小河 妙子

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/23 09:56
 
アバター
研究者氏名
小河 妙子
 
オガワ タエコ
所属
東海学院大学
部署
人間関係学部 心理学科
職名
教授
学位
博士(学術)(名古屋大学)
科研費研究者番号
30434517

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東海学院大学 人間関係学部 心理学科 教授
 
2010年4月
 - 
2015年3月
東海学院大学 人間関係学部 心理学科 准教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東海学院大学 人間関係学部 心理学科 講師
 
2007年4月
 - 
2008年3月
東海学院大学 人間関係学部 心理学科 助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東海女子大学 人間関係学部 心理学科 助手
 

論文

 
小学校国語教科書に掲載されている単語の種類数と出現頻度
小河妙子, 藤田知加子
読書科学   60(4) 241-253   2018年   [査読有り]
小河 妙子
心理学評論   57(2) 200-214   2014年   [査読有り]
Joyce, T., Masuda, H., & Ogawa, T.
Written Language & Literacy   17(2) 173-194   2014年   [査読有り]
Nomura, Y., Ogawa, T., & Nomura, M
NeuroReport   21(17) 1100-1105   2010年12月   [査読有り]
小河 妙子, 齋藤 洋典
基礎心理学研究   26(1) 20-28   2007年9月
Japanese two-kanji compound words (Jukugo : e.g.,侵略"invasion") have two sets of neighbors : rear neighbors that share the same kanji in the front (e.g.,侵入"intrusion") ; and front neighbors that share the same kanji at the rear of the Jukugo (e.g.,...

Misc

 
人はなぜ募金をするのか?―性別及び類似性が募金行動に及ぼす影響
大川朝世・小河妙子
東海学院大学紀要   12 95-109   2018年12月
Ogawa, T & Fujita,C.
Bulletin of Tokai Gakuin University   (11) 149-155   2017年
長屋 佐和子, 小河 妙子
名古屋女子大学紀要. 家政・自然編, 人文・社会編   (62) 165-171   2016年3月   [査読有り]
小河 妙子, 篠田 侑大, Taeko OGAWA, Yuudai SHINODA, 東海学院大学, Tokai Gakuin University
東海学院大学紀要 = Bulletin of Tokai Gakuin University   (10) 31-38   2016年   [査読有り]
小河 妙子, Taeko OGAWA, 東海学院大学, Tokai Gakuin University
東海学院大学紀要 = Bulletin of Tokai Gakuin University   8 161-167   2015年3月

書籍等出版物

 
Infrared Spectroscopy - Life and Biomedical Sciences
Ogawa, T., & Nomura, M. (担当:共著, 範囲:Using NIRS to investigate social relationship in empathic process)
InTech.   2012年   
心理学実験を学ぼう!
小河 妙子 (担当:編者)
金剛出版   2010年9月   
The effects of polysemy for Japanese katakana words. In C. K. Leong & K. Tamaoka (Eds.),Cognitive Processing of the Chinese and the Japanese Languages (pp. 241-270)
Hino, Y., Lupker, S. J., Sears, C. R., & Ogawa, T. (担当:共著)
Kluwer Academic Publishers: Netherlands.   1998年   

講演・口頭発表等

 
小学校国語教科書に掲載されている単語の抽出と分析(1):高学年教科書の分析
小河妙子・藤田知加子
日本基礎心理学会第36回大会   2017年12月   
小学校国語教科書に掲載されている単語の抽出と分析(2):低学年教科書の分析
藤田知加子・小河妙子
日本基礎心理学会第36回大会   2017年12月   
保育士養成課程学生の情動認知特性が保育者効力感に及ぼす影響 ―2年生と3年生の比較―
長屋佐和子・小河妙子
日本乳幼児医学・心理学会第27回大会   2017年12月   
Familiarity effects for katakana-orthography loanwords on the reading of the English words in unbalanced Japanese L1-English L2 bilinguals.
Ogawa, T.
The 30th International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.   2016年7月   
Effect of childrearing experience on facial expression recognition characteristics: A study using a short form of the IFEEL Pictures.
Nagaya, S., Ogawa, T., Hamada, Y., Chiba, C., & Fukatsu, C.
The 15th World Congress of the World Association for Infant Mental Health. Prague, Czech Republic.   2016年5月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
保育者の能力とは何か―実践能力獲得過程の多面的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 長屋佐和子
心的辞書機構における意味空間の可視化とそれに基づく漢字学習プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 小河 妙子
視覚世界パラダイムによる同音異義語処理の検討
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 藤田 知加子
漢字二字熟語間の意味的関連性に関するデータベースの構築
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 増田 尚史
漢字・ハングル・仮名単語の認知過程に関する比較研究
日本学術振興会: 二国間交流事業共同研究
研究期間: 2011年7月 - 2013年6月    代表者: 増田 尚史
日本語母語話者の視覚的単語認知過程における外来語既有知識の役割
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 小河 妙子
心的辞書機構における意味処理機能のモデル化に関する認知心理学的研究
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2006年8月 - 2008年3月    代表者: 小河 妙子