豊田 威信

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 17:29
 
アバター
研究者氏名
豊田 威信
 
トヨタ タケノブ
eメール
toyotalowtem.hokudai.ac.jp
URL
http://climbsd.lowtem.hokudai.ac.jp/group/toyota/index.html
所属
北海道大学
部署
低温科学研究所 水・物質循環研究部門
職名
助教
学位
博士(地球環境科学)(北海道大学), 理学修士(東京大学)
科研費研究者番号
80312411

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1991年
 札幌管区気象台 技術部 職員(技術系)
 
1991年
 - 
1995年
 気象庁 海洋気象部 職員(技術系)
 
1999年
 - 
2007年
 北海道大学 低温科学研究所 助手
 
2007年
   
 
- 北海道大学 低温科学研究所 助教
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1987年3月
東京大学 理学系研究科修士課程 
 
1995年4月
 - 
1998年12月
北海道大学 地球環境科学研究科博士課程 
 

委員歴

 
2001年
 - 
2003年
日本雪氷学会 北海道支部  会計幹事
 

論文

 
Winter iron supply processes fueling spring phytoplankton growth in a sub-polar marginal sea, the Sea of Okhotsk: Importance of sea ice and the East Sakhalin Current
Kanna, N., Y. Sibano, T. Toyota, and J. Nishioka
Marine Chemistry   206 109-120   2018年10月   [査読有り]
Estimation of sea-ice thickness and volume in the Sea of Okhotsk based on ICESat data
Nihashi, S., N.T. Kurtz, T. Markus, K.I. Ohshima, K. Tateyama, and T. Toyota
Annals of Glacilogy   59(76) 101-111   2018年4月   [査読有り]
Toyota, T., and N. Kimura
Journal of Geophysical Research: Oceans   123(2) 1406-1428   2018年2月   [査読有り]
The role of snow in the thickening processes of lake ice at Lake Abashiri, Hokkaido, Japan
Ohata, Y., T. Toyota, and A.D. Fraser
Tellus A: Dynamic Meteorology and Oceanography   69(1) 1391655-doi: 10.1080/16000870.2017.139   2017年11月   [査読有り]
Toyota, T., A.L. Kohout, and A.D. Fraser
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   131 28-40   2016年9月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ltd To understand the behavior of the Seasonal Ice Zone (SIZ), which is composed of sea-ice floes of various sizes, knowledge of the floe size distribution (FSD) is important. In particular, FSD in the Marginal Ice Zone (MIZ), cont...
Kohout, A.L., M.J.M. Williams, T. Toyota, J. Lieser, and J. Hutchings
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   131 22-27   2016年9月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ltd Ocean waves can propagate hundreds of kilometers into sea ice, leaving behind a wake of broken ice floes. Three floe breakup events were observed during the second Sea Ice Physics and Ecosystem Experiment (SIPEX-2). We show tha...
Lecomte, O., and T. Toyota
Deep-Sea Research Part II   131 68-74   2016年9月   [査読有り]
Toyota, T., R. Massom, O. Lecomte, D. Nomura, P. Heil, T. Tamura, and A.D. Fraser
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   131 53-67   2016年9月   [査読有り]
© 2016 Elsevier Ltd. In late winter-early spring 2012, the second Sea Ice Physics and Ecosystems Experiment (SIPEX II) was conducted off Wilkes Land, East Antarctica, onboard R/V Aurora Australis. The sea-ice conditions were characterized by signi...
Ohata, Y., T. Toyota, and T. Shiraiwa
Journal of Glaciology   62(233) 563-578   2016年6月   [査読有り]
© The Author(s) 2016. Lake-ice properties at Lake Abashiri, Hokkaido, Japan, were examined using field observations and a 1-D thermodynamic model to clarify formation processes at mid-latitudes subject to significant snowfall as well as moderate a...
Williams, G. D., A. D. Fraser, A. Lucieer, D. Turner, E. Cougnon, P. Kimball, T. Toyota, T. Maksym, H. Singh, F. Nitsche, and M. Paget
Eos   97(5) 17-21   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
2017年秋季極域・寒冷域研究連絡会 の報告~数十年スケールで見る環オホーツク域の海氷研究~
猪上淳、中野渡拓也、豊田威信、岩本勉之
天気   65(7) 491-495   2018年7月
Properties of deformed sea ice area in the southern Sea of Okhotsk derived from satellite SAR images
Toyota, T., and J. Ishiyama
Proceedings of the 33rd International Symposium on Okhotsk Sea & Polar Oceans 2018   207-210   2018年2月
Changes of Sea-Ice nomenclature from WMO 1970 to WMO 2014 -What is the English name of “Ryuhyo” (in Japanese)?
Takahashi, S., and T. Toyota
Proceedings of the 33rd International Symposium on Okhotsk Sea & Polar Oceans 2018   322-325   2018年2月
The role of snow-ice in the thickening processes of lake ice at Lake Abashiri, Hokkaido, Japan
Ohata, Y., T. Toyota, A.D. Fraser, and T. Shiraiwa
Proceedings of the 23rd IAHR International Symposium on Ice   1-8   2016年6月   [査読有り]
Tank experiments on the granular ice formation processes
Toyota, T., and H. Koda
Proceedings of the 23rd IAHR International Symposium on Ice   1-8   2016年6月   [査読有り]
オホーツク海における海氷が関わる鉄の供給過程 の解明
漢那直也、西岡純、豊田威信
低温科学   74 105-114   2016年3月   [査読有り]
Field observations of impingign seawater spray using sea spray meters, - Case study of the icebreaker Soya -
Ozeki, T., Y. Yashiro, G. Sagawa, K. Tateyama, and T. Toyota
Proceedings of The 31st International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice   182-185   2016年2月
The formation process of granular ice of the seawater in laboratory experiments
Koda, H., and T. Toyota
Proceedings of The 29th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice   135-137   2014年2月
On the validity of the sea ice rheology by Hibler for the Sea of Okhotsk ice
Toyota, T., and N. Kimura
Proceedings of The 28th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice   91-94   2013年2月
Possibility of ice thickness retrieval in the Okhotsk Sea and the Lincoln Sea using ALOS/PALSAR
Toyota, T., and C. Haas
Proceedings of The 26th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice   63-66   2011年2月

