MIYASHITA Shuichi

J-GLOBAL         Last updated: Jul 4, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
MIYASHITA Shuichi
Affiliation
Chuo University
Section
Chuo Law School
Job title
Professor
Research funding number
80377712

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Mar 1999
日本学術振興会特別研究員(DC1)
 
Apr 1999
 - 
Mar 2000
名古屋芸術大学一般教育部非常勤講師
 
Apr 2000
 - 
Mar 2004
名古屋芸術大学音楽学部非常勤講師
 
Apr 2001
 - 
Mar 2004
藤田保健衛生大学医学部客員講師
 
Apr 2001
 - 
Sep 2008
名古屋芸術大学美術学部非常勤講師
 

Education

 
Apr 1986
 - 
Mar 1989
北海道立釧路湖陵高等学校全日制課程理数科
 
Apr 1989
 - 
Mar 1994
法律学科, Faculty of Laws, Nagoya University
 
Apr 1994
 - 
Mar 1996
民刑事法専攻, Graduate School, Division of Law, Nagoya University
 
Apr 1996
 - 
Mar 2002
民刑事法専攻, Graduate School, Division of Law, Nagoya University
 

Published Papers

 
不当条項規制をめぐる改正と今後の課題―「平均的損害の額」の立証責任と不当条項の類型の追加を中心に
宮下修一
ジュリスト   (1527) 64-71   Jan 2019   [Invited]
日本における任意後見制度の現状と利用の活性化に向けた方策の検討
宮下修一
民事法学   (84) 183-200   Aug 2018   [Invited]
特定商取引法上の「営業」概念と「営利」性の考慮――提携リース取引をめぐる裁判例の分析から
宮下修一
国民生活研究   56(1) 1-43   Jul 2016   [Refereed]
成年後見監督制度のあり方の再検討――ヒアリング調査をふまえて
宮下修一
国民生活研究   53(2) 111-127   Dec 2013   [Refereed]
適合性原則と民事責任(2・完)
宮下修一
国民生活研究   52(2) 34-55   Sep 2012   [Refereed]

Misc

 
誌​​​上​​​法​​​学​​​講​​​座​​​・​​​新​​​時​​​代​​​の​​​消​​​費​​​者​​​契​​​約​​​法​​​を​​​学​​​ぶ​​​第​​​18回(最終回)​​​「他の法律との適用関係・消費者団体訴訟​」
宮下修一
ウェブ版国民生活   (80) 36-39   Mar 2019   [Invited]
誌​​​上​​​法​​​学​​​講​​​座​​​・​​​新​​​時​​​代​​​の​​​消​​​費​​​者​​​契​​​約​​​法​​​を​​​学​​​ぶ​​​第​​​17回​​​「​​不当条項規制(10条)(3)​」
宮下修一
ウェブ版国民生活   (79) 38-41   Feb 2019   [Invited]
誌​​​上​​​法​​​学​​​講​​​座​​​・​​​新​​​時​​​代​​​の​​​消​​​費​​​者​​​契​​​約​​​法​​​を​​​学​​​ぶ​​​第​​​16回​​​「​​不当条項規制(10条)(2)​」
宮下修一
ウェブ版国民生活   (78) 37-40   Jan 2019   [Invited]
誌​​​上​​​法​​​学​​​講​​​座​​​・​​​新​​​時​​​代​​​の​​​消​​​費​​​者​​​契​​​約​​​法​​​を​​​学​​​ぶ​​​第​​​15​​​回​​​「​​不当条項規制(10条)(1)​」
宮下修一
ウェブ版国民生活   (77) 38-41   Dec 2018   [Invited]
誌​​​上​​​法​​​学​​​講​​​座​​​・​​​新​​​時​​​代​​​の​​​消​​​費​​​者​​​契​​​約​​​法​​​を​​​学​​​ぶ​​​第​​​14​​​回​​​「​​不当条項規制(9条)(3)​」
宮下修一
ウェブ版国民生活   (76) 38-41   Nov 2018   [Invited]

Books etc

 
ケースで学ぶ 認知症ケアの倫理と法
松田純=堂囿俊彦=青田安史=天野ゆかり=宮下修一 (Part:Joint Editor, 認知症高齢者の徘徊による事故と家族の責任 70-71頁|rn|認知症高齢者の徘徊による事故と施設の責任 72-73頁|rn|認知症高齢者の家族による財産の使い込みに気づいたとき 137-141頁|rn|成年後見利用促進法・成年後見事務円滑化法の制定 142-143頁)
南山堂   Mar 2017   
こんなときどうする?在宅医療と介護――ケースで学ぶ倫理と法
松田純・青田安史・天野ゆかり・宮下修一編 (Part:Joint Editor, 認知症の患者のもとに遺産目的の次男が尋ねてきたとき 89-93頁(青田安史と共著)|rn|「情報」と「秘密」 94頁|rn|「相続」と「遺言」 95頁|rn|施設での医療・介護の実施をめぐって成年後見人と対立したとき 96-100頁(大塚芳子と共著)|rn|成年後見制度 101頁|rn|障害者権利条約と成年後見制度 102頁)
南山堂   Mar 2014   
論点体系 判例民法 1 総則(第2版)
能見善久・加藤新太郎編 (Part:Joint Work, 1条)
第一法規   Dec 2013   
論点体系 判例民法 1 総則
能見善久・加藤新太郎編 (Part:Joint Work, 1条)
第一法規   Jun 2009   
ケースブック 心理臨床の倫理と法
松田純・江口昌克・正木祐史編 (Part:Joint Work, 未成年者の親との関係、カルテの開示・説明と法的責任、秘密の保持についての民事責任について、未成年者に対する監督義務)
知泉書館   Mar 2009   

Conference Activities & Talks

 
日本における任意後見制度の現状と利用の活性化に向けた方策の検討
韓国民事法学会国際シンポジウム「高齢化社会と民事法の対応」(於:大韓民国・全北大学校法学専門大学院)   Jun 2018   
日本の債権法改正をめぐる議論状況の変遷
明治民法研究会(於:大韓民国・全北大学校法学専門大学院)   Jun 2018   
適格消費者団体制度・適格消費者団体の意義と役割
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会中部支部静岡分科会平成30年度第1回例会講演   May 2018   
民法改正―債務不履行・保証を中心に
静岡県弁護士会浜松支部・民事関係学習会(於:静岡県西部法律会館)   Mar 2018   
脆弱な消費者と中小事業者をめぐって
日本弁護士連合会シンポジウム「消費者法の課題と展望ⅩⅡ 消費者概念の内包と外苑~脆弱な消費者と中小事業者をめぐって~」(於:京都弁護士会館)   Mar 2018   

Research Grants & Projects

 
民法新時代における最高裁判例の意義の検証―民法(債権法)改正を受けて
全国銀行学術研究振興財団: 全国銀行学術研究振興財団学術研究助成
Project Year: Feb 2018 - Mar 2020    Investigator(s): 宮下修一
消費者契約に関する立法状況の国際比較研究
Project Year: Apr 2017 - Mar 2019    Investigator(s): 宮下修一
民法における「能力」概念の比較法的研究―東アジアを中心に
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C)
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): 宮下修一
アジアにおける消費者契約解消法制の研究―日・中・韓・台湾・タイを中心に
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C)
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): 宮下修一
民法と消費者法の融合に向けた理論的・実証的研究―契約解消法制を中心に
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-若手研究(B)
Project Year: Apr 2008 - Mar 2011    Investigator(s): 宮下修一