三浦 永理

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/27 17:28
 
アバター
研究者氏名
三浦 永理

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
   
 
兵庫県立大学 工学(系)研究科(研究院) 准教授
 
1999年
   
 
・April 1999 ~ March 2009 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科(歯学系) 発生分化機能再建学講座 生体材料工学分野(旧・歯科理工学講座)
 
2004年
   
 
・March 2004 – May 2004: Visiting Scholar, X-ray and Thin Films Group, Oak Ridge National Laboratory, TN, U.S.A.
 
2005年
   
 
・March 2005 – November 2006: Visiting Scholar, X-ray and Thin Films Group, Oak Oak Ridge National Laboratory, TN, U.S.A.
 

学歴

 
 
 - 
1999年
東北大学 工学研究科 材料加工学
 
 
 - 
1996年
東北大学 工学研究科 材料加工学
 
 
 - 
1994年
名古屋工業大学 工学部 材料工学
 

論文

 
小川 裕也, 三浦 永理
日本金属学会誌 = The journal of the Japan Institute of Metals and Materials   82(7) 232-239   2018年7月   [査読有り]
三浦 永理
チタン = Titanium Japan   66(2) 123-127   2018年4月
Eri Miura-Fujiwara, Yuu Suzuki, Michiko Ito, Motoko Yamada, Sinpei Matsutake, Seigo Takashima, Hisashi Sato, Yoshimi Watanabe
Japanese Journal of Applied Physics   57(1S) 01AG05   2018年1月   [査読有り]
Kanda Kazuhiro, Takamatsu Hiroki, Miura-Fujiwara Eri, Akasaka Hiroki, Saiga Akihiro, Tamada Koji
JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   57(4)    2018年4月   [査読有り]
小川 裕也, 三浦 永理
日本金属学会誌   82(7) 232-239   2018年
<p>It had been reported that Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr (TNTZ) alloy forms a dense oxide layer by high-temperature oxidation whereas CP Ti forms a multilayered oxide consisted of rutile monolayers and void layer. This morphological change is supposed to b...
Miura-Fujiwara Eri, Tanaka Yoshinobu, Harada Hiroshi, Kikuchi Takeyuki, Yamasaki Thoru
Materials Transactions   57(12) 2008-2014   2016年   [査読有り]
Ginnosuke Ina, Tatsuya Fujii, Takahiro Kozeki, Eri Miura, Shozo Inoue, Takahiro Namazu
Japanese Journal of Applied Physics   56(6S1) 06GN17   2017年   [査読有り]
三浦 永理, 原田 大志, 田中 良宣, 菊池 丈幸, 山崎 徹
日本金属学会誌   advpub(3) 70-77   2018年   [査読有り]
Miura-Fujiwara Eri, Okumura Tetsuya, Yamasaki Tohru
MATERIALS TRANSACTIONS   56(10) 38-47   2015年10月   [査読有り]
Eri Miura-Fujiwara, Keisuke Mizushima, Yoshimi Watanabe, Toshihiro Kasuga, Mitsuo Niinom
Japanese Journal of Applied Physics   53(11S) 1-11   2014年11月   [査読有り]
三浦 永理
チタン = Titanium Japan   62(4) 286-292   2014年10月
Ryo Imai, Akihiro Fujimoto, Makoto Okada, Shinji Matsui, Takahiro Yokogawa, Eri Miura, Tohru Yamasaki, Tsuneo Suzuki, Kazuhiro Kanda
Diamond and Related Materials   44 8-10   2014年4月
Surface and bulk properties' changes of a hydrogenated diamond-like carbon (H-DLC) film exposed to synchrotron radiation (SR) in the soft X-ray region were investigated by a nano-indenter, an atomic force microscope (AFM), and a combination of Rut...
Obata A, Miura-Fujiwara E, Shimizu A, Maeda H, Nakai M, Watanabe Y, Niinomi M, Kasuga T
Advances in Materials Science and Engineering   2013(2) 1-9   2013年   [査読有り]
Miura-Fujiwara E, Mizushima K, Yamada S, Watanabe Y, Kasuga T, Niinomi M, Yamasaki T
8th Pacific Rim International Congress on Advanced Materials and Processing 2013, PRICM 8   2 1543-1550   2013年   [査読有り]
渡辺 義見, 澁谷 将史, 佐藤 尚, 三浦 永理, 川森 重弘
軽金属   62(4) 153-159   2012年
In this study, as a novel centrifugal mixed-powder method, reaction centrifugal mixed-powder method was applied for Mg&ndash;Si system to fabricate Mg/Mg2Si functionally graded materials (FGMs). In advance, the mixed powder of Mg and Si...
Yoshimi Watanabe, Yuusuke Suga, Eri Miura-Fujiwara, Hisashi Sato, Yoichi Nishino
Materials Science Forum   706-709    2012年   [査読有り]
Yoshimi Watanabe, Yuusuke Suga, Eri Miura-Fujiwara, Hisashi Sato, Yoichi Nishino, 2012, 'Training Effects on Damping Capacity in Mn-22.5mass%Cu-5mass%Ni-2mass%Fe Alloy', Materials Science Forum, vol. 706-709
SATO Hisashi, KUBOTA Yuichi, MIURA‐FUJIWARA Eri, WATANABE Yoshimi
Trans Mater Res Soc Jpn   37(1) 31-34   2012年3月

