増田 理子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 03:15
 
アバター
研究者氏名
増田 理子
 
マスダ ミチコ
URL
http://doboku2.ace.nitech.ac.jp/Hydro/Conser_J/index.htm
所属
名古屋工業大学
部署
大学院 しくみ領域
職名
教授
科研費研究者番号
30304645

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
日本生態学会  保全生態学研究編集委員
 
2011年4月
 - 
現在
英文誌編集委員
 

受賞

 
2011年11月
GEOMAT Best Paper Award at GEOMAT
受賞者: Michiko Masuda and Yumie Ito
 
2012年12月
資源循環型ものづくり研究会 技術賞
受賞者: 津田博洋、小野さとみ、増田理子
 
2013年10月
日本学術振興会 科学研究費審査有意義な審査意見
 
2014年3月
永井科学財団 永井31回奨励賞
 

論文

 
Genetic diversity of restored endangeredspecies, Penthorum chinense in the riverbed.
Michiko Masuda, Fumitake Nishimura
International Journal of GEOMATE   10(2) 1810-1814   2015年4月   [査読有り]
河川の流量確保のための掘削域に生育する絶滅危惧植物タコノアシの遺伝的多様性についての調査結果と今後の課題
GENETIC DIVERSITY AND GENETIC STRUCTURE OF AN ENDANGERED SPECIES, ERIOCAULON NUDICUSPE, GROWING IN ARTIFICAL DISTURBING HABITATS
Michiko Masuda, Tadamasa Fukagawa and Fumitake Nishimura
Sixth International Conference on Gotechnique, Construction Materials and Environment, Bangkok, Thailand, Nov. 14-16.      2016年11月   [査読有り]
GENETIC DIVERSITY OF PSEUDOLABRUS SIEBOLDI, USUAL FISH SPECIES IN A WESTERN JAPAN COASTAL AREA
Michiko Masuda, Fumitake Nishimura, Wataru Kawase
Seventh International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment      2017年11月   [査読有り]
Genetic diversity at each habitat of Pseudolabrus sieboldi, usual fish species in a western Japan coastal area.
Michiko Masuda, Wataru Kawase and Fumitake Nishimura
International Journal of GEOMATE   vol. 15((49)) 53-58   2018年   [査読有り]
Genetic diversity at each habitat of Pseudolabrus sieboldi, usual fish species in a western Japan coastal area is very specified in Each area. Especialy Pacific ocean side is highly diversed than the other area.
Ammonia removal characteristics of porous concrete with zzeolite for enhancing self-purification ability in river system
Fumitake Nishimura, Toshio Yamada, Motohiro, Tanaka, Hirofumi Kasai, Michiko Masuda.
International Journal of GEOMATE   10(4) 2045-2050   2015年4月   [査読有り]
ゼオライトを利用したコンクリートの中性化により、河川の環境に及ぼす影響についての評価分析。

書籍等出版物

 
Differentiation of spring emerging and autum emerging ecotypes in Galium spurium var. echinospermon.
-
Natural History of Weed   1997年4月   
ヤエムグラの発芽2型性の進化
-
雑草の自然史   1997年4月   
種子の生態学
- (担当:共著)
種生物学会   2009年4月   
雑草学辞典
- (担当:共著)
雑草学会   2010年4月   

講演・口頭発表等

 
絶滅危惧植物シラタマホシクサの開花と種子生産
-
第56回日本生態学会   2009年4月1日   
Process of Invading the alien plant species into the river ecosystem.
Michiko Mausda, Yumie Ito, Fumitake Nishimura
GEOMAT   2011年11月21日   GEOMAT
埋土種子を除去した河川敷からどのように植物が侵入するのかについての調査解析を行った結果、水散布が最も重要であることがしめされ、さらに外来種の侵入経路がおもに春から夏にかけておこることが示された。
How do the alien plant pseices invade into the river ecosystem?
Michiko Masuda, Yumie Ito
Joint meeting of ESJ and FAFES   2012年3月17日   日本生態学会 & FAFES
外来植物がどのように河川に侵入するのかについて除去実験を含め、河川整備工事の時期からの検討を行い、工期が外来種の侵入に及ぼす影響について評価を行った。
地表性昆虫を用いたビオトープの評価
増田理子
第60回日本生態学会大会   2013年3月5日   日本生態学会
河川攪乱後、地表性昆虫を用いて、ビオトープの評価を行い、地表性昆虫を用いることが妥当であることが示された。またこの方法により新しい管理方法についての提案を行った。
隔離されたマメナシ個体群の種子生産と発芽
増田理子 越口貴文
日本生態学会全国大会   2014年3月12日   日本生態学会
絶滅危惧植物マメナシの隔離された集団における種子の繁殖形態を分析することによって、隔離集団の保護に重要な要素を分析した。

競争的資金等の研究課題

 
外来生物の生態と管理
絶滅危惧生物の繁殖生態学
環境評価システム