TANAKA, Chiaki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2019 at 04:38
 
Avatar
Name
TANAKA, Chiaki
Affiliation
J. F. Oberlin University
Section
College of Health and Welfare

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Aug 2000
Lecturer
 
Nov 1999
 - 
Mar 2000
Lecturer
 
Apr 2000
 - 
Aug 2000
Lecturer
 
Apr 2000
 - 
Aug 2000
Lecturer
 
Sep 2000
 - 
Mar 2003
Researcher
 

Published Papers

 
The choice of pedometer impacts on daily step counts in primary school children under free-living conditions
Tanaka C, Hikihara Y,Inoue S, Tanaka S.
Int. J. Environ. Res. Public Health   16 4375   Nov 2019   [Refereed]
4つの異なる歩数計の一致性を、児童の日常生活において検討した。歩数間の相関関係は強かったが、歩数計間で、-18.2%~+4.5%の差が見られた。日常の歩数の比較には、歩数計による差が見られる事に留意する必要がある。
Gender differences in physical activity and sedentary behavior of Japanese primary school children during school cleaning time, morning recess and lunch recess
Tanaka C,Tanaka M, Inoue S, Okuda M, Tanaka S.
19 985   Jul 2019   [Refereed]
小学生を対象に、学校での清掃、中休みおよび昼休み時間における身体活動量と座位行動を加速度計を用いて客観的に評価することを目的とした。男子では、学校がある日の中高強度活動の19.4 ± 6.8% (15.2 ± 5.3 分/日)、女子では16.9 ± 5.8% (10.5 ± 4.3 分/日)を示した。男子の中休みおよび昼休みの中高強度活動と中休みの座位時間は、清掃時間より有意に高かった (p < 0.001)。女子でもあ同様の結果が見られ、昼休みの座位時間は、清掃時間より有意に高かった (...
Prevalence and correlates of physical activity among children and adolescents: a cross-sectional population-based study of a rural city in Japan.
Abe T, Kitayuguchi J, Okada S, Okuyama K, Gomi T, Kamada M, Ueta K, Nabika T, Tanaka C.
J Epidemiol   In press    Jul 2019   [Refereed]
雲南市の全小学校と中学校を対象に、World Health Organization (WHO)のHealth Behaviour in School-aged Children survey questionnaireの日本語版を用いて、国際的な身体活動量のガイドライン(中高強度活動を毎日60分/日以上)の充足率とその関連要因について検討を行った。その結果、約20%の生徒が、ガイドラインを満たしていた。また、中高強度活動は、性別、学年、身体活動が好きであるか、および人口密度と関連していた。
Prediction of Physical Activity Intensity with Accelerometry in Young Children.
Tanaka C, Hikihara Y, Ando T, Oshima Y, Usui C, Ohgi Y, Kaneda K, Tanaka S
Int J Environ Res Public Health.   16(6) E931   Mar 2019   [Refereed]
幼児を対象に、3軸加速度計を用いた、歩・走行活動と歩・走行以外の活動(生活活動)とを区別する推定式を作成した。また、成人と児童の推定式では、幼児の身体活動量と座位行動は正確に推定できない事を明らかとした。
Results from the Japan’s 2018 Report Card on Physical Activity for Children and Youth.
Tanaka C, Tanaka S, Inoue S, Miyachi M, Suzuki K, Abe T, Reilly JJ
Journal of Exercise Science & Fitness   17(1) 20-25   Jan 2019   [Refereed]
国際的な子どもと青少年の身体活動不足に対処するため、国際比較研究が実施されている。本研究では、日本の身体活動量の現状とその変動要因の状況について、国際共通指標を用いて検討した。その結果、国を代表する身体活動量と活動的な遊びのデータは見られなかった。スポーツ参加率、活動的な移動手段、体力、体型、学校、環境および政策は、良好であった。一方、座位行動と家族や仲間の影響は劣っていた。そのため、特に国を代表する身体活動量のデータ収集が必要である。

Conference Activities & Talks

 
Prevalence and correlates of physical activity and screen time among Japanese children and adolescents: A cross-sectional study
Abe T, Kitayuguchi J, Okuyama K, Gomi T, Nabika T, Tanaka C
2019 International Society of Behavioral Nutrition and Physical Activity   4 Jun 2019   
本研究の目的は、日本人の子どもおよび青年の身体活動量とスクリーンタイムの現状および関連要因を調査することであった。対象者は、島根県雲南市の全小学校(4年生から6年生)と中学校(1年生から3年生)に在籍する1,794人の子どもと青年(10-15歳)であっあ。少なくとも60分/日の中高強度の身体活動量は、WHOの質問票の日本語版によって評価した。平日および週末のスクリーンタイムは、質問票によって調査した。対象者のわずか20.1%が推奨レベルの中高強度活動を満たしていた。合計12.1%と3.6%...
Proportion of Japanese primary school children meeting recommendations for 24-hour movement guidelines and associations with weight status
Tanaka C, Tremblay MS, Okuda M, Inoue S, Tanaka S.
The 26th European Congress on Obesity (ECO2019)   30 May 2019   
Results From Japan’s 2018 Report Card on Physical Activity for Children and Youth.
Tanaka C, Tanaka S, Inoue S, Miyachi M, Suzuki K, Abe T, Reilly JJ
The Movement to Move conference   27 Nov 2018   
"Japan 2018 Report Card on Physical Activity for Children and Youth"の結果を報告した。
Associations between objectively evaluated physical activity and sedentary behavior between primary school children and their fathers or mothers.
Tanaka C, Okuda M, Tanaka M, Inoue S, Tanaka S
International Society of Behavioral Nutrition and Physical Activity (ISBNPA) 2018   4 Jun 2018   
児童と両親の身体活動量と座位行動の関係を検討した結果、児童と母親とのみ、有意な正の関係が見られた。
The influence of physical education lessons on physical activity and sedentary behavior in school recess time, after school time, and daily life in primary school children.
C. Tanaka, M. Tanaka, S. Tanaka
4th international conference on Recent Advances and Controversies in the Measurement of Energy Metabolism (RACMEM-2017)   21 Oct 2017   
児童における体育授業の実施が、休み時間などの他の時間帯に及ぼす影響を検討した。