera S, Nishihira J, Ishibashi T, Nakayama T, Minami A, Yasuda K, Tohyama H.
Cytokine. 2004 Jun 7;26(5):187-94.      [Refereed]
Stress deprivation enhances manganese superoxide dismutase expression in the rat patellar tendon.
Kitamura N, Tohyama H, Nishihira J, Hatano M, Suzuki M, Yasuda K.
Int J Mol Med. 2004 Oct;14(4):537-43.      [Refereed]

Misc

 
内視鏡外科診療ガイドライン作成状況報告 整形外科領域
遠山 晴一, 津田 英一, 出沢 明, 岩堀 裕介, 内田 宗志, 高尾 昌人, 中川 晃一, 中前 敦雄, 中村 俊康, 前 達雄, 三浦 和知, 望月 由, 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会ガイドライン策定委員会
日本内視鏡外科学会雑誌   23(7) SPS6-15   Dec 2018
ストレッチングによる足関節背屈可動域の増大が片脚スクワット動作時の下肢kinematicsに与える影響
千田 周也, 越野 裕太, 山中 正紀, 寒川 美奈, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   26(4) S259-S259   Nov 2018
高校野球選手における投球障害予防に関する認識調査
奈良 昌哉, 寒川 美奈, 鈴森 雄貴, 中村 賢太郎, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   26(4) S280-S280   Nov 2018
【筋機能II:筋機能障害の理学療法評価の実際】 骨関節疾患による筋機能障害の理学療法評価の実際 変形性膝関節症の場合
石田 知也, 井野 拓実, 山中 正紀, 遠山 晴一
理学療法   35(11) 1000-1007   Nov 2018
1.変形性膝関節症(膝OA)をはじめとする骨関節疾患では、症状改善や進行予防のためにメカニカルストレスを減じる必要があり、関連する筋機能障害を把握することが重要である。2.膝OAの症状や進行に関連する代表的なメカニカルストレスとしては歩行中の外部膝内転モーメントが挙げられ、特に大腿四頭筋と股関節外転筋の機能を正確に評価できることが求められる。3.筋機能の評価として最大筋力の評価は重要ではあるが、歩行バイオメカニクスに直結しないことも多く、荷重位での質的な筋機能と運動制御を評価することが重要...
片脚着地動作における初期接地時の前額面骨盤傾斜と膝関節最大外反モーメントの関連
生田 亮平, 石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 上野 亮, 寒川 美奈, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   26(3) 431-436   Aug 2018
本研究の目的は女性の片脚着地動作における前額面上の骨盤傾斜が膝関節外反モーメントおよび膝関節外反角度変化量に与える影響を調査することである。健常女子大学生15名を対象に、30cm台からの片脚着地動作を行わせ、三次元動作解析装置により測定を行った。非支持脚側の骨盤挙上角度、膝関節外反角度および外的膝関節外反モーメントを算出した。結果、初期接地時の非支持脚側の骨盤挙上角度は膝関節最大外反モーメントおよび初期接地後40ms間膝関節外反角度変化量との間にそれぞれ有意な正の相関を認めた。本研究結果は...
関節不安定症のバイオメカニクス 膝前十字靱帯損傷のバイオメカニクス
遠山 晴一, 上野 亮, 石田 知也, 寒川 美奈
日本整形外科学会雑誌   92(8) S1623-S1623   Aug 2018
高校生バスケットボール選手における膝前十字靱帯損傷の好発時期の検討
石田 知也, 松本 尚, 鈴木 信, 井上 千春, 金子 知, 山中 正紀, 寒川 美奈, 遠山 晴一, 青木 喜満
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   38(4) 666-666   Aug 2018
スポーツ障害に対する保存的治療のエビデンス 膝オーバーユース障害に対する保存的治療のエビデンス
越野 裕太, 山中 正紀, 寒川 美奈, 遠山 晴一
日本整形外科学会雑誌   92(7) 459-465   Jul 2018
スポーツにおける膝オーバーユース障害に対する保存的治療の効果に関する定性的systematic reviewを行った。PubMed検索により、基準を満たす15編を特定した。Patellofemoral pain syndromeに対するインソールなどの足部装具単独による除痛効果は弱く、足部装具と理学療法の併用による除痛効果は中等度であった。膝蓋腱炎の治療に関して、七つの良質な無作為抽出比較試験(RCT)が大腿四頭筋遠心性強化訓練によって症状が改善したことを明らかにした。保存的治療に失敗した...
