伊賀崎 伴彦

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/15 19:23
 
アバター
研究者氏名
伊賀崎 伴彦
 
イガサキ トモヒコ
所属
熊本大学
部署
大学院先端科学研究部(工学系)
職名
准教授
学位
博士(工学)(熊本大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年6月
 - 
現在
熊本大学 学長特別補佐(留学生就職支援担当)
 
2016年4月
 - 
現在
熊本大学 大学院先端科学研究部 准教授
 
2009年10月
 - 
2016年3月
熊本大学 大学院自然科学研究科 准教授
 
2007年4月
 - 
2009年9月
熊本大学 大学院自然科学研究科 助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
熊本大学 大学院自然科学研究科 助手
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
熊本大学 大学院自然科学研究科 システム科学専攻
 
1994年4月
 - 
1996年3月
熊本大学 大学院工学研究科 電気情報工学専攻
 
1990年4月
 - 
1994年3月
熊本大学 工学部 電気情報工学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
(一社)日本臨床神経生理学会  代議員
 
2005年5月
 - 
2008年5月
(一社)電子情報通信学会  MEとバイオサイバネティックス研究専門委員会幹事補佐
 
2008年4月
 - 
現在
くまもと技術革新・融合研究会  企画委員
 
2010年5月
 - 
2012年5月
(一社)電子情報通信学会  九州支部会計幹事
 
2011年5月
 - 
2012年5月
(一社)電子情報通信学会  互選代議員
 
2012年5月
 - 
2013年5月
(一社)電子情報通信学会  代議員
 
2013年5月
 - 
2019年5月
(一社)電子情報通信学会  MEとバイオサイバネティックス研究専門委員会委員
 

論文

 
Evaluation of kinesthetic/visual motor imagery of dorsiflexion of the right ankle joint via event-related desynchronization/synchronization
Igasaki T, Shibuta A, Sakamoto K
Proceedings of the 1st International Biomedical Instrumentation and Technology Conference      2019年10月   [査読有り][招待有り]
Igasaki T, Yamashita K, Ushijima T
Proceedings of the 41st Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC)   2157-2160   2019年10月   [査読有り]
Pilot study on symbolic dynamic analysis of heart rate variability for evaluating three emotions
Adha MS, Igasaki T
Proceedings of Life Engineering Symposium   130-133   2019年8月
Challenge to sawing skill evaluation using the three axis acceleration sensor
Igasaki T, Matsuura K, Koga A, Hashitsume K
Proceedings of Life Engineering Symposium   1-4   2019年8月
Akbar IA, Igasaki T
Information   10(6) 217-217   2019年6月   [査読有り]
Igasaki T, Yamashita K, Ushijima T
Proceedings of the 11th Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON)   1-5   2019年1月   [査読有り]
Rumagit AM, Akbar IA, Utsunomiya M, Morie T, Igasaki T
Indones J Comput Sci Electr Eng   13(1) 170-180   2019年1月   [査読有り]
Igasaki T, Takemoto J, Sakamoto K
Proceedings of the 40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC)   1911-1914   2018年10月   [査読有り]
Pang D, Igasaki T
Algorithms   11(6) 83-83   2018年6月   [査読有り]
Tsuyuguchi N, Igasaki T, Murayama N
Proceedings of the 10th Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON)   1-5   2017年12月   [査読有り]
Sahroni A, Igasaki T
Proceedings of the 10th Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON)   1-5   2017年12月   [査読有り]
Ushijima T, Sahroni A, Igasaki T, Murayama N
Proceedings of the 10th Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON)   1-5   2017年12月   [査読有り]
Sakamoto K, Takemoto J, Igasaki T
Proceedings of the 10th Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON)   1-5   2017年12月   [査読有り]
Igasaki T, Morie T, Utsunomiya M, Akbar IA, Rumagit AM
Proceedings of the 10th Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON)   1-5   2017年12月   [査読有り]
Matsubara S, Igasaki T, Iiyama J, Murayama N
Proceedings of the 39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC)   1038-1041   2017年9月   [査読有り]
Akbar IA, Rumagit AM, Utsunomiya M, Morie T, Igasaki T
Proceedings of the 39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC)   2904-2907   2017年9月   [査読有り]
Igasaki T, Shimai S, Kobayashi M
Proceedings of the 39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC)   3301-3304   2017年9月   [査読有り]
Drowsiness Estimation by Potentials of Unbalanced Complex Kinetics Analysis for Heart Rate Variability
Igasaki T, Morie T, Akbar IA, Rumagit AM
Proceedings of Life Engineering Symposium   75-80   2017年9月
Sahroni A, Igasaki T, Murayama N, Yudiyanta
Neurosci Biomed Eng   5(2) 126-133   2017年6月   [査読有り]
Rumagit AM, Akbar IA, Igasaki T
Telkomnika   15(2) 919-925   2017年6月   [査読有り]
Igasaki T, Shimai S, Kobayashi M
Indnes J Elec Eng Comput Sci   6(1) 132-138   2017年4月   [査読有り]
Pang D, Igasaki T, Maehara J
Proceedings of the 9th Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON)   1-5   2017年2月   [査読有り]
Igasaki T, Nagasawa K, Akbar IA, Kubo N
Proceedings of the 9th Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON)   1-5   2017年2月   [査読有り]
Polivannyi F, Igasaki T, Murayama N, Neshige R
Neurosci Biomed Eng   4(4) 263-272   2016年12月   [査読有り]
Hisanaga S, Sekiyama K, Igasaki T, Murayama N
Sci Rep   6(35265) 1-10   2016年10月   [査読有り]
Sahroni A, Igasaki T, Murayama N, Yudiyanta
Neurosci Biomed Eng   4(3) 202-208   2016年9月   [査読有り]
Akbar IA, Igasaki T, Murayama N, Hu Z
Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Biomedical Engineering and Informatics (BMEI)   184-188   2016年2月   [査読有り]
Polivannyi F, Igasaki T, Murayama N, Neshige R
Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Biomedical Engineering and Informatics (BMEI)   255-259   2016年2月   [査読有り]
Igasaki T, Nagasawa K, Murayama N, Hu Z
Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Biomedical Engineering and Informatics (BMEI)   189-193   2016年2月   [査読有り]
Sahroni A, Igasaki T, Murayama N
Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Biomedical Engineering and Informatics (BMEI)   163-168   2016年2月   [査読有り]
Kobayashi M, Ikari T, Kurose S, Igasaki T
Proceedings of the IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS)   1-6   2015年11月   [査読有り]
Mahananto F, Igasaki T, Murayama N
Comput Biol Med   64 197-207   2015年9月   [査読有り]
Sambul AM, Murayama N, Igasaki T
Neurosci Biomed Eng   3(1) 2-10   2015年4月   [査読有り]
Ikari T, Kurose S, Igasaki T, Kobayashi M
Proceedings of the IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS)   2071-2074   2014年10月   [査読有り]
Can "quality of sleep" be evaluated from hypnogram? ~ Estimation of factor score of Oguri-Shirakawa-Azumi sleep inventory by artificial neural network ~
Igasaki T, Taniyama Y, Matsuda Y, Murayama N
Proceedings of the Information System International Conference (ISICO)   373-378   2013年12月   [査読有り]
Intensive/high care unit system for long-term monitoring of heart rate variability
Mahananto F, Kurose S, Igasaki T, Murayama N, Maehara J
Proceedings of the Information System International Conference (ISICO)   618-623   2013年12月   [査読有り]
Towards mobility assistance: development of two-directional control BCI using imagery of repetitive hand movements
