岩崎 秀雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/29 03:35
 
アバター
研究者氏名
岩崎 秀雄
 
イワサキ ヒデオ
eメール
hideo-iwasakiwaseda.jp
URL
http://www.f.waseda.jp/hideo-iwasaki/
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 先進理工学部
職名
教授
学位
理学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号
00324393
ORCID ID
0000-0002-3754-4955

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
1999年
:日本学術振興会特別研究員(DC1)
 
1999年
 - 
2000年
:日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2000年
 - 
2005年
:名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻・助手
 
2004年
   
 
現在:理化学研究所バイオミメティックコントロール研究センター客員研究員
 
2005年
   
 
現在:早稲田大学理工学術院助教授(電気・情報生命工学科)
 
2005年
 - 
2006年
:東京大学大学院生命農学研究科非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1995年
名古屋大学 農学部 農学科
 
 
 - 
2000年
名古屋大学 理学研究科 生命理学専攻
 

受賞

 
2004年2月
トヨタ・トリエンナーレ立体美術部門優秀賞
 
2003年9月
第1回 日本時間生物学会奨励賞
 
2001年
井上研究奨励賞
 

論文

 
生命リズムへの複眼的まなざし:生物リズムの文化誌と分子機構
岩崎秀雄
科学(岩波)   75(12) 1388-1393   2005年12月
連載コラム「生命のリズム」〜第8回:構成的生物学への期待
岩崎秀雄
バイオニクス      2005年7月
連載コラム「生命のリズム」〜第7回:交錯するリズムイメージと生命イメージ
岩崎秀雄
バイオニクス      2005年6月
連載コラム「生命のリズム」〜第6回:体内時計の試験管内再構成に成功
岩崎秀雄
バイオニクス      2005年5月
連載コラム「生命のリズム」〜第5回:バイオリズム・ブーム
岩崎秀雄
バイオニクス      2005年4月
連載コラム「生命のリズム」〜第4回:体内時計の発振機構(II)時計遺伝子はいかに時を刻むのか?
岩崎秀雄
バイオニクス      2005年3月
連載コラム「生命のリズム」〜第3回:体内時計の発振機構(I)振り子は細胞の中にある!
岩崎秀雄
バイオニクス      2005年2月
連載コラム「生命のリズム」〜第2回:体内時計論争の科学史と文化史
岩崎秀雄
バイオニクス      2005年1月
連載コラム「生命のリズム」〜第1回:体内時計:一日のリズムはどこから
岩崎秀雄
バイオニクス      2004年12月
シアノバクテリアの生物時計研究の舞台裏
岩崎秀雄
時間生物学   10(3) 3-11   2004年
隠喩としての生命リズム:その歴史,文化,科学,芸術
岩崎秀雄
ドキュメント アートとレクチャーの10日間 COLD_SCHOOL MS004:「講義としての芸術」(メディアセレクト)      2004年
シアノバクテリアの概日リズム制御機構研究の新展開
岩崎秀雄
細胞工学   22 1309-1314   2003年
バクテリアの生物時計:その高度な調節機構と複雑さ
岩崎秀雄
バイオサイエンスとバイオインダストリ-   60 225-230   2001年
シアノバクテリアの概日リズムの発振機構について
岩崎秀雄
日本時間生物学会誌   8(1) 5-10   2001年
多重フィードバック制御による概日振動の安定化機構
岩崎秀雄,近藤孝男
細胞工学   20 801-807   2001年
シアノバクテリアの概日時計機構:解析の現状と課題
岩崎秀雄,近藤孝男
脳の科学   22 505-507   2000年
藍色細菌の概日時計
岩崎秀雄,石浦正寛,近藤孝男
日本時間生物学会会誌   3(1) 6-24   1997年
藍色細菌の生物時計
岩崎秀雄,石浦正寛,近藤孝男
遺伝   51(12) 41-46   1997年12月
Reconstitution of circadian oscillation of cyanobacterial KaiC phosphorylation in vitro
M. Nakajima, K. Imai, H. Ito, T. Nishiwaki, Y. Murayama, H. Iwasaki, T. Oyama, T. Kondo
Science   308(5720) 414-415   2005年
No transcription-translation feedback in circadian rhythm of KaiC phosphorylation.
Tomita J, Nakajima M, Kondo T, Iwasaki H*
Science   307(5707) 251-254   2005年
Role of KaiC phosphorylation in the circadian clock system of Synechococcus elongatus PCC 7942.
T. Nishiwaki, Satomi Y, Nakajima M, Lee C, Kiyohara R, Kageyama H,rKitayama Y, Temamoto M, Yamaguchi A, Hijikata A, Go M, Iwasaki H, Takao T, Kondo T
Proc Natl Acad Sci USA   101 13927-13932   2004年
Circadian rhythms in the synthesis and degradation of a master clock protein KaiC in cyanobacteria.