非特異的腰痛症例における上肢挙上時の体幹深層筋のフィードフォワード制御とフィードバック制御の検討
大須賀 聡, 山中 正紀, 上野 亮, 遠山 晴一
JOSKAS   43(4) 221-221   May 2018
体幹および骨盤の側方傾斜に着目した動作指導が片脚drop vertical jump着地時の膝関節外反モーメントに与える影響
千々松 雅人, 石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 上野 亮, 遠山 晴一
JOSKAS   43(4) 387-387   May 2018
ROC曲線を用いた膝前十字靱帯再建術症例に対する術後早期の膝伸展筋力のカットオフ値の検討
石田 知也, 松本 尚, 鈴木 信, 山中 正紀, 遠山 晴一, 青木 喜満
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   38(1) 74-78   Mar 2018
本研究の目的は膝前十字靱帯(ACL)再建術後9ヵ月の膝関節伸展筋力が健患比90%を超えるための術前および術後早期のカットオフ値を検討することであった。対象はACL再建術後患者90名(25.4±11.5歳)とし、術前、術後3ヵ月、6ヵ月、9ヵ月に膝関節伸展筋力を測定した。受信者操作特性(ROC)解析を用いて、各時期のカットオフ値(健患比)、感度、特異度を求めた。術後6ヵ月のカットオフ値は81.0%、感度は82.1%、特異度は85.0%であった。術後3ヵ月はカットオフ値69.2%、感度74.4...
ビデオフィードバックによる指導介入がdrop vertical jumpにおける膝関節生体力学に与える即時効果
生田 亮平, 石田 知也, 谷口 翔平, 上野 亮, 佐藤 正裕, 遠山 晴一, 山中 正紀
Journal of Athletic Rehabilitation   14(1) 31-36   Mar 2018
片脚着地後のジャンプ動作が着地時の膝関節外反モーメントに与える影響
千々松 雅人, 石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 上野 亮, 寒川 美奈, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   25(4) S292-S292   Oct 2017
足関節捻挫既往例における慢性足関節不安定症進展例と非進展例の疫学的特徴の相違
越野 裕太, 山中 正紀, 村田 拓陸, 佐藤 冴香, 千田 周也, 寒川 美奈, 井上 雅之, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   25(4) S251-S251   Oct 2017
大学スポーツ選手を対象とした慢性足関節不安定症の有病率とその特徴の検討
村田 拓陸, 越野 裕太, 遠山 晴一, 佐藤 冴香, 千田 周也, 寒川 美奈, 山中 正紀
日本臨床スポーツ医学会誌   25(4) S218-S218   Oct 2017
足部形態が片脚立位時の姿勢安定性および足関節周囲筋活動に与える影響の検討
岡田 慎平, 越野 裕太, 遠山 晴一, 千田 周也, 五十嵐 將斗, 佐藤 冴香, 寒川 美奈, 山中 正紀
日本臨床スポーツ医学会誌   25(4) S218-S218   Oct 2017
ACL再建術後のプロトコル再考 再建術後2次前十字靱帯損傷予防の見地からの再考
石田 知也, 山中 正紀, 寒川 美奈, 松本 尚, 青木 喜満, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   25(4) S121-S121   Oct 2017
【ポイント解説 整形外科診断の基本知識】 下肢疾患 膝関節overuse症候群の診断
遠山 晴一
Orthopaedics   30(10) 218-223   Oct 2017
ランナー膝(腸脛靱帯炎)は、ランナーや自転車競技者に多く認められる膝外側部痛を呈するoveruse症候群である。大腿骨外側上顆部の圧痛を確認することにより、本症の診断は可能であるが、MRIでは腸脛靱帯の局所的な肥厚や腸脛靱帯深層の大腿骨外側上顆部に炎症や水腫を示唆する所見が認められる。ジャンパー膝(膝蓋腱炎)はジャンプや着地動作を頻繁に繰り返すスポーツに多くみられる膝伸展機構のoveruse障害であり、膝伸展機構への反復する過度な牽引力により付着部周囲の膝蓋腱に微細損傷が生じるために発症す...
