豊田 新

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/06 15:26
 
アバター
研究者氏名
豊田 新
 
トヨダ シン
所属
岡山理科大学
部署
理学部 応用物理学科
職名
教授
学位
博士(理学)(大阪大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 

経歴

 
2015年
   
 
岡山理科大学 理学部 教授
 
1988年
 - 
1998年
大阪大学 助手
 
1994年
 - 
1996年
カナダ 国際研究員
 
1997年
   
 
  フランス国立自然史博物館 研究員
 
2004年
   
 
  フランス国立自然史博物館 客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京大学 理学系研究科 地球物理学
 
 
 - 
1985年
東京大学 理学部 地球物理学
 

委員歴

 
1998年
 - 
2000年
日本地球化学会  「地球化学」編集委員
 

受賞

 
1996年
日本地球化学会奨励賞
 

論文

 
K. Zhumadilov, A. Ivannikov, A. Khailov, S. Orlenko, V. Skvortsov, V. Stepanenko, K. Kuterbekov, S. Toyoda, P. Kazymbet, M. Hoshi
E3S Web of Conferences   22(00201)    2017年11月   [査読有り]
In order to estimate radiation effects on uranium enterprise staff and population teeth samples were collected for EPR tooth enamel dosimetry from population of Stepnogorsk city and staff of uranium mining enterprise in Shantobe settlment (Akmola ...
Thermal stability of ESR signals in hydrothermal anhydrite
T. Fujiwara, S. Toyoda, A. Uchida, J. Ishibashi
Advances in ESR Applications   33 9-13   2017年3月   [査読有り]
T. Chuenpee, O. Nishikawa, Y. Kon, K. Ninagawa, S. Toyoda, T. Ogata, T. Uchida, I. Takashima
Applied Radiation and Isotopes   120 30-39   2017年2月   [査読有り]
This study analyzes the Thermoluminescence (TL) emissions for five emission bands, trace element concentrations and defects in quartz grains extracted from metamorphic rocks and quartz veins in the Sambagawa metamorphic belt, central Shikoku. An e...
S. Toyoda, T. Fujiwara, A. Uchida, J. Ishibashi
Geochronometria   43 201-206   2016年12月   [査読有り]
Electron spin resonance (ESR) dating of barite has been recently developed and is now practically applied to barite extracted from sea-floor hydrothermal deposits. The evolution of the accumulated dose to barite is simulated for an actual sample o...
A. Shimada, M. Takada, S. Toyoda
Geochronometria   43 155-161   2016年12月   [査読有り]
In this study, measurements of electron spin resonance (ESR) signals from quartz grains from present-day river bed sediments of the Kizu River basin (western Japan) were used to estimate the mixing ratios of the possible source materials of these ...
T. Fujiwara, S. Toyoda, A. Uchida, H. Nishido, J. Ishibashi
Geochronometria   43 174-178   2016年12月   [査読有り]
The alpha effectiveness value (k-value) for the ESR (Electron Spin Resonance) signal due to SO3- in barite was revised by comparing the dose responses of the signal intensities to gamma rays and to 4 MeV He+ ion doses in natural sea-floor hydrothe...
Mongolian institute of paleontology and geology joint expedition in 2016
S. Ishigaki, Kh. Tsogtbaatar, M. Saneyoshi, B. Mainbayar, K. Aoki, S. Ulziitseren, T. Imayama, A. Takahashi, S. Toyoda, Ch. Bayardorj, B. Buyantegsh, J. Batsukh, B. Purevsuren, H. Asai, S. Tsutanaga, K. Fujii
Bull. Natural Research Center of Okayama University of Science   42 33-46   2016年12月
普通コンドライトのTL測定におけるnanoGrayTL/OSL一体型装置と岡山理科大学TL装置の比較
金丸礼, 蜷川清隆, 西戸裕嗣, 豊田新
岡山理科大学自然科学研究所報告   42 21-26   2016年12月
V.F. Stepanenko, T.K. Rakhypbekov, A.D. Kaprin, S.A. Ivanov, K. Otani, S. Endo, K. Satoh, N. Kawano, T. Takatsuji, M. Nakashima, K. Shichijo, A. Sakaguchi, H. Kato, Y. Onda, N. Fujimoto, S. Toyoda, H. Sato, T.V. Kolyzhenkov, A.D. Petukhov, A.A. Dyussupov, N.Zh. Chaizhunusova, N.B. Sayakenov, D.E. Uzbekov, A.Zh. Saimova, D.M. Shabdarbaeva, L.N. Pivina, M.K. Skakov, A.D. Vurim, V.S. Gnyrya, A.C. Azimkhanov, A.N. Kolbayenkov, K.Sh. Zhumadilov, Y.O. Kairkhanova, E.K. Yaskova, I.G. Belukha, V.G. Skvortsov, A.I. Ivannikov, A.M. Khailov, U.A. Akhmedova, V.V. Bogacheva, Yu.N. Anokhin, S.P. Orlenko, M. Hoshi
Risk of Radiation(in Russian)   25(4) 111-125   2016年   [査読有り]
The radionuclide 56Mn (T1/2=2.58 hours) is one of the dominant beta- and gamma-emitters within few
hours after the neutron irradiation of soil dust following nuclear explosion in atmosphere. The effects
of exposure to residual radioactivity from n...
回折格子の分光の機能を理解するための物理学基礎実験の改善
豊田新, 村橋美香, 宮川和也
岡山理科大学紀要   52(A) 17-20   2016年
K. Zhumadilov, A. Ivannikov, V. Stepanenko, S. Toyoda,V. Skvortsov, M. Hoshi
Radiation protection dosimetry   172(1-3) 260-264   2016年12月   [査読有り]
The method of electron paramagnetic resonance (EPR) dosimetry using extracted teeth has been applied to human tooth enamel to obtain individual absorbed doses of residents of settlements in the vicinity of the central axis of radioactive fallout t...
V. Kumar, A. K. Srivastava, S. Toyoda, I. Kaur
Fullerenes Nanotubes and Carbon Nanotubes   24(3) 190-194   2016年3月   [査読有り]
Being innocuous, nanodiamonds find huge applications in bioimaging, drug delivery and biomedical sensing. Their synthesis is generally carried out by detonation or shock wave methods. This article reports novel, economical and risk-free extraction...
S. Toyoda, Y. Yamamoto and Y. Igarashi
JAEA Takasaki Annual report 2014   (JAEA-Review 2015-022,) 162   2016年2月
Cathodoluminescence of feldspar minerals and radiation effects on the luminescent properties
H. Nisihido, M. Kayama, S. Toyoda, K. Komuro
JAEA Takasaki Annual report 2014   (JAEA-Review 2015-022) 164   2016年2月
S. Toyoda, K. Nagashima, Y. Yamamoto
Quaternary International   397 258-266   2016年3月   [査読有り]
The oxygen vacancies in quartz, measured by electron spin resonance (ESR) as the E1' center, and crystallinity index (CI) of quartz by X-ray diffraction have been found to be useful tracers for provenance of sediments. This paper will review the p...
M. Yoshida, S. Toyoda, K. Ninagawa, M. Takada, A. Shimada
Advances in ESR Applications   32 4-10   2016年3月   [査読有り]
The variations in the number of oxygen vacancies and in the thermoluminescence (TL) colors in quartz of the sediments are investigated along with the Kurobe river together with those in the bedrocks in the river reaches by electron spin resonance ...
ESR dating of volcanic quartz with impurity centers : comparison of regeneration protocols and dose recovery tests
M. Asagoe, S. Toyoda
Advances in ESR Applications   32 11-18   2016年3月   [査読有り]
The protocol and the signals to be used are the important issues in the ESR dating of tephra using quartz. Three protocols, additive dose, regenerative, and regenerative-additive dose methods are used in the present study to date two tephra sample...
S. Toyoda
Quaternary Geochronology   30 498-505   2015年10月   [査読有り]
Quartz is one of the minerals useful for ESR dating with many applications. Although the study has quite a long history since 1980's, ESR dating of quartz is still in a developing stage. After the basis in physics for the ESR signals in quartz is ...
R. H. Biswas, S. Toyoda, M. Takada, Y. Shitaoka
Quaternary Geochronology   30 350-356   2015年10月   [査読有り]
The present study aimed to test reliability of luminescence and electron spin resonance (ESR) methods to date tephra. We investigated on three Japanese marker tephras, Ikeda-ko (6.4 ka), Aira-Tn (30 ka) and Aira-Iwato (45-50 ka). A systematic stud...
P. Voinchet, S. Toyoda, C. Fagueres, M. Hernandez, H. Tissoux, D. Moreno, J.-J. Bahain
Quaternary Geochronology   30 506-512   2015年10月   [査読有り]
Luminescence and ESR dating methods of quartz sediment are based on the natural resetting of the signal by light exposure (optical bleaching). When the bleaching is incomplete, a residual dose (DeR) is added to the post-depositional dose accumulat...
H. Kumagai, H. Watanabe, T. Yahagi, S. Kojima, S. Nakai, S. Toyoda, J. Ishibashi in J. Ishibashi, K. Okino, M. Sunamura, eds.
Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems; TAIGA Concept, Springer, Tokyo   5 49-59   2015年1月   [査読有り]
To elucidate the evolution of hydrothermal activities, we conducted an interdisciplinary study including geochemistry and biology to develop a method of obtaining reliable age information. As geochemical dating techniques, two methods applicable f...
J. Ishibashi, K. Shimada, F. Sato, A. Uchida, S. Toyoda, A. Takamasa, S. Nakai, H. Hyodo, K. Sato, H. Kumagai, K. Ikehata in J. Ishibashi, K. Okino, M. Sunamura, eds.
Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems; TAIGA Concept, Springer, Tokyo   23 289-300   2015年1月   [査読有り]
Ages of sulfide and sulfate mineralized samples collected from active hydrothermal fields in the Southern Mariana Trough were determined. In addition to samples collected from active and inactive chimneys, and sulfide breccia during dive expeditio...
T. Fujiwara, S. Toyoda, A. Uchida, J. Ishibashi, S. Nakai, A. Takamasa in J. Ishibashi, K. Okino, M. Sunamura, eds.
Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems; TAIGA Concept, Springer, Tokyo   29 369-386   2015年1月   [査読有り]