Igasaki T, Akiyoshi H, Murayama N
Proceedings of the ICT-PAMM Workshop on Mobility Assistance and Service Robitcs   97-102   2013年11月   [査読有り]
Sambul AM, Murayama N, Igasaki T
Proceedings of the 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC)   5938-5941   2013年9月   [査読有り]
Igasaki T, Yoshikawa K, Murayama N
Proceedings of the 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC)   3841-3844   2013年9月   [査読有り]
Mahananto F, Igasaki T, Murayama N
Proceedings of the 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC)   1696-1699   2013年9月   [査読有り]
Sun M, Akiyoshi H, Igasaki T, Murayama N
Proceedings of the ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME)   191-196   2013年6月   [査読有り]
田中博昭, 林田佑樹, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦
臨床神経生理学   41(1) 7-17   2013年2月   [査読有り]
Fextha S, Murayama N, Igasaki T, Hayashida Y
Proceedings of the ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME)   90-95   2012年8月   [査読有り]
Igasaki T, Kamada S, Hayashida Y, Murayama N
Proceedings of the ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME)   535-539   2012年8月   [査読有り]
Sambul AM, Murayama N, Igasaki T, Hayashida Y
Proceedings of the ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME)   734-738   2012年8月   [査読有り]
田中博昭, 林田佑樹, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦
臨床神経生理学   40(4) 185-194   2012年8月   [査読有り]
橋爪一治, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 林田佑樹
臨床神経生理学   40(2) 73-81   2012年4月   [査読有り]
Igasaki T, Higuchi T, Hayashida Y, Murayama N, Neshige R
Proceedings of the 4th International Conference on Biomedical Engineering and Informatics (BMEI)   2 813-817   2011年12月   [査読有り]
Tanaka H, Hayashida Y, Igasaki T, Murayama N
Proceedings of the 33rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC)   7017-7020   2011年12月   [査読有り]
Sakamoto H, Ohbuchi Y, Torigoe I, Miyagawa H, Murayama N, Hayashida Y, Igasaki T
Proceedings of the 4th International Conference on Experimental Mechanics   7522(752250) 1-6   2010年   [査読有り]
川上いずみ, 村山伸樹, 川崎貞道, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹
日本食品科学工学会誌   56(10) 513-519   2009年10月   [査読有り]
川上いずみ, 村山伸樹, 川崎貞道, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹
日本食品科学工学会誌   55(11) 559-565   2008年11月   [査読有り]
Parkinson病と風邪―仮説:Parkinson病には、風邪を起こす病原が関与しているのでは?―
音成龍司, 伊賀崎伴彦
神経内科   69(2) 171-176   2008年8月   [査読有り]
Studies for the face perception in humans using the scalp current density analysis of electroencephalograms
Igasaki T, Hara M, Murayama N, Hayashida Y
Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering / The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering   36-39   2008年1月
伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電気学会論文誌C   127(10) 1780-1786   2007年10月   [査読有り]
Quantitative Evaluation for The Movement Function of Upper Limbs in Infancy (Development of the Visual Tracking Ability)
Hashitsume K, Igasaki T, Murayama N, Hayashida Y
Proceedings of the 1st International Symposium on Information and Computer Elements   22-26   2007年9月   [査読有り]
Safri NM, Murayama N, Hayashida Y, Igasaki T
Brain Res   1155 81-92   2007年6月   [査読有り]
Neshige R, Murayama N, Igasaki T, Tanoue K, Kurokawa H, Asayama S
Brain Res   1141 218-227   2007年4月   [査読有り]
Tomoda A, Mizuno K, Murayama N, Joudoi T, Igasaki T, Miyazaki M, Miike T
J Pediatr Neurol   5(3) 199-208   2007年   [査読有り]
Safri NM, Murayama N, Igasaki T, Hayashida Y
Int J Psychophysiol   61(2) 288-293   2006年8月   [査読有り]
Murase N, Rothwell JC, Kaji R, Urushihara R, Nakamura K, Murayama N, Igasaki T, Sakata-Igasaki M, Mima T, Ikeda A, Shibasaki H
Brain   128(1) 104-115   2005年10月   [査読有り]
上肢運動機能測定法(2)―直線往復運動課題を用いた上肢運動機能障害の定量的評価―
村山伸樹, 峯英樹, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 中西亮二, 山口喜久雄
臨床脳波   47(6) 395-401   2005年6月   [招待有り]
上肢運動機能測定法(1)―パーキンソン病患者の反応運動に対する定量的評価―
村山伸樹, 井川寛文, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 中西亮二, 山口喜久雄
臨床脳波   47(5) 328-334   2005年5月   [招待有り]
脳波による意思伝達システムの開発―I.健常人における画像刺激法の比較と周波数解析―
田之上和也, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 野口ゆかり, 音成龍司
臨床神経生理学   32(6) 662-672   2004年12月   [査読有り]
心電図R-R間隔ゆらぎに対するカオス解析―若年および中高年健常者における体位変換時のフラクタル次元―
伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 中西亮二, 奥村チカ子, 上床太心
臨床神経生理学   32(6) 673-682   2004年12月   [査読有り]
音成龍司, 黒川裕章, 田之上和也, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
臨床神経学   44(9) 599-603   2004年9月   [査読有り]
Estimations of prognosis for SAH patients in the ICU using R-R interval fluctuation analysys
Igasaki T, Murayama N, Maehara J
Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering (IFMBE)   7 137-140   2004年9月
The influence of visual stimuli on cortico-muscular synchronization furing isometric contraction in human
Safri NM, Tanaka Y, Murayama N, Igasaki T
Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering (IFMBE)   7 149-152   2004年9月
不登校児における自律神経機能および視覚事象関連電位
村山伸樹, 友田明美, 水野敬, 宮崎誠, 原正志, 伊賀崎伴彦, 上土井貴子, 三池輝久
臨床脳波   46(1) 40-47   2004年1月   [招待有り]
Safr NM, Tanaka M, Murayama N, Igasaki T
Proceedings of IEEE EMBS Asian-Pacific Conference on Biomedical Engineering   230-231   2003年10月
田崎新二, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 古賀広昭
電気学会論文誌C   122(9) 1632-1638   2002年9月   [査読有り]
味覚認識機構―甘味と大脳誘発電位―
村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 清田宏明
食品・食品添加物研究誌   193 40-46   2001年   [招待有り]
パーキンソン病における上肢運動機能の定量化―反応運動,姿勢保持,変速描円運動による検討―
中西亮二, 村山伸樹, 上床太心, 伊賀崎伴彦, 山永裕明
臨床神経生理学   28(1) 37-45   2000年2月   [査読有り]
記憶関連電位(Memory‐related P300)の提唱
音成龍司, 野口ゆかり, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦
臨床神経学   40(1) 1-7   2000年1月   [査読有り]
臨床神経生理学への工学的アプローチ―2.ニューラルネットワークを用いた自動診断支援システムの開発―
村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 中西亮二, 奥村チカ子
臨床脳波   41(10) 667-673   1999年10月   [招待有り]
臨床神経生理学への工学的アプローチ―1.上肢運動機能定量化システムの開発―
村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 中西亮二, 奥村チカ子, 加藤淳
臨床脳波   41(9) 591-597   1999年9月   [招待有り]
時計誘導法による歩行開始時の運動関連脳電位
平田晃久, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 川上修, 堺裕, 野口ゆかり, 伊藤多枝子, 音成龍司
理学療法学   26(1) 22-26   1999年   [査読有り]
伊藤多枝子, 音成龍司, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 和田泉, 高野孝太
リハビリテーション医学   34(4) 277-282   1997年4月   [査読有り]
Murayama N, Nakasato N, Hatanaka K, Fujita S, Igasaki T, Kanno A, Yoshimoto T
Neurosci Lett   210(2) 121-123   1996年5月   [査読有り]

