木村 次宏

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/08 02:48
 
アバター
研究者氏名
木村 次宏
 
キムラ ツギヒロ
URL
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kimurat/
所属
福岡教育大学
部署
音楽教育講座
職名
教授
学位
教育学修士(広島大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
1990年
 福岡教育大学教育学部 助手
 
1991年
 - 
1994年
 福岡教育大学教育学部 講師
 
1994年
   
 
-  福岡教育大学教育学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
広島大学 教育学研究科 音楽教育学
 
 
 - 
1981年
広島大学 教育学部 音楽科
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本音楽教育学会  理事
 

Misc

 
小学校低学年の音楽科学習指導における協同学びの有効性
教育実践研究(福岡教育大学教育学部附属教育実践総合センター)   (8) 77-84   2000年
学校音楽教育の基礎的理念 -その課題と展望-
Music Education      [査読有り]
音楽科におけるこれまでの評価の在り方について -その変遷との概観を通して-
季刊 音楽鑑賞教育      2011年1月
米国における音楽教育の哲学的基盤に関する一考察 -1950年以降から現在までの動向の概観を通して-
福岡教育大学紀要      2010年2月
音楽アウトリーチ活動の実際と展望 -福岡県宗像地区での実践活動を通して-
福岡教育大学紀要      2016年2月

書籍等出版物

 
音楽教師のための行動分析-教師が変われば子どもが変わる
北大路書房   1999年   
行動分析的手法による音楽教育研究
音楽之友社   2000年   
音楽家 重要用語300の基礎知識
明治図書   2001年   
行動分析的手法による音楽教育研究(音楽教育学研究1より)
音楽之友社   2000年   
セレーノ CD-ROM版音楽教育実践講座 理論編1.理論編3
ニチブン   2004年   

講演・口頭発表等

 
音楽科学習指導における言語活動の役割と課題 -共同研究での実践的検討を通して-
全九州大学音楽学会   2014年12月   全九州音楽学会
小学校現場への実技教育支援コーディネーター配置の効果(その2) -福岡教育大学における取り組みの成果と課題
平成26年度 日本音楽教育学会九州地区例会   2014年3月   日本音楽教育学会
1950年以降の米国学校音楽教育における哲学的基盤の変容に関する一考察 -その概観を通して見えてくる音楽科の存在意義とは-
日本音楽教育学会   2008年11月   日本音楽教育学会
音楽アウトリーチ活動の実際と展望 -福岡県宗像地区での実践を通して-
日本音楽教育学会 平成26年度九州例会   2015年2月   
音楽科学習指導における言語活動の役割と課題 -共同研究での実践的検討を通して-
全九州大学音楽学会   2014年12月   

Works

 
目標に準拠した評価の研究
2003年
福津市民吹奏楽団創立40周年記念演奏会
2014年11月
古賀市民オーケストラ 第18回定期演奏会
2011年12月
福津市民吹奏楽団創立40周年記念演奏会
2014年11月
古賀市民オーケストラ 第18回定期演奏会
2011年12月

競争的資金等の研究課題

 
行動的アプローチによる音楽科の学習指導に関する研究
研究期間: 1989年   
音楽演奏の学習に関する基礎的研究
研究期間: 1989年   
「実技教育支援コーディネーターの養成と配置効果の科学的検証」
その他の競争的外部資金: 文部科学省概算要求特別経費
代表者: 松久公嗣
「実技教育支援コーディネーターの養成と配置効果の科学的検証」
文部科学省概算要求特別経費(H.23~25年)