膝軟骨欠損に対する自家培養軟骨細胞移植(JACC)の短期成績
甲斐原 拓真, 薮内 康史, 小野寺 智洋, 亀田 敏明, 岩崎 倫政, 近藤 英司, 遠山 晴一, 安田 和則
北海道整形災害外科学会雑誌   59(1) 166-166   Aug 2017
膝前十字靱帯再建術後の膝関節伸展トルク患健比と着地動作時の膝関節運動の非対称性
石田 知也, 松本 尚, 藤堂 愛, 山中 正紀, 遠山 晴一, 青木 喜満
北海道整形災害外科学会雑誌   59(1) 164-164   Aug 2017
自家腱ハイブリッド代用材料を用いた膝靱帯再建術 基礎と臨床
近藤 英司, 遠山 晴一, 安田 和則, 岩崎 倫政, 金谷 文則
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   37(4) 535-535   Aug 2017
片脚着地動作における大腿四頭筋筋力および脛骨前方引き出し力の最大値発生時期の検討
上野 亮, 石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 遠山 晴一
JOSKAS   42(4) 626-626   May 2017
非特異的腰痛症例における上肢挙上時の体幹深層筋のオンセットの検討
大須賀 聡, 山中 正紀, 上野 亮, 遠山 晴一
JOSKAS   42(4) 484-484   May 2017
Drop vertical jumpにおける膝最大外反モーメントと垂直床反力の衝撃緩衝係数との関連性
生田 亮平, 石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 上野 亮, 遠山 晴一, 佐藤 正裕, 馬越 博久
JOSKAS   42(4) 479-479   May 2017
膝軟骨欠損に対するアテロコラーゲンを用いた自家培養軟骨移植の短〜中期成績
甲斐原 拓真, 近藤 英司, 亀田 敏明, 小野寺 智洋, 薮内 康史, 遠山 晴一, 安田 和則, 岩崎 倫政
JOSKAS   42(4) 285-285   May 2017
月経前症候群に対するストレッチング介入効果の検討
横山 美翔, 寒川 美奈, 宮崎 未来, 石田 優子, 鈴森 雄貴, 生田 亮平, 奥貫 拓実, 佐橋 健人, 齊藤 展士, 遠山 晴一, 山中 正紀
理学療法学   44(Suppl.2) P-YB   Apr 2017
変形膝関節症症例におけるFunctional Reach TestとQOLとの相関性の検討
佐橋 健人, 山中 正紀, 千葉 健, 寒川 美奈, 齊藤 展士, 由利 真, 堀 弘明, 遠山 晴一
理学療法学   44(Suppl.2) P-MT   Apr 2017
体幹回旋を伴う上肢運動時の体幹ローカル筋筋活動onsetの検討
大須賀 聡, 山中 正紀, 三浦 拓也, 齋藤 優輝, 上野 亮, 寒川 美奈, 齊藤 展士, 遠山 晴一
理学療法学   44(Suppl.2) P-MT   Apr 2017
歩行中の外的膝内転モーメントと片脚立位移行動作での生体力学的指標との関連
千葉 健, 山中 正紀, 寒川 美奈, 齊藤 展士, 由利 真, 堀 弘明, 佐橋 健人, 遠山 晴一
理学療法学   44(Suppl.2) O-MT   Apr 2017
足部multi-segment modelを用いた歩行時の足部内側縦アーチの動的変化と足部kinematicsの相関性の検討
奥貫 拓実, 越野 裕太, 山中 正紀, 江沢 侑也, 寒川 美奈, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   25(2) 232-238   Apr 2017
歩行時の足部内側縦アーチの動的低下と後・中・前足部kinematicsの相関性を検討することを目的に健常20名の裸足歩行における足部の各セグメントの相対的kinematicsと内側縦アーチ角を算出した。その結果、内側縦アーチ角最大値は後足部外返し(R=0.77)・外旋(R=0.60)および中足部外転(R=0.45)・背屈(R=0.59)における角度最大値との間に有意の正の相関を認め、前足部外返し(R=-0.46)および内返し(R=-0.82)における角度最大値との間に有意の負の相関を認めた...
