神山 斉己

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/29 09:40
 
アバター
研究者氏名
神山 斉己
 
カミヤマ ヨシミ
URL
http://www.ist.aichi-pu.ac.jp/
所属
愛知県立大学
部署
情報科学部
職名
学部長・教授
学位
工学博士(豊橋技術科学大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
愛知県立大学 情報科学部 教授
 
1998年
 - 
2008年
愛知県立大学 情報科学部 准教授
 
2004年
 - 
2005年
Baylor College of Medicine Visiting Scientist
 
1991年
 - 
1998年
豊橋技術科学大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1991年
豊橋技術科学大学 工学研究科 システム情報工学
 
 
 - 
1986年
豊橋技術科学大学 工学部 情報工学
 

委員歴

 
 
   
 
電子情報通信学会  査読委員
 

論文

 
Kumagai, M. and Kamiyama, Y.
Proceedings of the 4th World Congress on Electrical Engineering and Computer Systems and Sciences (EECSS’18)   ICBES 147-1-147-5   2018年8月   [査読有り]
Tsukamoto, A. and Kamiyama, Y.
Proceedings of the 4th World Congress on Electrical Engineering and Computer Systems and Sciences (EECSS’18)   ICBES 148-1-148-5   2018年8月   [査読有り]
浅見直弥, 山崎陽一, 神山斉己
電気学会論文誌C   138(3) 221-227   2018年3月   [査読有り]
Asami, N., Yamazakai, Y. and Kamiyama, Y.
39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   (ThDT11-01.1) 2680-2683   2017年7月   [査読有り]
Norioka N, Takemoto Y, Kobayashi M, Makuuchi A, Yoshikawa J, Yamazaki Y, Kamiyama Y, Shuto T, Yoshiyama M.
Atherosclerosis   251 132-138   2016年8月   [査読有り]
大橋悠司,山﨑陽一,神山斉己
電気学会論文誌C   136(2) 116-122   2016年2月   [査読有り]
Yamazaki Y, Kamiyama Y
Computers in biology and medicine   45 126-135   2014年2月   [査読有り]
Yamazaki Y, Kondo Y, Kamiyama Y
Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology   2013 4521-4524   2013年   [査読有り]
Yamazaki T, Ikeno H, Okumura Y, Satoh S, Kamiyama Y, Hirata Y, Inagaki K, Ishihara A, Kannon T, Usui S
Neural Networks   24(9) 927-932   2011年11月   [査読有り]
Yamazaki T, Ikeno H, Okumura Y, Satoh S, Kamiyama Y, Hirata Y, Inagaki K, Ishihara A, Kannon T, Usui S
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   24(7) 693-698   2011年9月   [査読有り]
神山 斉己
生物物理   51(3) 112-117   2011年5月   [査読有り]
The physiology and anatomy of the retina are relatively well known. Physiological studies of the retina have uncovered a number of cellular and subcellular mechanisms such as the characteristics of the ion channels found in retinal neurons. Neuroa...
Kamiyama Y, Wu SM, Usui S
Vision research   49(9) 970-978   2009年5月   [査読有り]
Aoyama T, Kamiyama Y, Usui S
Visual Neuroscience   22 65-78   2005年1月   [査読有り]
青山俊弘, 神山斉己, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   J85-D-2(5) 918-930   2002年5月   [査読有り]
網膜水平細胞は網膜における視覚情報の空間処理にかかわっていると考えられている.最近,水平細胞を含む網膜外網状層神経回路で新たな知見が示されている.こうした知見は水平細胞の光応答生成メカニズムに深く関与するものであるが,水平細胞の光応答は,視細胞からの入力だけではなく,光刺激強度や光順応,フィードバック機構,更には水平細胞自身の膜特性などの様々な要因によって形成される.水平細胞の膜コンダクタンスは静止電位によって変化するため,電流入力に対する膜電位特性(I-V特性)は水平細胞の重要な特性であ...
Kawai F, Kamiyama Y, Usui S
The Japanese journal of physiology   47(5) 417-429   1997年10月   [査読有り]
Kamiyama Y, Ogura T, Usui S.
Vision Research   36(24) 4059-4068   1996年   [査読有り]
We describe voltage- and calcium-dependent ionic currents in the photoreceptor inner segments similar to the Hodgkin and Huxley (Journal of Physiology, 117, 500–544, 1952) equations. The model is used to describe both rods and cones by adjusting p...
Usui S, Ishihara A, Kamiyama Y, Ishii H.
Vision Research   36(24) 4069-4076   1996年   [査読有り]
We propose an ionic current model of bipolar cells based on the published experimental data. Five types of ionic currents identified in bipolar cell bodies,Ih,IKv,IA,ICa andIK(Ca) were described by a mathematical formulation similar to the Hodgkin...