書籍等出版物

 
海洋観測ガイドライン
豊田 威信 (担当:分担執筆, 範囲:第7巻第5章「海氷」)
日本海洋学会編   2018年2月   
低温環境の科学事典
豊田 威信 (担当:分担執筆, 範囲:第5章「海洋物理・海氷」)
朝倉書店   2016年7月   
低温科学便覧
豊田 威信 (担当:分担執筆, 範囲:第9章「大気と海洋・ 海氷の相互作用、地球温暖化~海氷の関わる素過程について~」)
丸善出版   2015年10月   
新版 雪氷辞典
豊田 威信 (担当:分担執筆, 範囲:フロストフラワー他)
古今書院   2014年3月   
Advances in Geoscience and Remote Sensing
Toyota, T. (担当:分担執筆, 範囲:Application of remote sensing to the estimation of sea ice thickness distribution)
In-Teh   2009年   
A study on growth processes of sea ice in the southern Sea of Okhotsk
VDM Verlag   2009年   
気象研究ノート
猪上淳,豊田威信 (担当:分担執筆, 範囲:海氷域の熱フラックスの観測)
日本気象学会   2007年8月   
国際雲図帳(1988年版)・第2巻(WMO)の和訳
豊田 威信 (担当:単訳)
札幌管区気象台   1990年3月   
国際雲図帳(1956年版)・第2巻(WMO)の和訳
豊田 威信 (担当:単訳)
札幌管区気象台   1989年3月   