ESR (electron spin resonance) ages were determined for barite crystals extracted from hydrothermal sulfide deposits taken at Daiyon-Yonaguni Knoll field, Hatoma Knoll field, Iheya North Knoll field, Hakurei Site of Izena Hole field, Yoron Hole fie...
T. Yamanaka, H. Nagashio, R. Nishio, K. Kondo, T. Noguchi, T. Noguchi, K. Okamura, T. Nunoura, H. Makita, K. Nakamura, H. Watanabe, K. Inoue, T. Toki, K. Iguchi, U. Tsunogai, R. Nakada, S. Ohshima, S. Toyoda, J. Kawai, N. Yoshida, A. Ijiri, M. Sunamura in J. Ishibashi, K. Okino, M. Sunamura, eds.
Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems; TAIGA Concept, Springer, Tokyo   40 497-504   2015年1月   [査読有り]
Tarama Knoll is located about 60 km north of Tarama Island, Sakishima Islands, southwestern Japan. The knoll has an almost conical shape, with foot and summit depths of 2,000 and 1,490 m (total relief ? 510 m) from the sea surface, respectively. T...
K. Nakamura, H. Sato, P. Fryer, T. Urabe in J. Ishibashi, K. Okino, M. Sunamura, eds.
Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems; TAIGA Concept, Springer, Tokyo   41 507-533   2015年1月   [査読有り]
Petrographic and geochemical characteristics of drill core and surface rock samples from the four hydrothermal vent sites of the Yamanaka, Snail, Archaean, and Pika sites at the Southern Mariana Trough (SMT) are described in order to clarify the g...
S. Toyoda, D. Banerjee, H. Kumagai, J. Miyazaki, J. Ishibashi, N. Mochizuki, S. Kojima in J. Ishibashi, K. Okino, M. Sunamura, eds.
Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems; TAIGA Concept, Springer, Tokyo   46 603-606   2015年1月   [査読有り]
The dose rates in sea water in the Southern Mariana Trough sea floor hydrothermal area were investigated. The dose rate in sea water was less than detection limit (about 0.1 mGy/year) near the sea surface while it was around 2 mGy/year at the sea ...
A. Uchida, S. Toyoda, J. Ishibashi, S. Nakai in J. Ishibashi, K. Okino, M. Sunamura, eds.
Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems; TAIGA Concept, Springer, Tokyo   47 607-615   2015年1月   [査読有り]
The226Ra-210Pb and228Ra-228Th ages were obtained for barite crystals in hydrothermal sulfide deposits taken at the Okinawa Trough and the Southern Mariana Trough. After calibrating the measurement systems with standard samples with pitchblende, it...
V. Varma, S. Toyoda, Y. Isono, A. Uchida, D. Banerjee, A. K. Singhvi, J. Ishibashi in J. Ishibashi, K. Okino, M. Sunamura, eds.
Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems; TAIGA Concept, Springer, Tokyo   48 617-620   2015年1月   [査読有り]
In estimating the ages of sea floor hydrothermal deposits, the age of the sediments overlying it would give the youngest limit if the sedimentation age is correct. The OSL (optically stimulated luminescence) method was applied to two sediment core...
S. Toyoda, F. Sato, A. Uchida, J. Ishibashi in J. Ishibashi, K. Okino, M. Sunamura, eds.
Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems; TAIGA Concept, Springer, Tokyo   49 621-624   2015年1月   [査読有り]
The radiation from the sulfide deposits taken at Okinawa Trough was measured on-board by a NaI gamma ray spectrometer immediately after the retrieval of the sample onto the research vessel. Gamma ray peaks were identified as those from daughter nu...
S. Tsukamoto, S. Toyoda, A. Tani, F. Oppermann
Radiation Measurements   81 9-15   2015年10月   [査読有り]
Equivalent dose (De) estimations in electron spin resonance (ESR) dating have mostly been done by the multiple aliquot additive dose (MAAD) method despite disadvantages. In this study, we used X-ray irradiations and applied the single aliquot rege...
S. Toyoda, T. Fujiwara, A. Uchida, J. Ishibashi, S. Nakai, A. Takamasa
Radiation Protection Dosimetry   159(1-4) 203-211   2014年6月   [査読有り]
Barite is a mineral newly found to be practically useful for electron spin resonance (ESR) dating of sulphide deposits formed by the sea-floor hydrothermal activities. The recent studies for the properties of the ESR dating signal in barite are su...
野曽原吉彦, 豊田新, 高田将志, 島田愛子, 吉田真徳
ESR応用計測   30 4-11   2014年2月   [査読有り]
内田乃, 豊田新, H. Tissoux, C. Falguères, 蜷川清隆, D. Miallier
ESR応用計測   30 12-15   2014年2月   [査読有り]
M. Kayama, H. Nishido, S. Toyoda, K. Komuro, A. A. Finch, M. R. Lee, K. Ninagawa
American Mineralogist   99(1) 65-75   2014年1月   [査読有り]
Cathodoluminescence (CL) spectroscopy provides useful information about the existence of radiation-induced defect centers with a few micrometer resolutions and therefore has great potential to estimate the accumulated dose of natural radiation in ...
院生による研究室紹介
藤原泰誠
地球化学会ニュース   214 14-16   2013年8月
豊田新,藤原泰誠,石橋純一郎,中井俊一,賞雅朝子
月刊地球号外   (62) 73-84   2013年
Y. Sun, H. Chen, R. Tada, D. Weiss, M. Lin, S. Toyoda, Y. Yan, Y. Isozaki
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   14(8) 2615-2627   2013年8月   [査読有り]
Electron spin resonance (ESR) signal intensity and crystallinity index (CI) of fine- (<16 μm) and coarse-grained (>16 μm) quartz were measured in surface samples from the Taklimakan desert in western China, the Badain Juran, Tengger and Mu Us dese...
K. Nagashima, R. Tada, S. Toyoda
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   14(12) 5041-5053   2013年12月   [査読有り]
The causes of spatial and temporal changes in East Asian summer monsoon (EASM) precipitation on millennial to multimillennial time scales during the Holocene have not yet been resolved. Here, we examine the relationship between spatial variations ...
Y. Yamamoto, S. Toyoda, K. Nagashima, Y. Igarashi, R. Tada
Geochronometria   40(4) 355-359   2013年12月   [査読有り]
The temporal change in the number of oxygen vacancies in quartz was investigated by ob-serving the E1' center in the atmospheric depositions collected at two cities in Japan in the recent past. The depositions collected at Fukuoka in March show th...
A. Shimada, M. Takada, S. Toyoda
Geochronometria   40(4) 334-340   2013年12月   [査読有り]
The variation of electron spin resonance (ESR) signal intensities and thermoluminescence colour images (TLCIs) of quartz was investigated in the present study for various rocks and sediments in Japan, to discuss the possibilities of identifying th...
M. Kayama, H. Nishido, S. Toyoda, K. Komuro, A. A. Finch, M. R. Lee, K. Ninagawa
Geochronometria   40(4) 244-249   2013年12月   [査読有り]
Cathodoluminescence (CL) of minerals such as quartz and zircon has been extensively studied to be used as an indicator for geodosimetry and geochronometry. There are, however, very few investigations on CL of other rock-forming minerals such as fe...
M. Kayama, H. Nishido, S. Toyoda, K. Komuro, A. A. Finch, M. R. Lee, K. Ninagawa
Physics and Chemistry of Minerals   40 531-545   2013年7月   [査読有り]
Cathodoluminescence (CL) spectra of unirradiated, He+ ion-implanted and electron-irradiated plagioclase minerals contain the following emission bands: (1) below 300 nm due to Pb2+, (2) at ~320 and ~350 nm to Ce3+, (3) at 380-420 nm to Eu2+, Ti4+ a...
A. Takamasa, S. Nakai, F. Sato, S. Toyoda, D. Banerjee, J. Ishibashi
Quaternary Geochronology   15 38-46   2013年2月   [査読有り]
A block of sulfide crust collected from an active hydrothermal mound in an Archaean site (12°56.4'N, 143°37.9'E; depth ca. 3000 m) of the South Mariana Trough was dated using both 230Th/234U disequilibrium and electron spin resonance (ESR) methods...
K. Zhumadilov, A. Ivannikov, V. Stepanenko, D. Zharlyganova, S. Toyoda, Z. Zhumadilov, M. Hoshi
Journal of Radiation Research   54(4) 775-779   2013年2月   [査読有り]
A tooth enamel electron spin resonance (ESR) dosimetry study was carried out with the purpose of obtaining the individual absorbed radiation doses of population from settlements in the Semipalatinsk region of Kazakhstan, which was exposed to radio...
長島佳菜, 豊田新
エアロゾル研究   27(3) 284-291   2012年   [査読有り]
The eolian dust in the sediments of North Pacific and marginal seas of the northwestern Pacific has potential to record past climate changes. For example, the variability of eolian dust flux estimated from North Pacific sediments have been interpr...
S. Toyoda, F. Sato, H. Nishido, M. Kayama, J. Ishibashi
Radiation Measurements   47(9) 900-902   2012年9月   [査読有り]
The alpha effectiveness was investigated for an ESR signal due to View the MathML sourceSO3− in barite by comparing the dose responses of the signal for gamma irradiation and for He ion implantation with an energy of 4 MeV. The value was obtained ...
H. Tissoux, P. Voinchet, F. Lacquement, F. Prognon, D. Moreno, C. Falguères, J.-J. Bahain, S. Toyoda
Radiation Measurements   47(9) 894-899   2012年9月   [査読有り]