膝軟骨欠損に対するアテロコラーゲンを用いた自家培養軟骨移植の短〜中期成績
甲斐原 拓真, 亀田 敏明, 近藤 英司, 小野寺 智洋, 薮内 康史, 遠山 晴一, 安田 和則, 岩崎 倫政
日本整形外科学会雑誌   91(3) S1142-S1142   Mar 2017
スポーツ障害に対する保存的治療のエビデンス 膝オーバーユース障害に対する保存的治療のエビデンス
遠山 晴一, 越野 裕太, 寒川 美奈, 山中 正紀
日本整形外科学会雑誌   91(2) S436-S436   Mar 2017
膝前十字靱帯再建術後の着地動作における前額面膝関節運動の検討
石田 知也, 松本 尚, 藤堂 愛, 山中 正紀, 遠山 晴一, 青木 喜満
北海道整形災害外科学会雑誌   58(2) 264-264   Mar 2017
【膝靱帯損傷-up to date-】 病態と評価 膝前十字靱帯損傷の受傷機序に関するバイオメカニクス
上野 亮, 山中 正紀, 遠山 晴一
関節外科   36(3) 212-219   Mar 2017
回復期リハビリテーション病棟に入院し、退院後外来フォローが可能であった骨粗鬆症性椎体骨折連鎖の検討
憲 克彦, 金子 明義, 細川 吉博, 池田 聡, 遠山 晴一, 生駒 一憲
Journal of Clinical Rehabilitation   25(11) 1125-1128   Nov 2016
回復期リハビリテーション病棟に入院し、退院後外来フォローが可能であった骨粗鬆症性椎体骨折連鎖の影響因子について検討した。その結果、原発性骨粗鬆症女性110名のうち、椎体骨折連鎖なし22例、椎体骨折連鎖あり88例であった。椎体骨折連鎖を認める群ではアルブミン値や骨密度も低値であったが、ロジスティック回帰分析では独立した影響因子は認められなかった。
石田 優子, 寒川 美奈, 大場 健裕, 鶴喰 涼, 山口 瑞輝, 横山 美翔, 齊藤 展士, 山中 正紀, 遠山 晴一
理学療法学   43(Suppl.2) P-SP   Oct 2016
越野 裕太, 山中 正紀, 奥貫 拓実, 江沢 侑也, 石田 知也, 寒川 美奈, 遠山 晴一
理学療法学   43(Suppl.2) O-SP   Oct 2016
奥貫 拓実, 越野 裕太, 遠山 晴一, 堤 香織, 生田 亮平, 佐橋 健人, 横山 美翔, 江沢 侑也, 寒川 美奈, 齊藤 展士, 山中 正紀
理学療法学   43(Suppl.2) O-SP   Oct 2016
馬場 周, 山中 正紀, 石田 知也, 谷口 翔平, 上野 亮, 生田 亮平, 齊藤 展士, 寒川 美奈, 遠山 晴一
理学療法学   43(Suppl.2) O-SP   Oct 2016
大場 健裕, 寒川 美奈, 石田 優子, 鶴喰 涼, 鈴森 雄貴, 三上 兼太郎, 山口 瑞樹, 横山 美翔, 齊藤 展士, 山中 正紀, 遠山 晴一
理学療法学   43(Suppl.2) O-KS   Oct 2016
石垣 智恒, 山中 正紀, 吉野 広一郎, 江沢 侑也, 遠山 晴一, 高橋 輝一, 菅原 誠
理学療法学   43(Suppl.2) P-MT   Oct 2016
膝屈曲位における足部回内が下腿・大腿へ及ぼす影響
千田 周也, 越野 裕太, 遠山 晴一, 五十嵐 將斗, 奥貫 拓実, 佐藤 冴香, 寒川 美奈, 山中 正紀
日本臨床スポーツ医学会誌   24(4) S320-S320   Oct 2016
Medial tibial stress syndrome症例におけるトレッドミル走行時の膝および股関節運動に対する前・後足部運動の比較
奥貫 拓実, 越野 裕太, 遠山 晴一, 堤 香織, 五十嵐 將斗, 江沢 侑也, 寒川 美奈, 山中 正紀
日本臨床スポーツ医学会誌   24(4) S315-S315   Oct 2016
二次元画像を用いた脊柱アライメント評価法の妥当性検証
石田 優子, 寒川 美奈, 谷 祐児, 堤 香織, 大場 健裕, 鶴喰 涼, 三上 兼太朗, 山中 正紀, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   24(4) S312-S312   Oct 2016
後足部と膝および股関節で生じるcoupling motionの検討 動作および関節による比較
越野 裕太, 山中 正紀, 江沢 侑也, 奥貫 拓実, 石田 知也, 寒川 美奈, 井上 雅之, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   24(4) S258-S258   Oct 2016
収縮様式および角速度が膝関節屈曲トルク-角度特性に与える効果
三上 兼太朗, 寒川 美奈, 山中 正紀, 遠山 晴一, 伊藤 雄, 石田 知也, 大場 健裕, 石田 優子, 鶴喰 涼, 松本 尚, 青木 喜満