Usui S, Kamiyama Y, Ishii H, Ikeno H.
Vision Research   36(12) 1711-1719   1996年   [査読有り]
An ionic current model of the retinal horizontal cell is constructed. The horizontal cell models are interconnected by gap junctions to form a horizontal cell layer. The light response properties of the L-type horizontal cell are analyzed using th...
小椋俊彦, 神山斉己, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   78(10) 1501-1511   1995年10月   [査読有り]
網膜視細胞は,形態的に外節・内節・シナプスから構成されており,それぞれ機能的役割を担っている.外節は光刺激を受けることにより,光感受性電流を変化させ,内節はこの電流変化と内節に存在する各種のイオン電流との相互作用により光応答を形成する.更にシナプスは,光応答に従い情報伝達物質の放出量を変化させ,双極細胞や水平細胞へ情報を伝達する.こうした視細胞の機能については,現在まで多くの生理学的研究が進められている.しかしながら,視細胞の各イオン電流が光応答時にどのように振る舞い,どのような役割を果た...
小椋俊彦, 神山斉己, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   78(10) 1512-1521   1995年10月   [査読有り]
網膜視細胞における光情報の受容と膜電位応答への変換過程は,外節の光感受性電流と内節の各イオン電流の相互作用によることが多くの生理実験により確認されている.しかし,視細胞の特性を表現し得る生理学的にも妥当なモデルが構築されていないため,光応答時の各イオン電流の働きについては,現在まで明確にされていない.本論文では,Torreらの外節モデルと筆者らが構築した内節モデルとを統合した視細胞モデルを構築すると共に,光応答のシミュレーション解析を行った.これにより,本視細胞モデルが視細胞の電気生理学的...
河合房夫, 神山斉己, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   78(5) 855-864   1995年5月   [査読有り]
網膜の優れた視覚情報処理機構の一つに光順応がある.順応機構には視細胞外節だけでなく,シナプス伝達機構の順応も重要な役割を果たすと考えられている.本論文では,こうしたシナプス順応機構の中でも重要な役割を担うと考えられるGABAレセプタを介した機構に着目し,そのメカニズムを生理実験とシミュレーションにより解析した.まず光順応過程を検討するため,背景光照射中および終了後にわたり間欠的にテスト用フラッシュ光を照射し,そのときのコイ網膜L型およびR/G型水平細胞応答を記録した.その結果,明順応,暗順...
石井宏幸, 山本将生, 鈴木聡, 神山斉己, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   77(12) 2370-2378   1994年12月   [査読有り]
網膜水平細胞間を結合するギャップジャンクションは,視覚情報処理の基本である中心-周辺拮抗型受容野の形成に重要な役割を担っている.従来,こうした水平細胞間のギャップコンダクタンスが非線形特性をもつことや順応状態により動的に変化することが示唆されているが,そうした特性を生理実験によって直接測定することは著しく困難であった.本論文では,筆者らが先に提案したイオン電流モデルを用いた入力電流推定法に特定の信号伝達経路を制御する生理実験技術を適用し,水平細胞の膜電位応答からギャップコンダクタンスの動的...
河合房夫, 石井宏幸, 神山斉己, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   77(5) 981-992   1994年5月   [査読有り]
脊椎動物網膜の水平細胞から錐体への伝達物質GARAを介したフィードバック機構は,網膜外網状層における反対色信号,中心一周辺拮抗型受容野の形成に関与すると考えられている.一方,最近の知見によれば,水平細胞はそれ自身にもフィードバックしていることが明らかにされている.本論文では,これら2種類のフィードバック機構がL型水平細胞の光応答特性を修飾するメカニズムを解析するために.GABAおよびその拮抗薬であるpicrotoxin潅流下で,L型水平細胞の光応答をガラス微小電極法により記録した.その結果...
小椋俊彦, 神山斉己, 臼井支朗
電子情報通信学会技術研究報告   93(376(NC93 55-67)) 17-24   1993年12月   [査読有り]
視細胞の光応答は,外節の光感受性電流,内節に存在する3種類の膜電位依存性電流(I_Ca>,I_Kv>,I_h),2種類のカルシウム依存性電流(I_Cl(Ca)>,I_K(Ca)>)により形成される.これらの各イオン電流の特性は,Schwartz(1982)やMaricq(1988)等により測定されている.本研究では,こうした生理学的知見に基づいて,視細胞内節の膜電位依存性電流のモデル化を行なった.また,カルシウム依存性電流については,細胞内カルシウム機構に基づき,細胞内のカルシウム濃度変化...
池野英利, 神山斉己, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   76(5) 1047-1054   1993年5月   [査読有り]
生物神経系は神経細胞の電気・化学的特性によって実現された高度な情報処理機構を備えている.細胞膜を通過するイオン電流は神経細胞の電気的特性を規定することから,神経回路の機能に対しても影響を及ぼす.このことから,イオン電流のモデル記述およびこれに基づく生理工学的解析は,神経系における情報処理機構の解明にとって極めて重要なアプローチの一つである.イオン電流は膜電位固定実験法によって測定でき,その動的,かつ非線形な特性はHodgkin-Huxley型方程式によって一般的に記述される^<(1)>.し...
石井宏幸, 神山斉己, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   75(12) 2056-2065   1992年12月   [査読有り]
生体信号計測技術の開発
長岡俊治,宮本晃,清水盛夫,渡辺悟,金子さゆみ,鈴木啓之,臼井支朗,神山斉己,平田豊,小島悌亨,中山純子,大山勝,石倉精三
宇宙生物科学   6(2) 162-176   1992年
神山斉己, 石井宏幸, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   74(6) 819-827   1991年6月   [査読有り]
An analysis of retinal L-type horizontal cell responses by the ionic current model.
Usui S, Ishii H, Kamiyama Y
Neuroscience research. Supplement : the official journal of the Japan Neuroscience Society   15 S91-105   1991年   [査読有り]
神山斉己, 榊原学, 臼井支朗
電子情報通信学会論文誌 D-2   73(3) 427-436   1990年3月   [査読有り]