Electron Spin Resonance (ESR) can be used as a method to estimate the age of sediment deposition using the paramagnetic centre related to aluminium impurities in quartz. This so-called Al-centre can be partially optically bleached and its signal i...
屋外のふき取りによって検出された福島第一原子力発電所事故に伴うさいたま市民家への降下放射能
豊田新, 内田乃, 高橋真由美
KEK Proceedings 2012   6 87-92   2012年11月
K. Nagashima, Y. Asahara, F. Takeuchi, N. Harada, S. Toyoda, R. Tada
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   61-64 145-154   2012年2月   [査読有り]
Bering Sea sediments contain detrital materials from the Yukon River. These materials may contain records of past climate changes in the Arctic area, such as the melting of glaciers around the drainage basin of the Yukon River, which help to under...
J. S. Tawale, H. Nishido, S. Toyoda, M. Deepa, N. Bahadur, M. Maniraj, S. R. Barman, B. R. Chakraborty, A. K. Srivastava
Advances in Nanodevices and Nanofabrication: Selected Publications from Symposium of Nanodevices and Nanofabrication in ICMAT2011   16 231-250   2012年7月   [査読有り]
P. Fattibene, A. Wieser, E. Adolfsson, L. A. Benevides, M. Brai, F. Callens, V. Chumak, B. Ciesielski, S. Della Monaca, K. Emerich, H. Gustafsson, Y. Hirai, M. Hoshi, A. Israelsson, A. Ivannikov, D. Ivanov, J. Kaminska, W. Ke, E. Lund, M. Marrale, L. Martens, C. Miyazawa, N. Nakamura, W. Panzer, S. Pivovarov, R. A. Reyes, M. Rodzi, A. A. Romanyukha, A. Rukhin, S. Sholom, V. Skvortsov, V. Stepanenko, M. A. Tarpan, H. Thierens, S. Toyoda, F. Trompier, E. Verdi, K. Zhumadilov
Radiation Measurements   46 765-771   2011年9月   [査読有り]
This paper presents the results of the 4th International Comparison of in vitro electron paramagnetic resonance dosimetry with tooth enamel, where the performance parameters of tooth enamel dosimetry methods were compared among sixteen laboratorie...
M. Kayama, H. Nishido, S. Toyoda, K. Komuro, K. Ninagawa
Spectroscopy Letters   44 526-529   2011年10月   [査読有り]
Cathodoluminescence (CL) spectra of experimentally radiated albite at 4.0 MeV energy of He+ ion implantation have red emissions at 700-750 nm, of which the intensities increase with an increase in the radiation dose. These emissions are assigned t...
M. Asagoe, S. Toyoda, P. Voinchet, C. Falguères, H. Tissoux, T. Suzuki, D. Banerjee
Quaternary International   246 118-123   2011年12月   [査読有り]
The multiple-aliquot regenerative-additive method of ESR (electron spin resonance) dating was applied to Numazawa-Shibahara (Nm-Sb) tephra from Fukushima, Japan, with dose recovery tests for impurity centers in quartz. The age obtained from Ti-H c...
K. Zhumadilov, A. Ivannikov, D. Zharlyganova, Zh. Zhumadilov, V. Stepanenko, Sh. Abralina, L. Sadvokasova, A. Zhumadilova, S. Toyoda, S. Endo, T. Okamoto, M. Hoshi
Radiation Measurements   46 793-796   2011年9月   [査読有り]
The method of electron spin resonance (ESR) dosimetry has been applied to human tooth enamel in order to obtain individual absorbed doses from the population of settlements within the vicinity of the central axis of the radioactive fallout trace f...
S. Toyoda, A. Kondo, K. Zhumadilov, M. Hoshi, C. Miyazawa, A. Ivannikov
Radiation Measurements   46(9) 797-800   2011年9月   [査読有り]
The background doses for the teeth of Japanese residents were obtained by electron spin resonance (ESR) method. The doses obtained from 77 of 92 samples are less than 100 mGy while the doses of the other samples are high up to 250 mGy. The doses f...
F. Sato, S. Toyoda, D. Banerjee, J. Ishibashi
Radiation Measurements   46(9) 866-870   2011年9月   [査読有り]
Thermal stability of the ESR signals from barites in chimneys deposited from hydrothermal vents is investigated using isothermal and isochronal annealing experiments. A combination of first and second order kinetics is required to explain the resu...
K. Zhumadilov, A. Ivannikov, D. Zharlyganova, V. Stepanenko, Z. Zhumadilov, K. Apsalikov, S. Toyoda, S. Endo, K. Tanaka, C. Miyazawa, T. Okamoto, M. Hoshi
Radiation Measurements   46(4) 425-429   2011年4月   [査読有り]
The method of electron spin resonance (ESR) dosimetry was applied to human tooth enamel to obtain estimates of individual absorbed dose for residents of Makanchi, Urdzhar and Taskesken settlements located near the Kazakhstan–Chinese border (about ...
M. Kayama, H. Nishido, S. Toyoda, K. Komuro, K. Ninagawa
American Mineralogist, Mineralogical Society of America   96(8-9) 1238-1247   2011年8月   [査読有り]
He+ ion implantation on albite (Minas Gerais, Brazil) at 4.0 MeV, corresponding to the energy of α particle from 238U fission, has been conducted to clarify the radiation effects of α particles from radioactive minerals on cathodoluminescence (CL)...
カソードルミネッセンスによる鉱物の放射線損傷の定量評価とその応用
西戸裕嗣・鹿山雅裕・豊田新・小室光世
平成21年度 原子力機構施設利用共同研究成果報告書   8-18   2011年
K. Nagashima, R. Tada, A. Tani, Y. Sun, Y. Isozaki, S. Toyoda, H. Hasegawa
Journal of Asian Earth Sciences   40(6) 1214-1220   2011年4月   [査読有り]
It It has been established that East Asian summer monsoon intensity varies with Dansgaard–Oeschger cycles, suggesting a connection between the climates of East Asia and the North Atlantic on a millennial timescale. However, the dynamics of such a ...
D. Banerjee, S. Toyoda, M. Takada, A. Shimada
Advances in ESR Applications   27 7-10   2011年3月   [査読有り]
S. Toyoda, F. Sato, D. Banerjee, J. Ishibashi
Advances in ESR applications   27 4-6   2011年3月   [査読有り]
S. Toyoda
Geochronometria,   38(3) 242-248   2011年9月   [査読有り]
Quartz is one of the minerals useful for electron spin resonance (ESR) dating. The E1′ center is one of well-known paramagnetic defects in crystalline quartz. This center has a unique feature; its intensity increases on heating. An electronic proc...
長島佳菜, 多田隆治, 豊田 新
Proceedings of the Eleventh Workshop on Environmental Radioactivity   (2010-8) 10-18   2010年11月   [査読有り]
T. Okumura, S. Toyoda, F. Sato, A. Uchida, J. Ishibashi, S. Nakai
Geochronometria   37(1) 57-61   2010年1月   [査読有り]
Electron Spin Resonance (ESR) dating of marine barite in chimneys deposited from hydrothermal vents was attempted to determine the time since hydrothermal activity occurred. In this study, we used Barite (BaSO4) precipitated in icroenvironments in...
Y. Yamamoto, S. Toyoda, K. Nagasima, Y. Igarashi, R. Tada
Geochronometria   37(1) 9-12   2010年1月   [査読有り]
The grain size influence on the number of oxygen vacancies in quartz was investigated by ESR in atmospheric deposition collected at two Japanese cities, Fukuoka and Akita, in 1969 and 1971. The finer grain size fraction shows the highest value of ...
A. K. Srivastava, Praveen, M. Arora, S. K. Gupta, B. R. Chakraborty, S. Chandra, S. Toyoda, H. Bahadur
Journal of Materials Science and Technology   26(11) 986-990   2010年   [査読有り]
Zinc oxide (ZnO) thin films were grown on silicon substrate by RF (radio frequency) magnetron sputtering. Surface topography of these films exhibited a nanostructured granular appearance with the size of individual grains between 50 to 100 nm. Cor...
R. Tada, H. Zheng, N. Sugiura, Y. Isozaki, H. Hasegawa, Y. Sun, W. Yang, K. Wang, S. Toyoda
Geological Soc. London, Special Publications2010   342 45-65   2010年9月   [査読有り]
The potential links between uplift of the Himalaya and Tibetan Plateau and desertification of inland Asia have been a long-considered problem in geology. Although a close link between the two has been suggested by theoretical climatic simulations,...
M. Sakamoto, A. Gucsik, H. Nishido, K. Ninagawa, T. Okumura, S. Toyoda
Meteoritics and Planetary Science   45(1) 32-42   2010年1月   [査読有り]
Planar deformation features (PDFs) and planar fractures (PFs) have been found and confirmed by optical microscope observations and microRaman spectroscopy in quartz grains from Mt. Oikeyama (Akaishi Mountains, Central Japan), for which the semicir...
S. Toyoda, Y. Hino, A. A. Romanyakha, O. Tarasov, S. Pivovarov, M. Hoshi
Health Physics   98(2) 352-359   2010年2月   [査読有り]
ImaImaging plates sensitive to beta rays were used to obtain the images of 90Sr in tooth samples taken from mammals collected in contaminated areas of the former Soviet Union. The average concentrations of 90Sr in the samples were determined by co...
D. Bhattacharjee, A. I. Ivannikov, K. Zhumadilov, V. F. Stepanenko, K. Tanaka, S. Endo, M. Ohtaki, S. Toyoda, J. Bhattacharyya, M. Hoshi
Journal of Radiation Research   50(6) 559-565   2009年12月   [査読有り]
Electron spin resonance (ESR) dosimetry of teeth is used extensively for dose estimation following exposure to radiation. The population inhabiting the northeast region of India is prone to different cancers of the head and neck, and their prevale...
A. K. Srivastava, K. Ninagawa, S. Toyoda, B. R. Chakraborty, S. Chandra