Imai K, Nishiwaki T, Kondo T, Iwasaki H*
J Biol Chem   279 36534-36539   2004年
Global gene repression by KaiC as a master process of prokaryotic circadian system.
Nakahira Y, Katayama M, Miyashita H, Kutsuna S, Iwasaki H, Oyama T, Kondo T
Proc Natl Acad Sci USA   101 881-885   2004年
Circadian timing mechanism in the prokaryotic clock system of cyanobacteria.
Iwasaki H, Kondo T.
J. Biol. Rhythms   19 436-444   2004年
KaiB functions as an attenuator of KaiC phosphorylation in the cyanobacterial circadian clock system.
Kitayama Y, Iwasaki H, Nishiwaki T, Kondo T
EMBO J   22 2127-2134   2003年
Circadian formation of clock protein complexes by KaiA, KaiB, KaiC, and SasA in cyanobacteria.
Kageyama H, Kondo T, Iwasaki H*
J Biol Chem   278 2388-2395   2003年
KaiA-stimulated KaiC phosphorylation in circadian timing loops in cyanobacteria.
Iwasaki H*, Nishiwaki T, Kitayama Y, Nakajima M, Kondo T
Proc Natl Acad Sci USA   99 15788-15793   2002年
Two KaiA-binding domains of cyanobacterial circadian clock protein KaiC.
Taniguchi Y, Yamaguchi A, Hijikata A, Iwasaki H, Kamagata K, Ishiura M, Go M, Kondo T
FEBS Lett.   496 86-90   2001年
Microbial circadian oscillatory systems in Neurospora and Synechococcus: Models for cellular clocks.
Iwasaki H, Dunlap JC
Curr Opin Microbiol   3 189-196   2000年
The current state and problems of circadian clock studies in cyanobacteria.
Iwasaki H, Kondo T
Plant Cell Physiol.   41 1013-1020   2000年
A KaiC-interacting sensory histidine kinase, SasA, necessary to sustain robust circadian oscillation in cyanobacteria.
Iwasaki H, Williams SB, Kitayama Y, Ishiura M, Golden SS, Kondo T
Cell   101 223-233   2000年
Nucleotide binding and autophosphorylation of the clock protein KaiC as a circadian timing process of cyanobacteria.
Nishiwaki T, Iwasaki H, Ishiura M, Kondo T
Proc Natl Acad Sci USA   97 495-499   2000年
Spectroscopic and electrochemical studies on structural change of plastocyanin and its tyrosine 83 mutants induced by interaction with lysine peptides
S Hirota, K Hayamizu, T Okuno, M Kishi, H Iwasaki, T Kondo, T Hibino, T Takabe, T Kohzuma, O Yamauchi
Biochemistry   39 6357-6364   2000年
Physical interactions among circadian clock proteins, KaiA, KaiB and KaiC, in cyanobacteria.
Iwasaki H, Taniguchi Y, Ishiura M, Kondo T
EMBO J   18 1137-1145   1999年
Structural conservation of the isolated zinc site in archaeal zinc-containing ferredoxins as revealed by X-ray absorption spectroscopic analysis and its evolutionary implications.
NJ Cosper, C Stalhandske, H Iwasaki, T Oshima, R Scott, T Iwasaki
J. Biol. Chem.   274 23160-26168   1999年
Expression of a gene cluster kaiABC as a circadian feedback process in cyanobacteria.
Ishiura, M, Kutsuna S, Aoki S, Iwasaki H, Andersson CR, Tanabe A, Golden SS, Johnson CH, Kondo T
Science   281 1519-1523   1998年