Misc

 
三浦永理, 湯蓋邦夫
東北大学金属材料研究所新素材共同研究開発センター共同利用研究報告書(CD-ROM)   2017 77‐78   2018年6月
渡辺彩花, 三浦永理, 稲邑朋也, 細田秀樹
生体医歯工学共同研究拠点成果報告書   2017 159   2018年4月
小川 裕也, 三浦 永理
日本金属学会誌      2018年
<p>It had been reported that Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr (TNTZ) alloy forms a dense oxide layer by high-temperature oxidation whereas CP Ti forms a multilayered oxide consisted of rutile monolayers and void layer. This morphological change is supposed to b...
三浦永理, 湯蓋邦夫
東北大学金属材料研究所新素材共同研究開発センター共同利用研究報告書(CD-ROM)   2016 57‐58   2017年7月
三浦永理, 湯蓋邦夫
東北大学金属材料研究所新素材共同研究開発センター共同利用研究報告書   2015 76‐77   2016年6月
三浦永理
東北大学金属材料研究所新素材共同研究開発センター共同利用研究報告書   2014 46-47   2015年6月
仲井 正昭, 小泉 雄一郎, 上田 正人, 三浦 永理, 大津 直史, 廣本 祥子, 石本 卓也, 上田 恭介
まてりあ   53(4) 133-133   2014年
三浦永理
ひょうご科学技術協会研究成果報告書(Web)   2015 WEB ONLY   2015年
三浦永理, 前中春紀, 横川貴啓, 成田一生, 大村加世, 村上義弘, 湯葢邦夫, 千葉晶彦, 牧野彰宏
東北大学金属材料研究所新素材共同研究開発センター共同利用研究報告書   2013 29-30   2014年6月
野村 直之, 大津 直史, 小林 千悟, 仲井 正昭, 三浦 永理
まてりあ : 日本金属学会会報   51(7) 307-308   2012年7月
三浦永理, 横川貴啓, 前中春紀, 村上義弘, 大村加世, 成田一生, 加藤秀実, 湯葢邦夫, 後藤孝
東北大学金属材料研究所金属ガラス総合研究センター共同利用研究報告書   2012 67-68   2013年6月
三浦永理, 村上義弘, 成田一生, 加藤秀実, 木村久道
東北大学金属材料研究所金属ガラス総合研究センター共同利用研究報告書   2010 78-79   2011年6月
佐藤尚, 西浦孝幸, 窪田優一, 三浦永理, 渡辺義見
豊田研究報告   (64) 173-176   2011年5月
三浦永理, 村上義弘, 成田一生, 加藤秀実, 木村久道
東北大学金属材料研究所金属ガラス総合研究センター共同利用研究報告書   2009 137-138   2010年6月
渡辺義見, 三浦永理, 佐藤尚
豊田研究報告   (63) 227-230   2010年5月
白石孝信, 藤田剛史, 三浦永理, 久恒邦博, 山内尚雄
東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究報告書   2008 66-67   2009年6月
三浦永理
東北大学金属材料研究所金属ガラス総合研究センター共同利用研究報告書   2008 47-48   2009年6月
白石孝信, 藤田剛史, 三浦永理, 久恒邦博, 本橋輝樹, 山内尚雄
東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究報告書   2007 143-144   2008年6月
白石孝信, 三浦永理, 藤田剛史, 久恒邦博, 本橋輝樹, 山内尚雄
東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究報告書   2006 80-81   2007年6月
白石孝信, 久恒邦博, 三浦永理, 本橋輝樹, KARPPINEN Maarit, 山中尚雄, 田中康弘
東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究報告書   2005 65-66   2006年6月
白石孝信, 岡本裕司, 本橋輝樹, KARPPINEN Maarit, 山内尚雄, 久恒邦博, 田中康弘, 三浦永理
東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究報告書   2004 89-90   2005年6月
三浦永理, 白石孝信
東北大学金属材料研究所金属ガラス総合研究センター共同利用研究報告書   2004 120-121   2005年6月
久恒邦博, 田中康弘, 白石孝信, 三浦永理, 山内尚雄, 末松久幸
東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究報告書   2000 170   2001年6月
三浦永理
新素材設計開発施設共同利用研究報告書   2003 90-91   2004年6月