Misc

 
ウェアラブル心電計を用いたトレッドミル運動中の心拍変動―Potentials of Unbalanced Complex Kinetics解析による検討―
Nurrosyidah A, 伊賀崎伴彦, 山川俊貴
電子情報通信学会技術研究報告   118(436) 91-96   2019年1月
下肢等尺性収縮運動時の外側腓腹筋における脳-筋同期性―運動強度変化および経過時間に対する検討―
山下賢斗, 牛島武, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   118(436) 85-90   2019年1月
圧電センサを用いた心拍測定における心拍変動指標の精度評価
黒木信一郎, 和久屋愛美, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   118(436) 79-83   2019年1月
複数オートマトン認識器を用いた心電図におけるR波および心室性期外収縮検出アルゴリズムの開発
Pang D, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   117(416) 13-17   2018年1月
模擬運転環境における眼電図からの注視・瞬目パラメータによる眠気評価
Rumagit AM, Akbar IA, 宇都宮光拓, 森江崇正, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   117(416) 7-11   2018年1月
集中治療室のための長時間心拍変動モニタリングシステム
伊賀崎伴彦, Pang D, 前原潤一
電子情報通信学会技術研究報告   116(520) 41-45   2017年3月
圧電センサアレイを用いた心拍情報測定―体動ノイズの除去についての検討―
島井祥伍, 伊賀崎伴彦, 小林牧子
電子情報通信学会技術研究報告   116(435) 53-56   2017年1月
ドライビングシミュレータ環境における注視時間情報を用いた眠気評価
宇都宮光拓, Rumagit AM, Akbar IA, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   116(435) 47-51   2017年1月
3軸加速度・角速度センサを用いた鋸引きの技能評価―鋸身の軌跡と角度についての検討―
古賀映人, 橋爪一治, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   116(435) 41-45   2017年1月
脳波による筋感覚/視覚的運動イメージと運動実行/観察の差異の検討
嶽本隼也, 坂本勝哉, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   116(435) 35-39   2017年1月
SSVEPを用いた50音スペラーの開発
栗原佑典, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   115(413) 91-94   2016年1月
ニューロフィードバック法を用いた運動イメージ訓練手法の開発―触覚刺激法―
祖母仁田剛, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   115(413) 87-90   2016年1月
圧電センサアレイを用いた心拍・呼吸情報の測定に関する研究―独立成分分析による心拍・呼吸成分の自動判定法の開発―
島井祥伍, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 小林牧子
電子情報通信学会技術研究報告   115(413) 83-86   2016年1月
純音を伴う白色雑音に対する不快感と生体信号の関連性
長添悠記, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   114(408) 5-8   2015年
運動イメージを用いた非同期式BCI―視覚フィードバックによる訓練効果の検討―
松田泰輔, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   114(408) 1-4   2015年
ハイブリッド型刺激を持つブレイン・コンピュータ・インタフェイスの開発
宮内翔平, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   113(409) 97-100   2014年
左右示指タッピングイメージを用いた非同期式BCIの検討
松田泰輔, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   113(409) 93-96   2014年
非同期式BCI実現に向けた開眼・閉眼の効果
浅尾崇広, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   113(409) 89-92   2014年
運転中の眠気と瞬目との関連性―眼電図からのパラメータ抽出の検討―
八江優輝, 延本周仁, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 胡振程
電子情報通信学会技術研究報告   113(409) 85-88   2014年
ヒトの不快感や生体信号へ及ぼす純音音圧の効果
長添悠記, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   113(409) 65-68   2014年
圧電センサによる心拍信号・呼吸信号の抽出に関する基礎的研究
吉川和磨, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   112(417) 61-64   2013年
連続運動イメージを用いた2方向制御BCIの開発
秋吉洋行, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   112(417) 15-20   2013年
指電気刺激法によるブレイン・コンピュータ・インタフェイスの開発―刺激呈示法の検討―
宮内翔平, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   112(417) 11-14   2013年
ワーキングメモリ課題の訓練効果と課題遂行中の脳波の関連性に関する基礎的研究
碇山和弥, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   112(417) 7-10   2013年
ALS患者向けBCIにおける意思伝達項目の階層的呈示法に関する検討
永田員広, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   111(423) 109-112   2012年
センサー解析情報を制約条件として取り込んだ脳電磁図の信号源推定―異周波数間で相関のある脳活動解析への応用―
田中博昭, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   111(234) 23-28   2011年
表面筋電図用アクティブ電極は嚥下運動機能評価に適用可能か?
伊賀崎伴彦, 古閑公治, 二宮寛明, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   108(405) 1-5   2009年1月
低出生体重児における生体信号の長期的な変化―入院時と退院時の比較―
有働直美, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹, 近藤裕一, 中田高正, 松井貴子, 丸山英樹
電子情報通信学会技術研究報告   108(405) 11-14   2009年1月
高齢者の嚥下運動の特徴抽出―有効なパラメタの検討―
二宮寛明, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹, 古閑公治
電子情報通信学会技術研究報告   107(460) 99-101   2008年
上肢運動遂行時およびイメージ時の脳波解析
清田善彦, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   107(460) 71-74   2008年
脳波を用いた快眠枕に対する定量的評価の検討
鎌田尚平, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   107(460) 33-36   2008年
描渦運動課題を用いた上肢運動機能障害の定量的評価 ―PD患者,SCD患者,健常者における3者間の比較―
原口浩明, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦, 中西亮二
電子情報通信学会技術研究報告   107(460) 21-24   2008年
幼・小児期における上肢運動機能の定量化―指標追跡等速描円運動能力の発達に関して―
橋爪一治, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 林田祐樹
電子情報通信学会技術研究報告   106(592) 21-24   2007年
異なる地域住民における上肢運動機能の定量的評価2
青木実花咲, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹, 鶴田和仁