Optical Materials   32(2) 410-413   2009年12月   [査読有り]
We report an in situ analysis of thermally stimulated luminescence (thermoluminescence, TL) of a sol?gel derived nanostructured ZnO. The quenching of thermoluminescence with Fe-doping in ZnO has also been investigated. A prominent emission spectra...
T. Okumura, A. Gucsik, H. Nishido, K. Ninagawa, S. Toyoda
“Micro-Raman Spectroscopy and Luminescence Studies in the Earth and Planetary Sciences.” American Institute of Physics   1163 148-154   2009年   [査読有り]
The ballen silica shows fairly weak (faint) CL with homogeneous feature in its grain exhibiting almost same spectral pattern with two broad band peaks at around 390 and 650 nm, which might be assigned to self‐trapped excitons (STE) or an intrinsic...
石橋 純一郎, 中井 俊一, 豊田 新, 熊谷 英憲, 野口 拓郎, 石塚 治
地學雜誌   118(6) 1186-1204   2009年12月   [査読有り]
As our understanding of seafloor hydrothermal systems grows, we recognize they are not always stable and sometimes show dramatic changes. In this review, the authors present a compilation of geochemical and geochronological studies that are helpfu...
K. Zhumadilov, A. Ivannikov, D. Zharlyganova, Z. Zhumadilov, V. Stepanenko, K. Apsalikov, M. R. Ali, A. Zhumadilova, S. Toyoda, S. Endo, K. Tanaka, T. Okamoto, M. Hoshi
Radiation and Environmental Biophysics   48(4) 419-425   2009年11月   [査読有り]
The method of electron spin resonance (ESR) dosimetry has been applied to human tooth enamel, to obtain individual absorbed doses of residents of settlements in vicinity of Ust-Kamenogorsk city, Kazakhstan (located about 400 km to the east from th...
T. Usami, S. Toyoda, H. Bahadur, A.K. Srivastava, H. Nishido
Physica B: Condensed Matter   404(20) 3819-3823   2009年11月   [査読有り]
The growth of E1′ centers in a variety of natural and synthetic quartz crystals has been investigated by employing the electron spin resonance technique. It has been reported that the growth of E1′ centers, formed by irradiation and subsequent ann...
内田乃, 豊田新, H. Tissoux, C. Falguères, 蜷川清隆
ESR応用計測   25 4-6   2009年3月   [査読有り]
山本裕哉, 豊田新, 磯崎裕子, Y. Sun, 多田隆治, 長島佳菜, 谷篤史
ESR応用計測   25 7-12   2009年3月   [査読有り]
S. Toyoda, H. Miura, H. Tissoux
Radiation Measurements   44(5-6) 483-487   2009年5月   [査読有り]
Electron spin resonance (ESR) dating has been applied previously to quartz derived from tephra deposits using the additive dose method. In this study we compare results obtained using both additive dose and regeneration dose methods on a Japanese ...
Paramagnetic defects in quartz as the proxies for provenance of Aeolian and fluvial sediments
S. Toyoda, K. Hosogi, K. Nagashima, Y. Isozaki, Y. Sun, R. Tada
International Conference on Luminescence and its Applications (ICLA-2008)   18 165-167   2009年2月
The effect of Al center to the formation of E1' center in Quartz
T. Usami, S. Toyoda, H. Bahadur
International Conference on Luminescence and its Applications (ICLA-2008)   18 162-164   2009年2月
Paramagnetic defects in quartz as the proxies for provenance of aeolian and fluvial sediments
S. Toyoda, K. Hosogi, K. Nagashima, Y. Isozaki, Y. Sun, R. Tada
Proceedings of the Third International Conference on Luminescence and its Applications   36-38   2008年2月
Y. Isozaki, R. Tada, Y. Sun, K. Nagashima, H. Zheng, S. Toyoda, A. Tani
Climate of the Past Discussions   4 335-374   2008年3月   [査読有り]
It is suggested that the uplift of Himalaya-Tibetan Plateau enhanced interior aridity in East Asia and resulted in development of middle latitude gobi and sandy deserts and accumulation of the eolian sediments in the Chinese Loess Plateau. Therefo...
奥田俊夫, 藤田哲史, 藤江康太郎, 北川靖夫, 齋藤萬之助, 成瀬敏郎, 豊田新
ペドロジスト   52(1) 35-41   2008年6月   [査読有り]
奥田俊夫, 藤田哲史, 藤江康太郎, 北川靖夫, 齋藤萬之助, 成瀬敏郎, 豊田新
ペドロジスト   52(1) 2-9   2008年6月   [査読有り]
H. Bahadur, K. Ninagawa, H. Nisido, T. Usami, M. Kayama, S. Toyoda
Proceedings for the 2008 IEEE International Frequency Control Symposium   213-218   2008年11月   [査読有り]
Premium Q and Supreme Q are the grades of high quality commercially available cultured quartz from Sawyer Applied Research Products, OH and Toyo Communication Equipment Company, Kawasaki, Japan. These grades of materials are generally used as reso...
H. Tissoux, S. Toyoda, C. Falgueres, P. Voinchet, M. Takada, J.-J. Bahain, J. Despriee
Geochronometria   30(1) 23-31   2008年4月   [査読有り]
One sample from a fluvial terrace of Loir river (France) deposited during isotopic stages 7-8 and two samples from isotopic stage 5 marine sediments of Echizen Coast (Japan) were dated by ESR of quartz grains. Both additive and regenerative techni...
T. Okumura, H. Nishido, S. Toyoda, T. Kaneko, S. Kosugi, Y. Sawada, K. Komuro
Quatern. Geochronol.   3(4) 342-345   2008年11月   [査読有り]
Detailed quantitative cathodoluminescence (CL) imaging analysis was carried out for radiation-damage halos observed by CL (CL halo) created in natural quartz by implantation of 4 MeV He+ ions. The band of CL halo was approximately 14 μm in width a...
Y. Sun, R. Tada, J. Chen, Q. Liu, S. Toyoda, A. Tani, J. Ji, Y. Isozaki
Geophysical Research Letters   35(1) L01804   2008年1月   [査読有り]
Eolian dust deposits in north China provide an excellent means of determining past variations in continental paleoclimate and atmospheric circulation. However, debate still exists on which deserts in east Asia are the dominant sources of Chinese l...
日野幸胤、豊田新、A. Romanyukha, 田中憲一、星正治
ESR応用計測   24 8-12   2008年2月   [査読有り]
H. Bahadur, H. Tissoux, T. Usami, S. Toyoda
Journal of Materials Science   19(8-9) 709-713   2008年9月   [査読有り]
Optically clear, as visually observed, natural quartz crystals of Brazilian and Arkansas origins, which exhibit Al–OH−-centers in their as-received conditions, have been measured for their low temperature ESR spectra to see the presence of Al-hole...
K. Zhumadilov, V. Stepanenko, A. Ivannikov, Z. Zhumadilov, D. Zharlyganova, S. Toyoda, K. Tanaka, S. Endo, M. Hoshi
Radiation and Environmental Biophysics   47(4) 541-545   2008年11月   [査読有り]
The contribution of radiation from X-ray baggage scans at airports on dose formation in tooth samples was investigated by electron spin resonance (ESR) dosimetry and by glass dosimetry. This was considered important, because tooth samples from pop...
K. Tanaka, S. Endo, S. Toyoda, E. Tieliewuhan, A. Romanyukha, M. Hoshi
Radiat. Environ. Biophys.   46(3) 215-220   2007年8月   [査読有り]
Recently, a numerical method was proposed to correct the imaging plate (IP) response to 90Sr concentration in tooth samples, depending on the sample thickness. This is important to quantify any 90Sr concentration in teeth, which in turn is necessa...
Y. Sun, R. Tada, J. Chen, H. Chen, S. Toyoda, A. Tani, Y. Isozaki, K. Nagashima, H. Hasegawa, J. Ji
Atomospheric Environment   41(38) 8537-8548   2007年12月   [査読有り]
We report a newly developed provenance-tracing method by using a combination of electron spin resonance (ESR) signal intensity of the E1′ center in quartz and crystallinity index (CI) of quartz, which reflect the formation age and crystallization ...
藤江康太郎, 北川靖夫, 齋藤萬之助, 豊田新, 成瀬敏郎
ペドロジスト   51(2) 56-67   2007年12月   [査読有り]
石灰岩の不溶性残渣は微量であることから,石灰岩上に生成する暗赤色土の土壌母材が何であるか長年問題とされてきた。本論文では,大垣市金生山および石垣島真栄里に生成する暗赤色土の性状と母材について検討した。金生山および真栄里の石灰岩を1mol L^<-1>酢酸処理した不溶性残渣は,それぞれ6および318gkg^<-1>であった。また,ESR法による酸素空格子信号強度は,両土壌中に含まれる微細石英が風成塵由来であることを示した。さらに,金生山土壌ではアカホヤテフラの影響もみられた。土壌理化学性には...
藤田哲史, 北川靖夫, 奥田俊夫, 藤江康太郎, 齋藤萬之助, 豊田新, 成瀬敏郎
ペドロジスト   51(2) 68-75   2007年12月   [査読有り]
海洋性湿潤亜熱帯気候ドにある日本列島最西端の与那国島の第三系基岩上には現地名「国頭マージ」と呼ばれる赤黄色土が,また第3 系琉球石灰岩を基岩とする現地名「島尻マージ」と呼ばれる暗赤色土が広く分布している。特に,石灰岩上の暗赤色⊥ に関しては,石灰岩の不溶部分が土壌として堆積したものであると考えられてきた。しかし石灰岩の溶解による不溶部分は微量であるため,暗赤色土の母材として風成塵の重要性が論じられてきている(井E ・溝田,1998 :井上.2000)。一方,藤江ら(2007)は,石垣十壌及...
奥田俊夫, 藤田哲史, 藤江康太郎, 北川靖夫, 齋藤萬之助, 成瀬敏郎, 豊田新
ペドロジスト   51(2) 104-110   2007年12月   [査読有り]
能登半島宝立山山頂付近の第三紀デサイト質火砕岩上に生成している細粒質褐色森林土壌の母材への風成塵の影響を調べるために,微細石英中の粘土鉱物組成と酸素空格子量を反映するESR信号強度について検討した。その結果は以下のように要約される。この土壌中の微細石英の電子スピン共鳴(ESR)信号強度10以上の高い数値は,次のことを示唆していた。アジア大陸北部の先カンブリア界由来の風成塵がこの土壌の母材に強く影響を及ぼしており,この風成塵はアジア大陸北部の乾燥した時期の海洋同位体ステージ2(MIS2)の最...
藤田哲史, 奥田俊夫, 藤江康太郎, 北川靖夫, 齋藤萬之助, 豊田新, 成瀬敏郎
ペドロジスト   51(2) 97-103   2007年12月   [査読有り]
能登半島猿山岬の第三紀および第四紀岩上に発達した細粒質土壌の母材におけるアジア大陸北部由来風成塵の影響を調べるために,微細石英中の酸素空格子量から求められるESR信号強度と粘土鉱物組成を分析した。結果は次の通りである。猿山岬土壌におけるESR信号強度の10以上という高い値は、以下のことを示した。猿山岬土壌における母材へ先カンブリア紀岩由来の多量の風成塵が影響を及ぼし,これらの風成塵は,アジア大陸の内陸が非常に乾燥した最終氷期・MS2(2万4千年〜1万1千年前)に,冬季季節風によって運ばれた...
藤田哲史, 北川靖夫, 奥田俊夫, 藤江康太郎, 齋藤萬之助, 豊田新, 成瀬敏郎
ペドロジスト   51(2) 89-96   2007年12月   [査読有り]
男鹿半島入道崎付近に分布する新第三紀岩上に発達した2地点の細粒質褐色森林土の母材におけるアジア大陸北部由来風成塵の影響を調べるために,微細石英中の酸素空格子量から求められるESR信号強度と粘土鉱物組成を分析した。結果は次の通りである。安全寺および戸賀の2地点の土壌における電子スピン共鳴(ESR)信号強度は10以上という高い値を示した。このことから,2地点におけるA〜Bw層の土壌母材へ先カンブリア紀岩由来の多量の風成塵が影響を及ぼしておりさらに,これらの風成塵は,MIS2(2万4千年〜1万1...

