加藤 明子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 17:01
 
アバター
研究者氏名
加藤 明子
 
カトウ アキコ
URL
http://docyaounde.free.fr/akatoHP/
所属
フランス国立科学研究機構
部署
CEBC
職名
研究技術員
学位
博士(農学)(北海道大学), 理学修士(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1993年
 日本学術振興会 特別研究員Dc
 
1993年
 - 
2007年
 国立極地研究所 助手/助教
 
2009年
   
 
- DEPE-IPHC, CNRS(フランス) 研究技術員
 

学歴

 
 
 - 
1993年
東京水産大学 水産学研究科 海洋生物学
 
 
 - 
1990年
早稲田大学 教育学部 理
 

Misc

 
Diving patterns and performance in male and female blue-eyed cormorants Phalacrocorax atriceps at South Georgia. (共著)
Marine Ornithology   19 117-129   1992年
Diving pattern and stomach temperatures of foraging king cormorants at subantarctic Macquarie Island. (共著)
Condor   98 844-848   1996年
Diving performance of Ad(]J1117[)lie penguins in relation to food availability in fast sea-ice areas : comparison between years. (共著)
Jouranl of Animal Ecology   62 634-646   1993年
Diving patterns and performance in the Antarctic blue-eyed shag Phalacrocorax atriceps. (共著)
Journal of Zoology, London   225 177-199   1991年
Short-term variation in the winter diet of gentoo penguins Pygoscelis papua at South Georgia during July 1989. (共著)
Marine Ornithology   19 31-38   1991年

Works

 
北海道天売島における海鳥採食生態調査
1992年 - 2000年
南極デイビス基地におけるアデリーペンギンの潜水行動調査
1992年
亜南極マッコーリー島におけるアオメウの採食潜水行動調査
1993年
亜南極クローゼ基地におけるキングペンギンの潜水行動調査
1995年
昭和基地近くの袋浦ルッカリーにおけるアデリーペンギンの生態調査
1996年

競争的資金等の研究課題

 
海産せきつい動物の行動
研究期間: 1990年