藤井 穂高

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/18 14:20
 
アバター
研究者氏名
藤井 穂高
 
フジイ ホダカ
eメール
hodakahirosaki-u.ac.jp
URL
http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~bgb/
所属
弘前大学
部署
大学院医学研究科
職名
教授
学位
博士(医学)(東京大学)

プロフィール

生命科学研究のための技術開発とその応用を主な研究テーマとしています。これまでに開発した技術は以下の通りです。
・inducible translocation trap (ITT) 法:刺激に応じて核内外へ移動する蛋白質の同定
・insertional chromatin immunoprecipitation (iChIP) 法:特定ゲノム領域の単離と結合分子の同定
・engineered DNA-binding molecule-mediated ChIP (enChIP) 法:特定ゲノム領域の単離と結合分子の同定
・oligoribonucleotide interference-PCR (ORNi-PCR) 法:遺伝子変異細胞やゲノム編集細胞の簡易検出

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
弘前大学大学院医学研究科 ゲノム生化学講座 教授
 
2009年4月
 - 
2017年3月
大阪大学 微生物病研究所 感染症学免疫学融合プログラム推進室 准教授
 
2001年12月
 - 
2009年3月
ニューヨーク大学医学部 病理学講座 Assistant Professor
 
2000年4月
 - 
2001年12月
バーゼル免疫学研究所 メンバー
 
1998年4月
 - 
2001年12月
東京大学医学部・大学院医学系研究科 免疫学講座 助手
 

学歴

 
 
 - 
1998年3月
東京大学 医学系研究科 病因病理学専攻
 
 
 - 
1994年3月
東京大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2016年
Addgene Blue Flame Award
 
