WATANABE Masaru

J-GLOBAL         Last updated: Nov 8, 2018 at 10:14
 
Avatar
Name
WATANABE Masaru
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/e0d69f19157347018900d65cc240f398.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Research Center of Supercritical Fluid Technology System Development
Job title
Associate Professor
Degree
博士(工学)(Tohoku University), 修士(理工学)(Meiji University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Jan 1999
化学工学, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1993
工業化学科, Faculty of Science and Engineering, Meiji University
 
 
 - 
Mar 1995
工業化学専攻, Graduate School, Division of Science and Engineering, Meiji University
 

Committee Memberships

 
Mar 2007
 - 
Today
日本化学会 平成19年度グランプリ・オリンピック委員会  東北支部担当委員
 
Apr 2011
 - 
Today
化学工学会超臨界流体部会  幹事
 
Apr 2012
 - 
Today
日本化学会化学グランプリ2次選考実行委員  実行委員
 
Apr 2016
 - 
Today
化学工学会  代議員
 
Apr 2009
 - 
Mar 2011
化学工学会  化学工学会誌編集委員
 

Awards & Honors

 
Mar 2012
化学工学:社会を変える知的ツール, 化学工学会75周年記念懸賞論文優秀賞, 化学工学会
 
Dec 2002
青葉工学振興会 第8回研究奨励賞, 青葉工学振興会
 
Jan 2007
Best Poster Award, The Engineering Ceramics Division Best Poster Award: Second Place, The American Ceramic Society
Winner: Levy Caroline, Kiwamu Sue, Masaru Watanabe, Yuichi Aizawa, Hiroshi Inomata
 
Oct 2008
Poster Prize, Poster Award:Green Solvens 2008, Science committee of Green Solvents Conference
Winner: Masaru Watanabe, Xinhua Qi, Taku M. Aida, Richard Lee Smith, Jr.
 
Oct 2012
マイクロ波加熱による高温高圧水中でのグルコースの固体塩基触媒反応, 第六回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム JEMEAベストポスター賞, 特定非営利活動法人電磁波エネルギー応用学会
Winner: 北嶋治之、Richard Lee Smith Jr.、渡邉賢、相田卓、松田詩穂
 

Published Papers

 
Noble metal-free upgrading of multi-unsaturated biomass derivatives at room temperature: Silyl species enable reactivity
Hu Li, Wenfeng Zhao, Wenshuai Dai, Jingxuan Long, Masaru Watanabe, Sebastian Meier, Shunmugavel Saravanamurugan, Song Yang and Anders Riisager
Green Chemistry      Oct 2018   [Refereed]
Hydrothermal Extraction of Antioxidant Compounds from Green 2 Coffee Beans and Decomposition Kinetics of 3‐o‐Caffeoylquinic Acid
Takafumi Sato, Takuya Takahata, Tetsuo Honma, Masaru Watanabe, Masayoshi Wagatsuma, Shiho Matsuda, Richard Lee Smith, Jr., Naotsugu Itoh
Industrial & Engineering Chemistry Research      May 2018   [Refereed]
Masaru Watanabe, Takafumi Sato, Hiroshi Inomata, Richard Lee Smith, Jr., Kunio Arai, Andrea Kruse, Eckherd Dinjus
Chemical Reviews   104 5803-5821   Dec 2004   [Refereed][Invited]
Xinhua Qi, Masaru Watanabe, Taku M. Aida, Richard L. Smith Jr.
Catalysis Communications   9 2244-2249   Jul 2008   [Refereed]
Masaru Watanabe, Tadafumi Adschiri, Kunio Arai
Industrial and Engineering Chemistry Research   40(9) 2027-2036   Oct 2001   [Refereed]

Misc

 
Decomposition of Plastics in High Pressure High Temperature Water
Masaru Watanabe, Yasuaki Matsuo, Hiroshi Inomata, Manabu Okuyama
Chemical Engineering   55(11) 55 (863)-61 (869)   Nov 2010
Material Circulation Process for Sustainabilityof the Earth
Masaru Watanabe
Jananese Journal of Multiphase flow   21(1) 4-12   Mar 2007
Biomass conversion with metal oxides in high-temperature and high-pressure water
Masaru Watanabe
water   48-9 2-17   Jun 2006
NOx利用し新光源
Masaru Watanabe, Mikita Ishii
化学と工業   47(9) 1170-1173   Sep 1994
化学工学年鑑2014
渡邉 賢
化学工学   78(10) 709-716   Oct 2014