Changing profiles of mRNA levels of Cdc2 and a novel Cdc2-related kinase (Bcdrk) in relation to ovarian development and embryonic diapause of Bombyx mori.
M Takahashi, H. Iwasaki, T. Niimi, O Yamashita, T Yaginuma
Appl. Entomol. Zool.   33 551-559   1998年
Cloning of cDNAs encoding Bombyx homologues of Cdc2 and Cdc2-related kinase from eggs.
H Iwasaki, M Takahashi, T Niimi, O Yamashita, T Yaginuma
Insect Mol. Biol   6 131-141   1996年
Hosokawa, Norimune;Hatakeyama, Tetsuhiro S.;Kojima, Takashi;Kikuchi, Yoshiyuki;Ito, Hiroshi;Iwasaki, Hideo
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   108(37) 15396-15401   2011年
Hanaoka, Mitsumasa;Takai, Naoki;Hosokawa, Norimune;Fujiwara, Masayuki;Akimoto, Yuki;Kobori, Nami;Iwasaki, Hideo;Kondo, Takao;Tanaka, Kan
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   287(31) 26321-26327   2012年
Kushige, Hiroko;Kugenuma, Hideyuki;Matsuoka, Masaki;Ehira, Shigeki;Ohmori, Masayuki;Iwasaki, Hideo
JOURNAL OF BACTERIOLOGY   195(6) 1276-1284   2013年
Hosokawa, Norimune;Kushige, Hiroko;Iwasaki, Hideo
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   110(35) 14486-14491   2013年
Xu, Yao;Weyman, Philip D.;Umetani, Miki;Xiong, Jing;Qin, Ximing;Xu, Qing;Iwasaki, Hideo;Johnson, Carl Hirschie
CURRENT BIOLOGY   23(23) 2365-2374   2013年
Umetani, Miki;Hosokawa, Norimune;Kitayama, Yohko;Iwasaki, Hideo
JOURNAL OF BACTERIOLOGY   196(3) 548-555   2014年
Ishihara, Jun-ichi;Tachikawa, Masashi;Iwasaki, Hideo;Mochizuki, Atsushi
JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY   371 9-23   2015年
タイムラプス観察に基づく多細胞性シアノバクテリアのヘテロシスト分化パターニングの解析
石原 潤一;浅井 宏啓;岩森 俊介;宮城 康之;岩崎 秀雄
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   26(1) 91-92   2011年6月
運動性シアノバクテリアのコロニーパターン形成のダイナミクス
深澤 有貴;岩崎 秀雄
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   26(1)    2011年6月
Takano Sotaro;Tomita Jun;Sonoike Kintake;Iwasaki Hideo
BMC biology   13    2015年
BACKGROUND:Most organisms, especially photoautotrophs, alter their behaviours in response to day-night alternations adaptively because of their great reliance on light. Upon light-to-dark transition, dramatic and universal decreases in transcripti...

書籍等出版物

 
時を刻むバクテリア
岩崎秀雄
中村桂子編集『愛づるの話。』(JT生命誌研究館)   2003年   
Histidine kinases in the cyanobacterial circadian system
Iwasaki H, Kondo T
Histidine Kinases (Eds. M. Inouye and R. Dutta), Academic Press   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
科学技術振興機構・CREST(分担研究者)
シアノバクテリアのマクロなコロニーパターンの構築原理
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
細胞増殖に関わる細菌型mitoNEETシステムの網羅的解析
科学研究費助成事業(日本医科大学): 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
kai時計遺伝子に依存しないバクテリアの新規転写振動の発生機構と生理機能
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
概日時計を介するシアノバクテリアの動的環境適応ダイナミクス
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(若手研究(A))