NISHIMURA Osamu

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:12
 
Avatar
Name
NISHIMURA Osamu
E-mail
osamuraeco.civil.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/0c5d2b23b8f76777408b89ccd48b67ab.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Civil and Environmental Engineering Science of Regional Systems Ecological Engineering
Job title
Professor
Degree
Doctor of Engineering(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Interests

 
 

Research Areas

 

Committee Memberships

 
Apr 2005
 - 
Today
土木学会環境システム委員会  委員
 
Apr 2003
 - 
Today
土木学会環境工学委員会40周年記念出版小委員会  小委員長
 
Jan 2002
 - 
Today
日本水処理生物学会  評議員
 
Jun 1994
 - 
Today
日本水処理生物学会  編集幹事
 
Jun 1991
 - 
Today
産業用水調査会  用水と廃水編集委員
 

Awards & Honors

 
Jun 2012
WET Excellent Paper Award, Japan Society of Water Environment
Winner: Cecilia Soto Rios
 
Jun 2012
下水道協会誌奨励賞【学術部門】, 日本下水道協会
Winner: 増田周平, 西村 修, 鈴木俊輔
 
Mar 2012
土木学会東北支部技術開発賞, 土木学会東北支部
Winner: 中野和典、中村和徳、相川良雄
 
Mar 2008
土木学会東北支部技術研究発表会技術開発賞, 土木学会東北支部
Winner: 中尾 江里,畠山 敬,渡邉 節, 中村 朋之,中野 和典,野村 宗弘,西村 修
 
Nov 2007
日本水処理生物学会賞, 日本水処理生物学会
 

Published Papers

 
Fujibayashi M1, Ogino M, Nishimura O..
Oecologia   180(2) 589-600   Feb 2016   [Refereed]
P.C.SOTO-RIOS, M.LEON-ROMERO, Y.Aikawa, O.Nishimura K.Nakano and S.Arai
Water Sci. Technol.   72(7) 1226-1232   2015   [Refereed]
Shuhei Masuda, Shunsuke Suzuki, Itsumi Sano, Yu-You Li, Osamu Nishimura
Chemosphere   140 167-173   2015   [Refereed]
Xiaoguang Xu, Wei Li, Megumu Fujibayashi, Munehiro Nomura, Osamu Nishimura, Xianning Li
Ecological Indicators   58 346-355   2015   [Refereed]

Books etc

 
環境浄化のための微生物学
西村修,ほか (Part:Joint Work, 水質モデル 307頁-323頁)
講談社サイエンティフィク   Dec 2008   
河川汽水域
西村修,ほか
技報堂出版   Jun 2008   
環境工学の新世紀
西村修,ほか (Part:Joint Work, 水環境年表)
技報堂出版   Feb 2008   
河川の水質と生態系ー新しい河川環境創出に向けて
西村修ほか (Part:Joint Work, 1.1(河川生態系の成り立ち)(1~4頁),1.3.2(1)(河川生態系と栄養塩類の関わり)(20~23頁),1.3.4(7)(アンモニア)(39~41頁),3章(河床生態系の水質変換機能と栄養塩濃度の関係)(105~112頁))
技報堂出版   May 2007   
自然・社会と対話する環境工学
西村修ほか (Part:Joint Work, 第2章1(水生生物をどう守るか)(58~62頁))
社団法人土木学会   Mar 2007   

Conference Activities & Talks

 
環境生態工学の可能性ーヨシ湿地による水質浄化
千葉信男,須藤隆一
The 2007 Environmental Societies Joint Conference   2 May 2007   
生態工学の可能性と展望
東西大学特別講義   2 Feb 2007   
The Problem of Eutrophication Control in Water Resources: Formation of Assimilable Organic Carbon from Algogenic Organic Matter and Its Variation by Chlorine Oxidation
The First International Conference on Sustainable Water Environment: Water Resource and Quality Management,   2 Nov 2005   
生態工学の可能性と展望
東南大学特別講義   4 Sep 2005   
生態工学の可能性と展望
日本水処理生物学会   15 Oct 2004   

Research Grants & Projects

 
Study on Environmental Conservation of Enclosed Coastal Seas
Project Year: Apr 1988 - Today
Control of emission of N2O from wastewater and waste treatment process
Project Year: Apr 1997 - Today
Advanced treatment of livestock wastewater and waste
Project Year: Apr 1997 - Today

Social Contribution

 
模擬授業
[Others]  24 Oct 2007
磐城高校
知水講座 宮城県土木部河川課・防災砂防課
[Others]  20 Jan 2006
「湖沼の水質問題」の講座を開催
模擬授業
[Others]  24 Nov 2005
仙台二高
第3回環境基礎講座ー初学者のための環境基礎講座ー (社)日本水環境学会東北支部
[Others]  Aug 2005
「浄化技術の実際」の講座を開催
環境変化と生命研の未来 東北大学大学院生命科学研究科
[Others]  1 Mar 2005
「生態工学による水環境の修復」を講演

Others

 
Apr 2003   環境修復機能の高い人工干潟設計システム開発に関する研究
現在、試行錯誤的、経験的に行われている人工干潟の設計に関して、環境修復機能(水質浄化機能、生物生息機能)の高い人工干潟を合理的に創出するための設計システムを開発することを本研究の目的とした。設計システムは、以下のモデルから構成される。
1. 干潟と周辺海域間の水理・水質学的有機物フローモデル
干潟における懸濁態有機物の直上水-堆積物間での移動に関する評価モデルを開発する。これにより生物生息や水質浄化機能に大きな影響を及ぼす干潟土壌環境(有機物含有率、粒度分布、透水係数など)の予測を目指す。
2. 生物生息地適正評価モデル
干潟における各種環境因子を指標として主要底生動物(二枚貝類、多毛類、甲殻類)の生育生息量が評価可能なHSI(Habitat Suitability Index)モデルを構築する。
3. 水質浄化機能評価モデル
水質浄化を底生動物の年間生産量と呼吸量を足した有機物量と定義しており、主要な底生動物についての浄化原単位を算出する。さらに干潟堆積物における総生産/分解機能も考慮し、干潟の有する水質浄化機能を干潟構造により評価可能なモデルを開発する。