OGAWA Yoshiki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 1, 2019 at 11:51
 
Avatar
Name
OGAWA Yoshiki
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ad227ace27757b4020ac60cb15a49fad.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Information Sciences Department of Human-Social Information Sciences Human Information Science Text Structure and Linguistic Information
Job title
Professor
Degree
博士(文学)(Tohoku University), 修士(文学)(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University
Research funding number
20322977

Research Areas

 
 
  • Linguistics / Linguistics / morphosyntax, diachronic syntax
  • Linguistics / English linguistics / generative syntax, Japanese-English comparative syntax

Academic & Professional Experience

 
Apr 2012
 - 
Today
教授, 東北大学大学院情報科学研究科
 
Apr 2007
 - 
Mar 2012
准教授, 東北大学大学院情報科学研究科
 
Apr 2004
 - 
Mar 2007
助教授, 東北大学大学院情報科学研究科
 
Apr 2005
 - 
Aug 2005
非常勤講師, 東北学院大学文学部
 
Oct 2001
 - 
Mar 2004
助教授, 北見工業大学工学部
 

Education

 
 
 - 
Mar 1997
英語学, Graduate School, Division of Letters, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1991
英語学, Faculty of Literature, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Sep 2008
 - 
Today
日本英語学会「English Linguistics」編集委員会  外部査読員
 
Apr 2017
 - 
Nov 2017
日本英語学会  優秀発表賞外部審査委員
 
Apr 2017
 - 
Nov 2017
日本英語学会  第35回全国大会開催校委員会委員
 
Feb 2017
 - 
Jun 2017
Natural Language and Linguistic Theory(国際ジャーナル)  外部査読委員
 
Dec 2015
 - 
Dec 2016
日本英語学会  大会運営委員会委員長
 
Dec 2013
 - 
Nov 2016
The English Linguistic Society of Japan  大会運営委員
 
Dec 2014
 - 
Nov 2015
The English Linguistic Society of Japan  大会運営委員会副委員長
 
Oct 2012
 - 
Jun 2013
日本英文学会  第85回全国大会開催校委員
 
Apr 2012
 - 
Mar 2013
日本英文学会  編集委員会委員長
 
Apr 2010
 - 
Mar 2013
The English Literary Society of Japan  編集委員会委員
 

Awards & Honors

 
Oct 2002
著書「A Unified Theory of Verbal and Nominal Projections」(2001年、Oxford University Pressより出版), 第36回市河賞, 語学教育研究所市河賞選考委員会
 
Dec 2017
「文の容認性世代間差から見る言語変化ーガ/ノ交替に着目してー」, 日本心理学会第81回大会優秀発表賞, 日本心理学会
Winner: 新国佳祐・和田裕一・小川芳樹
 
日本心理学会第81回大会(2017年9月22日,久留米大学)

Published Papers

 
The Diachronic Shrinking of the Genitive Subject Clause in Japanese and the Minimal Structure Principle
OGAWA Yoshiki
JELS   36 120-126   Mar 2019   [Refereed][Invited]
Diachronic Syntactic Change and Language Acquisition: A View from Nominative/Genitive Conversion in Japanese
OGAWA Yoshiki
Interdisciplinary Information Sciences   24(2) 91-179   Dec 2018   [Refereed]
Nominative-Genitive Conversion and Language Change Still in Progress: Evidence from Acceptability Judgments by Different Age Groups
Keiyu Niikuni, Yuichi Wada, Yoshiki Ogawa
認知科学   24(3)    Sep 2017   [Refereed]
日英語の等位同格構文と同格複合語の統語構造と構文化についての共時的・通時的考察
小川芳樹
コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論   284-306   Nov 2016   [Refereed]
概観:言語変化・変異の研究とコーパス
小川芳樹・長野明子・菊地朗
コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論   1-28   Nov 2016   [Refereed]

Misc

 
Yoshiki Ogawa
言語学出版社フォーラム      Apr 2009
平成26年度TOEFL ITPテスト実施報告書
小川芳樹
2-8   May 2015
26年度英語教科部会長としての執筆
英語教育における「文法力の涵養」についての管見
小川芳樹
平成23年度TOEFL ITP テスト実施報告書   28-48   May 2011
英語部会構成員として執筆

Books etc

 
Joan Bybee, Language Change
OGAWA Yoshiki (Part:Editor)
Jun 2019   ISBN:978-4-7589-2270-8 C3082
New Approaches to Lexicon Research
OGAWA Yoshiki (Part:Contributor)
Feb 2019   ISBN:978-4-87424-787-7 C3081
Language Change, Language Variation and Corpus-driven Linguistic Theories
小川芳樹・長野明子・菊地朗(共著1編) 小川芳樹(単著1編) (Part:Joint Editor)
開拓社   Nov 2016   ISBN:9784758922326 C3080
チョムスキー理論辞典(増補版)(中村捷・金子義明(編))
編者:中村捷・金子義明
研究社   Nov 2016   
checking theory, head movement, I-to-C movement, macro parameter vs. microparameter, multiple specifiers, quantifier raisingの6項目を単独執筆
Yoshiki Ogawa
TalkBank, Pittsburgh, PA.   Mar 2019   ISBN:978-1-59642-87
a dataset of child utterances released from CHILDES.
http://childes.psy.cmu.edu
http://childes.psy.cmu.edu/access/EastAsian/
doi: 10.21415/T5H314