電子情報通信学会技術研究報告   106(506) 29-32   2007年
等張性収縮時の脳-筋ウェーブレットコヒーレンス解析
柳田隼, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   106(506) 25-28   2007年
自己組織化ニューラルネットワークによる上肢運動機能障害の識別
山口毅, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹, 山口喜久雄
電子情報通信学会技術研究報告   105(578) 5-8   2006年
異なる地域住民における上肢運動機能の定量的評価
青木実花咲, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   105(578) 1-4   2006年
嚥下運動の経時的評価―非侵襲的計測と嚥下造影法との比較―
中原智喜, 古閑公治, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   105(577) 13-16   2006年
平仮名50音図を利用した脳波意思伝達システムの開発(3)
浅山真吾, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦, 音成龍司, 野口ゆかり
電子情報通信学会技術研究報告   105(577) 9-12   2006年
等張性収縮時の脳-筋コヒーレンス(1)
柳田隼, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   105(577) 1-3   2006年
反応運動課題を用いたパーキンソン病患者における上肢運動機能障害の定量的評価
井川寛文, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦, 山口喜久雄
電子情報通信学会技術研究報告   104(644) 85-88   2005年
直線運動課題を用いた上肢運動機能障害の定量的評価
峯英樹, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦, 山口喜久雄
電子情報通信学会技術研究報告   104(644) 81-84   2005年
上肢運動機能評価システムによる各種運動疾患の識別―ハイブリッドニューラルネットワークによる疾患識別―
山口毅, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦, 山口喜久雄
電子情報通信学会技術研究報告   104(644) 77-80   2005年
非侵襲的計測方法による嚥下運動の解析―健常若年者と健常高齢者の比較―
永谷正巳, 古閑公治, 中原智喜, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   104(644) 73-76   2005年
脳波を用いた平仮名50音図の意思伝達
浅山真吾, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦, 音成龍司, 野口ゆかり
電子情報通信学会技術研究報告   104(644) 69-72   2005年
脳波を利用した意思伝達のための呈示画像数の比較
田之上和也, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹, 村山伸樹, 音成龍司, 野口ゆかり
電子情報通信学会技術研究報告   104(644) 65-68   2005年
誘発電位を用いた視覚情報の脳内処理メカニズムの検討―電流源密度法による解析―
原正志, 村山伸樹, 林田祐樹, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   104(644) 61-64   2005年
顔および顔の各パーツの認知と誘発電位
原正志, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   103(637) 61-64   2004年
表面筋電図による嚥下運動の解析―摂食物の種類と量の影響について―
永谷正巳, 古閑公治, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   103(637) 29-32   2004年
くも膜下出血患者の心電図R-R感覚ゆらぎの各種線形・非線形解析
伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 前原潤一
電子情報通信学会技術研究報告   103(637) 17-22   2004年
画像刺激時の脳波と情動に関する基礎的研究
久保山宗, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦
電子情報通信学会技術研究報告   102(597) 25-28   2003年
不登校児における自律神経症状と視覚事象関連電位の検討
水野敬, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 三池輝久, 友田明美, 上土井貴子
電子情報通信学会技術研究報告   102(597) 21-24   2003年
各種運動失調症患者における上肢運動機能の異方性の検討
古田智久, 野中健次, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 中西亮二, 平田好文
電子情報通信学会技術研究報告   102(597) 5-8   2003年
ハイブリッド型ニューラルネットワークによる上肢末梢神経障害自動診断支援システムの開発
桑原裕司, 村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 中西亮二, 寺本靖之, 片山雅史, 古島健次, 岩永書朋, 矢野直次
電子情報通信学会技術研究報告   102(597) 1-4   2003年
集中治療室における予後予測に関する基礎的研究
伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 田崎新二, 前原潤一, 瀬井圭起
電子情報通信学会技術研究報告   101(612) 43-48   2002年
文字認知と視覚事象関連電位―ひらがな・漢字・英単語について―
村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 河本雅樹, 梶原靖祐, 高田俊雄, 米積友邦
電子情報通信学会技術研究報告   101(612) 37-42   2002年
不登校児における視覚事象関連電位
宮崎誠, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 友田明美, 三池輝久
電子情報通信学会技術研究報告   100(598) 101-106   2001年
音がもつ心理的特徴と生体信号の関連性
田崎新二, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   100(598) 87-94   2001年
聴覚事象関連電位による合成音声の評価
伊賀崎伴彦, 藤本真樹, 水野敬, 村山伸樹
電子情報通信学会技術研究報告   100(598) 79-85   2001年
視標追跡運動によるジストニア患者の上肢運動機能障害の定量的評価
野中健次, 坂田美由紀, 古田智久, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 村瀬永子, 梶龍兒
電子情報通信学会技術研究報告   100(598) 47-54   2001年
事象関連電位を用いた記憶に関する基礎的研究
西大志, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 野口ゆかり, 音成龍司
電子情報通信学会技術研究報告   100(598) 17-24   2001年
味覚認知とフラクタル次元
伊賀崎伴彦, 村山伸樹
電気学会研究会資料   CS-98 23-28   1998年
上肢運動機能障害診断支援システムに対する自己組織化アルゴリズムの適用
伊賀崎伴彦, 戸田博公, 村山伸樹, 中西亮二, 奥村チカ子
医用電子と生体工学   36(Suppl. 2) 177-180   1998年
カオス理論による上肢運動機能の定量的評価
伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 中西亮二, 奥村チカ子
電子情報通信学会技術研究報告   97(525) 43-50   1998年
カオス理論を用いた視覚事象関連電位の定量的解析
伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 音成龍司
電子情報通信学会技術研究報告   96(501) 29-36   1997年
舌の味覚刺激に対する誘発脳磁界
村山伸樹, 伊賀崎伴彦, 中里信和, 菅野彰剛, 畑中啓作, 藤田智, 吉本高志
電子情報通信学会技術研究報告   95(501) 37-42   1996年
心電図RR間隔ゆらぎと糖尿病
伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 石井正夫, 中西亮二, 佐藤義則
電子情報通信学会技術研究報告   95(501) 25-30   1996年

