神谷 光彦

J-GLOBALへ         更新日: 10/03/08 00:00
 
アバター
研究者氏名
神谷 光彦
 
カミヤ ミツヒコ
所属
北海道工業大学
部署
工学部 社会基盤工学科
職名
教授
学位
博士(農学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
 - 
1976年
 北海道大学 助手
 
1976年
 - 
1980年
 北海道工業大学 講師
 
1980年
 - 
1992年
 北海道工業大学 助教授
 
1992年
   
 
- 北海道工業大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1969年
北海道大学 農学部 農業工学
 

委員歴

 
2003年
   
 
地盤工学会  北海道支部長
 

受賞

 
1976年
土質工学会北海道支部賞
 
2005年
地盤工学会功労賞
 

Misc

 
農業土木学会論文集   (121) 39-46   1986年
北海道の粗粒火山灰土の分類法に関する試案
土と基礎   49(8) 16-19   2001年
篠津地域にみる泥炭地の利用と保全
農業土木学会誌   70(4) 43-6   2002年
札幌市における道路掘削残土の再利用法
土と基礎   40(6) 11-15   1992年
川端 伸一郎, 神谷 光彦
土木学会論文集   (666) 261-268   2000年

書籍等出版物

 
北海道の泥炭地盤の沈下と対策(共著)
地盤工学会北海道支部   2002年   ISBN:4-88644-057-6
北海道火山灰土の性質と利用(共著)
地盤工学会北海道支部   1997年   
泥炭のお話し(共著)
地盤工学会   2004年   ISBN:4-88644-214-5
北海道の農業と農村(共著)
農業土木学会北海道支部   2004年   
実務者のための火山灰土(共著)
地盤工学会北海道支部   2004年   

Works

 
中華人民共和国における泥炭地の形成過程と生態に関する研究
1988年
中華人民共和国における泥炭地の形成過程と生態に関する研究
1989年
東南アジア湿地生態系における環境保全と地域利用
1998年
北海道の泥炭地盤の広域沈下に関する研究
1998年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
産業廃棄物の地盤工学的利用
研究期間: 1988年   
土の凍上特性とその制御
研究期間: 1981年   
泥炭地盤の沈下とその対策に関する研究
農地の塩類集積と土の物理的性質に関する研究
科学研究費補助金
中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠北縁地帯をフィールドとして塩類集積と土の粒度分布,透水性などと相関性を研究している