2015年
学術振興会 特別研究員等審査会専門委員表彰
 
2015年
大阪大学 大阪大学総長奨励賞
 
2014年
大阪大学 大阪大学総長奨励賞
 
2007年
米国免疫学会 Junior Faculty Travel Award
 

論文

 
Simultaneous detection of the T790M and L858R mutations in the EGFR gene by oligoribonucleotide interference-PCR
藤井 穂高
International Journal of Molecular Sciences   20(16) 4020   2019年8月   [査読有り]
Target enrichment from a DNA mixture by oligoribonucleotide interference-PCR (ORNi-PCR)
藤井 穂高
Biology Methods & Protocols (BIOMAP)   4(1) bpz009   2019年8月   [査読有り]
Normal B cell development and Pax5 expression in Thy28/ThyN1-deficient mice
藤井 穂高
PLoS One   14(7) e022019   2019年7月   [査読有り]
Purification of specific DNA species using the CRISPR system
藤井 穂高
Biology Methods & Protocols (BIOMAP)   4(1) bpz008   2019年7月   [査読有り][招待有り]
BMC Research Notes      2018年2月   [査読有り]
BMC Research Notes      2018年6月   [査読有り]
藤井 穂高
Scientific Reports   8(1) 17195   2018年11月   [査読有り]
Fujita T, Yuno M, Kitaura F, Fujii H
DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes      2018年8月   [査読有り]
Toshitsugu Fujita, Fusako Kitaura, Asami Oji, Naoki Tanigawa, Miyuki Yuno, Masahito Ikawa, Ichiro Taniuchi, Hodaka Fujii
Genes to Cells      2018年4月   [査読有り]
Hamidian A, Vaapil M, von Stedingk K, Fujita T, Persson CU, Eriksson P, Veerla S, De Preter K, Speleman F, Fujii H, Påhlman S, Mohlin S
Biochemical and biophysical research communications      2018年3月   [査読有り]
Toshitsugu Fujita, Fusako Kitaura, Asami Oji, Naoki Tanigawa, Miyuki Yuno, Masahito Ikawa, Ichiro Taniuchi, Hodaka Fujii
   2017年11月   [査読有り]
Fujita T, Kitaura F, Yuno M, Suzuki Y, Sugano S, Fujii H
DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes      2017年10月   [査読有り]
Toshitsugu Fujita, Miyuki Yuno, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano, Hodaka Fujii
Genes to Cells      2017年6月   [査読有り]
Vermeersch E, Denorme F, Maes W, De Meyer SF, Vanhoorelbeke K, Edwards J, Shevach EM, Unutmaz D, Fujii H, Deckmyn H, Tersteeg C
PloS one      2017年3月   [査読有り]
Fujita T, Yuno M, Fujii H
Scientific reports      2016年7月   [査読有り]
Toshitsugu Fujita, Miyuki Yuno, Hodaka Fujii
Genes to Cells   21(4) 370   2016年4月   [査読有り]
Fujita T, Fujii H
Gene regulation and systems biology      2016年1月   [査読有り]
Fujita T, Fujii H
Journal of visualized experiments : JoVE      2016年1月   [査読有り]
Fujita T, Fujii H
International journal of molecular sciences      2015年9月   [査読有り]
Fujita T, Yuno M, Okuzaki D, Ohki R, Fujii H
PloS one      2015年4月   [査読有り]
Fujita T, Kitaura F, Fujii H
PloS one      2015年1月   [査読有り]
Edwards Justin P, Fujii Hodaka, Zhou Angela X, Creemers John, Unutmaz Derya, Shevach Ethan M.
Journal of Immunology   190(11) 5506-5515   2013年5月   [査読有り]
Zhou Angela X, Kozhaya Lina, Fujii Hodaka, Unutmaz Derya
Journal of Immunology   190(10) 5057-5064   2013年4月   [査読有り]
Fujita T, Fujii H
Epigenetics & chromatin      2013年3月   [査読有り]
Fujita T, Fujii H
ISRN biochemistry      2013年1月   [査読有り]
Fujita Toshitsugu, Fujii Hodaka
Biochemical and Biophysical Research Communications   439(1) 132-136   2013年   [査読有り]
Fujita Toshitsugu, Asano Yoshinori, Ohtsuka Junko, Takada Yoko, Saito Kazunobu, Ohki Rieko, Fujii Hodaka
Scientific Reports   3    2013年   [査読有り]
Juliana Farha M, Nara Hidetoshi, Onoda Tadashi, Rahman Mizanur, Araki Akemi, Jin Lianjin, Fujii Hodaka, Tanaka Nobuyuki, Hoshino Tomoaki, Asao Hironobu