Misc

 
ESR年代測定
豊田 新
日本原子力研究所データベース      1999年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
大室ダシ火山の活動史解明
谷健一郎, 宿野浩司, 平原由香, 正木裕香, A. Nichols, 石塚治, R. Fiske, K. Cashman, P. Leat, R. Carey, I. McIntosh, 尾上彩佳, 豊田新, 浅越光也
ブルーアース2013   2013年3月   
大室ダシ海底火山流紋岩のESR年代測定
浅越光矢, 豊田新, 谷健一郎
ブルーアース2013   2013年3月   
沖縄トラフの海底熱水鉱床におけるU-Th放射非平衡年代測定
賞雅朝子, 中井俊一, 石橋純一郎, 佐藤文寛, 豊田新
ブルーアース2013   2013年3月   
沖縄トラフ海底熱水域の熱水性鉱石中の重晶石のESR年代測定
藤原泰誠, 豊田新, 内田乃, 石橋純一郎, 中井俊一, 賞雅朝子
ブルーアース2013   2013年3月   
海底熱水域の硫化物に含まれる重晶石のESR年代測定
豊田新, 藤原泰誠, 磯野祐輔, 佐藤文寛, 内田乃, 石橋純一郎, 中井俊一, 賞雅朝子
2012年度 日本地球化学会第59回年会   2012年9月   
沖縄トラフ海底熱水域の硫化物中の重晶石のESR年代測定
藤原泰誠, 豊田新, 内田乃, 石橋純一郎, 中井俊一, 賞雅朝子
2012年度 日本地球化学会第59回年会   2012年9月   
重晶石中のSO3-ラジカルのα線による生成効率:ESR年代測定への応用
磯野祐輔, 豊田新, 西戸裕嗣, 鹿山雅裕
2012年度 日本地球化学会第59回年会   2012年9月   
セミパラチンスク核実験場内の哺乳動物の歯に含まれる90Srの測定
豊田新, 星正治
日本放射線影響学会 第55回大会   2012年9月   
テラフ中の石英を用いたESR年代測定の不純物中心別評価
浅越光矢, 豊田新
日本第四紀学会2012年大会   2012年8月   
地球環境における物質移動の指標として石英中の常磁性格子欠陥を用いる試み
豊田 新
第7回 先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会 原子力機構施設利用一般共同研究成果報告会 弥生研究会:原子力専攻施設共同利用成果報告会、中性子散乱研究実験設備説明会   2012年8月   
NT11-20航海報告:沖縄トラフ海底熱水鉱床の地球化学的特徴
野崎達生, 石橋純一郎, 佐藤文寛, 西林佑真, 豊田新, 磯部博志, 渋谷岳造, 高井研, 佐藤暢, 鈴木勝彦, NT11-20航海乗船研究者
資源地質学会   2012年6月   
木津川堆積物及び起源地岩石の石英中にみられるESR 信号の特徴
野曽原吉彦, 豊田新, 高田将志, 島田愛子
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
石英を用いたテフラのESR 年代測定:信号による差異の評価
浅越光矢, 豊田新
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
海底熱水性重晶石のESR 年代測定の方法と課題
豊田新, 佐藤文寛, 金光真弘, 内田乃, 石橋純一郎, 中井俊一, 賞雅朝子
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
石英のESR・結晶化度分析に基づく、ユーコン川からベーリング海陸棚域へと運ばれる陸源砕屑物の評価
長島佳菜, 浅原良浩, 豊田新, 和田知之, 知北和久, 原田尚美
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
沖縄トラフ及び南部マリアナトラフ海域の海底熱水鉱床におけるウラン・トリウム放射非平衡年代
賞雅朝子, 中井俊一, 佐藤文寛, 豊田新, 金光真弘, 石橋純一郎, NT11-20 航海乗船研究者一同
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
東アジア夏季モンスーンの千年スケール変動の実態と偏西風との関係
長島佳菜, 久保田好美, 多田隆治, 山本裕哉, 豊田新
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
石英の粒度別ESR 信号強度、結晶化度を利用したタリム盆地南西部テクトニクス運動復元と乾燥化との関係
烏田明典, 多田隆治, Zheng Hongbo, 豊田新, 長谷川精, 磯崎裕子, 吉田知紘
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
日本列島降下物中の石英のESR 信号の特徴とその起源
山本裕哉, 豊田新, 長島佳菜, 多田隆治, 五十嵐康人
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
潮間帯に生息する巻貝(イボニシ)のESR 線量計測に基づく福島県沿岸部での線量評価
吉井裕, 鈴木敏和, 杉浦紳之, 堀口敏宏, 豊田新
日本原子力学会「2012年春の年会」   2012年3月   
福島第一原子力発電所事故に伴うさいたま市への降下放射能の変動
豊田新, 内田乃, 高橋真由美
第13回「環境放射能」研究会   2012年2月   
海底熱水性重晶石からのラドンの損失
内田乃, 佐藤文寛, 豊田新, 石橋純一郎
ブルーアース2012   2012年2月   
沖縄トラフ熱水噴出域に分布する熱水性鉱石の多様性
石橋純一郎, 大城光洋, 三好陽子, 島田和彦, 吉住亮人, 金森俊太郎, 浦辺徹郎, 野崎達生, 佐藤文寛, 豊田新, 西林佑真, 磯部博志, 横瀬久芳, 佐藤暢
ブルーアース2012   2012年2月   
南部マリアナトラフ海域における海底熱水鉱床のウラン・トリウム放射非平衡年代測定
賞雅朝子, 中井俊一, 石橋純一郎, 豊田新, 佐藤文寛
ブルーアース2012   2012年2月   
海底熱水性重晶石のESR測定による熱水性堆積物の形成過程
佐藤文寛, 豊田新, D. Banerjee, 賞雅朝子, 中井俊一, 石橋純一郎
第28回ESR応用計測研究会 2011年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年12月   
ESR被曝線量計測の国際規格化
豊田 新
第28回ESR応用計測研究会 2011年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年12月   
重晶石のESR測定による南マリアナ海底熱水域の年代測定
金光真弘, 佐藤文寛, 豊田新, 石橋純一郎, 中井俊一, 賞雅朝子
第28回ESR応用計測研究会 2011年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年12月   
石英中の酸素空孔量と結晶化度測定の標準化
山本裕哉, 豊田新, 吉田知紘, 多田隆治, 長島佳菜
第28回ESR応用計測研究会 2011年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年12月   
He+イオン照射によるアルカリ長石のCLの消光・増感効果
鹿山雅裕, 西戸裕嗣, 豊田新, 小室光世, 蜷川清隆
第28回ESR応用計測研究会 2011年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年12月   
木津川堆積物及びその起源地岩石の石英中にみられるESR信号の特徴
野曽原吉彦, 豊田新, 高田将志
第28回ESR応用計測研究会 2011年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年12月   
テフラの石英に観測されるESR信号のDose recoveryの試料依存性
浅越光矢, 豊田新, 鈴木毅彦, H. Tissoux, C. Falguères, P. Voinchet, H. Tissoux
第28回ESR応用計測研究会 2011年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年12月   
重晶石を用いた南マリアナ海底熱水域のESR年代測定
佐藤文寛, 豊田新, 金光真弘, 中井俊一, 賞雅朝子, 石橋純一郎
ブルーアース2012   2012年2月   
南部マリアナトラフ・沖縄トラフの海底熱水鉱床のU-Th放射非平衡年代
賞雅朝子, 中井俊一, 豊田新, 佐藤文寛, 石橋純一郎
InterRidge-Japan研究集会 「海底拡大系の総合研究」   2011年11月   
海底熱水性重晶石を用いたESR年代測定
