基本情報

所属
東北医科薬科大学 分子生体膜研究所 ・機能病態分子学教室 教授 (特任教授)
学位
薬学博士(1984年11月 福岡大学)

連絡先
jintohoku-mpu.ac.jp
通称等の別名
研究者番号
70131810
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-0703-5746
J-GLOBAL ID
200901004687741351
Researcher ID
AAW-9964-2020

外部リンク

昭和54年4月(1979) 福岡大学薬学部生化学教室助手

平成3年11月(1991) 福岡大学薬学部退職
*アンジオテンシンⅠ-変換酵素の酵素化学的性質について研究
(※昭和60年8月〜2年間ミシガン大学医学部神経化学
研究所にポストドクトラルフェローとして留学)
*スフィンゴ糖脂質生合成阻害剤について研究

平成3年12月(1991) 生化学工業株式会社東京研究所主任研究員

平成10年3月(1998) 生化学工業株式会社東京研究所退職
*スフィンゴ糖脂質生合成阻害剤および促進剤の開発と応用に関する研究

平成10年4月(1998) 北海道大学大学院薬学研究科助教授
* スフィンゴ糖脂質の生理的および病態生理学的意義の解明と医療への応用

平成15年10月(2003)〜 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究領域「糖鎖の生物機能の解明と利用技術」
研究課題「マイクロドメイン機能異常にもとづく2型糖尿病の病態解明」

平成18年3月(2006) 北海道大学大学院薬学研究科退職

平成18年4月(2006) 東北薬科大学 分子生体膜研究所・
機能病態分子学教室・教授

平成26年4月(2014) 東北薬科大学 分子生体膜研究所・所長
機能病態分子学教室・教授

平成28年4月 (2016) 東北医科薬科大学 分子生体膜研究所・所長
機能病態分子学教室・教授 

令和元年4月(2019) 東北医科薬科大学 分子生体膜研究所・
機能病態分子学教室・特任教授 

現在に至る


論文

  148

MISC

  51

講演・口頭発表等

  31

担当経験のある科目(授業)

  4

共同研究・競争的資金等の研究課題

  24