講演・口頭発表等

 
An examination of the sea ice rheology for the seasonal ice zones, based on ice drift and thickness observations [招待有り]
Toyota, T., and N. Kimura
MOSAiC Science Workshop   2018年5月29日   
Properties of deformed sea ice area in the southern Sea of Okhotsk derived from satellite SAR images
Toyota, T. and J. Ishiyama
The 33rd International Symposium on Okhotsk Sea & Polar Oceans   2018年2月20日   
Changes of Sea-Ice Nomenclature from WMO 1970 to WMO 2014 -What is the English name of “Ryuhyo” (in Japanese)?
Takahashi, S. and T. Toyota
The 33rd International Symposium on Okhotsk Sea & Polar Oceans   2018年2月19日   
Some results on sea ice rheology for the seasonal ice zone, obtained from the deformation field of sea ice drift pattern [招待有り]
Toyota, T., and N. Kimura
American Geophysical Union 2017 Fall Meeting   2017年12月13日   
What is the English name of “Ryuhyo” (in Japanese)? - Changes of WMO Sea-ice Nomenclature –
高橋修平、豊田威信
The Eighth Symposium on Polar Science   2017年12月5日   
砕氷巡視船「そうや」を用いたオホーツク海氷観測研究 [招待有り]
豊田 威信
極域・寒冷域研究連絡会(日本気象学会2017年度秋季大会)   2017年10月30日   
アイスバンドの融解について
佐伯立、三寺史夫、馬目歩美、豊田威信、木村詞明
日本海洋学会2017年度秋季大会   2017年10月16日   
漂流速度分布から見た季節海氷域における海氷レオロジーに関す る一考察
豊田威信、木村詞明
日本海洋学会2017年度秋季大会   2017年10月15日   
「流氷」の英語は Pack ice かDrift ice か? −WMO海氷用語の変化−
高橋修平、豊田威信
雪氷研究大会   2017年9月26日   
衛星SAR画像を用いたオホーツク海南部海氷域における変形氷分布の抽出 −季節海氷域の力学過程の解明に向けて−
石山惇応、豊田威信
雪氷研究大会   2017年9月26日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
オホーツク海海氷域の現場観測
その他   1996年2月 - 2018年2月
南極ウィルクスランド沖海氷の特性に関する国際共同観測(2)
その他   2012年9月 - 2012年11月
南極ウィルクスランド沖海氷の特性に関する国際共同観測
その他   2007年9月 - 2007年10月
南極ウェッデル海における海氷や積雪の特性の調査
その他   2006年8月 - 2006年10月
北極海航路開発調査研究
その他   1995年8月

競争的資金等の研究課題

 
衛星と現場観測による氷厚分布変動の監視および季節海氷域の海氷力学過程の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 豊田 威信
氷縁域における波ー海氷相互作用および氷盤分布の形成過程に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 豊田 威信
PALSARを用いた季節海氷域の氷厚分布推定アルゴリズムの開発
宇宙航空研究開発機構: ALOSデータ利用公募型共同研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 豊田 威信
海氷生産量のグローバルマッピングとモニタリング構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(S)
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月    代表者: 大島 慶一郎
季節海氷域の氷厚グローバルマッピングおよび数値海氷モデルへの応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 豊田 威信
氷縁域における波ー海氷相互作用および氷盤分布との関わりに関する研究
日本学術振興会: 特定国派遣研究者
研究期間: 2011年7月 - 2011年9月    代表者: 豊田 威信
季節海氷域の実態に基づく数値海氷モデルの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 豊田 威信
酸素安定同位体比測定による南極底層水低塩化過程と淡水循環変動の実態把握
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月    代表者: 青木 茂
海氷生成と融解に伴う大気への二酸化炭素放出・吸収に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 萌芽研究
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 吉川 久幸
粒状海氷の諸特性と大気・海洋への影響評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 河村 俊行

社会貢献活動

 
札幌管区気象台談話会
【講師】  札幌管区気象台  2015年12月22日
北海道学力向上プロジェクト
【講師】  北海道札幌北陵高等学校  2015年1月27日
低温科学研究所公開講座
【講師】  北海道大学 低温科学研究所  2014年10月6日