佐藤文寛, 金光真弘, 豊田新, 内田乃, 賞雅朝子, 中井俊一, 石橋純一郎
InterRidge-Japan研究集会「海底拡大系の総合研究」   2011年11月   
ESR線量計測による福島県住民のバックグラウンド被曝線量
豊田新, 近藤厚志, ズマディロフ カシム, 星正治, 宮澤忠蔵
日本放射線影響学会 第54回大会   2011年11月   
ステプノゴルスク都市住民のESR線量測定の研究
K. Zhumadilov, P. Kazymbet, A. Ivannikov, M. Bakhtin, D. Zharlyganova, 豊田新, Z. Zhumadilov, 星正治
日本放射線影響学会 第54回大会   2011年11月   
石英のESR信号強度を利用した、福井県水月湖に堆積する風成塵の起源推定
長島佳菜, 多田隆治, 豊田新, 山本裕哉, 中川毅
第6回高崎量子応用研究シンポジウム   2011年10月   
XRDを用いた石英結晶化度測定誤差発生要因の究明と定量化に向けた取り組み
烏田明典, 多田隆治, 磯崎裕子, 豊田新, 吉田知絋
2011年度日本地球化学会年会   2011年9月   
日本周辺の海底熱水鉱床中の硫化鉱物におけるウラン・トリウム放射非平衡年代測定
賞雅朝子, 中井俊一, 石橋純一郎, 豊田新, 佐藤文寛
2011年度日本地球化学会年会   2011年9月   
石英中の酸素空孔量と結晶化度の測定方法の確立 : 堆積物起源地推定への応用
豊田新, 山本裕哉, 烏田明典, 吉田知絋, 多田隆治, 長島佳菜
日本第四紀学会2011年大会   2011年8月   
揚子江流域堆積物粗粒シルト画分中石英の供給源推定と南中国における降水量空間分布パターン復元への応用
多田隆治, 吉田知紘, 王 可, チン ホンボ, 豊田新
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
タリム盆地砂漠化の時期とその原因
吉田知紘, 多田隆治, Hongbo Zheng, 豊田新, 長谷川精, 烏田明典, 磯崎裕子, 杉浦なおみ
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
琵琶湖1400 mコアから得られた石英粒子の熱ルミネッセンス感度変化特性
高田将志, 島田愛子, 豊田新, 竹村恵二, 相馬秀廣
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
年代測定と地球惑星科学におけるルミネッセンスとESR
豊田新, 高田将志
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
カソードルミネッセンス分光分析を用いた放射線により生成する斜長石中の構造欠陥の検出
鹿山雅裕, 西戸裕嗣, 豊田新, 小室光世, 蜷川清隆
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
石英粒子のESR 信号特性とTLCI を用いた堆積物の供給起源推定
島田愛子, 高田将志, 豊田新
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
海底熱水活動による熱水沈殿物のESR年代測定
佐藤文寛, 豊田新, Debabrata Banerjee, 内田乃, 石橋純一郎, 中井俊一, 賞雅朝子
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
日本列島降下物中の石英のESR 信号の特徴とその起源
山本裕哉, 豊田新, 長島佳菜, 磯崎裕子, 多田隆治, 五十嵐康人
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
石英中の酸素空孔量と結晶化度測定の標準化:起源地推定への応用に向けて
豊田新, 山本裕哉, 吉田知紘, 多田隆治, 長島佳菜
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
海底熱水鉱床の硫化鉱物におけるウラン・トリウム放射非平衡年代測定の開発
賞雅朝子, 中井俊一, 石橋純一郎, 豊田新, 佐藤文寛
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
南部マリアナ海底熱水域の海底放射線線量
豊田新, Debabrata Banerjee, 佐藤文寛, 熊谷英憲, 渡部裕美, 浅田美穂, 宮崎淳一, 石橋純一郎,望月伸竜, 中井俊一, 賞雅朝子
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
沖縄トラフ中部及び南部熱水域堆積物のルミネッセンス年代測定
Debabrata Banerjee, 豊田新, 佐藤文寛, 三好陽子, 石橋純一郎, 高田将志, 野口拓郎, 山中寿朗
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
石英のESR信号強度と結晶化度によるタクラマカン砂漠における砂の供給源と運搬システムの解明
烏田明典, 多田隆治, Hongbo Zheng, 磯崎裕子, 豊田新, 吉田知紘
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月   
海底熱水活動による熱水性沈殿物のESR年代測定
佐藤文寛, 豊田新, Debabrata Banerjee, 内田乃, 石橋純一郎, 中井俊一, 賞雅朝子
第27回ESR応用計測研究会/2010年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年3月   
石英の不純物中心のDose Recovery Test
浅越光矢, 豊田新, C. Falgueres, H. Tissoux, P. Voinchet
第27回ESR応用計測研究会/2010年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年3月   
日本人の歯のバックグラウンド線量の推定
近藤厚志, 豊田新, カシム・ズマジロフ, 星正浩, 宮澤忠蔵
第27回ESR応用計測研究会/2010年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年3月   
日本列島降下物中の石英のESR信号の特徴とその起源
山本裕哉, 豊田新, 長島佳菜, 磯崎裕子, 多田隆治, 五十嵐康人
第27回ESR応用計測研究会/2010年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年3月   
琵琶湖堆積物中の石英に観測されるESR信号の特徴 (2)
中野健一郎, 豊田新, 高田将志, 竹村恵二
第27回ESR応用計測研究会/2010年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年3月   
カソードルミネッセンス分光分析を用いた放射線により生成する斜長石中の構造欠陥の検出
鹿山雅裕, 西戸裕嗣, 豊田新, 小室光世, 蜷川清隆
第27回ESR応用計測研究会/2010年度ルミネッセンス年代測定研究会   2011年3月   
南部マリアナトラフ海底熱水域の海底放射線量
豊田新, D. Banerjee, 佐藤文寛, 熊谷英憲, 渡部裕美, 浅田美穂, 宮崎淳一, 石橋純一郎,望月伸竜, 小島茂明, 中井俊一
ブルーアース’11   2011年3月   
海底熱水性重晶石を用いたESR年代測定と信号の熱安定性
佐藤文寛, 豊田新, 奥村輔, D. Banerjee, 内田乃, 石橋純一郎, 中井俊一
ブルーアース’11   2011年3月   
南部マリアナトラフにおける生物学・地球化学・地球物理学的研究
渡部裕美, 小島茂明, 石橋純一郎, 望月伸竜, S. Beaulieu, 浅田美穂, 豊田新, D. Banerjee, 佐々木猛智, 美野さやか, 中川聡, S. Mills, 徐美恵, 日高裕華, 小倉知美, 小牧加奈絵
ブルーアース’11   2011年3月   
海底熱水鉱床の年代測定:硫化鉱物におけるウラン・トリウム放射非平衡年代測定の開発
賞雅朝子, Y. V. Sahoo, 中井俊一, 石橋純一郎, 豊田新, 佐藤文寛
ブルーアース’11   2011年3月   
ESRによって求められる日本人の歯のバックグラウンド被曝線量
豊田新, 近藤厚志, Kassym Zhumadilov, 星正治, 宮沢忠蔵
第49回電子スピンサイエンス学会   2010年11月   
海底熱水鉱床硫化鉱物のU-Th放射非平衡による年代測定
中井俊一, Sahoo Yu Vin, 豊田新, 石橋純一郎
2010年度日本地球化学会年会   2010年9月   
