松尾 龍二

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/02 03:04
 
アバター
研究者氏名
松尾 龍二
 
マツオ リュウジ
URL
http://www.dent.okayama-u.ac.jp/gakubu/index.html
所属
岡山大学
部署
医歯薬学総合研究科
職名
教授
学位
歯学博士(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 岡山大学医歯薬学総合研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
大阪大学 歯学研究科 口腔生理学
 
 
 - 
1977年
大阪大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
2007年
   
 
日本生理学会  評議員
 
2007年
   
 
日本神経科学会  評議員
 
2007年
   
 
日本味と匂学会  会員
 
2007年
   
 
歯科基礎医学会  評議員
 
2009年
   
 
歯科基礎医学会  ポスター賞選考委員長およびライオン学術賞審査委員
 

受賞

 
1991年
7th Nakanishi Research Awardˇ
 
1991年
中西賞
 

Misc

 
Funahashi, M., He, Y.-F., Sugimoto, T. and Matsuo, R.
Brain Research   827 215-220   1999年
Inoue, T., Itoh, S., Kobayashi, M., Kang, Y., *Matsuo, R., Wakisaka, S. and Morimoto, T.
Journal of Neurophysiology   82 626-637   1999年
迷走神経節前ニューロンの喉頭化学刺激に対する応答特性     
小橋基、松尾龍二、水谷雅年
日本味と匂学会誌   6 595-598   1999年
Reflex secretion of proteins into submandibular saliva in conscious rats, before and after preganglionic sympathectomy.
Matsuo, R., Garrett, J.R., Proctor, G.B. and Carpenter, G.H.
Journal of Physiology   527 175-184   2000年
Water stimulation of the posterior oral cavity induces inhibition of gastric motility.
Kobashi, M., Mizutani, M. and Matsuo, R.
American Journal of Physiology Regulatory Integrative Compomparative Physiology   279 R778-R785   2000年

書籍等出版物

 
Neurobiology of Mastication - from Molecular to Systems Approach, Effect of serotonin on spike afterhyperpolarization in rat trigeminal motoneurons.
Elsevier   1999年   
Neurobiology of Mastication - from Molecular to Systems Approach, Low-voltage activated calcium conductances in neonatal rat trigeminal motoneurons.
Elsevier   1999年   
Neurobiology of Mastication - from Molecular to Systems Approach, Discharge pattern of the superior salivatory nucleus in the rat: in vivo and in vitro studies.
Elsevier   1999年   
Neurobiology of Mastication - from Molecular to Systems Approach, Modulation of facial nerve discharge by tactile facial stimulation in the rat.
Elsevier   1999年   
Neural Mechanisms of Salivary Gland Secretion, Central connections for salivary innervations and efferent impulse formation
Karger, Basel   1999年   

講演・口頭発表等

 
扁桃体単一ニューロン特性および海馬体との神経連絡に関する電気生理学的検討
第76回日本生理学会大会   1999年   
舌、顎下腺及び舌下腺を支配するラット上唾液核細胞の形態学的解析
第76回日本生理学会大会   1999年   
Intrisic properties of amygdaloid neurons and interaction between amygdala and retrohippocampal regions in the rat brain slice.
IBNS(International behavioral neuroscience society, 国際行動神経科学会)   1999年   
海馬体および扁桃体ニューロンの膜特性および神経連絡網
第41回歯科基礎医学会   1999年   
舌と顎下腺・舌下腺を支配するラット上唾液核細胞の形態学的特徴
第41回歯科基礎医学会   1999年   

Works

 
口腔感覚と咀嚼に着目した唾液分泌の神経性調節機構の解析
2014年 - 2017年
唾液核に対する興奮性入力の解析-グルタミン酸バイオセンサーによる行動学的測定法-
2007年 - 2008年
脳内摂食亢進ペプチドによる嚥下関連自律応答の修飾作用とその中枢メカニズムの解明
2008年 - 2009年
唾液分泌神経に対する前脳および脳幹からのグルタミン酸作動性興奮性入力に関する研究
2008年 - 2009年
摂食関連ペプチドによる上唾液核ニューロン活動の調節機構に関する研究
2009年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
唾液分泌の神経機構
味覚感受性に及ぼす唾液の影響
自律神経の中枢機構