Conference Activities & Talks

 
OGAWA Yoshiki, Keiyu Niikuni, and Yuichi Wada
JENom 8: 8th Workshop on Nominalization (University of Stuttgart, Germany)   21 Jun 2019   
OGAWA Yoshiki, Keiyu Niikuni, and Yuichi Wada
The Shaping of Transitivity and Argument Structure 2018 (University of Pavia, Italy)   26 Oct 2018   
OGAWA Yoshiki, Keiyu Niikuni, and Yuichi Wada
Workshop on Cross-linguistic Variation in the Left Periphery at the Syntax-Discourse Interface (as part of the SNU Conference on International Conference on Linguistics, Seoul National University)   15 Jun 2018   
文の容認性世代間差から見る言語変化ーガ/ノ交替に着目してー
新国佳祐・和田裕一・小川芳樹
日本心理学会第81回全国大会(久留米大学)   22 Sep 2017   
「名詞化接辞「家/屋」の形態統語的拡張用法と「句の包摂」について」
Morphology & Lexicon Forum 2017(甲南大学)   9 Sep 2017   
「ガ/ノ交替の容認性世代間差から見る進行中の構造変化 〜所有形容詞文と属性叙述文とコピュラ文に着目して〜」
新国佳祐・小川芳樹・和田裕一
「言語変化・変異研究ユニット」主催第4回ワークショップ「コーパス・多人数質問調査からわかる言語変化・変異と現代言語理論」   29 Aug 2017   
「明治時代以降の出版物に含まれるガ/ノ交替の頻度の通時変化と共時的変異の様相 〜ジャンル・出版年・著者生年・性別・出身地別の分類結果が示すもの〜」
「言語変化・変異研究ユニット」主催第4回ワークショップ「コーパス・多人数質問調査からわかる言語変化・変異と現代言語理論」   28 Aug 2017   
「副詞「かなり」を包摂する派生名詞と複合名詞の統語的構文化と共時的制約について」
「言語変化・変異研究ユニット」主催第4回ワークショップ「コーパス・多人数質問調査からわかる言語変化・変異と現代言語理論」   28 Aug 2017   
Ogawa, Keiyu Niikuni, and Yuichi Wada
Linguistic Association of Canada and the United States (LACUS) 2017 Conference (Hamilton University, Canada)   1 Aug 2017   Linguistic Association of Canada and the United States
ガ-ノ交替の容認性を規定する諸要因―Web質問調査に基づく世代間比較―
新国佳祐・和田裕一
「言語変化・変異研究ユニット」主催・第3回ワークショップ「内省判断では得られない言語変化・変異の事実と言語理論」   Sep 2016   
属格主語を含む関係節・形式名詞節の通時的な状態化と語彙化について
「言語変化・変異研究ユニット」主催・第3回ワークショップ「内省判断では得られない言語変化・変異の事実と言語理論」   Sep 2016   
形式名詞補部に生じる属格主語に関する統語論的考察
小菅智也・小川芳樹
日本言語学会第151回全国大会   28 Nov 2015   
等位同格構文と同格複合語の統語構造と構文化についての一考察
「言語変化・変異研究ユニット」主催・第2回ワークショップ『コーパスからわかる言語の普遍性と可変性』   8 Sep 2015   
複合語形成における合成性と構文化ーー幼児の発話データからの考察
「言語変化・変異研究ユニット」主催・第1回ワークショップ「コーパスからわかる言語変化と言語理論」   8 Sep 2014   
http://ling.human.is.tohoku.ac.jp/change/home.html
What Determines the (Un)ergativity of Emission Verbs: A View from Japanese V-V Compounds
Yoshiki Ogawa, Fumikazu Niinuma
NINJAL International Symposium 2013: Mysteries on Verb-Verb Complexes in Asian Languages   14 Dec 2013   
文法化と語彙化とカートグラフィー  ──統語論と形態論の境界をめぐって──
縄田裕幸・新沼史和・長野明子
第85回日本英文学会全国大会(シンポジウム)   25 May 2013   
 言語は、通時的に、「内容語から機能語へ」「句から語へ」「自立語から拘束形態素へ」という一方向的な変化を受ける傾向があり、「文法化」「語彙化」といった用語で記述されるが、この変化が統語構造や語彙構造に及ぼす影響については、不明な部分が多い。たとえば、Rizzi、Cinque、Svenoniusらが中心となって展開する「統語構造図作成計画 (cartography of syntactic structure)」のもとで、それぞれ、CP領域、IP/VP領域、PP領域の統語構造が精緻化されてき...
On the Syntactic Licensing of Locative Expressions in Japanese
Yoshiki Ogawa, Fumikazu Niinuma
GLOW in Asia IX   5 Sep 2012   
Aspectual Verbs and Pseudogapping in Japanese
Yoshiki Ogawa, Fumikazu Niinuma
The 14th Seoul International Conference on Generative Grammar   8 Aug 2012   
近接性を表す日英語の形容詞と前置詞と名詞の文法化についての統語的考察
第143回日本言語学会   26 Nov 2011   
A syntactic consideration of the transitivity alternation and transitivity harmony in the Japanese V-V compounds: with special reference to V+agaru and V+ageru