Misc

 
血流依存性血管拡張反応時の血流動態シミュレーション
浅見直弥, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   117(416, MBE2017-69) 19-24   2018年1月
眼光学系‐錐体モザイクの数理モデル
熊谷澪, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   117(417, NC2017-61) 65-70   2018年1月
Kumagai M, Kamiyama Y
Advances in Neuroinformatics 2017   PS18   2017年11月
眼光学特性が錐体モザイクに及ぼす影響のシミュレーション解析
熊谷澪, 神山斉己
平成29年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会   H4-1   2017年9月
眼光学特性を含めた錐体モザイクの数理モデル
熊谷澪, 神山斉己
Proceedings of Life Engineering Symposium 2017   LE2017(2B4-01) 81-84   2017年9月
血管内皮細胞のNO産生モデルによる血流依存性拡張反応解析
塚本白, 浅見直弥, 神山斉己
Proceedings of Life Engineering Symposium 2017   LE2017(2B1-02) 29-32   2017年9月
循環器系数理モデルによる血流依存性拡張反応時の血流波形解析
浅見直弥, 塚本白, 山崎陽一, 神山斉己
Proceedings of Life Engineering Symposium 2017   LE2017(2B1-01) 23-28   2017年9月
Kumagai M, Kamiyama Y
Neuroinformatics 2017   P16   2017年8月
Ikeno H, Yamazaki T, Kannon T, Okumura Y, Kamiyama Y, Ishihara A, Inagaki K, Hirata Y, Satoh S, Wagatsuma H, Asai Y, Yamaguchi Y, Usui S
Neuroinformatics 2017   D1   2017年8月
Estimation of vascular peripheral resistance during FMD test using a hemodynamics simulation model
Tsukamoto, A., Asami, N. and Kamiyama, Y.
39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   (ThDT11-06.1)    2017年7月
眼球光学系を含めた錐体モザイクモデル
熊谷澪, 神山斉己
Neuroscience 2017   1P-119   2017年7月
動的順応特性を導入した錐体モザイクモデル
金石彩菜, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告, ニューロコンピューティング   116(343) 43-48   2016年12月
循環器系数理モデルによる血流依存性拡張反応のシミュレーション解析
浅見直弥, 山﨑陽一, 塚本白, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告, MEとバイオサイバネティックス   116(342) 19-24   2016年12月
動的順応特性を導入した錐体モザイクのシミュレーション解析
金石彩菜, 神山斉己
第14回情報学ワークショップ2016(WiNF2016)抄録集   B-10   2016年11月
血流動態シミュレーションモデルによる血管内皮機能評価
浅見直弥, 神山斉己
第14回情報学ワークショップ2016(WiNF2016)抄録集   B-05   2016年11月
血流動態モデルによる血管壁状態推定シミュレーション
浅見直弥, 山﨑陽一, 神山斉己
平成28年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会   D3-6   2016年9月
順応特性を導入した錐体モザイクモデル
金石彩菜, 神山斉己
第15 回情報科学技術フォーラム   (G-004) 287-288   2016年9月
血流シミュレーションに基づいた拍動波形からの血管内皮機能評価
浅見直弥, 山﨑陽一, 神山斉己
第15回情報科学技術フォーラム   (G-014) 311-312   2016年9月
斎藤尚美, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   115(384(NC2015 46-55)) 55-60   2015年12月
上坂周平, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   115(384(NC2015 46-55)) 49-54   2015年12月
大橋悠司, 山崎陽一, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   115(383(MBE2015 63-83)) 79-82   2015年12月
酒井拓哉, 山崎陽一, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   115(383(MBE2015 63-83)) 83-88   2015年12月
Saito, N., Kamiyama, Y.
INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2015)   20-20   2015年11月
國貞裕映, 神山斉己
日本神経回路学会全国大会講演論文集   25th 44-45   2015年9月
山崎陽一, 神山斉己
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.2B2-4-176   2015年9月