Books etc

 
化学便覧 応用化学編 第7版
渡邉 賢 (Part:Joint Work, 4.6.1「超高圧反応」および4.6.2「亜臨界・超臨界流体反応」)
丸善出版   Jan 2014   ISBN:978-4-621-09701-4
Safety Guide to Chemical Experiments
NPO法人RHESE研究会編:大島義人、大友順一郎、北村規明、斎藤英弥、春原伸次、富田賢吾、山本仁、吉識肇、渡邉賢 (Part:Joint Work)
講談社サイエンティフィク   Aug 2010   
超臨界流体入門
化学工学会超臨界流体部会 編 (Part:Joint Work, 第6章(反応)99〜102および108〜109)
丸善株式会社   Dec 2008   
Microwave apparatus for kinetic studies and in-situ observations in hydrothermal or high-pressure ionic liquid system: setup and some experimental results concerning biomass conversion
Masaru Watanabe, Xinhua Qi, Taku M. Aida, Richard L. Smith (Part:Joint Work)
InTech   Mar 2012   
Application of Hydrothermal Reactions to Biomass Conversion
Masaru Watanabe, Taku M. Aida, Richard Lee Smith, Jr. (Part:Joint Work, Review of Biomass Conversion in High Pressure High Temperature Water (HHW) Including Recent Experimental Results (Isomerization and Carbonization))
Springer   Apr 2014   ISBN:978-3-642-54457-6

Conference Activities & Talks

 
Hydrothermal Leaching of LiCoO2 in the Presence of Citric Acid
Masaru Watanabe, Tatsuya Aikawa, Masayoshi Wagatsuma, Daiki Azuma and Richard Lee Smith, Jr.
5th International Symposium & Exhibition on Aqua Science and Water Resources (ISASWR’17)   8 Aug 2017   
Hydroxymethylfurfural production from cellulose via 3-step reaction in ionic liquid-water mixture
Masaru Watanabe, Shiho Matsuda, Taku M. Aida, Smith Richard Lee Jr.
7th Green Solvents Conference   19 Oct 2014   
Method to form activated carbon from waste wood using partial oxidation in high-temperature wate
Masaru Watanabe, Rui Takeuchi, Smith Richard Lee Jr., Hiroshi Inomata, Toshiyuki Takaya. Shushi Sato
7th Green Solvents Conference   19 Oct 2014   
高リグニン含有木質バイオマスの水熱可溶化に関する速度論的検討
金栗幸宏, 宮本典彦, 渡邉賢, 猪股宏, リチャード・スミス
化学工学会 第46回秋季大会   17 Sep 2014   
木質由来炭化物に対する水熱処理の影響
竹内塁、渡邉賢、高谷敏彦、佐藤周史、猪股宏、R.L. Smith Jr.
化学工学会 第46回秋季大会   17 Sep 2014   

Research Grants & Projects

 
Study on decomposition of hydrocarbon in supercritial water
Project Year: Apr 1995   
Gasification of organics with catalysts in supercritical water
Project Year: Apr 2000 - Today
高温高圧流体による天然物高付加価値化
Project Year: Apr 2006 - Today
study on organic synthesis in supercritical fluids
Project Year: Apr 2000 - Today

Patents

 
特許第5049764号 : マイクロ波による水熱反応可視方法及び同方法に用いる水熱反応可視用セル
渡邉 賢、漆 新華、辻 勝章
特開2011-219626 : 芳香族ポリカーボネートの連続的分解方法およびその装置
近藤 史崇 山中 克浩 猪股 宏 渡邉 賢 松尾 康輝
特許第4835928号 : 炊飯方法
渡邉賢、猪股宏、中原光一
特許公開2011-178851 : 耐水性リグニン炭化物及びこれを含有したプラスチック材料
芦原 新吾、後藤 敏晴、中山 明成、渡邉 賢、相楽 龍也

