須田 善行

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/22 11:17
 
アバター
研究者氏名
須田 善行
 
スダ ヨシユキ
URL
https://www.tut.ac.jp/university/faculty/ee/125.html
所属
豊橋技術科学大学大学院
部署
大学院工学研究科 電気・電子情報工学系
職名
准教授
学位
博士(工学)(北海道大学)
ORCID ID
0000-0001-9158-546X

プロフィール

1971年名古屋市生まれ。1997年に北海道大学大学院工学研究科電子情報工学専攻修士課程を修了。以後、パロマ工業株式会社、北海道大学大学院工学研究科助手、同大学院情報科学研究科助教を経て、2008年から豊橋技術科学大学電気・電子情報工学系准教授。
主として、1)カーボンナノコイルなどの炭素ナノ材料の合成と応用、2)大気圧プラズマを用いた基礎的検討と応用の研究に取り組む。収束イオンビーム加工観察装置(FIB)を利用した単一ナノ粒子の物性測定、燃料電池や電気二重層キャパシタなどのエネルギーデバイスの開発、炭素ナノ材料を用いた電磁波吸収体や電界電子放出素子の開発、生体モデル物質に対する大気圧プラズマの影響の検討、プラズマ解析に基づくカーボンナノチューブ成長のモデル化、レーザーアブレーションによる炭素ナノ材料の合成、微小重力環境下における極低温液体の挙動の検討、などの研究成果をこれまでに論文発表。
応用物理学会、フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会、電気学会、電気化学会会員。博士(工学)。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学系 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
北海道大学大学院情報科学研究科  助教
 
2004年4月
 - 
2007年3月
北海道大学大学院情報科学研究科  助手
 
1998年6月
 - 
2004年3月
北海道大学大学院工学研究科  助手
 

学歴

 
 
 - 
1997年
北海道大学 工学研究科 電子情報工学
 
 
 - 
1994年
北海道大学 工学部 電気工学
 

委員歴

 
2017年
 - 
2018年
ISPlasma2018組織委員会  ISPlasma2018プログラム委員会
 
2016年
 - 
2017年
ISPlasma2017組織委員会  ISPlasma2017プログラム委員会
 
2015年
 - 
2016年
ISPlasma2016組織委員会  ISPlasma2016プログラム委員会
 
2014年
 - 
2016年
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員および国際事業委員会書面審査員・書面評価員
 
2014年
 - 
2015年
ISPlasma2015組織委員会  ISPlasma2015 サブセッション「バイオ表面」オーガナイザー
 

受賞

 
2016年11月
日本ばね学会 日本ばね学会賞「技術賞」
 
2014年12月
Materials Research Society 2014 MRS Fall Meeting Best Poster Nominee Synthesis of Multi-Walled Carbon Nanotube/Nanocoil Hybrid by Chemical Vapor Deposition Using Fe/Sn Catalyst
 
2014年11月
神戸市立工業高等専門学校 神戸高専産学官金技術フォーラム’14 優秀発表賞
 
2008年8月
電気学会 電気学会優秀論文発表賞
 
2007年11月
2007 Japan-Korea Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering Best Paper Presentation Award
 