Ikeno H, Yamazaki T, Kamiyama Y, Ishihara A, Inagaki K, Hirata Y, Okumura Y, Kannon T, Satoh S, Wagatsuma H, Asai Y, Yamaguchi Y and Usui S
Front. Neurosci. Conference Abstract: Neuroinformatics 2015      2015年8月
大規模数理モデル構築を目的とした共有モデル開発プラットフォーム:PLATOと視覚情報処理解析への応用
稲垣圭一郎, 観音隆幸, 神山斉己, 石原彰人, 臼井支朗
日本生体医工学会誌   53 147   2015年5月
プラットフォームが拓くニューロインフォマティクス研究
神山斉己, 石原彰人, 臼井支朗
日本生体医工学会誌   53 147   2015年5月
網膜神経節細胞の確率論的特性のシミュレーション解析
上坂周平, 神山斉己
日本生体医工学会誌   53 191   2015年5月
解剖学に基づいた網膜視細胞モザイクの数理モデル
斎藤尚美, 神山斉己
日本生体医工学会誌   53 190   2015年5月
網膜錐体視細胞光応答のシミュレーション解析
國貞裕映, 神山斉己
日本生体医工学会誌   53 190   2015年5月
ヒト橈骨動脈における圧‐径変化のシミュレーション解析
山﨑陽一, 神山斉己
日本生体医工学会誌   53 225   2015年5月
酸化ストレスによる内皮機能変位のシミュレーション解析
大橋悠司, 深川公寛, 山﨑陽一, 神山斉己
日本生体医工学会誌   53 225   2015年5月
四肢血圧波形からの全身血流動態シミュレーション
酒井拓哉, 山﨑陽一, 神山斉己
日本生体医工学会誌   53 222   2015年5月
Kunisada H, Saito N and Kamiyama Y
Front. Neurosci. Conference Abstract: Neuroinformatics 2015      2015年
近藤 洋平, 山崎 陽一, 神山 斉己
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(361) 83-88   2014年12月
國枝 芽衣, 神山 斉己
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(362) 1-6   2014年12月
神山斉己
電気学会バイオ・マイクロシステム研究会資料   BMS-14(28-37) 41-45   2014年12月
稲垣圭一郎, 観音隆幸, 神山斉己, 石原彰人, 臼井支朗
電子情報通信学会技術研究報告   114(226(HIP2014 43-59)) 61-65   2014年9月
シーンを認識する際,対象物に視線を停留させる注視という眼球運動が伴う.注視時には,ドリフト,マイクロサッカードならびにトレマーと呼ばれる微小眼球運動が付随するが,こうした眼球運動が視覚機能に与える影響については,未だに不明な部分が多い.本研究では,生理・解剖学的知見に基づいて眼球運動系,眼光学系,網膜視細胞層からなる詳細な数理モデルを構築し,微小眼球運動が視細胞層の情報処理に与える影響を評価した.構築した数理モデルにより静止画シーンの注視をシミュレートし,このときの視細胞層応答の情報量を評...
酒井拓哉, 山崎陽一, 神山斉己
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.2B1-2   2014年9月
山崎陽一, 大橋悠司, 神山斉己
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.2B1-1   2014年9月
國貞裕映, 神山斉己
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3C3-4   2014年9月
近藤洋平, 山崎陽一, 神山斉己
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.2B1-3   2014年9月
上坂周平, 神山斉己
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3C1-1   2014年9月
國枝芽衣, 神山斉己
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3C3-5   2014年9月
大橋悠司, 山崎陽一, 神山斉己
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.2B1-4   2014年9月
斎藤尚美, 神山斉己
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3C3-6   2014年9月
近藤洋平, 山崎陽一, 神山斉己
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.J4-5   2014年9月
大橋悠司, 山崎陽一, 神山斉己
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.J4-8   2014年9月
酒井拓哉, 山崎陽一, 神山斉己
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.J4-6   2014年9月
山崎陽一, 神山斉己
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   53rd ROMBUNNO.O3-13-3   2014年
大橋悠司, 山崎陽一, 神山斉己
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   53rd ROMBUNNO.O3-13-5   2014年
酒井拓哉, 山崎陽一, 神山斉己
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   53rd ROMBUNNO.O3-14-4   2014年