Social Contribution

 
平成22年度 第5回ジュニア化学への招待—楽しい化学実験室—
[Others]  19 Feb 2011
小学生を対象に、二酸化炭素の不思議と題して公開実験を行った。具体的には、ドライアイスを温めることで気体上の二酸化炭素を発生させ、それを風船に捕集し、空気との重さを比較した。また、二酸化炭素が入ったPET容器に水を入れ、密閉し激しく震盪することでPETが変形することから、水へ良好に溶解することを見せた。最後に、砂糖水を煮詰め、重曹を加えることでカルメ焼きを作り、二酸化炭素が発生しカラメル内に閉じ込められる様子を観察した。
化学への招待
[Others]  28 Jul 2007 - 29 Jul 2007
日本化学会東北支部主催行事である小学生〜一般を対象とした公開講座である。『高温高圧の世界にふれよう』という題目で公開実験・実習を行った。
サイエンス・パートナーシップ・プログラム(SPP)
[Others]  25 Jul 2007 - 25 Sep 2007
広瀬中学校との連携により中学生に化学の面白さを知ってもらう活動。
仙台市科学館主催 おもしろ化学の屋台村−化学展2006−
[Others]  3 Aug 2006 - 14 Aug 2006
『超高圧クッキング』と題し高速でお米を炊く様子を実演。
新化学発展協会 先端化学技術部会 講演会
[Others]  17 Mar 2009
化学分野の重要研究課題、革新的触媒や革新的プロセスの芽などを調査し、 支援して行くとの方針に基づいて活動しています。活動の背景として、 環境負荷低減(廃棄物排出量削減、有害物質の排出量削減、省エネ、など)を 常に意識して取り組みます。 こうした活動を行っている当会会員に高温高圧水の現状を紹介した。

Others

 
Oct 2016   レアメタル含有汚泥からの湿式リサイクルプロセスにおけるコスト削減技術の開発
 レアメタル含有無機汚泥に含まれるコバルト(Co)、ニッケル(Ni)、リチウム(Li)の回収技術(湿式リサイクルプロセス)に置いて、回収コストを削減した技術を開発する。現在、希少金属の回収事業としては、レアメタル市場の下落により価格が低下しており、回収コストを削減しなければ事業として成り立つことは難しいため、より低コストでの回収プロセスの開発を行う。
Oct 2012   廃材を利用した高活性炭素材料創成
資源循環型の水質浄化プロセスを構築するため、操作因子を幅広く制御可能な水熱炭化法・活性化を開発し、廃木材から高比表面積であり、さらに高機能な活性官能基を持つ活性炭を製造する技術を開発する。目標とする活性炭の性能は、比表面積500m2/g以上、砂ろ過と併用することで化学酸素要求量の除去率90%,粘土微粒子及び微生物屍骸 除去率60%以上、さらにJIS K1474の基準を満たすものとする。ラボスケールテストにより高比表面積化と官能基付与を達成させる反応条件を子細に検討し、製造した活性炭の物性および機能を調べる。反応条件を元に実証装置を設計し、製作した装置の操作性を確認した後、活性炭を0.2 m3程度試作し、プロセス実用化の検証を行う。
Oct 2012   高含水バイオマス水熱液化による燃料製造とエネルギー転換技術の開発
高含水率(含水率30~80%程度)の林地残材、食品残材であるコーヒー抽出残渣や茶葉抽出残渣、藻類などの有機性物質に関して水熱液化処理による有機物を熱水に溶解させた液化燃料の製造と、製造した液化燃料を高効率に蒸気エネルギーに転換するエネルギー転換技術の開発を行う。
Apr 2009   超臨界水酸化の反応機構に関する研究
超臨界水酸化の反応機構を検討するため、従来検討が行われていない高圧領域での超臨界水酸化実験を行ない、本反応におけるイオン反応的挙動の影響を解明する。
Feb 2008   高温高圧流体によるバイオマス由来変性技術の開発
バイオマス由来材料をケーブル被覆材として有効利用するための環境適合技術を開発する。バイオマス由来材料は一般に耐水性が悪くケーブル絶縁材料には不適である。環境適合製品に対して環境負荷の低い超臨界流体技術で上記の問題解決を目指す。