講演・口頭発表等

 
内田恭兵, 三浦永理, 山崎徹, 大津直史
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2018年9月5日   
原田宏貴, 三浦永理, 山崎徹
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2018年9月5日   
内田恭兵, 三浦永理, 山崎徹, 平野雄馬, 大津直史
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2018年3月5日   
白石智大, 三浦永理, 山崎徹, 廣本祥子
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2018年3月5日   
原田大志, 三浦永理, 菊池丈幸, 山崎徹
軽金属学会大会講演概要   2017年10月4日   
白石智大, 三浦永理, 山崎徹
軽金属学会大会講演概要   2017年10月4日   
神田一浩, 高松大樹, 三浦永理, 赤坂大樹, 雑賀章浩, 玉田耕治
応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2017年8月25日   
渡邉彩花, 三浦永理, 山崎徹
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2017年8月23日   
内田恭兵, 平野雄馬, 三浦永理, 山崎徹, 大津直史
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2017年8月23日   
小川裕也, 三浦永理, 山崎徹
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2017年8月23日   
高松大樹, 神田一浩, 三浦永理, 赤坂大樹, 雑賀章浩, 玉田耕治, 田川雅人, 横田久美子, 古山雄一
応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2017年3月1日   
渡邉彩花, 三浦永理, 山崎徹
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2017年3月1日   
小川裕也, 三浦永理, 山崎徹
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2016年9月7日   
高松大樹, 高松大樹, 三浦永理, 神田一浩, 神田一浩
応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2016年9月1日   
原田大志, 田中良宣, 三浦永理, 山崎徹
軽金属学会大会講演概要   2016年4月28日   
石川晶, 松武真平, 三浦永理, 山崎徹, 渡辺義見, 春日敏宏, 新家光雄
軽金属学会大会講演概要   2016年4月28日   
三浦永理, 渡邉義見, 春日敏宏, 新家光雄
軽金属学会大会講演概要   2016年4月28日   
松武真平, 石川晶, 三浦永理, 山崎徹, 渡辺義見, 春日敏宏, 新家光雄
軽金属学会大会講演概要   2016年4月28日   
Eri Miura-Fujiwara, Hisashi Sato, Motoko Yamada, Yoshimi Watanabe
72nd World Foundry Congress, WFC 2016   2016年1月1日   
© 2016, The WFO (The World Foundry Organization Ltd). All rights reserved. Recent trend in aviation industry, weight reduction by using composite, such as a carbon fiber reinforced plastic (CFRP), has been positively promoted to save weight withou...

Works

 
歯科用Ti-Al-Nb合金を赤外線ろう着した接合組織と強度
2000年
Pd添加高銅アマルガムの微小硬度とHRTEM観察
1999年
歯科用Ti合金の耐摩耗性評価とTEMによる機構解明
2000年
生体用傾斜機能材料の実用化調査
2007年

競争的資金等の研究課題

 
ナノヘテロ構造制御によるナノ結晶/アモルファス複合合金の高強度・高延性化
兵庫県立大学: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 山崎 徹
高審美性被膜を有する2元系Ti合金の創製と酸化被膜形成機構の解明
兵庫県立大学: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 三浦 永理 兵庫県立大学, 工学研究科, 准教授 (70315258)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 山崎 徹
電解析出法により作製したNi-W合金は,結晶粒サイズが数nmの超微細構造を有し,高強度,高い熱安定性を示す硬質材料である.本電析合金の構造はW含有量に支配され,W含有量が20at. %を超えるとアモルファス構造となるため,引張条件下においてせん断帯が発生し,ほとんど塑性変形を生じることなく脆性的に破断する.一方,W含有量が20at. %以下となると,ナノ結晶が析出し,局所変形を伴った数%の塑性伸びを示すことが報告されている.本研究の一つ目の課題として,W含有量がおよぼす構造への影響について...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 三浦永理
Auマーカー法を用いた酸化機構の解明目的:これまでの結果から,CP TiとTi-Nb-Ta-Zr合金の酸化皮膜の形態が大きく異なる事が判っているが,その皮膜形成機構は不明である.そこでマクロな拡散方向を知るため,Auマーカー法により拡散の律速過程を調査した.実験方法:鏡面研磨したCP Ti並びにTi-Nb-Ta-Zr合金の表面に,マグネトロンスパッタ装置により試料表面の半分の領域のみAuコーティングを施し,その後通常の方法で白色皮膜を生成させた.その後,断面観察試料を作製し,Auマーカーの...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 山崎 徹
電析法により作製したナノ結晶Ni-W合金の構造と塑性変形挙動との関係をしらべた。 電析Cu基板の表面粗さをコントロールすることにより、メゾスケールのNi が偏析したネットワーク構造が形成された。ナノ結晶Ni-14~18at. % W合金の引張強度は、いずれも3 GPa に達し、破断までの全伸びは3~5%で、0.5~3%の大きな塑性伸びを示した。これらの結果から、Niが偏析したメゾスケール構造の存在は、ナノ結晶合金の塑性変形の改善に有効と判断された。これら合金は加工硬化を伴って変形していた。...

特許

 
三浦 永理, 山田 宗一郎, 渡辺 義見, 佐藤 尚, 春日 敏宏, 新家 光雄
三浦 永理, 寺本 武司, 渡辺 義見, 佐藤 尚
渡辺 義見, 佐藤 尚, 服部 祐幸, 三浦 永理
渡辺 義見, 大矢 泰正, 佐藤 尚, 三浦 永理
三浦 永理, 寺本 武司, 渡辺 義見, 佐藤 尚