書籍等出版物

 
生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用~ウェアラブル、非侵襲・非接触計測、連続モニタリング~
伊賀崎 伴彦 (担当:分担執筆, 範囲:第2章第5節 圧電センサを用いた心拍、呼吸信号の抽出技術)
技術情報協会   2017年6月   ISBN:978-4-86104-661-2
ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
伊賀崎 伴彦 (担当:分担執筆, 範囲:第4章第1節 運転中における眠気と瞬目との関係)
技術情報協会   2016年4月   ISBN:978-4-86104-617-9

講演・口頭発表等

 
圧電センサを用いた着座時の心拍・呼吸情報測定と心拍変動指標の精度評価. 日本生体医工学会九州支部学術講演会
黒木信一郎, 和久屋愛美, 伊賀崎伴彦
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2019年3月2日   日本生体医工学会九州支部
Potentials of Unbalanced Complex Kineticsによるトレッドミル運動負荷試験中の心拍変動解析
伊賀崎伴彦, Nurrosyidah A, 山川俊貴
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2019年3月2日   日本生体医工学会九州支部
運動強度変化および時間経過に対する下肢等尺性収縮運動時の外側腓腹筋における脳-筋同期性
山下賢斗, 牛島武, 伊賀崎伴彦
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2019年3月2日   日本生体医工学会九州支部
Abd Aziz AAB, Sekiyama K, Igasaki T
The 13th International Student Conference on Applied Science and Technology (ICAST)   2018年11月28日   デ・ラ・サール大学
Baba Y, Igasaki T
The 13th International Student Conference on Applied Science and Technology (ICAST)   2018年11月28日   デ・ラ・サール大学
Kuroki S, Igasaki T, Kobayashi M
The 13th International Student Conference on Applied Science and Technology (ICAST)   2018年11月28日   デ・ラ・サール大学
Matsuura K, Koga A, Hashitsume K, Igasaki T
The 13th International Student Conference on Applied Science and Technology (ICAST)   2018年11月28日   デ・ラ・サール大学
Morie T, Kawano K, Igasaki T
The 13th International Student Conference on Applied Science and Technology (ICAST)   2018年11月28日   デ・ラ・サール大学
Morimoto Y, Igasaki T, Kuse R
The 13th International Student Conference on Applied Science and Technology (ICAST)   2018年11月28日   デ・ラ・サール大学
Shibuta A, Takemoto J, Sakamoto K, Igasaki
The 13th International Student Conference on Applied Science and Technology (ICAST)   2018年11月28日   デ・ラ・サール大学
Yamashita K, Ushijima T, Igasaki T
The 13th International Student Conference on Applied Science and Technology (ICAST)   2018年11月28日   デ・ラ・サール大学
RFIDを用いた屋内における位置情報および向きの推定に関する基礎的研究
森本悠介, 伊賀崎伴彦, 久世竜司
第71回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2018年9月27日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
筋感覚的/視覚的運動イメージの定性評価と 事象関連同期/脱同期による定量評価の関連性
澁田新, 嶽本隼也, 坂本勝哉, 伊賀崎伴彦
第71回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2018年9月27日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
作業課題中の脳波および心拍変動解析を用いた感情評価に関する基礎的研究
森江崇正, 河野康平, 伊賀崎伴彦
第71回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2018年9月27日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
鋸引き中の鋸身の3 次元軌跡解析による技能評価
松浦洸樹, 古賀映人, 橋爪一治, 伊賀崎伴彦
第71回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2018年9月27日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
高齢者における前頭前野の体積と認知・運動能力の関連性
Abd Aziz AAB, 積山薫, 伊賀崎伴彦
第71回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2018年9月27日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
脳波および心拍変動解析を用いたグレープフルーツ香刺激時の眠気評価に関する基礎的研究
馬場勇太, 伊賀崎伴彦
第71回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2018年9月27日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
圧電センサを用いた心肺情報の測定に関する基礎的研究 ―センサ数とセンサ配置の再検討―
黒木信一郎, 伊賀崎伴彦, 小林牧子
第71回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2018年9月27日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
運動強度と時間経過に伴う下肢等尺性収縮運動時の脳-筋同期性に関する基礎的研究
山下賢斗, 牛島武, 伊賀崎伴彦
第71回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2018年9月27日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
Igasaki T
The 3rd RSU National and International Research Conference on Science and Technology, Social Science, and Humanities   2018年5月4日   ランシット大学
加速度・角速度センサによる鋸引き技能の定量的評価
古賀映人, 橋爪一治, 伊賀崎伴彦
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2018年3月3日   日本生体医工学会九州支部
心拍変動解析による模擬運転中の眠気予測可能性
宇都宮光拓, 森江崇正, Rumagit AM, Akbar IA, 伊賀崎伴彦
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2018年3月3日   日本生体医工学会九州支部
事象関連同期/脱同期による運動イメージの評価
嶽本隼也, 坂本勝哉, 伊賀崎伴彦
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2018年3月3日   日本生体医工学会九州支部
サポートベクターマシンによる運動イメージの分類:事象関連脱同期/同期と筋感覚的/視覚的運動イメージ
嶽本隼也, 坂本勝哉, 伊賀崎伴彦
第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2017年9月26日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
鋸身の3次元軌跡解析による鋸引きの技能評価
古賀映人, 橋爪一治, 伊賀崎伴彦
第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2017年9月26日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
脈波伝播時間による模擬運転中の眠気推定に関する基礎的研究