Biochemical and Biophysical Research Communications   420(3) 628-634   2012年   [査読有り]
Hutchins Andrew Paul, Poulain Stephane, Fujii Hodaka, Miranda-Saavedra Diego
Genomics   100(5) 303-313   2012年   [査読有り]
Fujita Toshitsugu, Fujii Hodaka
Molecular Biology Reports   39(10) 9613-9619   2012年   [査読有り]
Fujita Toshitsugu, Fujii Hodaka
Plos One   6(10)    2011年   [査読有り]
Fujita T, Fujii H
Gene   477(1-2) 24-31   2011年   [査読有り]
Fujii H
Journal of bioscience and bioengineering   108(5) 438-440   2009年11月   [査読有り]
Hoshino A, Fujii H
Journal of Bioscience and Bioengineering   108(5) 446-449   2009年11月   [査読有り]
WANG R, KOZHAYA L, MERCER F, KHAITAN A, FUJII H, UNUTMAZ D
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   106(32) 13439-13444   2009年   [査読有り]
FUJII H, HOSHINO A
CYTOKINE   46(3) 302-308   2009年   [査読有り]
SAINT FLEUR S, HOSHINO A, KONDO K, EGAWA T, FUJII H
BLOOD   114(7) 1355-1365   2009年   [査読有り]
SAINT FLEUR S, FUJII H
CYTOKINE   41(3) 187-197   2008年1月   [査読有り]
WANG R, WAN Q, KOZHAYA L, FUJII H, UNUTMAZ D
PLOS ONE   3(7)    2008年   [査読有り]
SINGH AP, BUSCAGLIA CA, WANG Q, et al.
CELL   133(2) 375   2008年   [査読有り]
FUJII H
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   370(7) 557-560   2008年   [査読有り]
HOSHINO A, FUJII H
CELL STRESS & CHAPERONES   12(2) 186-191   2007年1月   [査読有り]
FUJII H
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   354(3) 825-829   2007年   [査読有り]
FUJII H
JOURNAL OF IMMUNOTOXICOLOGY   4(1) 69-76   2007年   [査読有り]
SINGH AP, BUSCAGLIA CA, WANG Q, et al.
CELL   131(3) 492-504   2007年   [査読有り]
HOSHINO A, FUJII H
FEBS LETTERS   581(5) 975-980   2007年   [査読有り]
HOSHINO A, HIRST JA, FUJII H
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   282(24) 17706-17711   2007年   [査読有り]
HOSHINO A, FUJII H
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   358(3) 914-919   2007年   [査読有り]
HOSHINO A, SAINT FLEUR S, FUJII H
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   346(3) 1062-1066   2006年   [査読有り]
HOSHINO A, MATSUMURA S, KONDO K, et al.
MOLECULAR CELL   15(1) 153-159   2004年7月   [査読有り]
TUCKER SN, JESSUP HK, FUJII H, et al.
BLOOD   99(2) 513-519   2002年1月   [査読有り]
TSUJINO S, DI SANTO JP, TAKAOKA A, et al.
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   97(19) 10514-10519   2000年9月   [査読有り]
TSUJINO S, MIYAZAKI T, KAWAHARA A, et al.
GENES TO CELLS   4(6) 363-373   1999年   [査読有り]
TAKAOKA A, TANAKA N, MITANI Y, et al.
EMBO JOURNAL   18(9) 2480-2488   1999年   [査読有り]
FUJII H, OGASAWARA K, OTSUKA H, et al.
EMBO JOURNAL   17(22) 6551-6557   1998年   [査読有り]
MIYAZAKI T, TAKAOKA A, NOGUEIRA L, et al.
GENES & DEVELOPMENT   12(6) 770-775   1998年   [査読有り]
TANIGUCHI T, TANAKA N, MIYAZAKI T, et al.
MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   7 955   1996年   [査読有り]
FUJII H, NAKAGAWA Y, SCHINDLER U, et al.
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   92(12) 5482-5486   1995年   [査読有り]
TANIGUCHI T, MIYAZAKI T, MINAMI Y, et al.
RECEPTOR ACTIVATION BY ANTIGENS, CYTOKINES, HORMONES, AND GROWTH FACTORS   766 235-244   1995年   [査読有り]
MIYAZAKI T, KAWAHARA A, FUJII H, et al.
SCIENCE   266(5187) 1045-1047   1994年   [査読有り]
TSUTSUMI A, KUBO M, FUJII H, et al.
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   150(5) 1746-1754   1993年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
遺伝子座特異的ChIP法によるゲノム領域間相互作用の同定とその意義の解明