Yoshiki Ogawa, Fumikazu Niinuma
The 2011 Winter International Conference on Linguistics in Seoul (WICLIS-2011)   4 Jan 2011   
Auxiliation, Atransitivity, and Transitivity Harmony in Japanese V-V Compounds
Kunio Nishiyama, Yoshiki Ogawa
東北大学・神田外語大学言語科学研究センター共催ワークショップ   29 Nov 2010   
複合動詞の自他交替と他動性調和に関する統語論的一考察 -「V上がる」と「V上げる」を中心にー
小川芳樹・新沼史和
第141回日本言語学会   27 Nov 2010   
Dasu ‘Let Out’ and Deru ‘Go Out’ in Japanese V-V Compounds as Semi-lexical Motion Verbs
西山國雄、三村敬之、小川芳樹
日本英語学会第3回Spring Forum   26 Apr 2010   
A Unified Syntactic Analysis of Atransitivity in Japanese V-V Compounds and English Particle Constructions
小川芳樹・西山國雄
Morphology Lexicon Forum 2009   4 Jul 2009   
Atransitivity in V-V Compounds, Prefixed Verbs, and Verb-Particle Constructions
小川芳樹・西山國雄
Lexicon Study Circle   16 May 2009   
言語の普遍性と多様性を見るひとつの視座 − 位置変化構文をめぐって
第30回情報科学談話会   25 Sep 2008   
東北大学大学院情報科学研究科内
司会:竹内修身
「時の普遍量化子」による統語的束縛と日本語動詞「る」形の発話時解釈
Sendai Area Circle and Linguistics   Feb 2005   
司会:阿部潤
日本語動詞の「る」形に課される統語的・意味的制約について
第59回東北英文学会   Nov 2004   
シンポジアム英語学部門
(形式と意味のインターフェイス:述部をめぐる諸問題)
(司会:朝賀俊彦)
ECM Complement with Empty HAVE for “Order” and “Give”
Tsuyoshi Sugawara, Yoshiki Ogawa
The Fourth International Form on Language, Brain, and Cognition: Cognition, Brain, and Typology: Toward a Synthesis   Sep 2004   
東北大学21世紀COE(The Tohoku University 21st Century Program in Humanities)が主催
条件節内の代名詞の考察に基づく束縛理論(B)の再考
札幌大学生成文法研究会主催講演会   Mar 2003   
The Case Adjacency Problem: A View from Morphology
第54回東北英文学会   Oct 1999   
司会:小泉政利
The Case Adjacency Effects: A View from Verb Raising and Empty
第71回日本英文学会   May 1999   
シンポジアム(司会:中村捷)
Scrambling as D-Feature Checking in Spec-AgrP and VP-fronting in Japanese
第22回関西言語学会   Nov 1997   
Domain Minimality
第13回日本英語学会   Nov 1995   
Multiple Specifiers and the LCA -- A Unified Explanation to the Four Asymmetries between SOV and SVO Languages
第67回日本英文学会   May 1995   
省略構文に対する格理論的説明
第65回日本英文学会   May 1993   

Research Grants & Projects

 
A syntactic explanation of the diachronic change in nominative/genitive conversion in Japanese
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Today
N-N複合語の統語と意味
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: May 2014 - Today
A Syntactic Study of Grammaticalization and Constructionalization
The Other Research Programs
Project Year: Jan 2009   
日本語のV+V複合語の意味と統語についての研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Jan 2008 - Today
テンスとアスペクトの統語論的研究に基づく普遍文法の解明
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Mar 2005 - Today

Others

 
Jan 2009   A Syntactic Study of the Decategorization of Lexical Categories
動詞の助動詞化、形容詞の前置詞化など、語彙範疇が通時的に機能範疇に変化した過程を、コーパスおよび古典の文献を用いて調査し、その原因を分析する。広義には「文法化研究」に属する研究だが、その通時的変化がなぜそのような過程で起こるかの理由を統語構造に求める点で、史的統語論研究の中に位置づけられる。
Oct 2008   A syntactic reorganization of the structures and functions of Japanese V-V compounds
従来、生成文法理論および語彙意味論の分野で活発な研究がなされてきた日本語のV-V複合語について、伝統的な日本語学や文法化理論や事象意味論の知見を取り入れながら、その諸現象を統語論的に再分析する。