澁田新, 宇都宮光拓, 森江崇正, Akbar IA, Rumagit AM, 伊賀崎伴彦
第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2017年9月26日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
模擬運転中の心拍変動解析による眠気予測に関する基礎的研究
宇都宮光拓, 森江崇正, Akbar IA, Rumagit AM, 伊賀崎伴彦
第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2017年9月26日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
核磁気共鳴画像を用いた体積解析による高齢者の認知と運動能力に関する基礎的研究
Abd Aziz AAB, 積山薫, 伊賀崎伴彦
第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2017年9月26日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
自己眠気評価と他者眠気評価の差異に関する基礎的研究
森江崇正, 宇都宮光拓, Rumagin AM, Akbar IA, 伊賀崎伴彦
第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2017年9月26日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
呼吸曲線による模擬運転中の欠伸および体動の検出に関する基礎的研究
森本悠介, 森江崇正, 宇都宮光拓, Rumagin AM, Akbar IA, 伊賀崎伴彦
第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2017年9月26日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
Abd Aziz AAB, Igasaki T, Andersson M, Nyberg L, Kawagoe T, Nishiguchi S, Otsuka Y, Nakai R, Abe N, Yamada M, Sekiyama K.
BrainConnects 2017   2017年8月22日   
Sahroni A, Igasaki T
Biomagnetic Sendai 2017   2017年5月22日   
Ushijima T, Sahroni A, Igasaki T, Murayama N
Biomagnetic Sendai 2017   2017年5月22日   
注視時間情報を用いた模擬運転環境における眠気評価
宇都宮光拓, Rumagit AM, Akbar IA, 伊賀崎伴彦
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2017年3月4日   日本生体医工学会九州支部
事象関連同期/脱同期による筋感覚的/視覚的運動イメージおよび運動実行/運動観察の比較
嶽本隼也, 坂本勝哉, 伊賀崎伴彦
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2017年3月4日   日本生体医工学会九州支部
鋸身の軌跡を用いた鋸引きの技能評価
古賀映人, 橋爪一治, 伊賀崎伴彦
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2017年3月4日   日本生体医工学会九州支部
集中治療室における長期間心拍変動実時間モニタリングシステムの開発
伊賀崎伴彦, Pang D, 前原潤一
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2017年3月4日   日本生体医工学会九州支部
圧電センサアレイを用いた心拍情報の測定に関する研究―体動の影響によるノイズの低減・除去法についての検討―
島井祥伍, 伊賀崎伴彦, 小林牧子
日本生体医工学会九州支部学術講演会   2017年3月4日   日本生体医工学会九州支部
事象関連同期/脱同期による筋感覚的運動イメージと視覚的運動イメージの比較
嶽本隼也, 坂本勝哉, 伊賀崎伴彦
第69回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2016年9月29日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
三軸加速度・角速度センサを用いた鋸引きの技能評価に関する基礎的研究
古賀映人, 橋爪一治, 伊賀崎伴彦
第69回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2016年9月29日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
垂直水平眼電図による3段階眠気分類に関する基礎的研究
島井祥伍, 久保樹生, 伊賀崎伴彦
第69回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2016年9月29日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
胸郭呼吸曲線による3段階眠気分類に関する基礎的研究
宇都宮光拓, 長澤一樹, 伊賀崎伴彦
第69回電気・情報関係学会九州支部連合大会   2016年9月29日   電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
Sahroni A, Igasaki T, Murayama N
The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering   2016年8月4日   国際複合医工学会
Tsuyuguchi N, Igasaki T, Murayama N
The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering   2016年8月4日   国際複合医工学会
Sakamoto K, Takemoto J, Igasaki T, Murayama N
The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering   2016年8月4日   国際複合医工学会
心拍変動と呼吸変動を用いた運転中の眠気推定―ロジスティック回帰分析を用いた眠気の分類―
平成27年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2015年   
生体信号観測用フレキシブルセンサ
平成26年度応用物理学会九州支部学術講演会   2014年   
長時間刺激によるSSVEPの高周波数特性および周波数分解能の向上
第44回臨床神経生理学会学術大会   2014年   
垂直眼電図のサポートベクター分類を用いた眠気推定に関する検討
第44回臨床神経生理学会学術大会   2014年   
前脛骨筋随意筋力が脳波-筋電図コヒーレンスに及ぼす影響
第44回臨床神経生理学会学術大会   2014年   
脳波によるkinesthietic motor imagery(KMI)とvisual motor imagery(VMI)中の脳活動の評価に関する検討
第44回臨床神経生理学会学術大会   2014年   
サポートベクターマシンを用いた垂直眼電図による眠気分類に関する検討
生体医工学シンポジウム2014   2014年   
運動イメージの想起方法が脳波に及ぼす影響
生体医工学シンポジウム2014   2014年   
睡眠経過図による「睡眠の質」の評価―サポートベクターマシンを用いたOSA睡眠調査票MA版因子得点の推定―
平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会   2014年   
白色雑音に対する不快感と生体信号の関連性
平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会   2014年   
多点光刺激に対する定常状態視覚誘発電位の反応
平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会   2014年   
心拍変動を用いた運転中の眠気推定―ニューラルネットワークによる強い眠気の分類―
平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会   2014年   
圧電センサを用いた心拍・呼吸信号抽出の検討―上下に配置したセンサによる体動除去―
平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会   2014年   
Investigation of brain-computer interface with hybrid stimulation of vision and somatic sensation
International Conference on Complex Medical Engineering   2014年   
Examination of detection capability of steady state visual evoked potentials using long-duration stimulus
International Conference on Complex Medical Engineering   2014年   
