南 範彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/12 03:10
 
アバター
研究者氏名
南 範彦
 
ミナミ ノリヒコ
所属
名古屋工業大学
職名
教授
学位
Ph.D(-), 理学修士(京都大学)
科研費研究者番号
80166090

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年3月
京都大学 理学部 数学
 
 
 - 
1983年3月
京都大学 理学研究科 数理解析
 

委員歴

 
2009年
 - 
現在
代数的および幾何学的位相幾何学(Algebraic & Geometric Topology)編集委員会  編集委員
 
2009年9月
 - 
現在
日本数学会  情報システム運用委員会ビデオ撮影実行委員
 
2011年3月
 - 
2012年2月
日本数学会  「数学通信」常任編集委員
 
2011年3月
 - 
2012年2月
日本数学会  評議員
 

論文

 
On the I(G)-adic topology of the Burnside ring of compact Lie groups
-
Publications of Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University   20(3) 447-460   1984年4月
On the set of free homotopy classes and Brown's construction
-
Hiroshima Mathematical Journal   14(2) 359-369   1984年4月
Group homomorphisms inducing an isomorphism of a functor
-
Mathematical Proceedings of the Cambridge Philosophical Society   104(1) 81-93   1988年4月
Multiplicative homology operations and transfer
-
Memoirs of the American Mathematical Society   94(457) iv+74 pp   1991年4月
On the odd-primary stable J-homomorphism
-
Boletin de la Sociedad Matematica Mexicana. Segunda Serie      1992年4月

Misc

 
ホモトピー論・単体的集合から,その彼方へ
南範彦
数理科学      2008年3月
『超対称性ゲージ理論と幾何学』 数セミブック・プラザ
南範彦
数学セミナー      2008年8月
「ホモとピー論」研究者にとっての「絶対数学」
南範彦
黒川信重 編著, リーマン予想がわかる, 数学セミナー増刊      2009年10月

書籍等出版物

 
岩波数学辞典第4版
日本数学会 (担当:共著)
岩波書店   2007年3月   ISBN:ISBN-10: 4000803093
Matthew Ando, Norihiko Minami, Jack Morava and W Stephen Wilson (担当:共編者)
mathematical sciences publishers   2007年4月   
川又雄二郎 ・坪井俊 ・楠岡成雄 ・新井仁之 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2016年6月   

講演・口頭発表等

 
dg-category について
南範彦
空間の代数的・幾何的モデルとその周辺   2007年9月6日   栗林勝彦
quasi category とLurie さんの楕円コホモロジー
南範彦
ホモトピー論シンポジウム   2007年11月13日   大下顕弘
Lurie's Equivariant Elliptic Cohomology
Norihiko Minami
第34回変換群論シンポジウム   2007年11月22日   川上智博, 山崎正之
dg圏について
南範彦
福岡ホモトピー論セミナー   2007年12月22日   河野明, 岩瀬則夫, 小田信行, 石黒賢士
Derived Artin’s Representability Criterion
南範彦
Behrens 連続講演― 準備セミナー   2007年12月26日   島川和久, 鳥居猛, 南範彦

競争的資金等の研究課題

 
導来代数幾何とその応用
研究期間: 2007年4月 - 現在
絶対数学とホモトピー論の関係
研究期間: 2009年3月 - 現在
球面の安定ホモトピー群の大局的な問題。特にKervaire不変量1の問題と新「世界最後の日」予想
安定ホモトピー圏の大局的な問題。特にHopkinsの「彩色」分裂予想
4次元多様体の安定ホモトピーSeiberg-Witten不変量