石井 正子

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/13 02:39
 
アバター
研究者氏名
石井 正子
 
イシイ マサコ
eメール
masangrikkyo.ac.jp
所属
立教大学
部署
異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科
職名
教授
学位
修士(国際関係論)(英国サセックス大学), 博士(国際関係論)(上智大学)
その他の所属
特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム立教大学立教大学
科研費研究者番号
40353453

研究分野

 
 

経歴

 
2018年5月
 - 
現在
特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム 理事
 
2009年4月
 - 
現在
特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム 常任委員
 
2015年4月
 - 
現在
立教大学 異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科 教授
 
2016年4月
 - 
現在
立教大学 異文化コミュニケーション研究科 異文化コミュニケーション専攻博士課程後期課程 教授
 
2016年4月
 - 
現在
立教大学 異文化コミュニケーション研究科 異文化コミュニケーション専攻博士課程前期課程 教授
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
上智大学 外国語学部 英語学科
 
1991年10月
 - 
1992年9月
英国サセックス大学 ヨーロッパ学科 国際関係論専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
上智大学 外国語学研究科 国際関係論専攻
 

受賞

 
2002年10月
FASID 第6回 国際開発研究大来賞 受賞 『女性が語るフィリピンのムスリム社会:紛争・開発・社会的変容』明石書店、2002年。
 

論文

 
Bananas, Japanese, and the Armed Conflict in the Southern Philippines: A Critical Review of Japan’s Role in Peace Building.
ISHII Masako
The Journal of Sophia Asian Studies   (33) 95-109   2015年
研究ノート「湾岸産油国「多外国人国家」における他者との関係性:フィリピン・ムスリム女性家事労働者(MFDW)の視点から)」
石井 正子
『白山人類学』   (16) 75-91   2013年3月   [査読有り]
「国際人道支援の経験を活かして:東日本大震災におけるジャパン・プラットフォームの活動」
石井 正子
『ボランティア学会研究』   (12) 15-26   2012年7月
「紛争地域の復興・開発支援:地域研究から考える」
石井 正子
『地域研究』   7(1) 47-68   2005年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
バナナとフィリピン小規模零細農民:バランゴンバナナ民衆交易の現状と課題
石井正子, 関根佳恵, 市橋秀夫 (担当:共著)
埼玉大学教養学部・大学院人文社会科学研究科   2018年3月   ISBN:9784991013904
村上 勇介、帯谷 知可(編) (担当:共著, 範囲:「UAE のフィリピン人ムスリム女性家事労働者:ムスリム・アイデンティティのゆらぎと複層化」)
京都大学学術出版会   2017年7月   ISBN:9784814001118
甲斐田万智子, 佐竹眞明, 長津一史, 幡谷則子 (編)
上智大学出版   2016年1月   ISBN:9784324099445
日本平和学会(編)
早稲田大学出版部   2015年4月   ISBN:78-4-657-15010-3
細田 尚美(編)
明石書店   2014年10月   ISBN:9784750340906

Misc

 
石井 正子
Asia Peacebuilding Initiatives      2018年7月
Masako Ishii, interviewer
Asia Peacebuilding Initiatives      2018年5月
Masako Ishii, interviewer
Asia Peacebuilding Initiatives      2018年4月
石井 正子
Asia Peacebuilding Initiatives      2018年3月
Masako Ishii, interviewer
Asia Peacebuilding Initiatives      2017年12月

講演・口頭発表等

 
Neo-Plural Society and International Migration
Matsuo Masaki and Masako Ishii
The Global Refugee Crisis: Mobile People Under State Protection or Exploitation?   2018年1月5日   
Formal and Informal Protection for Filipino Domestic Workers in the Arab Gulf States
Masako Ishii
Asian Studies Conference in Japan   2016年7月2日   
Who are the Bangsamoro People? Reforming the Notion of Bangsamoro in the Peace Process between the Philippine Government and the Moro Islamic Liberation Front
Masako Ishii
Consortium for Southeast Asian Studies in Asia   2015年12月12日   
Transforming the Notion of Protection: Safety Nets for Protecting Muslim Filipina Domestic Workers in the Arab Gulf States
Masako Ishii
International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES)   2015年7月15日   
Lessons Learned by the Japanese INGOs: From Pinatubo to Tohoku, and to Haiyan
Masako Ishii
The 19th Young Scholars’ Conference on Philippine Studies in Japan   2014年6月28日   

Works

 
「新刊書紹介 永田貴聖『トランスナショナル・フィリピン人の民族誌』」
その他   2014年5月
「新刊書紹介 川島緑『マイノリティと国民国家:フィリピンのムスリム』」
その他   2013年5月
『垣根のない連帯と共感:東日本大震災における海外からの支援に関する調査事業報告書』
その他   2012年6月
「書評 Simon Siomnse and Eisei Kurimoto eds, Engaging Monyomiji: Bridging the Governance Gap in East Bank Equatoria. (Proceedings of the Conference, 26-28 November 2009, Torit.)」
その他   2012年2月
『国際人道支援にこころが揺れ動いたとき:中国四川大 地震における心理社会的サポート』
その他   2010年11月

競争的資金等の研究課題

 
フィリピン南部の武力紛争と復興・開発過程-地域研究から考える
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 石井 正子
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 石井 正子
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 細田 尚美
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 細田 尚美
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 石井 正子