非同期式BCI実現に向けた開眼・閉眼と視覚刺激・聴覚刺激の比較検討
平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2014年   
運動課題の違いによる非同期式BCIシステムの検討
平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2014年   
圧電センサを用いて心拍信号を抽出する際の体動除去についての検討
平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2014年   
垂直眼電図のロジステイック回帰分析を用いた運転中の眠気推定に関する研究
平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2014年   
ハイブリッド型刺激を持つBCIの検討
平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2014年   
等尺運動時ヒト脳-筋同期活動への同側指電気刺激の干渉作用
平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2014年   
高頻度刺激定常状態視覚誘発電位(SSVEP)検出の検討
平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2014年   
弓道経験の有無によるヒト脳-筋同期活動の比較と検討
平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2014年   
高分解能分別を目指した定常状態視覚誘発電位(SSVEP)検出の検討
平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2014年   
脳波のリアプノフ指数解析を用いた運転中の眠気弁別
第30回日本脳電磁図トポグラフィ研究会   2014年   
差分波形トポグラフィを用いた事象関連電位定量化の提案
第30回日本脳電磁図トポグラフィ研究会   2014年   
睡眠経過図から「睡眠の質」を評価できるか?~人工ニューラルネットワークによるOSA睡眠調査票MA版因子得点の推定~
伊賀崎 伴彦,谷山 陽祐,松田 有大,村山 伸樹
生体医工学シンポジウム2013   2013年   
What is reflected by PUCK analysis of HRV?~For healthy subjects in different postures and respiration rates~
MAHANANTO Faizal,IGASAKI Tomohiko,MURAYAMA Nobuki
生体医工学シンポジウム2013   2013年   
指電気刺激法によるブレイン・コンピュータ・インタフェイスの開発~電気刺激法の比較~
宮内 翔平,伊賀崎 伴彦,村山 伸樹
生体医工学シンポジウム2013   2013年   
Event related potential study on the effects of viewpoint in object recognition
SAMBUL Alwin,MURAYAMA Nobuki,IGASAKI Tomohiko
生体医工学シンポジウム2013   2013年   
事象関連同期と脱同期~本研究室での事例~
平成25年度日本生体医工学会九州支部特別講演会   2013年   
Introduction of "lab based education" on biomedical engineering lab in Kumamoto university
Information System International Conference 2013   2013年   
加齢による視標追跡等速描円運動能力の変化について
第43回日本臨床神経生理学会学術大会   2013年   
瞬目情報のロジスティック回帰分析による運転中の眠気推定
平成25年度電気関係学会九州支部連合大会   2013年   
純音に対する主観評価と生体信号の関連性:音圧変化におけるの検討
平成25年度電気関係学会九州支部連合大会   2013年   
両手指電気刺激法によるブレイン・コンピュータ・インタフェイスの検討
平成25年度電気関係学会九州支部連合大会   2013年   
非同期式BCIにおける基準電位の検討
平成25年度電気関係学会九州支部連合大会   2013年   
非同期式BCI実現に向けた解析手法の検討
平成25年度電気関係学会九州支部連合大会   2013年   
非同期式BCIの開発:手の反復開閉運動イメージによる2方向制御の検討
平成24年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2012年   
指電気刺激法によるブレイン・コンピュータ・コミュニケーションシステムの開発
平成24年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2012年   
訓練によるNバック課題の正答率の向上と課題遂行中の脳波の関連性に関する基礎的研究
平成24年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2012年   
圧電センサを用いた心拍・呼吸信号抽出に関する基礎的研究
平成24年度日本生体医工学会九州支部学術講演会   2012年   
心拍変動の動的ポテンシャル解析による鬱血性心不全患者弁別に関する基礎的研究
平成24年度電気関係学会九州支部連合大会   2012年   
心拍変動の動的ポテンシャル解析による健常者の年代・体位弁別に関する基礎的研究
平成24年度電気関係学会九州支部連合大会   2012年   
圧電センサによる心拍信号の抽出に関する基礎的研究
平成24年度電気関係学会九州支部連合大会   2012年   
非同期式BCIの開発:手の反復開閉運動イメージによる2方向制御の検討
平成24年度電気関係学会九州支部連合大会   2012年   
指電気刺激法によるブレイン・コンピュータ・コミュニケーションシステム
平成24年度電気関係学会九州支部連合大会   2012年   
ワーキングメモリ課題中の脳波における訓練効果
平成24年度電気関係学会九州支部連合大会   2012年   
目的別制約条件をもとにした脳活動信号源の推定:異周波数信号間相関解析への適用(共著)
田中 博昭,林田 祐樹,伊賀崎 伴彦,村山 伸樹
第84回SICEパターン計測部会研究会資料   2011年   
Effects of Emotional Stimulation on Motor Cortex-Muscle Synchronization in Humans "jointly worked"
FEXTHA Satria,MURAYAMA Nobuki,HAYASHIDA Yuki,IGASAKI Tomohiko
6th International Student Conference on Advanced Science and Technology (ICAST) Proceedings   2011年   
Electrophysiological responses to asymmetric and symmetric object images in humans: A study of Brain Evoked Potential "jointly worked"
SAMBUL Alwin,MURAYAMA Nobuki,HAYASHIDA Yuki,IGASAKI Tomohiko
6th International Student Conference on Advanced Science and Technology (ICAST) Proceedings   2011年   
Swallowing properties in dysphagia ~ Investigation by surface electromyography and videofluorography ~ "jointly worked"
SHOKUDA Kyosuke,IGASAKI Tomohiko,HAYASHIDA Yuki,MURAYAMA Nobuki,KOGA Hiroharu
6th International Student Conference on Advanced Science and Technology (ICAST) Proceedings   2011年   
Fundamental study for asynchronous-type BCI control: EEG modulation during actual motor task and motor imagery task "jointly worked"
AKIYOSHI Hiroyuki,MURAYAMA Nobuki,HAYASHIDA Yuki,IGASAKI Tomohiko
6th International Student Conference on Advanced Science and Technology (ICAST) Proceedings   2011年   
Estimating Prognosis of SAH Patients in ICU Employing Econophysics Field Analysis "jointly worked"
MAHANANTO Faizal,IGASAKI Tomohiko,MURAYAMA Nobuki,MAEHARA Jun-ichi
平成23年度日本生体医工学会九州支部学術講演会論文集   2011年   