日本臨床スポーツ医学会誌   24(4) S249-S249   Oct 2016
超音波画像診断装置を用いたドローインと腹臥位腰部セッティングの体幹筋筋厚変化率の比較
齋藤 優輝, 山中 正紀, 井野 拓実, 片岡 義明, 寒川 美奈, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   24(4) S238-S238   Oct 2016
大場 健裕, 寒川 美奈, 石田 優子, 鶴喰 涼, 鈴森 雄貴, 三上 兼太郎, 山口 瑞樹, 横山 美翔, 齊藤 展士, 山中 正紀, 遠山 晴一
日本基礎理学療法学雑誌   20(1) 21-21   Aug 2016
膝前十字靱帯再建術後の大腿四頭筋筋力はdrop vertical jumpにおける膝関節運動の非対称性と関連するか
藤堂 愛, 石田 知也, 松本 尚, 山中 正紀, 遠山 晴一, 青木 喜満
JOSKAS   41(4) 459-459   Jul 2016
膝前十字靱帯再建術後のdrop vertical jumpにおける膝関節外反運動の性差
石田 知也, 藤堂 愛, 松本 尚, 山中 正紀, 遠山 晴一, 青木 喜満
JOSKAS   41(4) 458-458   Jul 2016
Drop vertical jumpと片脚着地課題における垂直床反力と脛骨前方引き出し力の相関性の検討
上野 亮, 山中 正紀, 石田 知也, 谷口 翔平, 生田 亮平, 遠山 晴一
JOSKAS   41(4) 458-458   Jul 2016
膝複合靱帯損傷の治療2016 膝複合靱帯損傷の受傷メカニズム
遠山 晴一, 近藤 英司, 北村 信人, 安田 和則
JOSKAS   41(4) 316-316   Jul 2016
ポリオ生存者の体成分分析について
松尾 雄一郎, 井口 大暢, 大森 紅己子, 安彦 かがり, 千葉 春子, 磯山 浩孝, 池田 聡, 遠山 晴一, 生駒 一憲
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   (JARM2016) I253-I253   Jun 2016
脳深部刺激療法(DBS)がパーキンソン病患者の嚥下機能に与える影響
千葉 春子, 井口 大暢, 大森 紅己子, 安彦 かがり, 磯山 浩孝, 松尾 雄一郎, 遠山 晴一, 池田 聡, 生駒 一憲
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   (JARM2016) I193-I193   Jun 2016
回復期リハビリテーション病棟に入院し外来フォローが可能であった骨粗鬆症性椎体骨折連鎖の検討
憲 克彦, 金子 明義, 細川 吉博, 池田 聡, 遠山 晴一, 生駒 一憲
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   (JARM2016) I39-I39   Jun 2016
MRIで脳外傷が認められる高次脳機能障害者の就労と神経心理学的検査の関係
飯田 有紀, 井口 大暢, 大森 紀巳子, 安彦 かがり, 千葉 春子, 磯山 浩孝, 新明 史江, 松尾 雄一郎, 池田 聡, 遠山 晴一, 生駒 一憲
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   (JARM2016) I3-I3   Jun 2016
Knee sleeve着用が静止立位における変形性膝関節症症例の重心保持機能に与える影響
佐橋 健人, 山中 正紀, 千葉 健, 遠山 晴一, 齊藤 展士
運動器リハビリテーション   27(2) 185-185   Jun 2016
Drop vertical jumpにおけるハムストリングスの着地前筋活動と着地中の膝関節外反角度および外反モーメントとの関係
生田 亮平, 石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 上野 亮, 越野 裕太, 寒川 美奈, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   24(1) 71-77   Jan 2016
女性のdrop vertical jumpにおける膝関節周囲筋の着地前筋活動と膝関節外反角度および外反モーメントとの関係を調査することを目的とした。健常女性18名を対象に、drop vertical jumpを行わせ、表面筋電計と三次元動作解析により膝関節周囲筋の着地前活動と膝関節外反角度および外反モーメントを算出した。結果、大腿二頭筋の着地前筋活動および半腱様筋/大腿二頭筋の着地前筋活動比率と接地後50ms時および最大の膝関節外反角度との間に有意な相関を認めた。本研究結果より、ハムストリ...
