秋山 充良

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/10 00:00
 
アバター
研究者氏名
秋山 充良
 
アキヤマ ミツヨシ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0f00c4f7213c71a52c8688f9af3f71f1.html
所属
旧所属 東北大学 大学院工学研究科 土木工学専攻
職名
准教授
学位
博士(工学)(東北大学)

経歴

 
1998年
 - 
2001年
東北大学 大学院工学研究科
 
2001年
 - 
2004年
東北大学 大学院工学研究科 講師
 
2004年
   
 
- 東北大学 大学院工学研究科 助教授
 
2008年
 - 
2009年
Lehigh University 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東北大学 工学研究科 土木工学
 
 
 - 
1995年
東北大学 工学部 土木工学科
 

委員歴

 
2008年
 - 
2009年
国道342号祭畤大橋被災状況調査検討委員会 委員
 
2007年
 - 
2008年
第二京阪道路鋼製橋脚耐震検討会 副委員長
 
2010年
   
 
- 東京大学地震研究所共同利用委員会 委員
 
2000年
   
 
日本道路協会 耐震設計分科会  委員
 
2009年
   
 
ASCE, Technical Council on Life-Cycle Performance, Safety, Reliability and Risk of Structural Systems  委員
 

受賞

 
2008年
平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2010年
平成21年度 土木学会吉田賞(論文部門)
 
2007年
平成18年度 土木学会吉田賞(論文部門)
 
2007年
平成18年度 土木学会論文奨励賞
 
1998年
平成9年度 土木学会吉田賞(論文部門)
 

Misc

 
Book Review -Durability design of concrete structures in severe environments by Odd E. Gjørv (Taylor & Francis, 2009)-
Mitsuyoshi Akiyama
Structure and Infrastructure Engineering Taylor & Francis   7(1-2) 197-   2011年
Akiyama, M., Frangopol, D.M., and Yoshida I.
Engineering Structures   32(11) 3768-3779   2010年
Stress-averaged strain model for confined high-strength concrete
M. Akiyama, M. Suzuki, and D.M. Frangopol
ACI Structural Journal   107(2) 179-188   2010年
コンクリート構造物の信頼性設計法に関する研究
秋山充良
コンクリート工学   41(6) 61-66   2003年
Akiyama, M., Frangopol, DM. and Matsuzaki, H.
Earthquake Engineering and Structural Dynamics   40(15) 1671-1687   2011年

書籍等出版物

 
Computational Methods in Earthquake Engineering
Springer   2010年   

講演・口頭発表等

 
Report of Research Project on Structural Performance of Deteriorated Concrete Structures by JSCE 331 - Reliability Approach
Life Cycle Management of Coastal Concrete Structures   2006年   
Application of Reliability Theory to the Durability-Design of Concrete Structures Subjected to Corrosion
The 2nd fib congress   2006年   
Concentric Loading Test of RC Columns with Normal- and High-Strength Materials and Averaged Stress-Strain Model for Confined Concrete Considering Compressive Fracture Energy
The 2nd fib congress   2006年   
UNCERTAINTIES AFFECTING THE SEISMIC RELIABILITY OF RC BRIDGE PIERS
World Conference of Earthquake Engineering   2004年   
STRESS-STRAIN MODEL OF HIGH-STRENGTH CONCRETE CONFINED BY RECTANGULAR TIES
World Conference of Earthquake Engineering   2004年   

Works

 
点検・検査の結果を利用した劣化構造物のライフタイム評価に対する確率論的アプローチ
2008年 - 2009年
地震リスク最小化を可能にする鋼コンクリート複合構造形式の検討
2007年 - 2009年
コンクリート充填鋼管杭を橋脚に利用した乗用車専用道路の開発
2006年 - 2007年
高強度構成材料を用いたRC耐震部材の開発と信頼性理論に基づくその性能向上度の定量化
2005年 - 2007年
超高性能耐震部材の開発と確率論的損傷評価手法によるその性能照査
2004年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
構造物の信頼性設計法(耐震信頼性設計,耐久信頼性設計)
地震防災フロンティア研究
研究期間: 1997年   
超高性能耐震構造部材の開発
地震防災フロンティア研究
研究期間: 1997年   
社会基盤施設のライフタイム評価
その他の研究制度
研究期間: 1999年   
コンクリート構造の耐震設計
地震防災フロンティア研究
研究期間: 1997年