Works

 
誤嚥防止システム用表面筋電図電極ユニットの開発 平成19年度コーディネート活動促進事業
2007年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年6月 - 2021年3月    代表者: 橋爪 一治
 本研究の目的は、ディスグラフィア(書き障がい)の児童が、小学校に新しく導入される外国語科でアルファベットを習得し、英文を書けるようになる指導法の開発である。指導には、学習者であるディスグラフィア児に対し、仮想現実(VR)技術等により視覚,聴覚,触覚に働きかけて、文字は「どこからどの方向へどれだけ線を引くか」などの書字を構成する各行為を理解・認知させ書字技能を高めるという、これまでの指導と全く異なる新しい手法をとる。
 本研究は、文字の構成行為が理解できないというディスグラフィアの障がいそ...
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(S)
研究期間: 2016年5月 - 2021年3月    代表者: 積山 薫
 本研究の目的は、ライフスタイルが高齢者の認知機能維持・向上に及ぼす効果について、そのメカニズムを明らかにすることである。そのさい、近年の加齢認知神経科学の成果から示唆される「衰えやすい脳部位」や「衰えを補おうとする脳部位」に焦点を当てる。
 本研究では、認知機能維持・向上に影響するとされる運動や音楽などの日常活動をとりあげ、それらの活動の効果が脳のどの領野のどのような変化と関係しているかを明らかにする。このことにより、生涯にわたる脳の可塑性(柔軟性)に関して、ライフスタイルの種類や認知機...
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 伊賀崎 伴彦
 眠気を評価し、強い眠気を訴える前にそれを解消する「眠気マネジメント」が目標である。
 現状の眠気評価については、アンケートやポリグラフによりなされている。しかし、現在もしくは過去の眠気を評価できるものの、未来の眠気を予測することはできない。眠気解消については、昼寝やカフェイン摂取などの方法が挙げられるが、仮眠や運動が許されない場合は困難である。
 そこで本応募研究課題では、まず、ポリグラフから生体信号に対して各種解析を行い、得られる定量値により近未来の眠気の予測を第一の目的とする。さらに...
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 伊賀崎 伴彦
 本研究課題では、心理学的(主観的)評価である「眠気」を生体信号の定量的解析による生理学的(客観的)評価と結び付けることが可能であるかを検討する。平成26年度は、平成25年度に引き続き、生体信号のうち心拍と呼吸を計測・解析し、眠気との関連性を調査した。
 普通運転免許を所持する22~24歳の健常男性9名を新たに被験者とし、13~15時の間にドライビングシミュレータに搭乗してもらい、障害物のない全長2.4kmの楕円形のサーキットを100km/hで50分間継続運転するという実験を4回課した。こ...
科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラム
研究期間: 2013年8月 - 2014年3月    代表者: 伊賀崎 伴彦
 心拍・呼吸成分の計測に特化した圧電素子デバイス、およびそれを利用して体動や外部からの振動をキャンセルしつつ心拍・呼吸成分を選択的に抽出する圧電素子アレイを構成し、それより心拍・呼吸変動を計測・解析する安価で簡便なシステムを開発することで、体重計、体温計、血圧計に続く家庭における日常的な健康管理の機器・環境の提供を目指す。
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 伊賀崎 伴彦
 睡眠ポリグラフによる計測データ(生体信号)から睡眠経過図を作成して得た睡眠パラメータと、睡眠の主観的評価の間に、統計的に有意な関連性が存在することを見出した。また、生体信号そのものの解析を行い、得られた定量値より睡眠段階を推定することで、間接的に睡眠の主観的評価を推定できる方法を提案した。以上より、心理学的評価による「睡眠の質」を表す感性語と、生体信号の定量的解析による生理学的評価とを結び付けることの可能性が示唆された。
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(A)
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 積山 薫
 発達初期や後年に受けた刺激の種類が、コミュニケーション基盤にどのような影響が与えるかを調べ、以下の点を明らかにした。対面での音声知覚における視聴覚統合が母語環境によって異なることを、乳幼児における視線行動の発達、成人における事象関連電位、反応時間、視線行動、fMRIで示した。人工内耳装用者のノイズ下での音声知覚では、聞き取りの高成績群は低成績群に比べ、健聴者に近い脳活動を回復し始めていることを、事象関連電位で示した。共感の脳内基盤に関して、自身の母親の表情認知に特有な脳活動を、fMRIで...