機能訓練強化型通所介護を利用した障害高齢者において生活空間評価(LSA)に影響を及ぼす因子の検討 身体機能関連評価とアンケート調査から
憲 克彦, 西向 弘樹, 金子 明義, 細川 吉博, 池田 聡, 遠山 晴一, 生駒 一憲
Journal of Clinical Rehabilitation   24(12) 1278-1283   Dec 2015
機能訓練強化型通所介護を1年以上利用した32名(男17名、女15名、平均年齢72.7±7.9歳)を対象とした。運動機能・運動関連能力と生活空間評価(LSA)に加え、アンケートにより生活状態や社会的因子および環境因子を調査した。LSA高値およびLSA低値をその中央値で2群に分け、ロジスティック回帰分析で分析・検討した。LSA高値に対する多変量解析において、LSA総合点では有意な因子は抽出されなかったが、各LSAレベル別分析では町内レベルで「10m歩行速度」が、町外レベルでは「社会的交流」が独...
高血圧を原因としたPosterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)により可逆的な嚥下障害をきたした1例
千葉 春子, 井口 大暢, 大森 紅己子, 安彦 かがり, 磯山 浩孝, 松尾 雄一郎, 池田 聡, 遠山 晴一, 生駒 一憲, 大澤 恵留美
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(11) 721-721   Nov 2015
順調にリハビリテーションを行っていた若年患者に,巨大下肢静脈血栓が見つかった1例
井口 大暢, 大森 紅己子, 安彦 かがり, 千葉 春子, 磯山 浩孝, 松尾 雄一郎, 池田 聡, 遠山 晴一, 生駒 一憲
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(11) 720-720   Nov 2015
片脚着地動作時の体幹側屈は膝関節外反モーメントを増加させる
谷口 翔平, 山中 正紀, 石田 知也, 生田 亮平, 上野 亮, 越野 裕太, 江沢 侑也, 井上 雅之, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S284-S284   Oct 2015
Medial tibial stress syndrome症例におけるトレッドミル走行時の足部kinematicsの特徴(第1報)
奥貫 拓実, 山中 正紀, 越野 裕太, 五十嵐 将斗, 江沢 侑也, 寒川 美奈, 堤 香織, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S273-S273   Oct 2015
裸足走行時のfoot strike patternが内側縦アーチの動態に与える影響の検討
五十嵐 将斗, 山中 正紀, 越野 裕太, 奥貫 拓実, 江沢 侑也, 寒川 美奈, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S272-S272   Oct 2015
片脚スクワット動作における足部kinematicsと股関節kinematicsの相互相関の検討
越野 裕太, 山中 正紀, 江沢 侑也, 奥貫 拓実, 石田 知也, 寒川 美奈, 井上 雅之, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S245-S245   Oct 2015
Sit and Reach testの有効性とStraight leg raise testとの関連性について
石田 優子, 寒川 美奈, 大場 健裕, 鶴喰 涼, 山口 瑞輝, 横山 美翔, 山中 正紀, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S235-S235   Oct 2015
コンスタントトルクストレッチングがハムストリングス筋腱複合体の力学的特性に及ぼす影響
大場 健裕, 寒川 美奈, 鶴喰 涼, 石田 優子, 山口 瑞輝, 山中 正紀, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S221-S221   Oct 2015
Drop vertical jumpにおける着地後早期の膝関節外反増加量は着地動作中の膝関節最大外反モーメントと相関する
生田 亮平, 石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 上野 亮, 越野 裕太, 寒川 美奈, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S185-S185   Oct 2015
Drop vertical jumpにおける膝外反モーメントと脛骨前方剪断力に対する膝関節周囲筋筋張力の影響
上野 亮, 山中 正紀, 石田 知也, 谷口 翔平, 生田 亮平, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S167-S167   Oct 2015
ウォームアップの種類による大腿四頭筋の筋温の経時的変化の違い
鶴喰 涼, 寒川 美奈, 石田 優子, 大場 健裕, 山口 瑞輝, 山中 正紀, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S165-S165   Oct 2015
【膝関節靱帯損傷の保存療法】 膝関節靱帯損傷の基礎 損傷靱帯の修復過程
片岡 義明, 遠山 晴一
臨床スポーツ医学   32(9) 830-834   Sep 2015
Drop vertical jump着地動作修正介入が膝関節kineticsおよびジャンプパフォーマンスに与える効果