論文

 
H. Nishii, D. Miyamoto, Y. Umeda, H. Hamaguchi, M. Suzuki, T. Tanimoto, T. Harigai, H. Takikawa, Y. Suda
Applied Surface Science   473, pp.291-297(号)    2019年   [査読有り]
プラズマおよび気相成長を用いたナノ材料合成
須田善行
J. Plasma Fusion Res.   Vol.94, No.11 (2018)567‐569 567-589   2018年   [査読有り]
T. Imai, T. Harigai, T. Tanimoto, R. Isono, Y. Iijima, Y. Suda, H. Takikawa, M. Kamiya, M. Taki, Y. Hasegawa, S. Kaneko, S. Kunitsugu, M. Ito
Vacuum      2018年   [査読有り]
Yushi Iijima, Toru Harigai, Ryo Isono, Takahiro Imai, Yoshiyuki Suda, Hirofumi Takikawa, Masao Kamiya, Makoto Taki, Yushi Hasegawa, Nobuhiro Tsuji, Satoru Kaneko, Shinsuke Kunitsugu, Hitoe Habuchi, Shuji Kiyohara, Mikio Ito, Sam Yick, Avi Bendavid, and Phil Martin
Japanese Journal of Applied Physics   57, 01AE07    2018年   [査読有り]
Y. Suda, R. Matsuo, T. Yoshii, S. Yasudomi, T. Tanimoto, T. Harigai, H. Takikawa, T. Setaka, K. Matsuda, K. Suizu, H. Shima
AIP Conference Proceedings   1929, pp.020021-1-7    2018年   [査読有り]
Y. Iijima, T. Harigai, R. Isono, S. Degai, T. Tanimoto, Y. Suda, H. Takikawa, H. Yasui, S. Kaneko, S. Kunitsugu, M. Kamiya, M. Taki
AIP Conference Proceedings   1929, pp.020024-1-8    2018年   [査読有り]
R. Isono, T. Tanimoto, Y. Iijima, S. Aziz Kusumawan, T. Harigai, Y. Suda, H. Takikawa, M. Kamiya, S. Kaneko, S. Kunitsugu, M. Taki
AIP Conference Proceedings   1929, pp.020019-1-7    2018年   [査読有り]
T. Nakaso, T. Harigai, S. Aziz Kusumawan, T. Shimomura, T. Tanimoto, Y. Suda, H. Takikawa
AIP Conference Proceedings   1929, pp.020016-1-6    2018年   [査読有り]
Ryo Isono, Tsuyoshi Tanimoto, Yushi Iijima, Toru Harigai, Yoshiyuki Suda, Hirofumi Takikawa, Satoru Kaneko
Materials Sciences and Applications   8(13) 966-978   2017年   [査読有り]
温度補償を施した太陽電池簡易日射計の開発
針谷 達, 平岩 剛, 須田 善行, 滝川 浩史
電気学会論文誌A   137(11) 674-675   2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
電磁波吸収・シールド材料の設計、評価技術と最新ノイズ対策
須田善行, 滝川浩史, 江口宇三郎 (担当:分担執筆, 範囲:多層カーボンナノコイルの電磁波吸収特性)
技術情報協会   2016年9月   
Advances in Nanotechnology, Edition: Volume 15
須田 善行 (担当:共著, 範囲:Use of Carbon Nanocoils as a Catalyst Support in Fuel Cells)
Nova Science Publishers   2016年5月   
Advanced Computational Nanomechanics
須田 善行 (担当:分担執筆, 範囲:Mechanics of Helical Carbon Nanomaterials)
John Wiley & Sons   2015年12月   
CRC Concise Encyclopedia of Nanotechnology
須田 善行 (担当:共著, 範囲:Arc Discharge: Arc Discharge Synthesis of Carbon Nanomaterials for Energy Device Application)
CRC Press   2015年12月   ISBN:9781466580343
Arc discharges generate thermal equilibrium plasma, and they are recognized as ideal sources of atomic particles. In addition, their reaction fields can be used for nanometer-scale material (nanomaterial) synthesis. In this chapter, we describe th...
Carbon Nanotubes Applications on Electron Devices
須田 善行 (担当:分担執筆, 範囲:Syntheses and Electronic Applications of Helical Carbon Nanofibers)
InTech   2011年8月   ISBN:978-953-307-496-2
http://www.intechopen.com/books/carbon-nanotubes-applications-on-electron-devices/syntheses-and-electronic-applications-of-helical-carbon-nanofibers

講演・口頭発表等

 
メソポーラスカーボンまたはカーボンブラックを用いたメタン熱分解における 細孔パラメータと水素生成量の相関
宮本大 ,梅田良人 ,濱口裕昭 、鈴木正史 ,針谷達 ,谷本壮 ,滝川浩史 ,須田善行
第45回 炭素材料学会年会   2018年12月   
Possibility of pore formation in supported lipid bilayer by plasma-induced long-lived reactive species in liquid phase
Fumiya Oike, Ryugo Tero, Toru Harigai, Tsuyoshi Tanimoto, Hirofumi Takikawa, Yoshiyuki Suda
The 2018 MRS Fall Meeting and Exhibit   2018年11月   
Hydrogen Production by Methane Decomposition over Carbon Catalysts with Different Structures
Dai Miyamoto, Haruki Nishii, Yoshito Umeda, Hiroaki Hamaguchi, Masashi Suzuki, Toru Harigai, Tsuyoshi Tanimoto, Hirofumi Takikawa, Yoshiyuki Suda
The 2018 MRS Fall Meeting and Exhibit   2018年11月   
誘電体バリア放電プラズマ照射による支持脂質二重膜内の小孔形成に対するgramicidinの効果
大池郁弥,針谷達,谷本壮,滝川浩史,手老龍吾,須田善行
放電/プラズマ・パルスパワー合同研究会   2018年10月   
Pore Formation of Supported Lipid Bilayer Membrane by Plasma-Induced Reactive Species
Fumiya Oike, Ryugo Tero, Toru Harigai, Tsuyoshi Tanimoto, Hirofumi Takikawa, Yoshiyuki Suda
ACSIN-14&ICSPM26   2018年10月   

競争的資金等の研究課題

 
「メタン直接分解水素製造システムの開発」
愛知県 知の拠点あいち重点研究プロジェクト: 近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト
研究期間: 2016年8月 - 2019年3月    代表者: 須田 善行
科学研究費・日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 須田 善行
科学研究費・日本学術振興会: 基盤研究(B)(一般)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 須田 善行
科学研究費・日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 須田 善行
ナノメートルサイズの単一ソレノイドコイルのインダクタンス測定
豊田理研スカラー: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 須田 善行

特許

 
特願2014-247956 : 電気二重層キャパシタならびに電極材料およびその製造方法
須田善行,水谷彰孝,滝川浩史