Kamiyama Y and Sone D
Front. Neuroinform. Conference Abstract: 5th INCF Congress of Neuroinformatics      2014年
Ikeno H, Yamazaki T, Okumura Y, Satoh S, Kamiyama Y, Hirata Y, Inagaki K, Ishihara A, Kannon T, Wagatsuma H and Usui S
Front. Neuroinform. Conference Abstract: 5th INCF Congress of Neuroinformatics      2014年
神山 斉己
日本神経回路学会誌   20(4) 157-158   2013年
山崎陽一, 山口明男, 神山斉己
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   51st ROMBUNNO.O2-13-5   2012年
村井光, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   111(368(NC2011 84-96)) 59-64   2011年12月
曾根大樹, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   111(368(NC2011 84-96)) 1-6   2011年12月
山口明男, 山崎陽一, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   111(367(MBE2011 65-77)) 57-62   2011年12月
小濱剛, 山下輝彦, 神山斉己
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   55th ROMBUNNO.H25-4   2011年5月
曾根大樹, 神山斉己
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   55th ROMBUNNO.H25-2   2011年5月
山下 輝彦, 小濱 剛, 神山 斉己
映像情報メディア学会技術報告   35(16) 23-26   2011年3月
本研究ではサッカード眼球運動の発生メカニズムを解明することを目的として,前頭眼野から脳幹網様体に至る神経細胞ネットワークの数理モデル化を行った.神経生理学知見に基づけば,サッカード発生の際には,まず前頭眼野でサッカード計画が生成され,黒質網様部を介して中脳の上丘に達し,サッカード命令に変換される.上丘では,視線の移動量と移動速度に関する信号に符号化して出力され,これが脳幹網様体に伝達されて眼筋の収縮をもたらし,サッカードとして表出する.前頭眼野,上丘,および脳幹には,注視時に持続的に活動す...
山下輝彦, 小濱剛, 神山斉己
映像情報メディア学会技術報告   35(16(HI2011 29-62/3DIT2011 17-50)) 23-26   2011年3月
Ikeno H, Yamaaki T, Okumura Y, Satoh S, Kamiyama Y, Hirata Y, Inagaki K, Ishihara A, Kannon T and Usui S
Front. Neuroinform. Conference Abstract: 4th INCF Congress of Neuroinformatics      2011年
Inagaki K, Kannon T, Kamiyama Y, Satoh S, Kamiji N, Sone D, Urabe K and Usui S
Front. Neuroinform. Conference Abstract: 4th INCF Congress of Neuroinformatics      2011年
Kamiyama Y, Sone D and Usui S
Front. Neuroinform. Conference Abstract: 4th INCF Congress of Neuroinformatics      2011年
曾根大樹, 神山斉己
生体・生理工学シンポジウム論文集   25th 201-204   2010年9月
Kamiyama Y and Sakuragi Y
Front. Neurosci. Conference Abstract: Neuroinformatics 2010      2010年
Kamiyama Y and Sakuragi Y
i BMC Neuroscience 2010   11    2010年
斉藤広樹, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   109(333(NC2009 63-70)) 37-42   2009年12月
桜木雄一郎, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   109(333(NC2009 63-70)) 43-48   2009年12月
桜木雄一郎, 神山斉己
日本神経回路学会全国大会講演論文集   19th 116-117   2009年9月
山下輝彦, 小濱剛, 神山斉己
Vision   21(3) 209-210   2009年7月
臼井 支朗, 神山 斉己, 池野 英利, 藤巻 則夫, 奥村 嘉宏
日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks   16(2) 107-111   2009年6月
Kamiyama Y and Usui S
Front. Neur. Conference Abstract: Neuroinformatics 2009      2009年
古澤優希, 神山斉己
生体・生理工学シンポジウム論文集   23rd 23-26   2008年9月
宮本侑典, 神山斉己
生体・生理工学シンポジウム論文集   23rd 31-34   2008年9月
桜木雄一郎, 松井遼, 神山斉己