文部科学省: 科学研究費補助金:基盤 (B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 藤井 穂高
遺伝子座特異的クロマチン免疫沈降法による細胞分化制御因子の転写機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金:新学術領域「転写サイクル」
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 藤井 穂高
炎症性刺激によるクロマチン構造の動的制御メカニズムの解析
文部科学省: 科学研究費補助金 (A)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 和田 洋一郎
enChIP法を用いたミトコンドリアDNAの高次構造解析
文部科学省: 科学研究費補助金:挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 藤井 穂高
エピジェネティックな遺伝子調節タンパク質に基づく発達障害疾患の創薬基盤の構築
文部科学省: 科学研究費補助金:基盤 (B)
研究期間: 2014年4月 - 2015年12月    代表者: 久保田 健夫
理工学と生命科学の融合によるエピジェネティック制御機構の解析:挿入的クロマチン免疫沈降法 (iChIP) による遺伝子座特異的生化学的エピジェネティクス解析
旭硝子財団: 研究助成プログラム
研究期間: 2013年5月 - 2015年4月    代表者: 藤井 穂高
挿入的クロマチン免疫沈降法(iChIP)による細胞分化制御因子の転写機構の解明
文部科学省: 新学術領域:転写サイクル
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 藤井 穂高
enChIP法を用いた遺伝子座特異的生化学的ゲノム機能解析
倉田記念日立科学技術財団: 平成25年度倉田奨励金
研究期間: 2014年3月 - 2015年2月    代表者: 藤井 穂高
T細胞分化の遺伝子座特異的生化学的ゲノム機能解析
上原記念生命科学財団: 平成25年度研究助成金
研究期間: 2014年2月 - 2015年2月    代表者: 藤井 穂高
ビーズフォーマットによるiChIP法の簡易化
大阪大学産学連携本部: 「実用シーズ育成支援制度」阪大iPoC (industrial Proof-of-Concept) プログラム 阪大「UIC Gap-Fund」
研究期間: 2013年10月 - 2014年3月    代表者: 藤井 穂高
不活性化CRISPR/Cas9系を用いた簡易eChIP法の開発
科学技術振興機構: 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP フィージビリティースタディステージ 探索タイプ
研究期間: 2013年8月 - 2014年3月    代表者: 藤井 穂高
制御性T細胞機能におけるGARP蛋白の役割
文部科学省: 科学研究費補助金:基盤研究 (C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 藤井 穂高
エピジェネティクス機序による癌抑制遺伝子発現抑制機構の解析
佐川がん研究振興財団: 佐川がん研究助成
研究期間: 2012年12月 - 2013年11月    代表者: 藤井 穂高
挿入的クロマチン免疫沈降法 (iChIP) による癌抑制遺伝子の発現低下機構の解析:エピジェネティック機序による発癌に対する創薬ターゲットの同定
大阪大学医学部付属病院未来医療センター: 大阪大学研究シーズ発掘・育成支援プログラム 萌芽研究
研究期間: 2012年10月 - 2013年9月    代表者: 藤井 穂高
胸腺細胞分化におけるGARP蛋白質の役割に関する研究
伊藤忠兵衛基金: 研究助成金
研究期間: 2012年7月 - 2013年6月    代表者: 藤井 穂高
リウマチを防ぐ生体機構の解析
日本リウマチ財団: リウマチ性疾患研究助成
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 藤井 穂高
挿入的クロマチン免疫沈降法によるエピジェネティック制御機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金:新学術領域「遺伝情報場」
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 藤井 穂高
制御性T細胞による免疫調節機構の解析
先進医薬研究振興財団: 血液分野一般研究助成
研究期間: 2011年12月 - 2012年11月    代表者: 藤井 穂高
制御性T細胞による免疫調節の分子機構
武田科学振興財団: 医学系研究奨励(基礎)
研究期間: 2011年9月 - 2012年8月    代表者: 藤井 穂高
遺伝子配列特異的細胞死誘導法による癌・レトロウイルス病の治療法の開発
大阪コミュニティ財団: がん研究助成
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 藤井 穂高
配列特異的酵素活性相補法による癌遺伝子変異細胞の除去
大阪癌研究会: 一般学術研究助成金
研究期間: 2009年12月 - 2010年11月    代表者: 藤井 穂高
配列特異的酵素活性相補法による癌の新規治療法の開発
安田記念医学財団: 癌研究助成金
研究期間: 2009年12月 - 2010年11月    代表者: 藤井 穂高
自己免疫を防ぐ生体機構の解析
大阪臨床免疫学研究奨励会: 研究助成金
研究期間: 2009年8月 - 2010年7月    代表者: 藤井 穂高
Cytokine signal transduction in immune system
NIH/NIAID: R01
研究期間: 2004年12月 - 2007年11月    代表者: 藤井 穂高
IL-2受容体γc鎖トランスジェニックマウスの作製とその解析
文部科学省: 科学研究費補助金:特定領域研究(A)
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 藤井 穂高
サイトカインによる細胞増殖シグナル伝達の研究
文部科学省: 科学研究費補助金:基盤研究 (C)
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 藤井 穂高
IL-2受容体γc鎖からのシグナル伝達によるリンパ球増殖・分化の制御機構
病態代謝研究会: 研究奨励金
研究期間: 1998年11月 - 1999年10月    代表者: 藤井 穂高
インターロイキン2受容体βサブユニットの機能解析
文部科学省: 科学研究費補助金:特定領域研究 (A)
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 市川 厚
インターロイキン2受容体からのシグナル伝達の解析
文部科学省: 科学研究費補助金:特別研究員奨励費
研究期間: 1995年4月 - 1998年3月    代表者: 藤井 穂高

特許

 
藤井 穂高, 藤田 敏次, 谷川 直紀
US 8415098 : Method for isolating specific genomic regions(アメリカ)
藤井 穂高
US 7435546 : System to detect inducible translocation (アメリカ)
FUJII Hodaka
7435546