新生代後期における中国西部の乾燥化
吉田知紘,多田隆治,Z.Hongbo,豊田新,長谷川精,磯崎裕子,杉浦なおみ,烏田 明典
日本地質学会第117回学術大会(富山大会)   2010年9月   
重晶石を用いた深海熱水活動のESR年代測定
豊田新, 奥村輔, 佐藤文寛, 内田乃, 石橋純一郎, 中井俊一, 千葉仁
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
カソードルミネッセンス分光分析を用いた放射線損傷により生成された構造欠陥の検出
鹿山雅裕, 西戸裕嗣, 豊田新, 小室光世, 蜷川清隆
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
複分画信号再生付加線量法を用いた石英のESR年代測定
浅越光矢, 豊田新, 鈴木毅彦, 内田乃, クリストフ・ファルゲー, ピエール・ボワンシェ, エレン・ティス
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
NaI検出器による年間線量率の研究室間相互比較
内田乃, 豊田新, エレン・ティス, クリストフ・ファルゲー, 蜷川清隆
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
熱水性重晶石のESR信号の熱安定性
佐藤文寛, 奥村輔, 豊田新, 石橋純一郎
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
海底熱水鉱床鉱物のU-Th放射非平衡による年代測定
中井俊一, サフー・ユービン, 豊田新, 石橋純一郎
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
石英1粒子のカソードルミネッセンス分析に基づくダストの供給源推定
長島佳菜, 西戸裕嗣, 鹿山雅裕, 豊田新, 五十嵐康人, 多田隆治
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
琵琶湖とその周辺域に分布する石英粒子のESR/TL信号特性
高田将志, 島田愛子, 嘉味田裕樹, 豊田新, 竹村恵二
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
中新世における中国西部の乾燥化:タリム盆地南西からの証拠
吉田知紘, 多田隆治, H. Zheng, 豊田新, 長谷川精, 磯崎裕子, 杉浦なおみ
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
日本列島降下物中の石英のESR信号の特徴とその起源
山本裕哉, 豊田新, 長島佳菜, 五十嵐康人, 多田隆治, 磯崎裕子, Y. Sun
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月   
南部沖縄トラフ多良間海丘における熱水活動探査 -NT09-10Leg.2航海概要報告-
山中寿朗, 前藤晃太郎, 陣内彩子, 布浦拓郎, 牧田寛子, 阿部真理子, 渡部裕美, 中村謙太郎, 高井研, 平尾真吾, 大嶋将吾, 石橋純一郎, 岩田大吾, 井上一大, 上野雄一郎, 吉田尚弘, 野村直子, 徐美恵, 砂村倫成, 河合純, 豊田新, 佐藤文寛
Blue Earth'10   2010年3月   
日本列島大気降下物試料中の石英にみられるESR信号の特徴とその起源
豊田新, 山本裕哉, 長島佳菜, 五十嵐康人, 多田隆治
第26回ESR応用計測研究会/2009年度ルミネッセンス年代測定研究会   2010年3月   
琵琶湖堆積物中の石英に観測されるESR信号の特徴
嘉味田裕樹, 豊田新, 高田将志, 竹村恵二
第26回ESR応用計測研究会/2009年度ルミネッセンス年代測定研究会   2010年3月   
低バックグラウンド純Ge 半導体検出器とNaI 検出器による年間線量率の研究室間相互比較
内田乃, 豊田新, H. Tissoux, C. Falgueres, 蜷川清隆
第26回ESR応用計測研究会/2009年度ルミネッセンス年代測定研究会   2010年3月   
複分画信号再生付加線量法による石英のESR 年代測定
浅越光矢, 豊田新, 内田乃, C. Falgueres, P. Voinchet, H. Tissoux, 鈴木毅彦
第26回ESR応用計測研究会/2009年度ルミネッセンス年代測定研究会   2010年3月   
海底熱水性重晶石を用いたESR 年代測定
佐藤文寛, 奥村輔, 内田乃, 豊田新, 石橋純一郎, 中井俊一
第26回ESR応用計測研究会/2009年度ルミネッセンス年代測定研究会   2010年3月   
異なる火山噴出物からみる石英のESR 信号・TLCI 特性
島田愛子, 高田将志, 豊田新
第26回ESR応用計測研究会/2009年度ルミネッセンス年代測定研究会   2010年3月   
起源の異なる石英粒子のTL・ESR信号特性-土砂供給源の推定に向けた予察的研究-
高田将志, 島田愛子, 豊田新, 竹村恵二, 相馬秀廣
日本地理学会2010年春季学術大会   2010年3月   
カソ-ドルミネッセンスによる斜長石の放射線損傷の定量評価とその応用
西戸裕嗣, 鹿山雅裕, 豊田新, 蜷川清隆, 小室光世
第4回高崎量子応用研究シンポジウム   2009年10月   
石英中の不純物中心のESR信号を用いた風送塵起源地の分別
豊田新, 山本裕哉, 磯崎裕子, Y. Sun, 多田隆治, 長島佳菜, 谷篤史, 五十嵐康人
日本地質学会第116年学術大会(岡山大会)   2009年9月   
信号再生法によるテフラのESR年代測定
浅越光矢, 豊田新, 鈴木毅彦, H. Tissoux, C. Falgueres, P. Voinchet
2009年度日本地球化学会第56回年会   2009年9月   
岩石標準試料中の放射性核種定量の研究室間相互比較
内田乃, 豊田新, H. Tissoux, C. Falgueres, 蜷川清隆
2009年度日本地球化学会第56回年会   2009年9月   
重晶石中のESR信号の熱安定性
佐藤文寛, 奥村輔, 豊田新, 石橋純一郎
2009年度日本地球化学会第56回年会   2009年9月   
石英中の不純物中心のESR信号を用いた風送塵起源地の分別
山本裕哉, 豊田新, 磯崎裕子, Y. Sun, 多田隆治, 長島佳菜, 谷篤史, 五十嵐康人
2009年度日本地球化学会第56回年会   2009年9月   
ひと粒でわかる?石英の供給源推定~CL, ESR分析より
長島佳菜, 西戸裕嗣, 豊田新, 山本裕哉, 谷篤史, 五十嵐康人, 多田隆治
2009年度日本地球化学会第56回年会   2009年9月   
海底熱水性重晶石のESR年代測定の実現に向けて
奥村輔, 佐藤文寛, 内田乃, 豊田新, 石橋純一郎, 中井俊一
2009年度日本地球化学会第56回年会   2009年9月   
石英中の不純物中心のESR信号を用いた風送塵起源地の分別
山本裕哉, 豊田新, 磯崎裕子, Y. Sun, 多田隆治, 長島佳菜, 谷篤史
日本第四紀学会2009年大会   2009年8月   
信号再生法によるテフラの石英のESR年代測定の高精度化の試み
豊田新, 浅越光矢, H. Tissoux, C. Falgueres, 鈴木毅彦
日本第四紀学会2009年大会   2009年8月   
琵琶湖とその周辺域に分布する石英粒子のESR信号特性-後背地からの土砂供給動態の解明に向けた基礎研究-
高田将志, 島田愛子, 豊田新, 竹村恵二, 相馬秀廣
日本第四紀学会2009年大会   2009年8月   
アジア夏季モンスーン、偏西風、北西太平洋表層水温のオービタルスケール変動とそのタイミング
長島佳菜, 多田隆治, 磯崎裕子, 豊田新, 谷篤史, 原田尚美
日本地球惑星科学連合2009年大会   2009年5月   
石英中の不純物中心のESR信号を用いた風送塵起源地の分別の可能性
山本裕哉, 豊田新, 磯崎裕子, Sun Youbin, 多田隆治, 長島佳菜, 谷篤史
日本地球惑星科学連合2009年大会   2009年5月   
海底熱水起源の重晶石のESR年代測定の試み
豊田新, 菊池豪太, 石橋純一郎, 鈴木遼平
日本地球惑星科学連合2009年大会   2009年5月   
海底熱水起源の重晶石のESR年代測定の試み
豊田新, 菊池豪太, 石橋純一郎, 鈴木遼平
第25回ESR応用計測研究会-2008年度ルミネッセンス年代測定研究会   2009年3月   
石英中の不純物中心のESR信号を用いた風送塵起源地の分別の可能性
山本裕哉, 豊田新, 磯崎裕子, Y. Sun, 多田隆治, 長島佳菜, 谷篤史
第25回ESR応用計測研究会-2008年度ルミネッセンス年代測定研究会   2009年3月   