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.O-220   2008年9月
古澤優希, 神山斉己
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.O-218   2008年9月
斉藤広樹, 神山斉己
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.O-219   2008年9月
宮本侑典, 神山斉己
電子情報通信学会技術研究報告   107(410(NC2007 71-86)) 53-58   2007年12月
藤川 淳平, 小濱 剛, 神山 斉己
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   (2007) "10-3-1"   2007年11月
In this study, we propose a mathematical model of the saccadic system based on neuronal activity in superior colliculus and basal ganglia. Fixation neurons and build-up neurons in superior colliculus show antagonistic action and build-up neurons s...
藤川淳平, 小濱剛, 神山斉己
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集(CD-ROM)   2007 ROMBUNNO.10-3   2007年11月
古澤優希, 神山斉己
情報科学技術フォーラム   FIT 2007 483-484   2007年8月
宮本侑典, 神山斉己
情報科学技術フォーラム   FIT 2007 485-486   2007年8月
田中栄二, 神山斉己
情報科学技術フォーラム   FIT 2007 481-482   2007年8月
石原彰人, 神山斉己, 臼井支朗
情報科学技術フォーラム   FIT 2007 489-490   2007年8月
松井遼, 神山斉己
情報科学技術フォーラム   FIT 2007 487-488   2007年8月
石原 彰人, 神山 斉己, 臼井 支朗
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(2) 489-490   2007年8月
松井遼, 神山斉己
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2006 O-170   2006年9月
田中栄二, 神山斉己
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2006 O-168   2006年9月
篠島 良太, 小濱 剛, 神山 斉己
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集   (2004) "8-7-1"-"8-7-2"   2004年8月
Moving gratings which are invisible under fixation can be detected by executing saccades. We investigated the intrasaccadic visual processing by using an early visual system model which simulates retina-V1 projection. Our results show that contras...
池野英利, 神山斉己, 山口功, 竹部啓輔, 藤井康夫, 奥村嘉宏, 臼井支朗
電子情報通信学会技術研究報告   103(490(NC2003 93-107)) 79-84   2003年12月
池野 英利, 神山 斉己, 山口 功, 竹部 啓輔, 藤井 康夫, 奥村 嘉宏, 臼井 支朗
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   103(489) 73-78   2003年12月
ニューロインフォマティクスは、神経科学分野において情報技術の導入、活用を進める研究分野であり、OECDのメガサイエンスフォーラム、NIWG (The OECD Working Group on Neuroinfonnatics)を中心に研究、開発の方向性が打ち出され、米国、EUを始めとして様々な国や地域において研究プロジェクトが進められている。我々は我が国におけるニューロインフォマティクス研究基盤として、視覚系を対象に書誌情報、実験データ、数理モデルなどの様々な資源(コンテンツ)の蓄積、分...
池野 英利, 神山 斉己, 山口 功, 竹部 啓輔, 藤井 康夫, 奥村 嘉宏, 臼井 支朗
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   103(490) 79-84   2003年12月
ニューロインフォマティクスは、神経科学分野において情報技術の導入、活用を進める研究分野であり、OECDのメガサイエンスフォーラム、NIWG(The OECD Working Group on Neuroinformatics)を中心に研究、開発の方向性が打ち出され、米国、EUを始めとして様々な国や地域において研究プロジェクトが進められている。我々は我が国におけるニューロインフォマティクス研究基盤として、視覚系を対象に書誌情報、実験データ、数理モデルなどの様々な資源(コンテンツ)の蓄積、分類...
池野 英利, 神山 斉己, 山口 功, 竹部 啓輔, 藤井 康夫, 奥村 嘉宏, 臼井 支朗
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   103(490) 79-84   2003年12月
神山斉己, 臼井支朗
生体・生理工学シンポジウム論文集   17th 79-80   2002年9月
網膜神経回路のニューロインフォマティクス
脳の科学   24, 43-52    2002年

