吉村 仁

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/23 03:19
 
アバター
研究者氏名
吉村 仁
 
ヨシムラ ジン
URL
http://www.sys.eng.shizuoka.ac.jp/~jin/
所属
静岡大学
部署
創造科学技術研究部 - 環境サイエンス部門
職名
教授
学位
学術博士(PH.D.)(ニューヨーク州立大環境科学林学大学院)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1989年
ニューヨーク州立大学環境科学林学校大学院 環境及び森林生物学研究科 環境および森林生物学専攻
 
 
 - 
1978年
千葉大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2013年10月
 - 
2015年9月
Scientific Reports
 
2013年3月
 - 
2013年3月
日本生態学会第60回大会(静岡) 実行委員
 

受賞

 
2017年3月
日本生態学会奨励賞(鈴木賞)
 
2015年12月
第47回種生物シンポジウム、日本種生物学会 ポスター賞
 
2015年11月
創造科学技術大学院長賞 (課題名:創造科学技術大学院長賞)
 
2015年11月
創造科学技術大学院長賞 (課題名:創造科学技術大学院長賞)
 
2015年8月
第12回ネットワーク生態学シンポジウム、ポスター発表優秀賞
 

論文

 
Long-term persistence of agricultural pest insects by risk-spreading dispersal
[責任著者]Jin Yoshimura [共著者]Maica Krizna Areja Gavina,Kotaro Aoki,Genki Ichinose,Jomar F. Rabajante,Hiromu Ito,Satoru Morita,Vincent A. A. Jansen,Jin Yoshimura
Ecological Research   (33)((5)) (1031)-(1037)   2018年9月   [査読有り]
Four types of vibration behaviors in a mole cricket
[責任著者]Akira Shimizu [共著者]aoko Hayashi, Jin Yoshimura, Derek A. Roff, Tetsuro Kumita and Akira Shimizu#
PLoS ONE   (10pages)   2018年9月   [査読有り]
Density-dependent population model of effective release policy for Ayu fish
Katsumata, Y., Uehara, T., Ito, H., Yoshimura, J., Tainaka, K., Ichinose, G. #
Ecological Modelling   2018(388) 80-87   2018年9月   [査読有り]
Asymptotic stability of a modified Lotka-Volterra model with small immigrations.
[責任著者]Jin Yoshimura [共著者]Takeru Tahara,Maica Krizna Areja Gavina,Takenori Kawano,Jerrold M. Tubay,Jomar F. Rabajante,Hiromu Ito,Satoru Morita,Genki Ichinose,Takuya Okabe,Tatsuya Togashi,Kei-ichi Tainaka,Akira Shimizu,Takashi Nagatani,Jin Yoshimura
SCIENTIFIC REPORTS   (8)((7029)) 1-7   2018年8月   [査読有り]

Misc

 
Independent divergence of 13- and 17-y life cycles among three periodical cicada lineages
[責任著者]Teiji Sota [共著者]Teiji Sota,Satoshi Yamamoto,John R. Cooley,Kathy B. R. Hill,Chris Simon,Jin Yoshimura
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   (110)((17)) (6919)-(6924)   2013年4月
イースト菌における少子化パラドックス(総説)
[責任著者]泰中啓一 [共著者]吉村仁
生物科学   61 40-49   2009年12月
Effects of prevention and quarantine for SIS model on a square lattice
[責任著者]Koji Sugiura [共著者]Yukio Sakisaka,Nariyuki Nakagiri,Jin Yoshimura,Kei-ichi Tainaka
18th World IMACS/MODSIM Congress, Cairns, Austuralia 13-17 July 2009   197-203   2009年1月
Spatial and temporal dynamics in mate-choice systems
[責任著者]T. Nitta [共著者]Y. Sakisaka,T. Hashimoto,B. Saito,J. Yoshimura,K. Tainaka
18th World IMACS/MODSIM Congress, Cairns, Austuralia 13-17 July 2009   2272-2278   2009年1月
ゲームと進化および社会の数理理論的研究(解説)
[責任著者]飯田弘之 [共著者]竹林洋一,吉村 仁
情報処理   44(8) 823-826   2003年8月

書籍等出版物

 
数理的発想法
吉村 仁 (担当:単訳)
翔泳社   2018年2月   
素数のきほん
吉村 仁 (担当:単訳)
株式会社ニュートンプレス   2018年2月   
素数の神秘,Newton 2017年8月号
吉村 仁 (担当:単訳)
株式会社ニュートンプレス   2017年6月   
イセハナビ属植物を用いた周期的一斉開花の進化研究
吉村 仁,柿嶋聡,長谷部光泰,高橋尚也,渥美宏太 (担当:共著)
基礎生物学研究所共同利用研究報告書   2017年3月   
センター試験国語<現代文>
株式会社アップ 研伸館   2017年3月   

講演・口頭発表等

 
ゲノムインプリンティングによる真社会性の起源
松浦健二、伊東啓、吉村仁
日本動物行動学会第37回大会   2018年9月   
永続性に進路を取れ!-遺伝子群衆としてのメス鳥はなぜ浮気をするのか?- [招待有り]
吉村 仁
第65回日本生態学会大会   2018年3月   
ホタルの性的発光コミュニケーション-ヒメボタルを中心として [招待有り]
高津英夫,吉村 仁
虎ノ門定例セミナー   2017年12月   
Chemical components involved in the cross-stimuli modulation of olfactory
吉村仁,竹本裕之
SCE/APACE Kyoto2017   2017年8月   
寄生蜂の生息場所選択に関わる嗅覚学習における資源量のプライミング効果
竹本裕之,吉村仁
日本動物行動関連学会・研究会 合同大会   2017年8月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
不確定な環境での動的行動の最適化とゲーム理論への拡張
基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
周期生物の進化メカニズム
基盤研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月
短期的利益と長期的利益間の絶滅回避を巡る適応動態
基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
周期ゼミの進化史とそのメカニズム
基盤研究(A)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月
周期ゼミの進化プロセス
基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月