南 茂幸, 山中 正紀, 石田 知也, 谷口 翔平, 上野 亮, 生田 亮平, 越野 裕太, 遠山 晴一
JOSKAS   40(4) 408-408   Jun 2015
片脚着地における接地後早期の膝関節外反と股関節kinematicsとの相関性の検討
生田 亮平, 石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 上野 亮, 南 茂幸, 越野 裕太, 遠山 晴一
JOSKAS   40(4) 405-405   Jun 2015
最先端の関節軟骨再生 膝関節鏡視下モザイク形成術の臨床成績に関する文献学的検討
中川 晃一, 遠山 晴一, 岩堀 裕介, 内田 宗志, 高尾 昌人, 津田 英一, 中前 敦雄, 中村 俊康, 前 達雄, 望月 由, 宗田 大, JOSKASガイドライン策定委員会
JOSKAS   40(4) 113-113   Jun 2015
脳外傷による高次脳機能障害の就労と神経心理学的検査の比較
飯田 有紀, 井口 大暢, 大森 紅己子, 安彦 かがり, 千葉 春子, 磯山 浩孝, 新明 史江, 松尾 雄一郎, 遠山 晴一, 池田 聡, 生駒 一憲
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S351-S351   May 2015
脳外傷と低酸素脳症による高次脳機能障害の神経心理学的検査の比較
飯田 有紀, 井口 大暢, 大森 紅己子, 安彦 かがり, 千葉 春子, 磯山 浩孝, 新明 史江, 松尾 雄一郎, 遠山 晴一, 池田 聡, 生駒 一憲
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S346-S346   May 2015
ポリオ後症候群と鑑別を要した黄色靱帯血腫の1例
大森 紅己子, 松尾 雄一郎, 井口 大暢, 飯田 有紀, 安彦 かがり, 千葉 春子, 磯山 浩孝, 池田 聡, 遠山 晴一, 生駒 一憲
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S216-S216   May 2015
千葉 健, 山中 正紀, 斉藤 展士, 田村 紘一, 佐橋 健人, 堀 享一, 由利 真, 遠山 晴一
理学療法学   42(Suppl.2) P2-A   Apr 2015
横山 美翔, 寒川 美奈, 堤 香織, 田中 茉衣, 遠山 晴一
理学療法学   42(Suppl.2) P1-B   Apr 2015
三浦 拓也, 山中 正紀, 森井 康博, 寒川 美奈, 齊藤 展士, 小林 巧, 井野 拓実, 遠山 晴一
理学療法学   42(Suppl.2) O-0511   Apr 2015
【変形性膝関節症の診断と治療】 診断・評価の進歩 歩行解析 片脚立位移行動作の生体力学的検討 歩行動作の評価および動作修正の指標
千葉 健, 山中 正紀, 遠山 晴一
別冊整形外科   (67) 76-79   Apr 2015
【膝スポーツ外傷update】 内・外側靱帯損傷に関する最近の知見 自家半腱様筋腱ハイブリッド代用材料を用いた内側側副靱帯再建術
河口 泰之, 遠山 晴一, 北村 信人, 小野寺 純, 近藤 英司, 安田 和則
関節外科   34(3) 271-277   Mar 2015
被殻出血後のCentral poststroke pain(CPSP)に対して,高頻度磁気刺激で効果があった1例
大森 紅己子, 井口 大暢, 飯田 有紀, 安彦 かがり, 千葉 春子, 磯山 浩孝, 松尾 雄一郎, 池田 聡, 遠山 晴一, 生駒 一憲
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(1) 69-69   Jan 2015
ジストニアにウォークエイド訓練を施行した1例
井口 大暢, 生駒 一憲, 池田 聡, 遠山 晴一, 松尾 雄一郎, 磯山 浩孝, 千葉 春子, 安彦 かがり, 飯田 有紀, 大森 紅己子
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(1) 69-69   Jan 2015
3D-CTを用いたポイントクラスター法の誤差検証 体表からの骨ランドマーク同定誤差が膝関節kinematicの算出結果に与える影響
井野 拓実, 大角 侑平, 小竹 諭, 上原 桐乃, 矢野 結佳子, 吉田 俊教, 遠山 晴一, 川上 健作, 前田 龍智, 鈴木 航, 今淵 隆誠, 大越 康充, 鈴木 昭二
北海道整形災害外科学会雑誌   56(1) 66-67   Dec 2014
関節リウマチ患者におけるアルミナ・セラミックLFA人工膝関節の15年以上臨床成績
北村 信人, 近藤 英司, 小野寺 純, 河口 泰之, 横田 正司, 遠山 晴一, 安田 和則
北海道整形災害外科学会雑誌   56(1) 60-60   Dec 2014
【スポーツ選手の半月板損傷-復帰に向けた診療ガイド-】 治療総論 半月板損傷におけるバイオメカニクス
遠山 晴一
臨床スポーツ医学   31(12) 1120-1124   Dec 2014
マルチセグメントモデルを用いた歩行時の内側縦アーチと足部運動の検討
奥貫 拓実, 山中 正紀, 越野 裕太, 江沢 侑也, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S218-S218   Oct 2014
慢性足関節不安定性症例における機能的不安定性の重症度が片脚ジャンプ着地時の足関節キネマティクスに与える影響
越野 裕太, 山中 正紀, 江沢 侑也, 石田 知也, 寒川 美奈, 井上 雅之, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S216-S216   Oct 2014
立位姿勢が骨盤底筋収縮時の骨盤底挙上量へ与える影響
