阿部 泰郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/31 23:44
 
アバター
研究者氏名
阿部 泰郎
 
アベ ヤスロウ
所属
龍谷大学
部署
文学部 仏教学科
職名
教授
学位
文学修士(大谷大学)
その他の所属
名古屋大学高等研究院

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
龍谷大学 文学部 仏教学科 教授
 
2019年4月
 - 
現在
名古屋大学高等研究院 客員教授
 
2017年4月
 - 
2019年3月
名古屋大学 大学院人文学研究科 附属人類文化遺産テクスト学研究センター 教授・センター長
 
2013年10月
 - 
2017年3月
名古屋大学文学研究科附属人類文化遺産テクスト学宗教センター 教授・センター長
 
2000年4月
 - 
2013年9月
名古屋大学文学研究科教授
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
人間文化機構国文学研究資料館  日本語歴史的典籍ネットワーク委員会委員
 

受賞

 
1985年6月
第十一回日本古典文学会賞
 

論文

 
阿部 泰郎
国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History   188 11-69   2017年3月
阿部 泰郎
西行学   (6) 284-291   2015年8月
阿部 泰郎
国語と国文学   92(5) 114-127   2015年5月
阿部 泰郎
説話・伝承学   23 42-44   2015年3月
阿部 泰郎
高田学報   103 67-94   2015年3月
阿部 泰郎
西行学   (5) 203-212   2014年12月
阿部 泰郎
日本宗教文化史研究   15(1) 1-26   2011年7月
阿部 泰郎
日本の美術   (539) 80-93   2011年4月
阿部 泰郎
中世文学   56(0) 1-6   2011年
阿部 泰郎
日本文学   57(7) 2-15   2008年
阿部 泰郎
説話文学研究   (41) 91-94   2006年7月
阿部 泰郎
説話文学研究   (40) 145-149   2005年7月

書籍等出版物

 
阿部 泰郎
名古屋大学出版会   2018年2月   ISBN:9784815809027
愛知県史 別冊 文化財4 典籍
阿部 泰郎 (担当:共著, 範囲:総論「愛知の文庫と典籍の歴史」、第三章「真福寺大須文庫と寺院の典籍」)
2015年3月   
中世日本の宗教テクスト体系
阿部 泰郎
名古屋大学出版会   2013年2月   
聖者の推参―中世の声とヲコなるもの
阿部 泰郎
2001年11月   
直談因縁集 翻刻と索引
阿部 泰郎 (担当:共編者, 範囲:「解題」「説話目次」)
1998年10月   

競争的資金等の研究課題

 
テクスト学による宗教文化遺産の普遍的価値創成学術共同体の構築
JSPS拠点形成事業(A.先端拠点形成型)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 阿部 泰郎
絵ものがたりメディア文化遺産の普遍的価値の国際共同研究による探究と発信
JSPSグローバル展開プログラム
研究期間: 2017年2月 - 2019年9月    代表者: 阿部 泰郎
基盤研究(S)宗教テクスト遺産の探査と綜合的研究―人文学アーカイヴス・ネットワークの構築
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 阿部 泰郎
基盤研究(A)中世宗教テクスト体系の綜合的研究―寺院経蔵聖教と儀礼図像の統合―
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 阿部 泰郎
基盤研究(B)中世宗教テクスト体系の復原的研究-真福寺聖教典籍の再構築
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 阿部 泰郎
萌芽研究 中世宗教テクストの綜合的研究
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 阿部 泰郎
基盤研究(B)中世寺院の知的体系の研究-真福寺および勧修寺聖教の復原的研究
研究期間: 2003年4月 - 2007年3月    代表者: 阿部 泰郎
基盤研究(B)中世寺院の知的体系の研究-真福寺聖教の復原的研究
研究期間: 2000年4月 - 2004年3月    代表者: 阿部 泰郎
基盤研究(A)仁和寺文化圏と守覚法親王に関する文献学的研究
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 阿部 泰郎