書籍等出版物

 
Simulation analyses of retinal cell responses
Modeling in the Neurosciences (Eds. Reeke, G.N. et al.), CRC, Taylor & Francis   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
超早期診断技術開発プロジェクト 動脈硬化・心臓病などを低侵襲で早期に発見する装置開発
愛知県: 「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 神山 斉己
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 神山 斉己
本研究は,視覚情報処理の前処理を担う網膜神経回路はどのような情報を脳中枢に伝える能力があるか,すなわち,網膜の入力レベルの情報受容能力,出力レベルの情報伝達能力をあて,網膜の情報処理を定量的に明らかにすることを目的としている.特に情報メディア技術への応用にも重要となる色情報処理を主な対象としている.本年度は,錐体モザイクの自動生成手法,及び,実験データからの錐体モザイク推定手法の数理的検討を進めた.錐体モザイク生成については,生理学・解剖学から得られた錐体視細胞の網膜上の分布,各錐体の存在...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 神山 斉己
網膜の入力を担う錐体モザイクについて、生理学的及び解剖学的な特性に基づき、約 200 万個の錐体から構成されるリアリスティックモデルを自動的に生成するアルゴリズムを確立すると共に、錐体サブタイプの空間配置・密度と情報量の関係を解析する技術を確立した。 さらに、こうした錐体モザイクと出力を担う神経節細胞を接続したモデル上で、網膜内ニューロン間の結合状態や情報量に関するシミュレーション解析を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 神山 斉己
網膜は,『脳の覗き窓』と呼ばれる興味深い神経回路であり,脳神経システムを理解する最適なシステムの一つとして,神経科学や情報科学等の対象として数々の研究が進められてきた『神経研究の宝庫』といえる神経組織である.従来研究によって,網膜を構成する神経細胞のうち,視細胞,水平細胞,双極細胞,神経節細胞についてイオン機に基づいた数理モデルが完成すると共に,細胞膜に存在する各イオンチャネルが細胞の電位応答に及ぼす影響等,従来の神経科学な実験手法のみでは十分な解析が困難であった要素レベルの特性が網膜細胞...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 神山 斉己
網膜の情報処理機構の解明を目指した研究によって,網膜内神経細胞の数理モデルが構築されてきた.従来モデルは,神経細胞の細胞膜や細胞内の生理学的な特性を微分方程式として記述したものである.一方,神経細胞の電気的活動の基本を担う機構は,細胞膜に存在し確率的に開閉するイオンチャネルである.すなわち,従来モデルはチャネル全体の集合平均としての挙動を微分方程式として記述したものであり,決定論的なものである.しかしながら,神経スパイクが発生するタイミングには,イオンチャネルの確率的な振る舞いが重要な役割...