宮部 瑤子, 寒川 美奈, 横山 美翔, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S209-S209   Oct 2014
骨盤傾斜が骨盤底筋収縮時の骨盤底挙上へ与える影響
牟田 奈央, 寒川 美奈, 横山 美翔, 宮部 瑤子, 山中 正紀, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S209-S209   Oct 2014
Drop vertical jumpにおける膝関節周囲筋の接地前筋活動が膝関節外反に与える影響
生田 亮平, 山中 正紀, 石田 知也, 谷口 翔平, 越野 裕太, 上野 亮, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S175-S175   Oct 2014
Drop vertical jumpにおける膝外反が膝前十字靱帯の伸長に与える影響
上野 亮, 山中 正紀, 石田 知也, 谷口 翔平, 生田 亮平, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S175-S175   Oct 2014
ウォーミングアップがダイナミックストレッチングの筋硬度に対する効果に与える影響
寒川 美奈, 宮部 瑤子, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S160-S160   Oct 2014
スタティックストレッチングが筋腱複合体伸張性に与える効果に関する性差の検討
横山 美翔, 寒川 美奈, 牟田 奈央, 宮部 瑤子, 山中 正紀, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S159-S159   Oct 2014
Drop Vertical Jumpにおける着地動作時の股関節内旋が膝関節外反に与える影響
石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 越野 裕太, 寒川 美奈, 松本 尚, 青木 喜満, 遠山 晴一
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S124-S124   Oct 2014
ビデオプログラムによる運動療法の変形性膝関節症に対する長期的効果の検討
黄 于庭, 遠山 晴一
運動器リハビリテーション   25(3) 272-278   Oct 2014
DVDプログラムによるホームエクササイズの変形性膝関節症に対する長期的効果を検討するため、経過観察期間2年のSLR訓練との無作為割付比較試験を変形性膝関節症症例107例に行った。その結果、本ビデオを用いた運動療法はSLR訓練に比し、6ヵ月まで有意に高い訓練遵守を認め、膝痛および身体機能を2年まで有意に改善させた。一方、本運動療法介入は膝内反変形のX線学的進行を抑止することができないことが明らかになった。(著者抄録)
【運動器を評価する-現場で使える最新評価法活用術-】 部位別の評価法 膝関節靱帯損傷における疾患・機能の評価法とその活用
遠山 晴一
関節外科   33(10月増刊) 82-97   Oct 2014
Star Excursion Balance Test側方リーチ時の下肢関節角度、内的モーメントとリーチ距離との関係
谷口 翔平, 山中 正紀, 石田 知也, 生田 亮平, 遠山 晴一
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   34(4) 553-553   Aug 2014
着地後ジャンプ動作の有無が着地時の下肢関節運動に与える効果
石田 知也, 山中 正紀, 谷口 翔平, 越野 裕太, 寒川 美奈, 齊藤 展士, 小林 巧, 松本 尚, 青木 喜満, 遠山 晴一
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   34(4) 552-552   Aug 2014

Books etc

 
THE ANTERIOR CRUCIATE LIGAMENT: RECONSTRUCTION AND BASIC SCIENCE, 2nd Edition
TOHYAMA Harukazu (Part:Contributor, Growth Factors and Other New Methods for Graft Healing Enhancement, p.569-p.572)
Elsevier   2017   
The Knee Joint: Surgical Techniques and Strategies
TOHYAMA Harukazu (Part:Contributor, Basic science of ligament healing. p. 43-p.50)
Springer   2012   
BIOMECHAVICS IN APPLICATIONS
TOHYAMA Harukazu (Part:Contributor, Application of Growth Factors for Enhancement of Mechanical Strength of Grafted Tendon Following Annterior Cruciate Ligament Reconstruction, p.83-p.100)
INTECH   2011   

Research Grants & Projects

 
The effects of mechanical stress on biological response of tendon fibroblasts and extracellular matrix of the tendon tissues
Project Year: 1999