Works

 
甲陽断層及び神原断層の電子スピン共鳴年代測定の試み
2002年
中国地方に分布する古土壌母材への風成塵の影響に関する研究(分担)
2004年
哺乳動物の歯のエナメルを用いた電子スピン共鳴線量計素子の開発
2004年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 豊田 新
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 豊田 新
堆積物の運搬を明らかにする理化学的な手法の開発は、過去の気候変動や物質循環を再現において、大きな手がかりを与える強力な手法となることが期待できる。堆積物の主要な成分である石英中の電子スピン共鳴信号及びルミネッセンス特性が、これまでの指標とは異なった特性の起源地の情報を持っていることを示し、風送塵や河川堆積物の運搬の有効な指標として確立することを目的とする。風送塵については、最近50年間の福岡と米子の降下物に含まれる石英の酸素空孔量が黄砂の観測日日数と相関する一方で、秋田ではそのような傾向が...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 豊田 新
日本を含む東アジア地域の気候は、アジアモンスーンによってもたらされる夏の降雨や冬の北西風、そして上空の偏西風に強く依存している。従って、東アジア地域の気候変動を知るためには、こうした大気循環の変動を調べることがきわめて重要である。本研究では、気象研究所の採取した過去30年間の日本列島各地の降下物試料から石英を抽出し、ESR(電子スピン共鳴)による6種類の格子欠陥の量の測定、X線回折測定による結晶化度の測定、TL(熱ルミネッセンス)、OSL(光刺激ルミネッセンス)、CL(カソードルミネッセン...
人の歯を用いたESR線量計測方法の確立:国際規格化に向けて
岡山工学振興会: 学術研究助成
研究期間: 2010年       代表者: 豊田 新
断層岩のESR年代測定
蒜山地質研究所: 受託研究
研究期間: 2011年       代表者: 豊田 新
国際規格化に向けた人の歯のESR線量計測方法の確立
広島大学原爆放射線医科学研究所: 共同研究
研究期間: 2011年       代表者: 豊田 新
国際規格化に向けた人の歯のESR線量計測方法の確立
広島大学原爆放射線医科学研究所: 共同研究
研究期間: 2010年       代表者: 豊田 新
蒜山地質研究所: 研究奨励金
研究期間: 2009年       代表者: 豊田 新
大和地質研究所: 研究奨励金
研究期間: 2009年       代表者: 豊田 新
海洋地殻内熱水循環と地下微生物圏の相互作用 計画研究 大河の時間変動と熱水生態系の進化
日本学術振興会 科学研究費補助金: 新学術領域研究
研究期間: 2008年 - 2012年
地球環境における物質移動の指標として石英の常磁性格子欠陥を用いる試み
日本原子力研究所 施設利用総合共同研究: 一般共同研究
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 豊田 新
琵琶湖周辺域における土砂供給源の時代変化:気候変化で土砂供給源地は変わるか?
日本学術振興会 科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2008年 - 2010年
セミパラチンスク核実験場周辺住民の被ばく線量評価と低線量・低線量率被ばくのリスク
日本学術振興会 科学研究費補助金: 基盤研究(B) 海外学術研究
研究期間: 2008年 - 2010年
石英の種々の物理特性を指標とした日本へ降下する風送ダストの大陸起源変動の解明
日本学術振興会 科学研究費補助金: 萌芽研究
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 豊田 新
センサーへの応用としての圧電性材料の格子欠陥の物性物理学的研究
日本学術振興会: 二国間学術交流 インドとの共同研究
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 豊田 新
東南アジア諸島における人類の進化:その起源と現生人類繁栄への過程
日本学術振興会: 二国間学術交流 フランスとの共同研究
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 豊田 新
セミパラチンスク核実験場跡の土壌汚染と家畜への核種移行
ウェスコ学術振興財団: 
研究期間: 2008年       代表者: 豊田 新
セミパラチンスク核実験場跡の土壌汚染と家畜への核種移行
ウェスコ学術振興財団: 
研究期間: 2007年       代表者: 豊田 新
大和地質研究所: 研究奨励金(2)
研究期間: 2006年       代表者: 豊田 新
大和地質研究所: 研究奨励金(1)
研究期間: 2006年       代表者: 豊田 新
ウェスコ学術振興財団: ウェスコ学術振興財団海外渡航費援助
研究期間: 2006年       代表者: 豊田 新
年代測定法に基づいた急激な地殻上昇速度推定法の開発
日本原子力研究所 施設利用総合共同研究: 一般共同研究
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 豊田 新
造岩鉱物の分光学的測定による衝撃変成の定量化
日本学術振興会 科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 蜷川清隆
セミパラチンスク核実験場近郊住民の被曝線量体系構築と健康影響研究 -データベース構築による放射線のリスク推定-
日本学術振興会 科学研究費補助金: 基盤研究(B) 海外学術研究
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 星正治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 豊田 新
電子スピン共鳴(ESR)法、熱ルミネッセンス(TL)法、光刺激ルミネッセンス(OSL)法による年代測定は、共通の測定原理を持ち、放射性炭宗法の測定範囲を越えた年代が求められるため、第四紀の年代測定法として注目されてきた。しかし、現在ではこれらの年代測定法は、信頼に足る第四紀の年代測定の方法として定着しているとは言い難い。本研究では、信号のリセット(年代の開始時点)の機構が、加熱ということではっきりしており、これら3つの方法が共通して適用でき、さらに第四紀の編年上重要な意味合いを持つテフラの...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 豊田 新
原子炉や廃棄物処理施設の事故、また核実験によって環境に放出された放射性核種による被曝は、特に旧ソ連において深刻な健康被害を引き起こした。ここでは、最も基本となる線量評価はきわめて重要な測定量である。歯のエナメル質を電子スピン共鳴によって計測して被曝線量を求める方法が正確で有効である。しかし、人の歯は常には入手可能ではないので、本研究では、哺乳動物の歯を用いる。そして、これらの試料の電子スピン共鳴線量計測により、汚染地域における現在の被曝線量の線量分布を求め、疫学調査の結果と対応させることを...
断層のESR年代測定
大和地質研究所: 受託研究
研究期間: 2005年       代表者: 豊田 新
堆積物のESR年代測定:第四紀における気候変動、考古学的応用
日本学術振興会 科学研究費補助金: 特別研究員奨励費
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 豊田 新
アジアにおける原人と新人との共存:更新世アジア人類遺跡の河川性及び火山性石英のESR年代測定による研究
日本学術振興会 科学研究費補助金: 特別研究員奨励費
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 豊田 新
蒜山地質研究所: 研究奨励金
研究期間: 2004年       代表者: 豊田 新
哺乳動物の歯のエナメルを用いた電子スピン共鳴線量計素子の開発
岡山県産業振興財団平成16年度大学発新事業創出促進事業: 受託研究
研究期間: 2004年       代表者: 豊田 新
中国地方に分布する古土壌母材への風成塵の影響に関する研究
福武書店科学研究: 受託研究
研究期間: 2004年       代表者: 成瀬敏郎
ヒマラヤチベット隆起と東アジア-北西太平洋域気候・海洋変動の連動性-国際深海掘削計画、国際陸上計画、IMAGESを活用した国際共同研究の推進-
日本学術振興会 科学研究費補助金: 基盤研究(C)(1) 企画調査
研究期間: 2004年       代表者: 多田隆治
放射線損傷年代測定法の精度向上と東アジア旧石器遺跡への適用
日本学術振興会 科学研究費補助金: 基盤研究(A) 海外学術研究
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 長友恒人
カソードルミネッセンス及び電子スピン共鳴によるウラン鉱床形成年代測定の試み
日本原子力研究所 施設利用総合共同研究: 一般共同研究
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 小室光世
石英を用いた第四紀テフラのESR年代測定法の確立
日本原子力研究所 施設利用総合共同研究: 一般共同研究
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 豊田 新
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 豊田 新
第2次世界大戦以後、旧ソ連の原子力利用の開始と共に、南ウラルにソ連の最初のプルトニウムの生産のためのプラントの複合体が建設され、1948年に原子炉及びプルトニウムの抽出のための化学プラントが稼動を始めた。この後、このプラントに関連して、テテャ川の汚染を始めとする、大きな3つの汚染、及び事故が起きた。そのために、この地域には大量の放射性廃棄物に関連した核種によって汚染されたが、特にストロンチウム90の汚染がひどいことが特徴である。ストロンチウムは骨や歯のカルシウムを置き換えるので、本研究の場...
甲陽断層及び神原断層の電子スピン共鳴年代測定の試み
蒜山地質研究所: 受託研究
研究期間: 2002年       代表者: 豊田 新
岡山工学振興会: 岡山工学振興会海外渡航費援助
研究期間: 2000年       代表者: 豊田 新
内部起源粒子による石英中の常磁性格子欠陥の生成効率の研究
日本原子力研究所 施設利用総合共同研究: 一般共同研究
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 豊田 新
内部起源粒子による石英中の常磁性格子欠陥の生成効率の研究
日本原子力研究所 施設利用総合共同研究: 一般協力研究
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 豊田 新
高森遺跡関連の火山噴出物の電子スピン共鳴による高精度年代測定-日本最古の人類遺跡の年代を探る-
藤原ナチュラルヒストリー振興財団: 学術研究助成
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 豊田 新
ウラン鉱床における石英中の格子欠陥の生成過程-放射性核種の“流路”の解明は可能か?-
日本原子力研究所: 黎明研究
研究期間: 1999年       代表者: 豊田 新
山田科学振興財団: 山田科学振興財団海外渡航費援助
研究期間: 1998年       代表者: 豊田 新
石英中の酸素空格子のγ線による生成の線量率依存性の研究
日本原子力研究所 施設利用総合共同研究: 一般共同研究
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 豊田 新
吉田科学技術財団: 吉田科学技術財団海外渡航費援助
研究期間: 1997年       代表者: 豊田 新
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 豊田 新
石英中の格子欠陥のうち熱的に安定な酸素空格子に注目することにより、数百万年から十億年範囲のESR年代測定法の開発を試みた。申請者の昨年度までの研究により、この年代範囲において火山岩中の酸素空格子の量と年代の間によい相関のあること、また生成過程については以前に提案された石英中のα反跳核種よりも外部からのβ及びγ線による可能性の方が大きいことが示されていた。以下の3点について本方法の実用化に向けて問題点の検討を行った。1.年代を求めたい石英そのものをキャリブレーションに用いた。もとの信号の大き...
石英中の酸素空格子を用いたESR年代測定の基礎研究
日本原子力研究所 施設利用総合共同研究: 一般共同研究
研究期間: 1994年       代表者: 豊田 新
石英中の酸素空格子を用いたESR年代測定法の実用化
日本学術振興会 科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 1994年       代表者: 豊田 新
ESR法、TL法、OSL法による第四紀テフラの年代測定と相互比較
日本学術振興会 科学研究費補助金: 基盤研究(B) 一般研究
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 豊田 新
哺乳動物の歯のESR線量計測による旧ソ連放射性核種汚染地域の被曝線量の地域分布
日本学術振興会 科学研究費補助金: 基盤研究(B) 海外学術研究
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 豊田 新
哺乳動物の歯の電子スピン共鳴線量計測による旧ソ連南ウラル地域の被曝線量の地域分布
日本学術振興会 科学研究費補助金: 基盤研究(B) 海外学術研究
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 豊田 新
電子スピン共鳴による第四紀テフラの年代測定
29-IGC: 研究助成金
研究期間: 1993年 - 1996年    代表者: 豊田 新
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 豊田 新
ESR年代測定は、鉱物中に自然放射線によって生成、蓄積する格子欠陥の量を、ESR(電子スピン共鳴)測定で定量することによって行われる。石英中の酸素空格子はこれまで用いられてきた欠陥に比べて熱的に安定である。このため、これを年代測定に用いることができれば、これまで行われてきたESR年代測定の年代の限界(約2Ma)を越えた年代範囲への応用が広がる可能性がある。これまで、酸素空格子量と火成岩試料の放射年代の間には相関が観測されていたが、今回の研究で測定試料数を増やしたところ、10-100Maの年...
山田科学振興財団: 山田科学振興財団海外渡航費援助
研究期間: 1993年       代表者: 豊田 新
島津科学技術振興財団: 島津科学技術振興財団海外渡航費援助
研究期間: 1989年       代表者: 豊田 新
石英中の酸素空格子のガンマ線による生成の温度依存性の研究
日本原子力研究所 施設利用総合共同研究: 一般共同研究
研究期間: 1993年       代表者: 豊田 新
石英を用いたESR年代測定法の物理的基礎
日本学術振興会 科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 1992年       代表者: 豊田 新
石英中の酸素空格子を用いたESR年代測定法の開発
日本学術振興会 科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 1993年       代表者: 豊田 新
井上科学振興財団: 井上科学振興財団海外渡航費援助
研究期間: 1991年       代表者: 豊田 新
電子スピン共鳴(ESR)による断層の活動年代の測定
日本学術振興会 科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 1991年       代表者: 豊田 新
電子スピン共鳴(ESR)による断層の活動年代の測定
日本学術振興会 科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 1990年       代表者: 豊田 新
電子スピン共鳴による断層の年代測定
伊藤科学振興会: 研究助成
研究期間: 1989年       代表者: 豊田 新
電子スピン共鳴線量計測
ESR年代測定/ESR線量計測